sozai_head.jpg

タグ「清水寺」の一覧

経書堂(来迎院)

案内 写真はクリックすれば拡大

産寧坂と五条坂の角に建つお寺、来迎院さんの写真です。
聖徳太子が建立したといわれ、いまは清水寺の塔頭寺院となっています。
本堂はお経を書くお堂ということで、経書堂と呼ばれています。
読み方はそのまま「きょうかくどう」なのだそうです。
2月に椿がたくさんの花をつけていました。

経書堂(来迎院)の写真素材

品種は日光のようです。素晴らしい。

経書堂(来迎院)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の花粉(花粉光環)

案内 写真はクリックすれば拡大

花粉がたくさん飛散していると太陽の周りには虹のリングが出ます。
花粉光環」と呼ばれる現象です。太陽光が空気中に浮遊する花粉によって曲げられるのだそうです。
魔のサークルともいうそうです。花粉症の人にとってはまさに悪魔の現象ですね。

清水寺で花粉光環を撮りました。直接見ると目がつぶれるのでいろいろなもので太陽を隠して撮ることが多いです。

仁王門の鬼瓦。

花粉光環の写真素材


三重塔。

花粉光環の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の動画素材

案内 写真はクリックすれば拡大

多くはありませんが、エンドレスで動き続けるgif素材をこのページにまとめておきます。
水が流れるとか、木々が揺れるとか、雪が降るなどの微かな動きのもの。
車が走る、電車が走るなど。
写真と同様にウェブサイトにお使いいただけます。
サイトの訪問者を少しはっとさせることができるでしょう。

なお、ループしている部分にそれなりに違和感がありますが、見なかったことにしてください。


初夏の渡月橋と嵐山。

夏の渡月橋と嵐山 gif動画素材


秋の渡月橋と嵐山。

秋の渡月橋と嵐山 gif動画素材


清水寺の音羽の滝に雪が降る。

清水寺の冬の音羽の滝 動画素材


さわさわさわ。初夏の清水寺。

清水寺の青もみじの動画素材

初夏の金閣寺。

金閣寺の初夏の動画素材


初夏の金閣寺。

金閣寺の初夏の動画素材


初夏の天龍寺の曹源池庭園。

天龍寺の初夏の動画素材

紅葉の天龍寺の曹源池庭園。

天龍寺の紅葉のgif動画素材


紅葉の天龍寺宝厳院獅子吼の庭。

紅葉の天龍寺宝厳院獅子吼の庭の動画素材


初夏の円通寺。

初夏の円通寺のgif動画素材

桜と菜の花の競演が見られる琵琶湖疏水の安朱橋。

疏水 桜と菜の花の動画素材


亀岡の名物、霧の雲海。

亀岡 霧のテラスの雲海の動画素材

山陰線を走る青い列車「丹後の海」。

京都丹後鉄道の写真素材


山陰線を走る特急。

京都 山陰線の写真素材


夜の京都タワーと五条通の坂。
手持ちで撮ったので、揺れが気持ちわるい。

夜の京都 京都タワーと五条通の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の月

案内 写真はクリックすれば拡大

冬の満月の写真です。
京都でなくたってどこで見ても月は月なのですが、満月があまりに綺麗だったので撮ってみました。

満月の写真素材


京都駅の近くの路上から見上げる早春の満月。

満月の写真素材


朧ろ満月。

満月の写真素材


中秋の名月。ですが、なんだかホラーな雰囲気。

中秋の名月 満月の写真素材

五条通で見る中秋の名月。
東山の稜線がまだうっすらと見えます。

中秋の名月 五条通と月の写真素材


嵯峨野の竹林の道の真上からのぞく満月。

竹林の道の満月の写真素材


東寺の五重塔の相輪が満月に届く。京阪国道口の歩道橋の西側より。彩雲もきれい。

東寺の五重塔と満月の写真素材

京都タワーの先端が満月に届く。路上より撮影。

栗名月と京都タワーとJR山陰線。

栗名月と京都タワーとJR山陰線の写真素材


京都鉄道博物館の蒸気機関車たちのうえに満月。

栗名月 京都鉄道博物館の写真素材


東寺の五重塔と清水寺の三重塔のあいだに日没前に出てきた満月。うっすらとして存在感がありません。

東寺の五重塔と満月の写真素材


東寺の枝垂桜に満月。

東寺の枝垂桜と月の写真素材

降りてきた月が京都タワーに火を灯す。
仰角の計算が雑だったので、根元が光ってしまいました。

京都タワーと月の写真素材


8月16日の大文字の送り火の終わり間際にポコッと出た満月。

大文字の送り火


澱川橋梁に挟まる満月。

満月と澱川橋梁の写真素材


天神川の桜並木越しの昼の月。

月と桜の写真素材


智積院の月。

月と智積院の写真素材

八坂の塔にはさまっている半月。

八坂の塔と月の写真素材


三日月。

三日月の写真素材

晴明神社の三日月。

晴明神社の三日月の写真素材


嵐山高雄パークウェイから見る夕焼け空に細い月。

夕焼け空 嵐山高雄パークウェイの写真素材


月の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清水寺

案内 写真はクリックすれば拡大

世界遺産、清水寺、きよみずさんの写真です。
夕日を浴びる清水の舞台はまことに美しいです。

夕日の清水寺の写真素材

三重塔も立体感が増します。

清水寺の写真素材


清水寺の写真素材

お昼まで雨だったので、空気が澄んでいて夕日ビカビカです。
桜も咲き始めています。

夕日の清水寺の写真素材


清水寺の写真素材


清水寺の夜間拝観は春と夏と秋の年3回。
三重塔から上空に向けまっすぐに放射される(ようにみえる)青い光。

清水寺のライトアップ写真素材


雨が強く、光のかたちが変わっていきます。

清水寺のライトアップ写真素材


光の造形に見とれてしまい、なかなか立ち去れません。

清水寺のライトアップ写真素材


茶碗坂から。

清水寺の写真素材

清水寺の梅の写真素材


梅の咲く仁王門。

清水寺の写真素材

梅の咲く西門。

清水寺の写真素材


清水寺の梅の写真素材

清水寺の写真素材


清水寺の写真素材


清水寺の写真素材


三重塔の側面の装飾。

清水寺の写真素材

西門。

清水寺の写真素材


全体像。

清水寺の写真素材


冬の夕日を浴びて染まる伽藍。

清水寺の写真素材


清水寺の写真素材

ミニチュア写真っぽく。

清水寺の写真素材


遠く西京極から見る清水寺。
清水寺は高い位置に建っていますので、目を凝らせばいろんなところから見えます。

清水寺の遠景の写真素材


さらに遠く西山から見る清水寺。京都駅の向こうに見えます。

清水寺の遠景の写真素材

東寺の五重塔のうしろに清水寺が一望できました。

清水寺と東寺の夜景の写真素材

日没前の清水寺の三重塔。

清水寺の写真素材

三重塔は夜間拝観でない日もほんのりとライトアップされています。

清水寺の三重塔と満月の夜景の写真素材

三重塔と満月。曇り空であきらめていましたが、朧月になりました。

清水寺の三重塔と満月の夜景の写真素材


ひとけのない夜の茶碗坂で。

清水寺の三重塔の夜景の写真素材


ほんの一瞬だけ月が見えた。

清水寺の三重塔と満月の夜景の写真素材


別の日。大きな満月が出た。まだ明るいので色が薄いです。

清水寺と満月の夜景の写真素材


五条通りの歩道橋から見る三重塔。ここからなら西門も見えます。

清水寺の写真素材


梅が咲いていますね。

清水寺の三重塔の写真素材


清水寺の正面、仁王門と西門、そして三重塔。

清水寺の写真素材

燃える秋の清水の舞台。

清水寺の紅葉

夕暮れ。

清水寺の舞台の写真素材


青もみじの清水の舞台。
清水寺の青もみじの写真素材


うっすらと雪積もるの清水の舞台。


舞台を見下ろして。
本堂の屋根の葺き替えが終わりました。

清水寺の本堂の写真素材


三重塔を見下ろして。

清水寺の本堂の写真素材


桜の夜の清水寺。


成就院のほうへ向かう道沿の石仏群。

桜・夏・紅葉・雪などは別のページにそれぞれまとめました。
清水寺(青もみじ)
清水寺(夏)
清水寺(紅葉)
清水寺(雪)
清水寺 成就院
清水寺 随求堂
清水寺 泰産寺



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清水寺の青もみじ

案内 写真はクリックすれば拡大

5月の清水寺さんの写真です。
桜や紅葉の名所、京都東山の清水寺は西国三十三ヶ所めぐりの第16番札所。

清水寺の青もみじの写真素材


背景の東山はフレッシュで、まさに山笑う状態。

清水寺の青もみじの写真素材

清水寺青もみじもまた素晴らしい場所。





長い長い本堂の修理を終え、姿を現した清水寺の舞台です。

清水寺の青もみじの写真素材


清水の舞台が青もみじに埋もれる様が素敵です。

清水寺の青もみじの写真素材


舞台から青もみじの海を見渡すのも素晴らしい。
この日は風があり、終始さわさわと木々が揺れていました。

清水寺の青もみじの写真素材

清水寺の青もみじの写真素材


さわさわさわ。

清水寺の青もみじの写真素材

舞台を出たところの景色。

清水寺の青もみじの写真素材


音羽の滝へ降りていく階段も青もみじに覆われています。

清水寺の階段の写真素材


三筋の水が流れる音羽の滝。

清水寺の音羽の滝の写真素材

子安の塔のもとから見る景色。

清水寺の青もみじの写真素材

新緑に包まれる本堂です。

清水寺の青もみじの写真素材

修復前の清水寺の写真も残しておきます。

清水寺の青もみじの写真素材

清水寺の青もみじの写真素材

清水寺の青もみじの写真素材


清水寺の青もみじの写真素材

「清水の舞台」として知られる舞台造りの本堂は釘を使わず縦横に組まれた柱が見事。
舞台の下方に音羽の滝、谷を隔てて安産祈願の子安の塔があります。世界文化遺産

清水寺の青もみじの写真素材



清水寺三重塔。

清水寺三重塔の青もみじの写真素材


近くから見るとたいへん豪華でおしゃれな色彩。

清水寺三重塔の青もみじの写真素材

青もみじに包まれる三重塔の景色です。

清水寺三重塔の青もみじの写真素材


最後はイラストの清水寺。

清水寺の青もみじのイラスト素材





このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

一年坂・二年坂・三年坂(一念坂・二寧坂・産寧坂)

案内 写真はクリックすれば拡大

清水界隈の雪景色の写真です。

二年坂の雪の写真素材

JR東海そうだ京都行こうのポスターにもなった二年坂(二寧坂)です。3つの傘が印象的です。

二年坂の雪の写真素材


こちらはうっすらと雪の積もる夜明け前の二年坂

二年坂の雪の写真素材


こちらは明保野亭の枝垂桜が美しい三年坂(産寧坂)を見おろして。

三年坂の雪の写真素材


三年坂の雪の写真素材

三年坂を坂下から。

三年坂の雪の写真素材


三年坂の雪の写真素材


次に5月の清水界隈。

二年坂の雪の写真素材


産寧坂を下から。

産寧坂の写真素材


産寧坂を坂上から。

産寧坂の写真素材


明保野亭の枝垂桜が木陰を作ります。

産寧坂のあけぼの亭の写真素材


そばの路地の奥に八坂の塔。

八坂の塔の写真素材


伏見稲荷のキツネのお面をつけたカップル。
着物をレンタルするときにいっしょにお面もレンタルできるところがあります。

二年坂の写真素材

ねねの道から二年坂に抜ける一念坂。100mもない短いゆるい坂道です。

一念坂の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清水寺の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大

清水寺(きよみずでら)

清水寺の冬景色・雪景色を掲載します。
いわゆる「ゆきよみず」です。
清水寺は開門が6時とすごく早いので、雪が積もったら一目散に見に行くといいです。

ちらちらと雪の降る音羽の滝。 (これも動くWEB素材としてお使いいただけます。)
清水寺の冬の音羽の滝 写真素材


少し雪の積もった朝一番の仁王門。
清水寺の冬の写真素材


日の出直後の空がきれいです。
清水寺の冬の写真素材


清水寺の冬の写真素材


西門から雪の京都市街を覗き見る。
清水寺の冬の写真素材


雪の降る清水寺三重塔。
清水寺の冬の写真素材


間近に見る雪の三重塔。
清水寺の冬の写真素材


相輪の先。
清水寺の冬の写真素材


いわゆる「清水の舞台」です。寄棟造・桧皮葺きで139本の柱に支えられて崖に立っています。 清水寺の雪の写真素材

江戸時代の再建ですが、もとは坂上田村麻呂が長岡京の紫宸殿を賜わったものとされ、寝殿造風の豪壮優美な建物。舞台からは市街を一望できます。

清水の舞台から子安の塔のほうを眺めて。 清水寺の雪の写真素材

だんだん空に色がついてきました。 清水寺の雪の写真素材

西山にはもう日が差しています。融けるのも早そうです。 清水寺近辺の旅館はこちら


雪の清水の舞台を子安の塔から見たところ。 清水寺の雪

雪に霞む西山方面。
清水寺の冬の写真素材


市街は晴れていますが、向こうはまだ雪の中かも。
清水寺の冬の写真素材


音羽の滝も朝はだれもいません。
清水寺の冬の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

延命院(清水寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

清水寺の延命院さんの写真です。

延命院(清水寺)の写真素材


清水寺の運営に当たっていた三職六坊の中の六坊のひとつ。

延命院(清水寺)の写真素材

清水寺の順路の最後のほうに建つお寺で、観光客はその前をどんどんと通り過ぎて行きます。

延命院(清水寺)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清水寺 随求堂

案内 写真はクリックすれば拡大

清水寺の随求堂の写真です。慈心院随求堂。
真っ暗なお堂をめぐる胎内めぐりができるお堂です。手すりを頼りに、お数珠を頼りに目を開けても目を閉じても変わらない闇を進む体験です。

清水寺 随求堂の写真素材


本尊は大随求菩薩。ほかに大聖歓喜天を祀り、縁結び、安産、子育て守護のご利益でも知られています。

清水寺 随求堂の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

縁結びの地主神社

案内 写真はクリックすれば拡大

清水寺の一角にありますが、実は清水寺より古くからあるというたいへん由緒正しい地主神社

縁結びのご利益を求めてたくさんの人が訪れます。

縁結びの地主神社の写真素材

夕日にギラリ、地主神社の扁額。

地主神社の写真はたくさんあるのですが、人が大勢写っているので、素材に適当なものがありません。
この写真くらいが限界かな。

伝説の地主桜はいまは何代目かの代替わりで若木です。


次は地主神社の雪景色。雪の日の早朝の静かなひととき。
地主神社の雪景色の写真素材

新緑の地主神社。

縁結びの地主神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清水寺の桜

案内 写真はクリックすれば拡大

清水寺の桜写真です。

清水寺の本堂の写真素材

三重塔。

三重塔。


三重塔。

三重塔。

三重塔。


三重塔。

清水寺の桜の写真素材

清水寺の夜の桜。


音羽の滝。



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清水寺の夏景色

案内 写真はクリックすれば拡大

清水寺(きよみずでら)

夏の清水寺の写真です。五条通りの先の山の中腹に見える堂塔が世界遺産清水寺です。 清水寺の夏の写真素材

さるすべりと三重塔。
清水寺の夏の写真素材

茶店のよしずに氷の文字。
清水寺の夏の写真素材

三重塔を撮る人。
清水寺の夏の写真素材

西門(さいもん)からの素敵な眺望。
清水寺の夏の写真素材

清水寺の夏の写真素材

仁王門と西門、三重塔。
清水寺の夏の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清水寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

清水寺(きよみずでら)

東山の清水寺の紅葉の写真です。京都を代表する紅葉の名所です。 カエデ越しに見上げる三重塔。
清水寺の紅葉の写真素材

修復中にしか見られない紅葉の景色。

清水寺の紅葉の写真素材


奥の院からの景色。

清水寺の紅葉の写真素材

定番の景色。修復工事で見られない期間も長いです。

清水寺の紅葉の写真素材

清水の舞台から。強い朝日を浴びて真っ赤っか!

清水寺の紅葉の写真素材


赤い山に泰産寺の子安の塔が建ちます。

清水寺の紅葉の写真素材


強い日差しにカエデの赤がさらに発光してまぶしいほど。さすがは清水寺。

清水寺の紅葉


桜もたくさんありますし、常緑樹もけっこう多いですが、それでも赤いです。

清水寺の紅葉の写真素材


清水寺の紅葉

清水寺近辺の旅館を見る


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清水寺 泰産寺(子安の塔)

案内 写真はクリックすれば拡大

清水寺の塔頭の泰産寺さんの三重塔の写真です。
子安の塔と呼ぶほうが通じやすいと思います。

清水寺 泰産寺(子安の塔)の写真素材

カエデに囲まれていますので、秋は特別きれいです。

清水寺 泰産寺(子安の塔)の写真素材


清水の舞台からまっすぐ前を見ると、錦雲渓の向こうに美しく立つ赤い三重塔が目に入ります。

清水寺 泰産寺(子安の塔)の写真素材

730年建立、1500年再建。
中には千手観音がいらっしゃるそうです。
安産祈願の信仰が生まれたのは、聖武天皇と光明皇后の逸話によるものです。

清水寺 泰産寺(子安の塔)の写真素材


清水寺 泰産寺(子安の塔)の写真素材


清水寺 泰産寺(子安の塔)の写真素材

子安の塔と清水寺の本堂。

清水寺 泰産寺(子安の塔)の写真素材

清水寺の写真素材

見た目のメインは塔ですが、泰産寺本体は近くにあります。
ガラスに子安の塔を映します。

清水寺 泰産寺の写真素材


明治時代までこの子安の塔は清水寺の仁王門前にどーんと建っていました。
産寧坂は子安の塔への坂ということで意味がリンクしていましたが、だいぶん遠くに離れて、意味合いが薄れてしまいました。

清水寺 泰産寺(子安の塔)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

日體寺

案内 写真はクリックすれば拡大

清水寺に向かう松原通り沿いに建つ日體寺さんの写真です。
十二支妙見めぐりの巳のお寺です。
鎮宅(ちんたく)妙見大菩薩とも。

日體寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

若宮八幡宮(五条坂)

案内 写真はクリックすれば拡大
清水寺に向かって五条通が坂道になり始めるあたりに建つ小さな神社、若宮八幡宮
わたしは五条坂の陶器まつりのときだけのお詣り。陶器業者さんたちの信仰が厚い古社です。
夏の若宮八幡宮
冬にもぶらりと訪れてみました。ひとけのない静かな境内でした。
冬の若宮八幡宮

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ