sozai_head.jpg

タグ「比叡山」の一覧

京都の鉄道(嵐電)

案内 写真はクリックすれば拡大

嵐電の沿線は見所が多く、のんびり散歩するのにもよいところが多いです。

嵐電の写真素材


背景に比叡山。

嵐電の写真素材


桜と雪柳の向こうから飛び出してくる紫の電車。

嵐電の桜の写真素材


嵐電の車折神社駅は鳥居のすぐ前。
「嵐電乗る人おらんでん」と、こどもたちが歌う。

嵐電 車折神社の写真素材

嵐電の写真素材


特に有名なのは鳴滝と宇多野のあいだの桜のトンネルです。

嵐電の桜の写真素材

嵐電の桜の写真素材


乗って眺めるのが一番ですが、沿線にもたくさん見所があります。

嵐電の桜の写真素材


流し撮り。

嵐電の桜の写真素材


もう一枚。

嵐電の桜の写真素材

梅雨。沿線に紫陽花の咲くところもあります。
御室仁和寺駅の東。

嵐電の紫陽花の写真素材


常盤駅の南側。

嵐電の紫陽花の写真素材


ペコちゃんが来た。

嵐電の紫陽花の写真素材

猿田彦神社のそばを通ります。

嵐電の写真素材

嵐山駅の屋上から。

嵐電嵐山駅の写真素材


ここでも比叡山が背景です。

嵐電嵐山駅と比叡山の紫陽花の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の鉄道(叡山電鉄)

案内 写真はクリックすれば拡大

叡山電鉄、叡電の写真をいくつか。


ひえい。深い緑色で高級感があって姿が良い車両です。
叡山電車公式サイトによれば、この楕円モチーフの意味は、比叡山と鞍馬山の歴史あるふたつの山の神秘、パワーやダイナミズムを表現しているのだそう。
わかるようなわからないような感じですが、シンプルに格好良い車両です。

叡電のひえいの写真素材


三宅八幡と八瀬比叡山口のあいだ。

叡電のひえいの写真素材


楕円のモチーフが側面にもたくさん。

叡電のひえいの写真素材


晩秋。同じく三宅八幡駅のそばで。

叡電の写真素材


比叡山が色づいてカラフルです。

叡電の写真素材


三宅八幡駅から出発するひえい。

叡電の写真素材

叡電のひえいの写真素材

八瀬比叡山口の駅舎。

叡電 八瀬比叡山口駅の写真素材

叡電の八瀬比叡山口駅の写真素材


雪の八瀬比叡山口駅。ひえいが10分ほど停まって折り返して行きます。

雪 叡電の写真素材

八瀬の緑の中から飛び出す列車。

叡電の写真素材


雪景色のひえい。

雪 叡電の写真素材

青もみじのトンネルから出てくる緑のきらら。

叡電の写真素材

叡電の写真素材

貴船口あたり。新緑の中のきらら。

叡電の写真素材

赤い鳥居と赤い橋とオレンジのきらら。

叡電の写真素材


叡電と桜。貴船口と鞍馬のあいだ。

叡電の桜の写真素材

ふごおろしトンネルの北側に桜が三本。くらま辻井さんの空き地です。

叡電の桜の写真素材


叡電と桜。岩倉駅近く。

叡電の桜の写真素材


同じく岩倉駅近く。

叡電の桜の写真素材

下在地町の地元のかたがたが岩倉川に沿ってコスモスを植えておられます。
コスモスに一番合う色の列車を入れて。

叡電とコスモスの写真素材


季節は10月の終わり。

叡電とコスモスの写真素材

花園橋。背景は比叡山。

花園橋 叡電と比叡山の写真素材


黄緑のきららが来ました。

花園橋 叡電の写真素材

一両だけでゴトゴトと渡っていきました。

叡電と比叡山の写真素材


花園橋。初秋の青空。

花園橋 叡電の写真素材

花園橋。天気が悪いので比叡山をあきらめて裏側から狙ってみました。

叡電の写真素材


河原へ下りてオレンジのきららを見上げる。

叡電の写真素材


夕陽に照らされる黄緑のきらら。

叡電の写真素材

八幡前駅の北側。

叡電のきららの写真素材

線路際のお地蔵さんと大文字。

叡電の写真素材


木野駅。

叡電の写真素材


木野駅のそば。なだらかなカーブが続き、撮りやすい立ち位置がいくつかあります。

叡電の写真素材

一乗寺公園。ヘッドマークは「ゆるゆり」とのコラボ。

叡電の写真素材

茶山駅から一乗寺、修学院駅までは一直線の線路。

叡電の写真素材


その区間では、どこから見ても線路の先に京都タワーが見えます。

叡電のひえいの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の鉄道(叡山ケーブル)

案内 写真はクリックすれば拡大

八瀬から比叡山に登る叡山ケーブルの写真です。
京福電気鉄道の運営するケーブルカーです。

叡山ケーブルの写真素材


比叡山のふもとのケーブル八瀬駅と中腹のケーブル比叡駅を結んでいます。
その先の山頂へはロープウェイに乗り換えます。

叡山ケーブルの写真素材

乗車時間は10分足らず。
出発したのを見送ってからけっこうすぐに次の車両が駅に戻ってきます。

叡山ケーブルの写真素材


叡山ケーブルの写真素材

雪の日の叡山ケーブル八瀬駅です。

雪 叡山ケーブルの写真素材


まだいろいろと点検中で、動いていませんでした。

雪 叡山ケーブルの写真素材


雪 叡山ケーブルの写真素材


雪 叡山ケーブルの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都府立植物園

案内 写真はクリックすれば拡大

京都府立植物園の写真です。
市民の憩いの場所。入園料も安いですが、年間パスも安いので買っておくと自分のお庭にできます。
戦後には京都府立植物園の敷地は占領軍の宿舎となりました。
その影響で、北山通の洋風な雰囲気ができあがり、いまもその印象を残します。

京都府立植物園の写真素材

桜の向こうには巨大な温室。

京都府立植物園の写真素材

奥まったところに神社が祀られています。半木神社です。
流木神社とも呼ばれるそうです。

京都府立植物園 半木神社の写真素材


京都府立植物園 半木神社の写真素材

5月の植物園。バラ園の写真です。

京都府立植物園の写真素材

バラ園の借景は比叡山です。

京都府立植物園の写真素材


京都府立植物園の写真素材


京都府立植物園の写真素材


さすがにたいへんな人出。ひとの写っていない写真を選んでいますが、麦わら帽子が。

京都府立植物園の写真素材


午後には比叡山にもしっかり日が当たり、くっきりと見えます。

京都府立植物園の写真素材


6月は花菖蒲。

京都府立植物園の写真素材

京都府立植物園の写真素材


京都府立植物園の写真素材


京都府立植物園の写真素材

京都府立植物園の写真素材


奥の緑は枝垂れ桜。

京都府立植物園の写真素材


京都府立植物園の写真素材

京都府立植物園の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

比叡山のある風景写真

案内 写真はクリックすれば拡大

平安京の鬼門にあたる山、京都盆地の北の方ならどこからでも見える山、世界遺産延暦寺の山、比叡山。
比叡山を借景としているお庭もたくさんあります。
そんな比叡山のある風景をいくつか。


叡電と比叡山


三宅八幡の駅を出るとまっすぐ比叡山に向かって走る「ひえい」。
叡電のひえいの写真素材


圓通寺から見る比叡山


比叡山を借景とする枯山水庭園ではもっとも有名な圓通寺さん。この景色を維持するためのストーリーが興味深いです。
圓通寺の枯山水庭園の紅葉の写真素材


写真を撮るにはお天気と時間をよーく考えねばなりません。
圓通寺の写真素材


妙満寺から見る比叡山


比叡山がよく見える妙満寺。本堂は比叡山を向いています。
妙満寺の紅葉の写真素材

正伝寺から見る比叡山

正伝寺のさつきの枯山水に比叡山。 正伝寺の写真素材

正伝寺の写真素材

常寂光寺から見る比叡山

真っ赤なカエデの遥か向こうに比叡山。
常寂光寺の紅葉の写真素材

清凉寺から見る比叡山

清凉寺の境内の東から、大きな枝垂桜の向こうに比叡山。
清涼寺から桜越しに見る比叡山の写真素材

天寧寺から見る比叡山

額縁門のメインは比叡山。 天寧寺の写真素材

枝垂桜の咲きっぷりも見事。
天寧寺の写真素材

京都府立植物園から見る比叡山

バラ咲き誇る借景に比叡山。 京都府立植物園の写真素材


大悲閣千光寺から見る比叡山


嵐山の大悲閣千光寺から紅葉の山の彼方に比叡山。
大悲閣千光寺の写真素材

こちらも大悲閣千光寺から。

大悲閣千光寺の写真素材

鴨川から見る比叡山

高野川の桜越しの比叡山。 高野川の桜の写真素材


鴨川(高野川)と比叡山の桜写真素材


ホテルオークラから見る比叡山


比叡山と大文字は兄弟の山。あいだはホルンフェルスの層。
比叡山と大文字の写真素材

動物園から見る比叡山

京都市動物園から比叡山を見ると、手前に金戒光明寺の三重塔が見えます。 動物園から見る比叡山の写真素材


宝ケ池から見る比叡山


子供の楽園で無心に遊ぶこどもたちの向こうに大きなお山。
宝ケ池子供の楽園の写真素材


朱山から見る比叡山


下鴨神社の森や妙法の向こうに比叡山。
比叡山の写真素材


吉田山から見る比叡山


吉田山から見る紅葉の山のむこうの比叡山。
比叡山の写真素材

比叡山の写真素材

小倉山から見る比叡山

小倉山から比叡山を遠望。
比叡山の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

比叡山延暦寺 東塔

案内 写真はクリックすれば拡大

比叡山延暦寺の中でもメインのくくりとなる東塔エリアの写真です。
延暦寺発祥の地で、根本中堂があるエリア。
東塔はとうとうではなく、とうどうと読むのが正しいそうです。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

大講堂。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

鐘楼から見る大講堂。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材


比叡山延暦寺 東塔の写真素材


比叡山延暦寺の総本堂である根本中堂。石段を下り、または坂道を下って到達する大きな国宝のお堂です。(写真は修復中)
薬師如来をご本尊とし、「不滅の法灯」が守られています。
須弥壇のある内陣は薄暗く、神秘的な雰囲気。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材


根本中堂から向かいの文殊楼を見て。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材


文殊楼。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

戒壇院。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

阿弥陀堂。1937年の建物です。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

法華総持院東塔。1980年の建物です。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

ほぼ全体が滋賀県でありながら、古都京都の文化財として世界遺産登録されている比叡山延暦寺
比叡山自体は滋賀県と京都にまたがっていますが、堂塔は京都にはありません。
でも、そうだ京都行こうでもやはり京都のくくりで宣伝されている比叡山延暦寺
最澄が延暦寺を開いた理由のひとつが京都の鬼門封じのためということで、京都に向いたお寺だともいえます。
比叡山の見える風景
比叡山延暦寺 西塔
比叡山延暦寺 横川


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

比叡山延暦寺 横川

案内 写真はクリックすれば拡大

比叡山延暦寺横川の写真です。
比叡山ドライブウェイの横川入り口付近の紅葉。

比叡山延暦寺 横川の写真素材

横川の入り口の紅葉。

比叡山延暦寺 横川の写真素材


中心的な建物、横川中堂。
杉木立とカエデに囲まれた舞台造りの朱塗りの建物です。火事で燃えて1971年に再建されました。
ご本尊は聖観音菩薩。

比叡山延暦寺 横川の写真素材

カエデのグラデーションに少しだけ日が差しました。

比叡山延暦寺 横川の写真素材


元三大師堂。魔除けの護符をいただくところとしても知られています。

比叡山延暦寺 横川の写真素材


比叡山延暦寺 横川の写真素材

鐘楼前はT字路になっています。ここもグラデーション。

比叡山延暦寺 横川の写真素材

恵心堂まで来ると誰もいません。恵心僧都源信の旧跡で、「往生要集」「二十五三昧式」を書いた場所です。

比叡山延暦寺 横川の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

比叡山延暦寺 西塔

案内 写真はクリックすれば拡大

比叡山延暦寺の西塔エリアの写真です。
車で行くと、東塔から西塔に移動すると料金がぐんと上がるのでドッキリします。

常行堂と法華堂のふたつを合わせてにない堂です。

比叡山延暦寺 西塔川の写真素材


渡り廊下でつながっているので、この部分を担ぎあげれば両方のお堂が持ち上がるような空想ができます。
弁慶が実際にそうやって持ち上げたという伝説があり、「弁慶のにない堂」とも。

比叡山延暦寺 西塔川の写真素材


下りアプローチの釈迦堂(転法輪堂)。西塔の本堂です。

比叡山延暦寺 西塔川の写真素材

ご本尊は釈迦如来。
三井寺の園城寺から豊臣秀吉がこの地へ移築したもの。

比叡山延暦寺 西塔川の写真素材


浄土院。少し離れた場所にあり、東塔と西塔のあいだ。
最澄上人の御廟所です。
いつも掃き清められていて「掃除地獄」と呼ばれるそうな。
(所属は東塔エリアですが、公式サイトでも西塔のページに記されています)

比叡山延暦寺 西塔川の写真素材


比叡山延暦寺 西塔川の写真素材

比叡山延暦寺 西塔川の写真素材

椿堂。聖徳太子が建てたという言い伝えがあります。

比叡山延暦寺 西塔川の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

養福寺

案内 写真はクリックすれば拡大

赤門寺とも呼ばれる八瀬の養福寺さんの写真です。
三条大橋の東側に建っていたお寺ですが、三条京阪まわりの再開発によりこの八瀬に移転しました。

養福寺の写真素材


坂道を登った高い位置に境内があり、ここから見る向かいの八瀬の山と比叡山の紅葉もまことに美しいです。

養福寺の写真素材

雪の日の養福寺さん。

雪 養福寺の写真素材


向いの山々の雪景色もまことに美しいです。

雪 養福寺の写真素材

雪 養福寺の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

正伝寺

案内 写真はクリックすれば拡大

西賀茂の正伝寺さんの写真です。

正伝寺の写真素材

「獅子の児渡し」の枯山水庭園は、比叡山を借景にしたたいへん開放感のあるお庭です。

正伝寺の枯山水庭園の写真素材


6月のサツキの季節。
サツキの花がどばっと咲いているのは見たことがなく、いつもちょぼちょぼと控えめに。

正伝寺の枯山水庭園の写真素材


ただぼ〜っといつまでも眺めていたい景色。

正伝寺の枯山水庭園の写真素材


鳥の声に、風の音。そしてゴルフ場の音がちょっと。
デヴィッド・ ボウイさんが来たとか、谷村新司さんが来たとかそんな話も聞きます。

正伝寺の枯山水庭園の写真素材


午後になるほど比叡山に陽が当たります。

正伝寺の枯山水庭園の写真素材


座っている縁の天井は血天井。

正伝寺の枯山水庭園の写真素材

夕方になるとサツキにも方丈の屋根の影が届きます。

正伝寺の枯山水庭園の写真素材

雲のたくさんある日。

正伝寺 枯山水庭園の写真素材


桜の咲くころもとても良いです。

正伝寺の桜の写真素材

青もみじ。

正伝寺の写真素材

帰り際、お地蔵さんにだけ西日が当たっていました。

正伝寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

圓通寺

案内 写真はクリックすれば拡大

圓通寺さんの枯山水庭園の写真です。

6月の圓通寺の枯山水庭園の写真素材


爽やかな風がそよそよと。

6月の圓通寺の枯山水庭園のgif動画素材


圓通寺は比叡山を借景とした枯山水庭園で知られています。

圓通寺の枯山水庭園の写真素材


圓通寺の山門。4月。

圓通寺の写真素材

圓通寺の山門。5月。ひと月でだいぶん変わります。

圓通寺の写真素材


山門の内側はカーブを描く参道。

6月の圓通寺の枯山水庭園の写真素材

サツキの咲く6月初旬の枯山水庭園。

6月の圓通寺の枯山水庭園の写真素材


風が吹き渡り心地よい空間です。

6月の圓通寺の枯山水庭園の写真素材

お庭を眺めて長い時間を過ごす方が多いように思います。

6月の圓通寺の枯山水庭園の写真素材


住職の渋い声の解説を何回も聴いてしまったりします。

6月の圓通寺の枯山水庭園の写真素材


紅葉の時期の圓通寺さんの枯山水庭園の写真です。

圓通寺の枯山水庭園の紅葉の写真素材


圓通寺の枯山水庭園の紅葉の写真素材

借景の比叡山の存在感が素晴らしいです。

圓通寺の枯山水庭園の紅葉の写真素材


雪の降る圓通寺。比叡山は霞んで見えません。

雪の圓通寺の枯山水庭園の写真素材

静かなモノクロの世界です。さすがに寒いです。半分外なので。

雪の圓通寺の枯山水庭園の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ