sozai_head.jpg

タグ「梅」の一覧

東寺 観智院

案内 写真はクリックすれば拡大

東寺観智院さんの写真です。北大門を出て亀だらけの池をこえたところに建っています。

東寺 観智院の写真素材


客殿が国宝となっています。宮本武蔵が描いた「鷲の図」「竹林の図」があります。

東寺 観智院の写真素材


海から龍が首を出す以前のお庭です。いまはだいぶんレイアウトが変わっているそうです。

東寺 観智院の写真素材


枝垂れ梅が一本。早春に特別公開が行われることもあります。

東寺 観智院の写真素材


素晴らしい咲きっぷりの梅です。

東寺 観智院の枝垂れ梅の写真素材


東寺 観智院の枝垂れ梅の写真素材

京都タワーがちらり。

東寺 観智院の枝垂れ梅の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都御所

案内 写真はクリックすれば拡大

京都御苑の中の西北側の長方形、京都御所の写真です。

京都御所の写真素材


築地塀で囲まれた11万平方メートルもの敷地を持ちます。

京都御所の写真素材


京都御所の写真素材

以前は参観するには事前申込みが必要でしたが、最近はぶらっと参観できるようになりました。(2016年夏以降)

京都御所の写真素材

入り口でのチェックは手荷物チェックのみでした。
係の方の説明を受けながらグループになって進んでも良いですし、気ままに独りでそぞろ歩いても良いです。
中国語や英語の説明もあります。

京都御所の写真素材


承明門から紫宸殿を見て。

京都御所の写真素材


京都御所の写真素材


紫宸殿。

京都御所の写真素材


小御所。

京都御所の写真素材


特に美しいのは御池庭の周りの庭園。小御所や御学問所の東側に広がっています。

京都御所の写真素材


百日紅咲く真夏の御池庭。

京都御所の写真素材


橋は渡ることはできません。

京都御所の写真素材

京都御所の写真素材


清涼殿。

京都御所の写真素材

京都御所の錯視の世界。格子の交差しているところに白い丸が点滅します!!

京都御所の写真素材

白梅。

京都御所 白梅の写真素材

一本だけの紅梅にメジロ。

京都御所 紅梅とメジロの写真素材


近づいても気にする様子もなく、忙しく吸蜜していました。

京都御所 紅梅とメジロの写真素材

京都御所 紅梅の写真素材


京都御所 紅梅の写真素材

京都御所 紅梅の写真素材


京都御所 紅梅の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

得浄明院

案内 写真はクリックすれば拡大

知恩院のそばの得浄明院さんの写真です。華頂通から北へ少し入ったところに建っています。

得浄明院の写真素材


得浄明院は、長野の善光寺の別院で、初夏のイチハツの特別拝観「お戒壇巡りと一初鑑賞会」で知られています。それ以外の季節でも山門が開いていればお参りはできるようです。

得浄明院の写真素材


7月。芙蓉が咲き始めていました。

得浄明院の写真素材


本堂の前には立派な梅の木があります。

得浄明院の写真素材


門前からも濃いピンクがよく見えます。

得浄明院の写真素材


ちょうど見頃を迎えたときに訪れることができました。

得浄明院の写真素材


得浄明院の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

菅大臣神社

案内 写真はクリックすれば拡大

菅大臣神社さんの写真です。
その名のとおり菅原道真公を祀る神社で、この地は元は道真公のお屋敷や、学問所があったところです。
有名な「東風吹かばにほひおこせよ梅の花主なしとて春なわすれそ」の歌の梅(飛梅)が生えていた場所といわれています。

菅大臣神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

泉涌寺 雲龍院

案内 写真はクリックすれば拡大

泉涌寺塔頭の雲龍院さんの紅葉の写真です。

雲龍院の紅葉の写真素材


雲龍院の紅葉の写真素材


新緑と皐月の雲龍院

泉涌寺雲龍院の写真素材


泉涌寺雲龍院の写真素材


泉涌寺雲龍院の写真素材

春先には梅と河津桜。

雲龍院の梅と河津桜の写真素材

雲龍院の梅と河津桜の写真素材


雲龍院の梅と河津桜の写真素材

雲龍院の梅と河津桜の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

青谷梅林

案内 写真はクリックすれば拡大

京都府城陽市の広大な梅林、青谷梅林の写真です。
20ヘクタール、10000本もの梅の園で、背の低い白梅の木が至るところにあります。梅干しや梅酒になる梅なのだそうです。
梅林の借景となっているのはエアーズロック。

青谷梅林の写真素材


オーストラリアのエアーズロックと同様に、登ることはできません。

青谷梅林の写真素材

青空に白梅。

青谷梅林の写真素材

曲がりくねった道をどこまでも散策。のどかなところです。

青谷梅林の写真素材


菜の花が植えられて彩りを添えている場所も。

青谷梅林の写真素材

菜の花にはたくさんのミツバチがおしごと中。向こうには白い花。

青谷梅林の写真素材

梅の花のアップ。

青谷梅林の写真素材

蕾は色が濃いですね。

青谷梅林の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

下鴨神社と糺の森

案内 写真はクリックすれば拡大

京都の世界遺産のひとつ、下鴨神社の写真です。

下鴨神社の写真素材

鴨川デルタの緑あふれる空間です。

下鴨神社の写真素材

御蔭通から入り、糺の森の表参道を南から北へ歩きます。
広さは12万4000平方メートル。古代から変わらぬ森です。

下鴨神社 糺の森の写真素材

河合神社の写真はこちらに分けました。

近所のひとの贅沢な散歩道でもあります。
通り抜けるだけでも気持ちがいいです。
こちらは幅広い馬場。

下鴨神社 糺の森の写真素材


晩秋には樹々が赤や黄色に染まります。

糺の森の写真素材


あまり派手な紅葉ではありませんが、落葉をサクサクと踏んで散策するのは楽しい。

糺の森の写真素材

霧に煙る糺の森、瀬見の小川。

下鴨神社糺の森の写真素材

下鴨神社 糺の森の写真素材


下鴨神社 糺の森の写真素材

下鴨神社 糺の森の写真素材


ラグビーの神様。雑太社といいます。
珍しいラグビーボールの鈴にラグビーボールの賽銭箱。
下鴨神社も大胆なものを作ったものです。
御祭神は神魂命(かんたまのみこと)で、昔から球技の神様として知られているうえ、この糺の森がラグビー第一蹴の地であることに因んでいます。

下鴨神社 糺の森の写真素材


糺の森の向こうに下鴨神社の南口鳥居が見えてきます。

下鴨神社糺の森の写真素材


鳥居の向こうは楼門。

下鴨神社の写真素材

うっすらと霧のかかる朝の下鴨神社。

下鴨神社糺の森の写真素材


新緑のなかの鳥居。

下鴨神社の写真素材


鳥居をくぐり楼門へ向かいます。

下鴨神社の写真素材


壮麗な下鴨神社楼門。

下鴨神社の写真素材

楼門手前に建つ相生社。下鴨神社の末社のひとつです。

下鴨神社の相生社の写真素材

下鴨神社の相生社の写真素材


下鴨神社の相生社の写真素材


相生社のえんむすびの絵馬。



連理の賢木は二本の幹が途中から一本になっており、縁結びの象徴とされます。


楼門をくぐると舞殿や中門が見えます。

下鴨神社の写真素材


下鴨神社の写真素材


御手洗社。みたらしの池はいまは水が少ないです。流し雛・斎王代の禊の儀・足つけ神事・矢取りの神事などが行われる場所。
みたらし団子の発祥地でもあります。

下鴨神社の写真素材


御手洗川にかかる輪橋(反り橋)。

下鴨神社の写真素材


有名な光琳の梅。輪橋のすぐそばで咲きます。
下を流れるのは御手洗川。夏にはジャブジャブと歩くところ。

下鴨神社の梅の写真素材


橋殿から輪橋を見て。

下鴨神社の梅の写真素材


光琳の梅と楼門。

下鴨神社の梅の写真素材


下鴨神社の梅の写真素材


下鴨神社の梅の写真素材


下鴨神社の写真素材

下鴨神社の写真素材
なお、糺の森の東側の道に車で入っていくと、恐ろしく細くなっていくのでやめたほうがいいです。

下鴨神社の桜。
とても大きな枝垂れ桜がありますが、ほかの木々が大きいのでインパクトが薄いです。

下鴨神社 枝垂れ桜の写真素材


桜の向こうに鳥居が透けてみえます。

下鴨神社 枝垂れ桜の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

城南宮の梅

案内 写真はクリックすれば拡大

移動しました


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

城南宮

案内 写真はクリックすれば拡大

方除けの神様として知られる城南宮さんの写真です。
京都ではクルマのステッカーに城南宮の文字をよく見かけます。6月末にはクルマごとくぐれる巨大な茅の輪が作られます。
まずは本殿にお詣り。

城南宮の本殿


有名な枝垂れ梅。
平日でもかなりの混雑ぶりでした。

城南宮の梅の写真素材

庭園の「春の山」の枝垂梅は、白とピンクのシャワーのようでたいへん華やか。

城南宮の梅の写真素材

城南宮の梅の写真素材

パチパチと火花を散らしているよう。

城南宮の梅の写真素材

春一番が吹いたあと、苔のうえには花弁が積もり、椿の花がたくさん落ちました。

城南宮の梅の写真素材

城南宮の梅の写真素材

城南宮の梅の写真素材


一本だけで見事すぎるしだれ梅。

城南宮の梅の写真素材


紅白の梅。

城南宮の梅の写真素材

城南宮の梅の写真素材

たくさんの種類の椿が植えられています。

城南宮の椿の写真素材

ツツジと藤が見頃の5月の城南宮さんの庭園。

城南宮のツツジと藤の写真素材


城南宮のツツジと藤の写真素材

城南宮のツツジと藤の写真素材

季節毎に美しい城南宮のお庭ですが、紅葉の時期も華やかです。
でも、城南宮は紅葉の名所というイメージがないからか、京都の他所に比べると、だいたいすいています。


平安の庭。池のまわりを取り囲むカエデが美しい。

城南宮の紅葉

城南宮の紅葉


広大な室町の庭。藤棚の下から池とカエデを見る。

城南宮の紅葉


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

生身天満宮

案内 写真はクリックすれば拡大

生身天満宮(いきみてんまんぐう)

日本最古の天満宮として知られる園部の生身天満宮です。
日本全国に1万2000社もあるという天満宮の中で最初に祀ったのがここだということです。
参道脇には梅園もあり、3月には美しい光景が見られます。 生身天満宮

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

随心院

案内 写真はクリックすれば拡大

山科の随心院さんの写真です。
初めて見るとおどろく襖絵。

随心院の襖絵の写真素材

塀からあふれる桜と椿。

随心院の写真素材


随心院の桜の写真素材


随心院の桜の写真素材


真っ赤なキリシマツツジ。

随心院の庭園の写真素材

ピンクのトキワマンサク。

随心院の庭園の写真素材


随心院の庭園の写真素材

シャクナゲ。

随心院の庭園の写真素材

庭園の青もみじ

随心院の皐月と青もみじの写真素材


ツツジとサツキが2列になっていて、6月はサツキがきれいです。

随心院の皐月と青もみじの写真素材


紅葉。

随心院のもみじの写真素材


小野の梅苑。

随心院の梅の写真素材

3月の後半に見頃を迎える遅めの梅が多いです。

随心院の梅の写真素材


梅らしい格好の良い枝ぶり。

随心院の梅の写真素材


開催されるはねずおどりと満開のタイミングが合えば、ほんとうに美しい空間になります。

随心院の梅の写真素材

随心院の梅の写真素材


随心院の梅の写真素材

唐実桜でしょうか。梅と同時に満開でした。

随心院の梅の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

北野天満宮の梅

案内 写真はクリックすれば拡大
梅といえば天神さん。北野天満宮の梅は見事。
北野天満宮の梅の写真素材


北野天満宮の梅


北野天満宮の梅の写真素材


白梅は1月に咲き始めます。
北野天満宮の梅の写真素材


梅園に入らないひともたっぷり梅を愉しむこともできます。
北野天満宮の梅の写真素材


北野天満宮の雪の写真素材


枝垂れ梅も境内のあちこちに。
北野天満宮


北野天満宮の梅

北野天満宮の梅


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [5]
  2. 2021年8月 [2]
  3. 2021年7月 [2]
  4. 2021年6月 [2]
  5. 2021年5月 [3]
  6. 2021年4月 [3]
  7. 2021年3月 [4]
  8. 2021年2月 [1]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [1]
  12. 2020年10月 [8]
  13. 2020年8月 [28]
  14. 2020年7月 [6]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [26]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [67]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [57]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [93]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [34]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [10]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]