sozai_head.jpg

タグ「桜・枝垂れ桜・八重桜」の一覧

京都府庁舎

案内 写真はクリックすれば拡大

京都守護職屋敷跡に建つ京都府庁舎の写真です。
京都府知事さんのいるところ。
なかでも京都府庁旧本館は1904年竣工のレトロな建物で、用事がなくても見に行きたいところです。
桜の時期に行くのが気軽かもしれません。大勢のかたがお花見に来られますので。

京都府庁旧本館の写真素材


京都府庁旧本館の写真素材

京都府庁旧本館と桜の写真素材

京都府庁旧本館と桜の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の桜名所写真まとめ

案内 写真はクリックすれば拡大

京都らしい桜の名所の写真を並べます。
春の京都の紹介にお役立てください。
なお、京都の桜の写真は別サイトkyoto-sakura.netにまとめています。

醍醐寺の桜

太閤殿下のお花見で有名な醍醐寺の桜。桜の巨木が多すぎて感動が麻痺します。
醍醐寺の桜の写真素材

平野神社の桜

古くからの京のさくらの名所。夜桜で宴会をするなら平野神社。
平野神社の桜の写真素材

清水寺の桜

桜越しの三重塔。
清水寺の桜の写真素材

三年坂(産寧坂)の桜

坂の途中、明保野亭の前に大きく枝を広げる枝垂れ桜。
三年坂(産寧坂)の桜の写真素材

高台寺の桜

1本だけ残った形の良い枝垂れ桜。夜は妖しく照らされます。
高台寺の桜の写真素材


円山公園の桜


往年の樹勢はないものの咲いているだけで感動を呼ぶ祇園の枝垂れ桜。
円山公園の桜の写真素材

毘沙門堂の桜

般若桜とも呼ばれる本堂前の立派な枝垂れ桜です。
毘沙門堂の桜の写真素材

平安神宮の桜

八重紅枝垂れ桜の名所。この時期は神苑に入らずに帰るともったいないです。
平安神宮の桜の写真素材

なからぎの道の桜

京都植物園の西側の賀茂川のほとりの道。
なからぎの道の桜の写真素材

上賀茂神社の桜

巨大な枝垂れ桜ですが、緑の芝生が広いのでそれほど大きく見えません。
上賀茂神社の桜の写真素材

雨宝院の桜

こぢんまりした境内にたくさんの種類の桜が咲き乱れる西陣の美しいお寺。
雨宝院の桜の写真素材


京都御苑の桜


御苑の桜はまず早咲きの枝垂れ桜から始まります。近衛邸跡や出水の桜が有名です。
京都御苑の桜の写真素材


本満寺の枝垂桜


寺町通沿いに建つ本満寺さんの見事すぎる一本桜。
本満寺の枝垂桜の写真素材

哲学の道の桜

哲学の道沿いは桜がいっぱいで、散歩するだけで充実した気分になることができます。
哲学の道の桜の写真素材

琵琶湖疏水の桜

山科・蹴上・岡崎・深草など疏水沿いにはたくさんの桜並木があります。
琵琶湖疏水の桜の写真素材


東寺の桜


遠く岩手県で生まれた立派な枝垂れ桜が春の一番の見所です。
東寺の桜の写真素材


千本釈迦堂の桜


おかめさんゆかりの枝垂れ桜。その名も阿亀桜。
千本釈迦堂の桜の写真素材

二条城の桜

世界遺産のひとつ二条城は桜の名所。お城は広いので、桜にたどり着く前に疲れてしまう人多し。
二条城の桜の写真素材

法金剛院の桜

すこし紫がかった待賢門院桜が見事です。
法金剛院の桜の写真素材

佐野藤右衛門邸の桜

いつでも自宅の敷地に自由に立ち入ることを許しておられる佐野藤右衛門さん。夜には篝火が焚かれ、幽玄の境地に。
佐野藤右衛門邸の桜の写真素材

仁和寺の桜

遅咲きの御室の桜。有名なのでたいへんな人出。
仁和寺の桜の写真素材

原谷苑の桜

ピンクの紅しだれ桜が密集して咲く秘境原谷苑。別格の不思議感。
原谷苑の桜の写真素材


龍安寺の桜


石庭のグレーの景色にピンクを差す枝垂れ桜。
龍安寺の桜の写真素材

大覚寺の桜

勅使門のかたわらに咲く雅な枝垂れ桜。
大覚寺の桜の写真素材

嵐山渡月橋の桜

年中華やかな嵐山渡月橋ですが、桜の季節はまた格別。
嵐山渡月橋の桜の写真素材

天龍寺の桜

断層に沿って圧巻の桜群が続きます。
天龍寺の桜の写真素材

二尊院の桜

二尊の目線の先で咲く優雅な枝垂れ桜。
二尊院の桜の写真素材


常照皇寺の桜


本堂前に咲く御車返しの桜。
常照皇寺の桜の写真素材

黒田の百年桜

ゴールデンウィーク前後になってやっと満開を迎える珍しい桜。
黒田の百年桜の写真素材

背割堤(淀川河川公園背割堤地区)の桜

圧倒的な桜の本数と密度を誇る背割堤。広いので人が多くてもあまり気になりません。
背割堤の桜の写真素材

淀水路の桜

水路沿いに伊豆の河津桜がずらりと並びます。水路までは立ち入ることができないので、写真も撮りやすいです。
淀水路の桜の写真素材


京都の桜、まだまだありますが、ひとまずこれで終わりにします。
そのほかの写真はこちらで探してみてください。>>kyoto-sakura.net


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

淀水路

案内 写真はクリックすれば拡大

淀水路の河津桜の写真です。

淀水路の河津桜の写真素材

ポカポカと暖かい春らしい日。3月の初め。
水路にはひとは立ち入れません。なので写真が撮りやすいです。

淀水路の河津桜の写真素材

伊豆の河津町の河津桜を2002年に植え始め、最初の年には2本。いまや300本を超え、桜の名所となっています。
2月中旬には咲き始め、3月になる前に見頃を迎えます。

淀水路の河津桜の写真素材

河津桜は見頃が長く、この写真のように緑の葉っぱが目立ち始めても、まだ花には勢いがあります。

淀水路の河津桜の写真素材

枝ぶりがおもしろい。
河津桜はソメイヨシノと同様に、クローンの桜なんですね。

淀水路の河津桜の写真素材


淀水路の河津桜の写真素材


自治会や地域の方々が精力的に活動しておられ、さらに植樹も進んでいるそうです。

淀水路の河津桜の写真素材


桜の向こうを京阪電車が通ります。

淀水路の河津桜の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

嵐山渡月橋・春

案内 写真はクリックすれば拡大

渡月橋は、嵐山というとまず頭に浮かぶ景色。
南にある嵐山は秋の紅葉、春の桜など風景が見事。
平安の初期に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と感想を洩らしたことから「渡月橋」と呼ばれるようになったそうです。

嵐山渡月橋の春 桜の写真

橋の長さは155m。2001年にリニューアルされ綺麗になりました。台風でずいぶんと被害を受けましたが、また修復されました。


春の嵐山です。


嵐山や中ノ島に桜が咲いてきれいです。

嵐山渡月橋の春 桜の写真


夜の渡月橋。
橋に満月がかかるはずでしたが、いくら待っても雲の向こう。

嵐山渡月橋の夜の写真


別の夜の渡月橋。
ぼんやりした赤い満月が登ってきました。

嵐山渡月橋の夜 満月の写真


月に暈がかかって目玉焼きだ。

嵐山渡月橋の夜 満月の写真


嵐山渡月橋の夜 満月の写真


嵐山渡月橋の桜写真をもっと見る
夏の嵐山 渡月橋の写真はこちら
秋・紅葉の嵐山 渡月橋の写真はこちら
冬の嵐山 渡月橋の写真はこちら



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清凉寺

案内 写真はクリックすれば拡大

嵯峨野の清凉寺さんの写真です。
西からの遠景。

清凉寺の写真素材

清凉寺の立派な山門。通りの正面に建つ門なので遠くからも見えます。
清凉寺の漢字はほんとうはにすいの「凉」の字。清涼ではなくて清凉なのですが、漢字の変換ですぐでてこないので、公式にも清涼寺と書かれていることがあります。
清凉寺の写真素材

赤い仁王さんの向こうに赤いカエデ。

清凉寺の写真素材

清凉寺の写真素材

立派な本堂。

清凉寺の写真素材


清凉寺の写真素材


形のよい多宝塔。

清凉寺の写真素材


梅や河津桜、ソメイヨシノもたくさん咲きます。

清凉寺の写真素材

清凉寺の桜の写真素材
清凉寺の桜の写真素材

河津桜が見頃のときの写真です。

清凉寺の桜の写真素材

清凉寺の桜の写真素材

清凉寺の桜の写真素材

清凉寺の桜の写真素材


清凉寺の桜の写真素材


清凉寺の桜の写真素材


清凉寺の桜の写真素材

嵯峨野の清凉寺さんの境内のカエデが真っ赤です。

清涼寺の紅葉の写真素材


清涼寺の紅葉の写真素材


聖徳太子殿。

清凉寺の写真素材


拝観料金を払って中へ入れば、紅葉の美しい景色がいくつもあります。
スライドショーの紅葉といわれる渡り廊下から見る弁天堂の紅葉。
清凉寺の紅葉の写真素材

弁天堂や忠霊塔のある庭園は歩くことはできないので、写真も撮りやすいです。
清凉寺の紅葉の写真素材


清凉寺は、それほど混雑していたことはありませんので、紅葉の穴場っぽい場所といえます。
清凉寺の紅葉


清凉寺の写真素材


清凉寺門前の桜の景色。
奥に見える山は比叡山。

清凉寺の写真素材


清涼寺の写真素材

清凉寺の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都御苑

案内 写真はクリックすれば拡大

椿・梅・桃・桜・百日紅ほか様々な花が楽しめる広大な空間、京都御苑の写真です。
東から見る京都御苑

京都御苑の写真素材


南東から見る京都御苑
巨大な長方形の森です。

京都御苑の写真素材


北東から見る京都御苑

京都御苑の写真素材


奥に見える緑は二条城。

京都御苑と二条城の写真素材


京都御苑も含めて単に「御所」と呼ぶひとが多いかもしれません。

京都御苑の写真素材


京都御苑の写真素材

京都御苑の写真素材

京都御苑の写真素材

京都御苑の写真素材


京都御苑は桜の名所でもあります。近衛邸跡の糸桜。

京都御苑の桜の写真

京都御苑の桜の写真素材

京都御苑の桜の写真素材


小さめの糸桜の向こうに朔平門。

京都御苑の桜の写真素材


京都御苑の桜の写真素材


出水のしだれ桜。

京都御苑の桜の写真素材


白い枝垂桜が散ったあとには、入れ替わって紅しだれ桜。

京都御苑の紅しだれ桜の写真素材


京都御苑の紅しだれ桜の写真素材

出水のしだれ桜の向かい側は、ソメイヨシノより後に咲く八重桜の園です。

京都御苑の八重桜の写真素材


緑の御衣黄。下は芝生のようになっていて、こどもたちは裸足で遊んでいます。

京都御苑の八重桜の写真素材

京都御苑の桜の写真はこちら


京都御苑九條池の百日紅です。九條家の屋敷内に設けられた庭園の遺構で、奥に建つのは拾翠亭。江戸時代後期に茶室として建てられました。真夏には百日紅がたくさん咲きます。

京都御苑 百日紅の写真素材

橋のちょっとした日陰でハトが休んでいます。

京都御苑 百日紅の写真素材


京都御苑の九條池の写真素材


京都御苑の九條池の写真素材

拾翠亭自体の写真も載せておきます。

京都御苑拾翠亭の写真素材


拾翠亭には、主に金曜日と土曜日だけ入れます。
100円。葵祭と時代祭の日も入れます。

京都御苑 拾翠亭の写真素材



拾翠亭の一階。水面が近くて涼しい。

京都御苑  拾翠亭の写真素材



拾翠亭の二階。縁側を踏み抜く恐れがあるので、外には出られません。

京都御苑 百日紅の写真素材


緑に包まれた宗像神社。

京都御苑 宗像神社の写真素材

宗像神社。

京都御苑 宗像神社の写真素材


宗像神社。

京都御苑 宗像神社の写真素材


クスノキの大木にアオバズクが棲んでいます。

京都御苑 宗像神社の写真素材

九條池のほとりの厳島神社。ちょっと変わった形の鳥居です。

京都御苑 厳島神社の写真素材


京都御苑 厳島神社の写真素材




京都御苑の百日紅の写真素材





寺町通に面した寺町御門のかたわらの百日紅も満開。
京都御苑 百日紅の写真素材

京都御苑には巨大なカエデの木もたくさんあります。

京都御苑の紅葉の写真素材

京都御苑の紅葉の写真素材

京都御苑の紅葉の写真素材

京都御苑の紅葉の写真素材


夕方の長い影。

京都御苑の紅葉の写真素材


京都御苑の紅葉の写真素材

京都御苑の紅葉の写真素材


イチョウも巨大です。

京都御苑の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清水寺

案内 写真はクリックすれば拡大

世界遺産、清水寺、きよみずさんの写真です。

ライトアップの清水寺の写真素材


いろいろなところから遠望できるのですが、京都の市街地から見ようと思うとけっこう苦労します。

ライトアップの清水寺の写真素材


ライトアップの清水寺の写真素材

誰でも入れる高いビルって探すのが意外とたいへんです。

清水寺の写真素材


百貨店とかショッピングモールとか。歩道橋もいいですね。

清水寺の写真素材


夕日を浴びる清水の舞台はまことに美しいです。

夕日の清水寺の写真素材

半逆光に照らされて三重塔の立体感が増します。

清水寺の写真素材


清水寺の写真素材

いつまでも見ていられる景色です。

清水寺の写真素材


春の清水寺。
お昼まで雨だったので、空気が澄んでいて夕日ビカビカです。
桜も咲き始めています。

夕日の清水寺の写真素材


清水寺の写真素材


夕方の奥の院からの眺望。

夕日の清水寺の写真素材


雲からは放射状に光の筋が出ています。

清水寺の写真素材


清水寺の写真素材

清水寺の夜間拝観は春と夏と秋の年3回。
この写真は夏の夜間拝観です。

ライトアップの清水寺の舞台の写真素材


三重塔の上に伸びる青い光。

清水寺の夏 ライトアップの写真素材

三重塔から上空に向けまっすぐに放射される(ようにみえる)青い光。

清水寺のライトアップ写真素材


天を衝く光。

ライトアップの清水寺三重塔の写真素材


雨が強く、光のかたちが変わっていきます。

清水寺のライトアップ写真素材


光の造形に見とれてしまい、なかなか立ち去れません。

清水寺のライトアップ写真素材


次に10月のライトアップ。このときは拝観はできません。
遠くから眺めるだけです。

10月のピンクリボンの清水寺のライトアップ写真素材

10月のピンクリボンの清水寺のライトアップ写真素材


きよみずの波動砲です。
エネルギー充填120%、対ショック・対閃光防御ですね。

清水寺のライトアップの写真素材


波動砲で満月を撃ちました。

清水寺と月の写真素材

秋の夜間拝観の光は強力。空気が澄んでいるからか、出力が違うのか。

清水寺夜間拝観のライトの写真素材


茶碗坂から見る清水寺三重塔。

清水寺の写真素材


門前まで来ました。仁王門と西門が並びます。

清水寺の梅の写真素材


梅の咲く仁王門。

清水寺の写真素材

梅の咲く西門。そして三重塔。

清水寺の写真素材

仁王門と青空。

清水寺の梅の写真素材


梅の咲く仁王門。

清水寺の写真素材

梅の咲く仁王門。

清水寺の写真素材


西門越しに見る梅と仁王門。

清水寺の写真素材


三重塔の側面の装飾。

清水寺の写真素材

西門を額縁にして見る京都市街。
西門はくぐることはできません。

清水寺の写真素材


清水寺境内の全体像。

清水寺の写真素材


冬の夕日を浴びて染まる伽藍。

清水寺の写真素材

遠目に見れば、木々の葉が少なくてもあまり気になりません。

清水寺の写真素材

上下をぼかしてミニチュア写真っぽく。

清水寺の写真素材

京都駅から見る清水寺。緑のなかのいい位置に伽藍が収まっています。

京都駅から見る清水寺の写真素材


サツキの花が咲いているのも見えます。

京都駅から見る清水寺の写真素材


遠く西京極から見る清水寺。
清水寺は高い位置に建っていますので、目を凝らせばいろんなところから見えます。

西京極から見る清水寺の遠景の写真素材

清水寺を京都リサーチパークから遠望。
真夏でしたので近くのビルもゆらゆらと歪んでいます。

京都リサーチパークから見た清水寺の写真素材


清水寺を金閣寺あたりから遠望。
清水寺に向かって坂道になっているのがわかります。

金閣寺から見た清水寺の写真素材


さらに遠く西山から見る清水寺。京都駅の向こう(中央右奥)に見えます。

清水寺の遠景の写真素材

東寺の五重塔のうしろに清水寺が一望できました。

清水寺と東寺の夜景の写真素材

日没前の清水寺の三重塔。

清水寺 日没の写真素材

三重塔は夜間拝観でない日もほんのりとライトアップされています。

清水寺の三重塔と満月の夜景の写真素材

三重塔と満月。曇り空であきらめていましたが、朧月になりました。

清水寺の三重塔と満月の夜景の写真素材


一年後、もう一度チャレンジ。
すごく明るい満月が山の端から出ました。

清水寺の三重塔と満月の夜景の写真素材


別の角度で。

清水寺の三重塔の夜景の写真素材


清水寺の三重塔と八坂の塔を重ねて見る。

清水寺の三重塔の夜景の写真素材


ひとけのない夜の茶碗坂で。

清水寺の三重塔の夜景の写真素材


ほんの一瞬だけ雲の隙間から月が見えました。

清水寺の三重塔と満月の夜景の写真素材


別の日。大きな満月が出た。まだ明るいので色が薄いです。

清水寺と満月の夜景の写真素材


五条通りの歩道橋から見る三重塔。ここからなら西門も見えます。

清水寺の写真素材


梅が咲いていますね。

清水寺の三重塔の写真素材


清水寺の正面、仁王門と西門、そして三重塔。

清水寺の写真素材

燃える秋の清水の舞台。

清水寺の紅葉


夕暮れ。

夕暮れ 清水寺の舞台の写真素材


空が焼ける。

夕暮れ 清水寺の舞台の写真素材

青もみじの清水の舞台。
清水寺の青もみじの写真素材


秋の夕日の清水の舞台。

夕日の清水寺の紅葉写真素材


うっすらと雪積もるの清水の舞台。


舞台を見下ろして。
本堂の屋根の葺き替えが終わりました。

清水寺の本堂の写真素材


三重塔を見下ろして。

清水寺の本堂の写真素材


桜の夜の清水寺。


音羽の滝。


夏の夜の音羽の滝。


成就院のほうへ向かう道沿の石仏群。

桜・夏・紅葉・雪などは別のページにそれぞれまとめました。
清水寺(青もみじ)
清水寺(夏)
清水寺(紅葉)
清水寺(雪)
清水寺 成就院
清水寺 随求堂
清水寺 泰産寺



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

縁結びの地主神社

案内 写真はクリックすれば拡大

清水寺の一角にありますが、実は清水寺より古くからあるというたいへん由緒正しい地主神社さんの写真です。

縁結びの地主神社の写真素材

縁結びのご利益を求めてたくさんの人が訪れます。

縁結びの地主神社の写真素材


夕日にギラリ、地主神社の扁額。

地主神社の写真はたくさんあるのですが、人が大勢写っているので、素材に適当なものがありません。
この写真くらいが限界かな。

伝説の地主桜はいまは何代目かの代替わりで若木です。


次は地主神社の雪景色。雪の日の早朝の静かなひととき。
地主神社の雪景色の写真素材

新緑の地主神社。

縁結びの地主神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清水寺の桜

案内 写真はクリックすれば拡大

清水寺の桜写真です。

清水寺の本堂の写真素材

三重塔。

三重塔。


三重塔。

三重塔。

三重塔。


三重塔。

清水寺の桜の写真素材

清水寺の夜の桜。


音羽の滝。



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の鉄道(嵯峨野トロッコ列車)

案内 写真はクリックすれば拡大

嵯峨野トロッコ列車の写真です。
お昼までは線路は日陰。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

お昼を過ぎてトロッコ列車にも陽が回ってきました。
保津川は激流。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


亀岡と嵐山を結び、保津川沿いを走る嵯峨野トロッコ列車は30分足らずの旅ですが、とても楽しいです。

トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


まずは桜の季節。トロッコ亀岡駅を出てすぐに桜ほぼ100%の桜のトンネルをくぐります。

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


すぐそばから見上げるトロッコ列車。

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

対岸から見る桜のトンネル。

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


新緑の桜のトンネル。小雨が降る日。

トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津川くだりの船と併走したり、クロスしたり。

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

煙を吐いて通過する嵯峨野トロッコ列車。左奥の山に桜咲く。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


嵯峨野トロッコ列車の写真素材


トロッコ嵯峨駅を出発するトロッコ列車。亀岡方面は客車のほうが前。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


トロッコ嵯峨駅を俯瞰。

トロッコ嵯峨駅 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

トロッコ嵯峨駅 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

トロッコ嵯峨駅とトロッコ嵐山駅のあいだ。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


秋。向こうの嵐山が色づいています。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


嵯峨野トロッコ列車の写真素材


市街地を抜けてだいぶん観光地っぽい雰囲気に。夏。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡駅の園部方面のホームから。安全に簡単に見ることができる絶景。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡駅の京都方面のホームから。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

駅の下の河原から。保津峡駅はたいへんな高さにあります。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

清々しい新緑の季節。
大きい岩のところで。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


水しぶき。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


トロッコ保津峡駅の跨線橋から。
JR保津峡駅からトロッコ保津峡駅へは10分ほど歩けば行けます。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

桜の木が多いので、春はまた格別。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

請田神社から続く保津川沿いの林道を歩けば、素敵な景色があちこちに。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

対岸を走るトロッコ列車がよく見えます。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

危なっかしい山肌に線路が続きます。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


アフロヘアーのトロッコ列車。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津川下りの船のほうが本数が多く、次々と下っていきます。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


次は紅葉盛りの嵯峨野トロッコ列車。
線路端にはカエデが植えられていて、素敵な景色があちこちに現れます。

保津峡駅のホームから目眩く紅葉の景色を見ることができます。
うまい具合に保津川下りの船も来ました。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津峡駅の下の河原から見るトロッコ列車。
水の流れの穏やかなところで。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


流れの速いところから。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


橋梁にさしかかるトロッコ列車。
落合橋の近くから見て。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材

嵐山高雄パークウェイから見て。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材

嵐山高雄パークウェイから見る嵯峨野トロッコ列車。ツツジ満開のゴールデンウィーク。

嵐山高雄パークウェイから見た嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津川渓谷は谷がとても深くて京都らしくない景色ですね。

嵐山高雄パークウェイから見た嵯峨野トロッコ列車の写真素材

西日を受けてギラギラの保津川のほとりを走ります。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


夜になりました。
ライトアップされたカエデ並木のなかへ入っていきます。

嵯峨野トロッコ列車 紅葉ライトアップの写真素材

トロッコ亀岡駅は狸だらけ。
列車が駅に停まっている時間はけっこう短く、5分で折り返しのスタートとなります。

トロッコ亀岡駅 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


トロッコ保津峡駅も狸だらけ。
山にはたくさんのヤマフジが咲いています。4月の終わり頃。

トロッコ保津峡駅 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の鉄道(嵐電)

案内 写真はクリックすれば拡大

嵐電の沿線は見所が多く、のんびり散歩するのにもよいところが多いです。

嵐電の写真素材


背景に比叡山。

嵐電の写真素材


桜と雪柳の向こうから飛び出してくる紫の電車。

嵐電の桜の写真素材


嵐電の車折神社駅は鳥居のすぐ前。
「嵐電乗る人おらんでん」と、こどもたちが歌う。

嵐電 車折神社の写真素材

嵐電の写真素材


特に有名なのは鳴滝と宇多野のあいだの桜のトンネルです。

嵐電の桜の写真素材

嵐電の桜の写真素材


乗って眺めるのが一番ですが、沿線にもたくさん見所があります。

嵐電の桜の写真素材


流し撮り。

嵐電の桜の写真素材


もう一枚。

嵐電の桜の写真素材

梅雨。沿線に紫陽花の咲くところもあります。
御室仁和寺駅の東。

嵐電の紫陽花の写真素材


常盤駅の南側。

嵐電の紫陽花の写真素材


ペコちゃんが来た。

嵐電の紫陽花の写真素材

猿田彦神社のそばを通ります。

嵐電の写真素材


嵐電嵐山駅に入ってくる電車。

嵐電嵐山駅の写真素材


キモノフォレストのあいだに納まります。

嵐電嵐山駅の写真素材

嵐山駅の屋上から。

嵐電嵐山駅の写真素材


ここでも比叡山が背景です。

嵐電嵐山駅と比叡山の紫陽花の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大覚寺と大沢池

案内 写真はクリックすれば拡大

大覚寺さんと大沢池の写真です。

大沢池と大覚寺の写真素材


梅雨のころの大覚寺さんの写真。

雨の大覚寺の写真素材


苔がイキイキして美しいです。

大覚寺の写真素材


広い堂内ですが、ずっと屋根があるので、雨の日でも濡れずにゆったりと歩けます。

大覚寺の写真素材


桜のころの大覚寺もいいです。

桜 大沢池と大覚寺の写真素材

大覚寺の桜の写真素材
大覚寺の桜、もっと見る


大沢池大覚寺の東にある池で、周囲1kmの日本最古の人工の林泉です。
右が大沢池、左が広沢池

広沢池の写真素材


大沢池の写真素材


嵯峨天皇が離宮嵯峨院の造営にあたって、中国の「洞庭湖」を模してつくられたところから「庭湖」とも呼ばれています。

大沢池の写真素材


櫃庭には楓と桜が交互に植えられていて桜の名所でも紅葉の名所でもあります。

大覚寺と大沢池


桜の季節の大沢池

大覚寺と大沢池



新緑の大沢池

大沢池の写真素材


大沢池の写真素材


夏には蓮の花がたくさん咲きます。

大覚寺と大沢池

大沢池の蓮の写真素材

大沢池の蓮の写真素材

大覚寺の大沢池まわりの紅葉。

大覚寺の紅葉

池のほとりのこの道はテレビや映画でお侍さんや黄門様御一行が歩く道でもあります。

大覚寺の紅葉

追加しました。大沢池と多宝塔の紅葉写真。
池の蓮は枯れてカサカサと。

大覚寺の紅葉


大覚寺の紅葉


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

琵琶湖疏水の桜

案内 写真はクリックすれば拡大

山科疏水

桜のピンクと菜の花の黄色、目に鮮やかなコラボレーションが見られる琵琶湖疏水のお花見のベストスポット安朱橋です。日没の写真です。
疏水 桜と菜の花の写真素材

疏水 桜と菜の花の動画素材

こちらは昼間の安朱橋。


次は朝一番の光る桜。

琵琶湖疏水の桜の写真素材


また別の年。少しずつ違う。

疏水 桜と菜の花の写真素材


少し東へ移動して、一燈園あたりの桜。

疏水 桜と菜の花の写真素材

岡崎疏水

岡崎疏水の桜。満開の中を十石船が行きます。 「岡崎さくら回廊十石舟めぐり」
疏水 桜と船の写真素材

桜の向こうは東山。南禅寺の山門も見えます。

疏水 桜と十石船の写真素材


乗ってみるとけっこうスピードがあって爽快です。
橋のくぐるときに屋根が下がるのがおもしろい。

疏水 桜と十石船の写真素材


夕暮れの岡崎疏水。

疏水 桜と船の写真素材

光の中を十石船が行きます。

疏水 桜と船の写真素材


しばらくすると船溜まりで折り返して帰ってきます。

疏水 桜と船の写真素材


もうすぐ日没。

疏水 夕日と桜の写真素材

松ヶ崎疏水

このあたりは桜が満開でも普通の日常生活の朝。
松ヶ崎疏水の写真素材

松ヶ崎疏水の写真素材


藤森疏水


疏水を渡る京阪電車と桜。
京阪電車と疏水と桜の写真素材


名神高速道路が見えます。

京阪電車と疏水と桜の写真素材


伏見インクライン


むかしはここにもインクラインがありました。
濠川と名前が変わって、その上を近鉄が渡ります。
近鉄電車と桜の写真素材




琵琶湖疏水の桜写真をもっと見る


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

毘沙門堂

案内 写真はクリックすれば拡大

毘沙門堂の桜
山科の北の果て、毘沙門堂さんの有名な枝垂桜「般若桜」の写真です。

山科毘沙門堂の枝垂桜


JR東海CMそうだ京都行こうシリーズでも美しい映像が全国に流れました。

山科毘沙門堂の枝垂桜

毘沙門堂の青もみじ・藤
藤が見頃の京都山科の古刹毘沙門堂さん。5月初旬。

山科毘沙門堂の藤の写真素材

山門と鐘楼のあいだに藤棚があり、その下にはベンチが置かれています。
毘沙門堂に藤を目当てに来るひとは少ないので、貸切状態かもしれません。

山科毘沙門堂の藤の写真素材




毘沙門堂境内を包む青もみじ。

山科毘沙門堂の青もみじの写真素材



山科毘沙門堂の青もみじの写真素材


毘沙門堂の雪景色
山科は京都市内中心部よりはだいぶん雪が多く降ります。
といっても積もるのは年に数回ですが。


毘沙門堂も雪景色は素敵です。
こちらは改修前の本殿。

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材

まっすぐ本堂へと登る急な石段。

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材

仁王門から南を見て。

毘沙門堂 門の雪景色

仁王門越しに見る本堂。

毘沙門堂 仁王門の雪景色

カメラマンに人気の勅使坂。地面の雪はもう融けていました。でも今朝カエデに積もった雪はきれいです。

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材


いつも閉まっている勅使門。

毘沙門堂 勅使門の雪景色

宸殿前の立派な枝垂桜般若桜も真っ白です。

毘沙門堂 枝垂桜の雪景色

石段は融けていても、こちらはまだだいじょうぶ。真っ白です。

毘沙門堂 本堂の雪景色


鮮やかな本堂は雪景色にもマッチします。

毘沙門堂 本堂の雪景色

横長の山水画とでも言いましょうか。渡り廊下越しの弁天堂の雪景色が素晴らしい。高台弁才天。

毘沙門堂 弁天堂の雪景色

拝観開始の時間までじっと待って、中に入ります。

本堂裏からみる高台弁才天。

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材

晩翠園。ここの雪景色を見たのはひさしぶり。

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材


朝日が差し始めると、一気に雪が融け出します。

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材


雪のない冬の写真も載せておきます。

冬の毘沙門堂


冬の毘沙門堂


紅葉で有名な勅使坂もスッカスカですが、これはこれで清々しい。

冬の毘沙門堂


初詣には石段の下まで行列ができることもあります。

初詣の毘沙門堂


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

勝持寺(花の寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

花の寺と呼ばれる勝持寺さんの写真です。
4月には西行ゆかりの西行桜が咲きます。

勝持寺(花の寺)の桜の写真素材

勝持寺の山門。

勝持寺(花の寺)の桜の写真素材

桜の写真、もっと見る


新緑の勝持寺さん。きれいな水が勢い良く流れています。

勝持寺(花の寺)の新緑の写真素材

境内は圧倒的なもみじ力!

勝持寺(花の寺)の新緑の写真素材

勝持寺(花の寺)の新緑の写真素材

勝持寺さんの紅葉の写真です。

勝持寺(花の寺)の紅葉の写真素材


花の寺のイメージが紅葉を連想させないからか、紅葉の時期にはひどく混むことはないようですが、カエデの発色の良さは目をみはるものがあります。

勝持寺(花の寺)の紅葉の写真素材

この年の紅葉はここが一番だったように思います。

勝持寺(花の寺)の紅葉の写真素材


京都でこんなにのんびりと紅葉狩りができるお寺は、最近はなかなかありません。

勝持寺(花の寺)の紅葉の写真素材


勝持寺(花の寺)の写真素材

勝持寺(花の寺)の写真素材

勝持寺(花の寺)の写真素材

勝持寺(花の寺)の写真素材

勝持寺(花の寺)の写真素材

勝持寺(花の寺)の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

正法寺(大原野)

案内 写真はクリックすれば拡大

大原野の正法寺さんの写真です。

正法寺(大原野)の写真素材


お庭の花手水。

正法寺(大原野)の写真素材

桜咲くころは特に美しい境内。

正法寺(大原野)の写真素材

正法寺(大原野)の写真素材


正法寺(大原野)の写真素材


正法寺(大原野)の写真素材


紅葉。

正法寺(大原野)の写真素材


正法寺(大原野)の写真素材


正法寺(大原野)の紅葉写真素材


近くには大原野神社勝持寺があり、どこのカエデも格別に色鮮やかです。

梅の咲く正法寺

正法寺(大原野)の写真素材

梅林越しに京都の市街が見えます。

正法寺(大原野)の写真素材

正法寺(大原野)の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

十輪寺

案内 写真はクリックすれば拡大

在原業平が隠棲したお寺で、なりひら寺とも呼ばれる西山の十輪寺さんの写真です。

十輪寺の写真素材


本堂の屋根の形がぐっときます。

十輪寺の本堂の写真素材


早くに満開を迎える大きな枝垂れ桜が有名です。

十輪寺の桜の写真素材


十輪寺の桜の写真素材

十輪寺の桜の写真素材


桜は本堂や渡り廊下に囲まれた中庭に植えられていて、いろいろな角度からその姿を楽しむことができます。

十輪寺の桜の写真素材

十輪寺の本堂の写真素材


すいているときには、手枕で見る枝垂桜が一番おすすめだということです。

十輪寺の桜の写真素材

隙間から見える空を桜の花が埋め尽くす。

十輪寺の桜の写真素材


ひとが多いときは恥ずかしいのでできません。

十輪寺の桜の写真素材

十輪寺の桜、もっと見る


紅葉の十輪寺も素晴らしいです。

十輪寺の紅葉の写真素材

黄色いなりひらもみじも有名です。

十輪寺の紅葉の写真素材

本堂の前のカエデはまだ青葉。

十輪寺の紅葉の写真素材

十輪寺の紅葉の写真素材


渡り廊下からお庭を眺めます。

十輪寺の紅葉の写真素材

十輪寺の紅葉の写真素材


本堂のわきをぐるんと回って裏山へ。

十輪寺の紅葉の写真素材


西山のカエデはいつも発色がいい。

十輪寺の紅葉の写真素材

十輪寺の紅葉の写真素材

まるで商店街の作り物のモミジくらい派手な発色です。

十輪寺の紅葉の写真素材


十輪寺の紅葉の写真素材


十輪寺の紅葉の写真素材

小さなお地蔵さんがカエデを背にして立ちます。

地蔵 十輪寺の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

金蔵寺

案内 写真はクリックすれば拡大

京都の西の磐座で西山の秘境、金蔵寺さんの紅葉の写真です。

金蔵寺の紅葉写真素材


金蔵寺の紅葉の写真素材


金蔵寺は今昔物語にも登場する古刹です。
金蔵寺の紅葉の写真素材

参拝者は少ないが、ハイカーはよく通られます。
金蔵寺の紅葉の写真素材


金蔵寺はもちろん青もみじも美しい。

金蔵寺の石段 写真素材


金蔵寺の写真素材


金蔵寺青もみじの写真素材


金蔵寺の青もみじ写真素材

境内にはネコしかいなかった。

金蔵寺のネコの写真素材


金蔵寺は桜も美しい。

金蔵寺 桜の写真素材


金蔵寺から見る眺望。

金蔵寺から見る眺望の写真素材

鐘楼のわきのフジバカマ。

金蔵寺のフジバカマの写真素材

金蔵寺のフジバカマの写真素材


金蔵寺のフジバカマの写真素材

本堂へはさらに石段を登る。

金蔵寺の写真素材


石段のうえに建つ金蔵寺本堂。

金蔵寺の写真素材

手水舎。
陶器の浮き玉がコロコロと回転していました。

金蔵寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大原野神社

案内 写真はクリックすれば拡大

大原野神社さんの写真です。
青もみじが美しいまっすぐな参道。

大原野神社の写真素材


大原野神社の社殿。

大原野神社の写真素材


大原野神社の写真素材


大原野神社は奈良の春日大社から勧請を受け建てられた神社で、「京春日」「京の春日さん」とも呼ばれます。
なので、お使いは鹿。

大原野神社の紅葉の写真素材

天皇がしばしば鷹狩りに訪れた地でもあり、紫式部も氏神さまとして大切にした神社だということです。
大原野神社の敷地は8万3千平方メートルもあり、ほとんどの部分は山林となっています。

大原野神社の写真素材


初秋の参道。

大原野神社の写真素材

大原野神社の写真素材

参道途中の鯉沢池の写真です。
夏は白い睡蓮がポツポツと咲き、鯉が泳ぎます。亀もたくさんいます。

大原野神社の池の写真素材

見事な紅葉の大原野神社

大原野神社の紅葉の写真素材


大原野神社の紅葉の写真素材


大原野神社の紅葉の写真素材


秋の鯉沢池。まるでモネの池のような色鮮やかな印象に。

大原野神社の紅葉の写真素材


大原野神社の紅葉の写真素材

こちらは参道の茶店あたり。参拝客でとてもにぎわっています。

大原野神社の紅葉の写真素材

春の大原野神社の注目は、三日間ほどしか咲かない幻の千眼桜。
ぼろんぼろんとした花の塊が枝垂れる不思議な樹形です。

大原野神社の紅葉の写真素材

10月初旬。フジバカマの列が社殿を飾っていました。

大原野神社の写真素材


大原野神社の写真素材


大原野神社の写真素材

お約束のアサギマダラは2頭来ていました。

大原野神社の写真素材

大原野神社の写真素材

大原野神社の写真素材


大原野神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

善峯寺

案内 写真はクリックすれば拡大

大原野の善峯寺さんの写真です。

遠くから見る善峯寺の写真素材

桜の名所であり、紫陽花の名所であり、紅葉の名所でもあります。秋明菊の景色も知られています。西山の中腹に建ち、眺望も素晴らしいお寺です。
徳川綱吉の生母、桂昌院ゆかりのお寺でもあります。


山門。拝観受付はここにあります。

善峯寺の山門の写真素材


雨の日の山門。

雨の善峯寺の写真素材


山門と新緑。

善峯寺の写真素材


山門をくぐったところの景色。夕方。

善峯寺の写真素材


本堂。ご本尊は十一面千手観世音菩薩。

善峯寺の本堂の写真素材


本堂とフジバカマ。

善峯寺 フジバカマの写真素材


本堂はまだまだ下のほうにあり、ここからどんどんと山を登っていくことになります。

善峯寺の写真素材


長い長い飛龍の松。

善峯寺の桜の写真素材


写真に撮るのは難しすぎです。長さを表現できません。

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

桂昌院お手植えの枝垂桜。

善峯寺の桜の写真素材

善峯寺の桜の写真素材


多宝塔と紅枝垂桜。

善峯寺の桜の写真素材

高低差があるので、桜の咲くタイミングはかなりずれます。下のほうの桜が満開でも上のほうはツボミだったりします。

善峯寺の桜の写真素材

しあわせ地蔵の向こうに広がる桜あじさい苑。

善峯寺の桜の写真素材

自分の回りの人の幸せを願いつつ、桜を見る。

善峯寺の桜の写真素材

どの桜も大きくて立派です。

善峯寺の桜の写真素材


蜜を吸いに来るヤマガラ。

善峯寺の桜とヤマガラの写真素材


どんどん登っていきます。

善峯寺の桜の写真素材


見下ろせば圧巻の景色。

善峯寺の桜の写真素材


池に映るしだれ桜も見ることができます。

善峯寺の桜の写真素材


絵馬堂と葉桜になった桂昌院お手植えの枝垂桜。

善峯寺の写真素材

多宝塔と新緑。

善峯寺の写真素材

サツキが咲き始めました。

善峯寺の写真素材

かなり上まで登ってきました。桂昌院さんの前からの見晴らしが素晴らしい。

善峯寺の写真素材


桂昌院さんのシルエットの向こうに京都の市街が広がります。

善峯寺の写真素材

善峯寺の桜の写真素材


シュウメイギク溢れる石段。

善峯寺の写真素材

溢れかえるシュウメイギク。

善峯寺の写真素材


石段上から見下ろす景色。

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

京都タワー、京都駅、清水寺、東寺の五重塔などがなかなか良いバランスで見えます。
手前の緑は桂川の土手。

善峯寺からの眺望の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

雨に煙る善峯寺さんの紫陽花苑の写真です。ひと回りするとずぶ濡れになります。

善峯寺の紫陽花の写真素材

別の日の善峯寺の紫陽花苑の写真。
今回は快晴でちょっと風情がありませんが、紫陽花の色がくっきり鮮やかです。

善峯寺の紫陽花の写真素材


善峯寺の紫陽花の写真素材


善峯寺の紫陽花の写真素材

シュウメイギクの咲くのは10月。
境内の至るところに植えられていて豪華です。

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

シュウメイギクの咲くなかにアサギマダラ。よく見るとフジバカマが少し咲いていました。

善峯寺のアサギマダラ写真素材

こんなにちょっぴりしかないフジバカマをよく見つけたものです。

善峯寺のアサギマダラ写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材


石灯籠と白いシュウメイギク。

シュウメイギク 善峯寺の写真素材


池を彩るシュウメイギク。

シュウメイギク 善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

お地蔵さんとシュウメイギク。

善峯寺の写真素材


善峯寺の紅葉写真はこちらに



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年12月 [2]
  2. 2021年10月 [3]
  3. 2021年9月 [3]
  4. 2021年8月 [1]
  5. 2021年7月 [2]
  6. 2021年6月 [2]
  7. 2021年5月 [3]
  8. 2021年4月 [2]
  9. 2021年3月 [2]
  10. 2021年2月 [1]
  11. 2020年12月 [3]
  12. 2020年11月 [1]
  13. 2020年10月 [22]
  14. 2020年8月 [34]
  15. 2020年7月 [10]
  16. 2020年6月 [8]
  17. 2020年5月 [21]
  18. 2020年4月 [8]
  19. 2020年3月 [6]
  20. 2020年2月 [4]
  21. 2020年1月 [26]
  22. 2019年12月 [6]
  23. 2019年11月 [2]
  24. 2019年9月 [18]
  25. 2019年8月 [1]
  26. 2019年7月 [10]
  27. 2019年6月 [30]
  28. 2019年5月 [8]
  29. 2019年4月 [16]
  30. 2019年3月 [19]
  31. 2019年2月 [10]
  32. 2019年1月 [12]
  33. 2018年12月 [15]
  34. 2018年11月 [16]
  35. 2018年10月 [67]
  36. 2018年9月 [63]
  37. 2018年8月 [54]
  38. 2018年7月 [31]
  39. 2018年6月 [95]
  40. 2018年5月 [96]
  41. 2018年4月 [94]
  42. 2018年3月 [35]
  43. 2018年2月 [49]
  44. 2018年1月 [10]
  45. 2017年12月 [8]
  46. 2017年11月 [10]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [27]
  49. 2016年11月 [10]
  50. 2016年7月 [1]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [5]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [4]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [3]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [3]
  63. 2014年6月 [7]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [6]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [5]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年8月 [2]
  72. 2013年6月 [1]
  73. 2013年5月 [6]
  74. 2013年4月 [14]
  75. 2013年3月 [7]
  76. 2013年2月 [2]
  77. 2013年1月 [4]
  78. 2012年12月 [4]
  79. 2012年11月 [8]
  80. 2012年10月 [9]
  81. 2012年9月 [8]
  82. 2012年8月 [16]
  83. 2012年7月 [2]
  84. 2012年6月 [1]
  85. 2011年5月 [4]
  86. 2011年4月 [9]
  87. 2010年7月 [1]
  88. 2008年8月 [1]
  89. 2008年7月 [1]
  90. 2008年6月 [2]
  91. 2000年7月 [1]
  92. 2000年5月 [2]
  93. 2000年4月 [1]
  94. 2000年3月 [2]