sozai_head.jpg

タグ「桂川」の一覧

嵐山 渡月橋・冬・雪

案内 写真はクリックすれば拡大
嵐山 渡月橋の雪景色写真追加しました。 京都 嵐山 渡月橋の雪の写真素材
ちょっと青空も出て清々しい景色ですが、写真を撮っているととなりの若者が叫びました。「くそ寒い!」
おっしゃるとおりで、川端は空気もキンキンに冷えています。

ミニチュア写真風に。

雪の降る嵐山 渡月橋です。 京都 嵐山 渡月橋の冬の写真素材
さすがに観光客も少ないですが、それでも人の流れはありますし、人力車もスタンバイしています。 京都 嵐山 渡月橋の冬の写真素材

渡月橋のライトアップ。嵐山花灯路のメインの景色です。 嵐山花灯路の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

嵐山 渡月橋(初夏・梅雨・夏・花火)

案内 写真はクリックすれば拡大

珍しい渡月橋の夏花火。

嵐山 渡月橋 疫病退散 花火の写真素材


渡月橋の西から見る花火。川面には屋形船がいくつも浮かんでいます。

嵐山 渡月橋 疫病退散 花火の写真素材


次に渡月橋の東から。
花火の下の光の横一本線が渡月橋です。

京都 嵐山 渡月橋の夏の花火 写真素材


近所のひとたちが河岸に並んでおしゃべりしながら眺めています。
夏休みの終わりなので、会話はこんな感じ。
「○○ちゃん、あしたから学校あるねん。」「お母さんかて明日しごとやわ。いややなあ。」
花火は小規模で、あっという間に終わって真っ暗になりました。

嵐山 疫病退散 花火の写真素材

嵐山渡月橋の写真です。
初夏。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


90代の亀山天皇が満月の夜に「くまなき月の渡るに似る」を言ったことから渡月橋と呼ばれるようになったとか。

嵐山渡月橋・夏のgif動画素材


京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


初夏。遠目に見るのも美しい橋です。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


川がカーブしているので、渡月橋は護岸から正面に見ることができます。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


桜の木がわさわさッと繁っています。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


遊ぶ子ら。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


渡月橋北岸の西側から。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


水がたっぷり。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材

真夏の嵐山渡月橋。五山の送り火ももうすぐ。渡月橋からは鳥居形と、遠くに大文字が見えます。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材



京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


渡月橋の向こうに積雲がもくもくと湧く。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材




右の奥に見える三角の屋根は虚空蔵法輪寺さん。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


なんだか中国のような長閑な景色。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


夏の夜の鵜飼。屋形船を流し撮り。

京都 嵐山 鵜飼の写真素材


翠嵐ラグジュアリーホテル京都。昔の嵐亭です。

嵐山 嵐亭(翠嵐 ラグジュアリーホテル京都)の写真素材


上流に進んでいくと、この景色に出会えます。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材

春の嵐山渡月橋の写真はこちら

秋・紅葉の嵐山 渡月橋の写真はこちら
冬の嵐山 渡月橋の写真はこちら


比叡山から見た渡月橋。遠すぎました。

嵐山渡月橋の写真素材


梅雨の渡月橋。雨でだんだんと水かさを増す桂川。

雨の渡月橋の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

桂川

案内 写真はクリックすれば拡大

京都市を流れる大きな川のひとつ、桂川の写真です。
大きく蛇行しています。右下に見えるのは嵐山渡月橋

桂川の写真素材

よくあるように、桂川もその流域ごとに何度も名前が変わります。
「上桂川」「桂川」「大堰川」「保津川」となって、渡月橋あたりで再び「桂川」に。

桂川の写真素材

南丹市の日吉ダムのあたりでは大堰川。

日吉ダムの写真素材


第二大堰川橋梁。山陰本線の鉄橋です。

桂川 第二大堰川橋梁の夏の写真素材


第二大堰川橋梁の北側。このあたりは蛇行しています。

桂川 第二大堰川橋梁の夏の写真素材


保津峡を流れるときは保津川

嵐山高雄パークウェイから見る保津峡の写真素材


川沿いを嵯峨野トロッコ列車が走ります。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

渡月橋。このあたりから再び桂川に戻ります。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


松尾橋から上流を見る。松尾大社の近くです。

桂川の写真素材

桂川鉄橋を渡るのは阪急電車。桂離宮の近くです。

阪急電車の写真素材

東海道新幹線の桂川橋梁。カーブしている鉄橋です。
左側は在来線の鉄橋。

桂川の写真素材

桂川を一瞬で渡っていく新幹線。

桂川と新幹線の写真素材

久世橋から上流を見る。

桂川の写真素材


久世橋から下流の祥久橋のほうを見る。

桂川の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

楠赤手拭稲荷大明神

案内 写真はクリックすれば拡大

桂川橋梁の西岸、線路わきに建つ楠赤手拭稲荷大明神さんの写真です。
通称、赤手拭さん。

楠赤手拭稲荷大明神の写真素材


明治時代の橋梁工事が難航し、犠牲者も出たことから、この地にクスノキを植え、お稲荷さんを祀ったものだそうです。

楠赤手拭稲荷大明神の写真素材


いまもその上をたくさんの列車が通り過ぎます。

JR電気機関車 EF65-2068と赤手拭さんの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

南丹市 日吉ダム

案内 写真はクリックすれば拡大

日吉ダム(ひよしだむ)

南丹市の巨大なダム、日吉ダム。
ダムのすぐ下は広々とした芝生広場になっています。
隣接するスプリングスひよしはプールありお風呂ありの楽しいところ! 日吉ダムの写真素材
日吉ダムの写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [2]
  3. 2021年6月 [2]
  4. 2021年5月 [4]
  5. 2021年4月 [3]
  6. 2021年3月 [4]
  7. 2021年2月 [1]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [8]
  12. 2020年9月 [1]
  13. 2020年8月 [17]
  14. 2020年7月 [4]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [27]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [64]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [67]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [94]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [35]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [12]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]