sozai_head.jpg

タグ「木津川」の一覧

背割堤

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治川と木津川のあいだの堤防、背割堤の写真です。
淀川河川公園背割堤地区。

背割堤の写真素材

1.4kmにわたり、両側に220本のソメイヨシノが植えられており、どれもが巨木といえるほどになっています。
まさに桜の名所です。

背割堤の写真素材


ハイスピードで自転車が走る。
土手の下は両側とも走りやすい平坦な道です。
歩くひと、トレーニングするひと、暴走するひとなど様々。

背割堤の写真素材


さくらであい館。
連なる桜を優雅に見下ろせる塔です。

背割堤の写真素材


木津川御幸橋から見る桜のライン。

背割堤の写真素材


男山の展望台から見る背割堤。
こっち側が木津川で、向こう側が宇治川です。

背割堤の写真素材


天王山から見る背割堤。

背割堤の写真素材


土手を歩けば両側が桜。早朝はまだひとが少ない。

背割堤の写真素材


どこまでも続く桜のライン。

背割堤の写真素材


桜に先駆けてピンクのハナモモが咲きます。

背割堤のハナモモ 写真素材

背割堤のハナモモ 写真素材

背割堤のハナモモ 写真素材


思わず立ち止まって写真を撮るひとも多いです。

背割堤のハナモモ 写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

流れ橋(上津屋橋)

案内 写真はクリックすれば拡大

木津川にかかる流れ橋の写真です。

流れ橋(上津屋橋)の写真素材


新木津川大橋から遠目に見る流れ橋。

流れ橋(上津屋橋)の写真素材

上津屋橋、正式には「府道八幡城陽線上津屋橋」というそうです。「八幡流れ橋」「木津川流れ橋」とも。
時代劇の撮影でも度々使われてきました。

流れ橋(上津屋橋)の写真素材

自転車は押して通ります。

流れ橋(上津屋橋)の写真素材

川の増水のときには床板が流れてしまうようなしくみになっています。
橋桁はワイヤーでつなぎ止められ、流れても無くなってしまわないようになっています。
ただ、流れたものを修復するにはそれでも数千万円から数億円の費用がかかるため、議論が繰り返されています。

流れ橋(上津屋橋)の写真素材

欄干も柵もないので風の強い日はちょっと緊張します。
水面からの高さもけっこうあり、普段の水量を見ると「こんなところまで水が来るなんて」と疑ってしまうかもしれません。

流れ橋(上津屋橋)の写真素材

橋の下の木津川の流れはふたつに別れていて、東側は水量が多く、西側は少ないです。
西側は浅瀬が多くこどもたちが水遊びをしている姿が見られました。
写真は東側。

流れ橋(上津屋橋)の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

國津神社

案内 写真はクリックすれば拡大

木津川の畔に建つ國津神社さんの写真です。

國津神社の写真素材


最初の鳥居をくぐってから、カーブする参道を歩いて社殿のある二の鳥居へ。

國津神社の写真素材


境内はたくさん木々に覆われていて暗いです。

國津神社の写真素材


本殿はガッシリした石垣の上に建っています。
江戸時代に奈良春日大社の本殿を移したものだそうです。

國津神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ