sozai_head.jpg

タグ「明智光秀」の一覧

福知山城

案内 写真はクリックすれば拡大

福知山のシンボルのお城、福知山城の写真です。

明智光秀が築いたお城で、天守閣は1986年の再建です。

福知山城の写真素材


「麒麟が来る」で注目が集まり、途中で麒麟が来なくなって、麒麟が来るまでお待ちくださいになって、さらに注目を浴びた年の福知山城

福知山城の写真素材

お城は丘の上に作られていて、とても高い位置に天守閣があり、市内のどこからでもその姿がよく見えます。

福知山城の写真素材


駐車場あたりから見上げる福知山城

福知山城の写真素材


JR山陰線の高架下から。

福知山城の写真素材


特急と福知山城
列車の本数が少ないので、ここでたくさん時間を使ってしまいました。

福知山城の写真素材


本丸の天守閣のすぐ下から。

福知山城の写真素材


石垣には野趣あふれる石が組まれています。野面積み・乱石積み・穴太積みなどの方法が取られています。
ハートの石を探すのもおもしろいです。

福知山城の石垣の写真素材


天守閣のそばに建つ朝暉神社(あさひじんじゃ)。

福知山城の写真素材

猛暑の日でしたが、できるだけいろいろな方向から撮影しました。
猪崎城跡から遠望する福知山城。

福知山城の写真素材


すぐそばを流れる由良川。

福知山城と由良川の写真素材


土師川橋梁と福知山城。

福知山城の写真素材


丹波大文字もよく見えます。

福知山城の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

本経寺(伏見区小栗栖)

案内 写真はクリックすれば拡大

伏見区小栗栖の日蓮本宗のお寺、本経寺さんの写真です。
1506年創建の要法寺の末寺です。

本堂。
左手には明智光秀の供養塔が立ちます。

本経寺の写真素材

本経寺の写真素材


境内は高台になっていて、本堂の西はさらに高く、とても眺めが良いです。
向いの山手の醍醐寺五重塔や一言寺も見えました。

本経寺の写真素材

境内に隣接する竹藪が明智藪。

明智藪の写真素材


明智光秀が討たれた場所で、この場所も本経寺の敷地だということです。

明智藪の写真素材


明智藪。
以前よりまわりの開発が進み、無くなってしまいそうな印象を受けます。

明智藪の写真素材

明智藪の写真素材

このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

谷性寺(光秀寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡の谷性寺さんの写真です。
桔梗の里が花盛りで、なかなか谷性寺まで辿り着けず、イメージっぽい写真になってしまいました。

谷性寺(光秀寺)の写真素材


谷性寺(光秀寺)の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

勝龍寺城

案内 写真はクリックすれば拡大

きれいな公園として整備されている勝龍寺城跡の写真です。

勝龍寺城の写真素材


勝龍寺城は1339年に建てられたお城で、明智光秀や細川忠興とガラシャゆかりのお城でもあります。
このお城は江戸時代になってまもなく廃城となったため、いまある建物や土塀は平成のものです。

勝龍寺城の写真素材

明智光秀の軍勢は山崎の戦いで秀吉に負けたあと、一旦この城に入り、滋賀県の坂本へ向かってまた出立していきました。

勝龍寺城の写真素材


勝龍寺城の写真素材

勝龍寺城の写真素材
勝龍寺城の写真素材


勝龍寺城の写真素材


勝龍寺城の写真素材



神足神社のそばには勝龍寺城の土塁が保存されています。
凸凹したところを歩くだけでも楽しいです。

勝龍寺城の土塁の写真素材


勝龍寺城の土塁の写真素材


桜の季節の勝龍寺城。

勝龍寺城の桜の写真素材


城内にはたくさんのソメイヨシノが植えられています。

勝龍寺城の桜の写真素材


こどもたちが気軽に走り回れる身近な公園となっています。

勝龍寺城の桜の写真素材


勝龍寺城の桜の写真素材


勝龍寺城の桜の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

恵解山古墳

案内 写真はクリックすれば拡大

恵解山古墳の写真です。
えかいさんこふんではなく、いげのやまこふんと読みます。
音読みだと「えげさん」だそうで、ややこしいです。

恵解山古墳の写真素材


前方後円墳で上は墓地になっています。

恵解山古墳の写真素材


山崎の戦いでは明智光秀の本陣となったといわれています。
すごくきれいな古墳公園として整備されています。

恵解山古墳の写真素材


電車が古墳のわきから出てくるのもいいです。

恵解山古墳の写真素材

お天気の良い日にまた撮りにいければと思います。



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

本能寺

案内 写真はクリックすれば拡大

本能寺(ほんのうじ)

あの本能寺の変の本能寺さんの写真です。 が、本能寺はそのとき焼失したうえ、場所を移転しています。
本能寺の写真素材

本能寺の写真素材

本能寺の変(ほんのうじのへん)は1582年に京都で起きたクーデター。
明智光秀が謀反を起こして、本能寺に泊まっていた主君である織田信長を自殺させた事件。
明智光秀の「敵は本能寺にあり」のセリフが有名ですね。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

慈眼寺

案内 写真はクリックすれば拡大

ウッディー京北のそばに建つ慈眼寺さんの写真です。
色づいた大きなイチョウが覆いかぶさっています。

慈眼寺のイチョウの紅葉の写真素材



慈眼寺は、「くろみつ大雄尊」と呼ばれる明智光秀公の黒い座像を祀るお寺。
このあたりはかつて明智光秀が治めた土地で、お寺の裏山には周山城がありました。
本能寺の変で逆賊となった光秀公の像に墨を塗り、桔梗の紋も塗りつぶして、誰の像だかわからなくして祀ってきたそうです。

慈眼寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年6月 [2]
  2. 2022年4月 [1]
  3. 2022年3月 [1]
  4. 2022年2月 [1]
  5. 2022年1月 [7]
  6. 2021年12月 [8]
  7. 2021年11月 [1]
  8. 2021年10月 [4]
  9. 2021年9月 [3]
  10. 2021年7月 [1]
  11. 2021年6月 [3]
  12. 2021年5月 [3]
  13. 2021年4月 [1]
  14. 2021年3月 [2]
  15. 2021年2月 [1]
  16. 2020年12月 [3]
  17. 2020年11月 [4]
  18. 2020年10月 [29]
  19. 2020年8月 [34]
  20. 2020年7月 [10]
  21. 2020年6月 [8]
  22. 2020年5月 [21]
  23. 2020年4月 [8]
  24. 2020年3月 [6]
  25. 2020年2月 [4]
  26. 2020年1月 [26]
  27. 2019年12月 [6]
  28. 2019年11月 [2]
  29. 2019年9月 [8]
  30. 2019年8月 [1]
  31. 2019年7月 [10]
  32. 2019年6月 [25]
  33. 2019年5月 [8]
  34. 2019年4月 [16]
  35. 2019年3月 [19]
  36. 2019年2月 [11]
  37. 2019年1月 [12]
  38. 2018年12月 [15]
  39. 2018年11月 [16]
  40. 2018年10月 [67]
  41. 2018年9月 [63]
  42. 2018年8月 [55]
  43. 2018年7月 [29]
  44. 2018年6月 [95]
  45. 2018年5月 [93]
  46. 2018年4月 [93]
  47. 2018年3月 [35]
  48. 2018年2月 [47]
  49. 2018年1月 [10]
  50. 2017年12月 [8]
  51. 2017年11月 [7]
  52. 2017年1月 [4]
  53. 2016年12月 [27]
  54. 2016年11月 [10]
  55. 2016年7月 [1]
  56. 2016年6月 [1]
  57. 2016年4月 [1]
  58. 2016年1月 [1]
  59. 2015年12月 [5]
  60. 2015年8月 [3]
  61. 2015年6月 [4]
  62. 2015年5月 [2]
  63. 2015年3月 [3]
  64. 2014年12月 [2]
  65. 2014年11月 [5]
  66. 2014年10月 [1]
  67. 2014年9月 [3]
  68. 2014年6月 [7]
  69. 2014年5月 [4]
  70. 2014年4月 [1]
  71. 2014年3月 [3]
  72. 2014年2月 [6]
  73. 2014年1月 [9]
  74. 2013年12月 [3]
  75. 2013年9月 [3]
  76. 2013年8月 [3]
  77. 2013年5月 [6]
  78. 2013年4月 [14]
  79. 2013年3月 [7]
  80. 2013年2月 [2]
  81. 2013年1月 [4]
  82. 2012年12月 [4]
  83. 2012年11月 [7]
  84. 2012年10月 [9]
  85. 2012年9月 [8]
  86. 2012年8月 [16]
  87. 2012年7月 [2]
  88. 2012年6月 [1]
  89. 2011年5月 [4]
  90. 2011年4月 [9]
  91. 2010年7月 [1]
  92. 2008年8月 [1]
  93. 2008年7月 [1]
  94. 2008年6月 [2]
  95. 2000年7月 [1]
  96. 2000年5月 [2]
  97. 2000年4月 [1]
  98. 2000年3月 [2]