sozai_head.jpg

タグ「手水」の一覧

京都の花手水

案内 写真はクリックすれば拡大

近年流行の花手水の写真です。
はなちょうずと読みます。(はなてみずと書いてあるところもあります。)
お寺や神社の手水舎や蹲踞の水面をお花で埋め尽くす手法です。

元気が出る北野天満宮の花手水。梅の紋がデザインされています。

北野天満宮の花手水の写真素材

柳谷観音さんの花手水

柳谷観音の花手水の写真素材


ほぼグレーであるはずの蹲踞に色があふれているのを見つけると、ハッとしますね。
カエデのハートのグラデーション。

柳谷観音の花手水の写真素材

柳谷観音の花手水の写真素材

きよみずさんの花手水。

清水寺の花手水の写真素材

宝泉院さんの花手水。

宝泉院の花手水の写真素材


飛行神社さんの花手水

飛行神社の花手水の写真素材


東福寺勝林寺さんの花手水

東福寺勝林寺の花手水の写真素材


正方形に切ってみる。

東福寺勝林寺の花手水の写真素材


紫陽花の季節の真如堂さんの花手水。シンプルな美しさ。

真如堂の花手水の写真素材

紫陽花の季節の岩船寺さんの花手水。

岩船寺の花手水の写真素材


大きな鉢が紫陽花で埋め尽くされています。

岩船寺の花手水の写真素材


いつからか流行り始めたあひる手水。
粟田神社さんのあひる手水です。

粟田神社のあひる花手水の写真素材

初めて見たときは衝撃的でしたが、もう慣れました。
かわいいと思います。

粟田神社のあひる花手水の写真素材


粟田神社のあひる花手水の写真素材


お風呂といっしょでカビてくるのがやっかいかも。

粟田神社のあひる花手水の写真素材

アヒル+お花の手水舎は金戒光明寺さん。
このときは真っ白な花に統一されていました。

金戒光明寺のあひる花手水の写真素材


金戒光明寺のあひる花手水の写真素材


金戒光明寺のあひる花手水の写真素材


通常バージョンの色合い。

金戒光明寺のあひる花手水の写真素材


大原野の正法寺さんの花手水。

正法寺の花手水の写真素材

上賀茂神社さん、みかんのプカプカ浮かぶ橘手水。

上賀茂神社のみかん手水の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

粟田神社

案内 写真はクリックすれば拡大

粟田口に建つ粟田神社さんの写真です。
粟田口は京の七口のひとつ。ここを過ぎれば都の外、ということで、古くから旅の安全を祈願する神様として信仰を集めてきました。

粟田神社の写真素材


新緑の粟田神社。本殿前の青もみじ。

新緑の粟田神社の写真素材


拝殿の向こうに夏越しの祓の茅の輪が見えます。

粟田神社の写真素材


茅の輪越しに本殿を。

粟田神社の写真素材

本殿。

粟田神社の写真素材


人気のアヒル手水。

粟田神社の写真素材

アヒル手水。

粟田神社のアヒル手水写真素材


粟田神社のアヒル手水写真素材

粟田神社のアヒル手水写真素材

秋。カエデがきれいに色づきました。

粟田神社の紅葉の写真素材


嵯峨菊もきれいでした。

粟田神社の紅葉の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年6月 [2]
  2. 2022年4月 [1]
  3. 2022年3月 [1]
  4. 2022年2月 [1]
  5. 2022年1月 [7]
  6. 2021年12月 [8]
  7. 2021年11月 [1]
  8. 2021年10月 [4]
  9. 2021年9月 [3]
  10. 2021年7月 [1]
  11. 2021年6月 [3]
  12. 2021年5月 [3]
  13. 2021年4月 [1]
  14. 2021年3月 [2]
  15. 2021年2月 [1]
  16. 2020年12月 [3]
  17. 2020年11月 [4]
  18. 2020年10月 [29]
  19. 2020年8月 [34]
  20. 2020年7月 [10]
  21. 2020年6月 [8]
  22. 2020年5月 [21]
  23. 2020年4月 [8]
  24. 2020年3月 [6]
  25. 2020年2月 [4]
  26. 2020年1月 [26]
  27. 2019年12月 [6]
  28. 2019年11月 [2]
  29. 2019年9月 [8]
  30. 2019年8月 [1]
  31. 2019年7月 [10]
  32. 2019年6月 [25]
  33. 2019年5月 [8]
  34. 2019年4月 [16]
  35. 2019年3月 [19]
  36. 2019年2月 [11]
  37. 2019年1月 [12]
  38. 2018年12月 [15]
  39. 2018年11月 [16]
  40. 2018年10月 [67]
  41. 2018年9月 [63]
  42. 2018年8月 [55]
  43. 2018年7月 [29]
  44. 2018年6月 [95]
  45. 2018年5月 [93]
  46. 2018年4月 [93]
  47. 2018年3月 [35]
  48. 2018年2月 [47]
  49. 2018年1月 [10]
  50. 2017年12月 [8]
  51. 2017年11月 [7]
  52. 2017年1月 [4]
  53. 2016年12月 [27]
  54. 2016年11月 [10]
  55. 2016年7月 [1]
  56. 2016年6月 [1]
  57. 2016年4月 [1]
  58. 2016年1月 [1]
  59. 2015年12月 [5]
  60. 2015年8月 [3]
  61. 2015年6月 [4]
  62. 2015年5月 [2]
  63. 2015年3月 [3]
  64. 2014年12月 [2]
  65. 2014年11月 [5]
  66. 2014年10月 [1]
  67. 2014年9月 [3]
  68. 2014年6月 [7]
  69. 2014年5月 [4]
  70. 2014年4月 [1]
  71. 2014年3月 [3]
  72. 2014年2月 [6]
  73. 2014年1月 [9]
  74. 2013年12月 [3]
  75. 2013年9月 [3]
  76. 2013年8月 [3]
  77. 2013年5月 [6]
  78. 2013年4月 [14]
  79. 2013年3月 [7]
  80. 2013年2月 [2]
  81. 2013年1月 [4]
  82. 2012年12月 [4]
  83. 2012年11月 [7]
  84. 2012年10月 [9]
  85. 2012年9月 [8]
  86. 2012年8月 [16]
  87. 2012年7月 [2]
  88. 2012年6月 [1]
  89. 2011年5月 [4]
  90. 2011年4月 [9]
  91. 2010年7月 [1]
  92. 2008年8月 [1]
  93. 2008年7月 [1]
  94. 2008年6月 [2]
  95. 2000年7月 [1]
  96. 2000年5月 [2]
  97. 2000年4月 [1]
  98. 2000年3月 [2]