sozai_head.jpg

タグ「建仁寺」の一覧

建仁寺 禅居庵

案内 写真はクリックすれば拡大

建仁寺の塔頭の禅居庵さんの写真です。
拝観はできませんが、桔梗の咲く前庭は通り抜けることができるようになっています。

禅居庵の写真素材

桜のころの禅居庵

禅居庵の写真素材


境内南側の摩利支天堂は年中いつでもオープンです。

禅居庵  摩利支天堂の写真素材


お堂にはいろんなタイプの猪が。

禅居庵 摩利支天堂の写真素材


狛猪から欄間、絵馬にまでたくさんの猪に出会えます。

禅居庵 摩利支天堂の写真素材


禅居庵摩利支天堂の写真素材


夜の摩利支天堂。赤い提灯に火が入り風情が増します。

禅居庵の写真素材


禅居庵の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

建仁寺 霊源院

案内 写真はクリックすれば拡大

建仁寺霊源院 Reigen-in Temple

普段は非公開の建仁寺塔頭霊源院さんのお庭。お釈迦様の一生を表しているのだそうです。 枯山水庭園「甘露庭」にはガクアジサイの一種の甘茶が花盛り。清々しい景色です。
建仁寺 霊源院の甘茶

こちらは前庭で咲く甘茶。

建仁寺 霊源院の甘茶


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

建仁寺 西来院

案内 写真はクリックすれば拡大

建仁寺の西来院さんの写真です。
美しい前庭。秋の特別公開の際の一枚。

建仁寺 西来院の写真素材

方丈の前の緑あふれる枯山水が美しいです。
さいらいいんではなく、せいらいいんが読み方のようです。





このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

建仁寺

案内 写真はクリックすれば拡大

建仁寺さんの写真です。
1202年の創建。
祇園、花見小路の南の突き当たりに広大な寺域を持つ臨済宗建仁寺派の大本山です。

建仁寺の写真素材


建仁寺の写真素材

俵屋宗達の風神雷神屏風は有名。国宝ですが、精巧なレプリカが飾られていてすぐ近くで見ることができます。

天井の龍図。写真だと大きさがわかりませんが、とんでもなくバカデカイ天井画です。

建仁寺の写真素材


方丈の南側に広がる枯山水「大雄苑」。

建仁寺の写真素材

小さな中庭「○△□の庭」。苔の上に椿の花がポトポトと落ちています。

建仁寺の写真素材


桜いっぱいの建仁寺境内。

建仁寺の写真素材

紅葉の潮音庭。小書院と大書院と廊下に囲まれた真四角の苔庭です。

建仁寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

建仁寺 両足院

案内 写真はクリックすれば拡大

建仁寺塔頭両足院さんの写真です。
毎年初夏と秋に特別拝観があるほか、定期的に坐禅の会も行っておられます。
方丈の前の苔庭。

建仁寺両足院の庭園の写真素材


其処彼処に美しい景色が用意されています。

建仁寺両足院の庭園の写真素材


建仁寺両足院の庭園の写真素材


閼伽井庭。

建仁寺両足院の庭園の写真素材


初夏のメインは池の周りを白く彩る半夏生の景色。

建仁寺両足院の半夏生の写真素材


なんといいますか、たいへん目に涼しい景色。
7月初旬なので実際はフルパワーで蒸し暑いのですが。

建仁寺両足院の半夏生の写真素材

建仁寺両足院の半夏生の写真素材


雨がしとしと。ときにざあざあ。

建仁寺両足院の半夏生の写真素材

建仁寺両足院の半夏生の写真素材


建仁寺両足院の半夏生の写真素材


大書院の中から落ち着いて庭を眺めることができます。
ただぼんやり座っている人が多い。

建仁寺両足院の半夏生の写真素材

雨も強いし帰るのがおっくうです。

建仁寺両足院の半夏生の写真素材


年中お参りできる毘沙門天堂。
かつては鞍⾺寺の毘沙⾨天の胎内仏だったものを祀っているそうです。
毘沙門さんのお使いの虎が両脇を固めています。
戦前から祇園の芸舞妓さんがお参りにくるところで、「祇園の縁結び」としても知られているそうな。

建仁寺両足院の毘沙門天堂の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

建仁寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

建仁寺さんの紅葉の写真です。

建仁寺の紅葉の写真素材

京都の他の社寺のもみじが散って12月を過ぎてからが建仁寺の本番。
色づくのがとても遅いのです。「もうさすがに遅いやろ。」と思ってから行くとちょうどいい。

建仁寺の紅葉の写真素材

潮音庭はどこから見ても正面の「四面正面」の中庭。

建仁寺の紅葉の写真素材

建仁寺の紅葉の写真素材

建仁寺の紅葉の写真素材


建仁寺の紅葉の写真素材

わたしは北から見るのが好きです。
陽が差せば、キラキラと輝きます。

建仁寺の紅葉の写真素材

建仁寺の紅葉の写真素材

建仁寺の紅葉の写真素材


天井の龍はド迫力。

建仁寺の龍の写真素材


写真では大きさが伝わらないので、やはり実際に見るほうがよいです。

建仁寺の天井の龍の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

正伝永源院

案内 写真はクリックすれば拡大

建仁寺の境外塔頭の正伝永源院さん。
正伝院と永源庵が合わさって正伝永源院になったそうです。
そのお庭は、春の桜と霧島つつじの頃、秋の紅葉の頃に一層美しくなります。
正伝永源院

写真は4月終わりのキリシマツツジの頃。
正伝永源院


正伝永源院とキリシマツツジ


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年9月 [2]
  2. 2022年6月 [2]
  3. 2022年4月 [1]
  4. 2022年3月 [1]
  5. 2022年2月 [1]
  6. 2022年1月 [7]
  7. 2021年12月 [8]
  8. 2021年11月 [1]
  9. 2021年10月 [2]
  10. 2021年9月 [3]
  11. 2021年7月 [1]
  12. 2021年6月 [3]
  13. 2021年5月 [3]
  14. 2021年4月 [1]
  15. 2021年3月 [2]
  16. 2021年2月 [1]
  17. 2020年12月 [3]
  18. 2020年11月 [4]
  19. 2020年10月 [29]
  20. 2020年8月 [34]
  21. 2020年7月 [10]
  22. 2020年6月 [8]
  23. 2020年5月 [21]
  24. 2020年4月 [8]
  25. 2020年3月 [6]
  26. 2020年2月 [4]
  27. 2020年1月 [26]
  28. 2019年12月 [6]
  29. 2019年11月 [2]
  30. 2019年9月 [8]
  31. 2019年8月 [1]
  32. 2019年7月 [10]
  33. 2019年6月 [25]
  34. 2019年5月 [8]
  35. 2019年4月 [16]
  36. 2019年3月 [19]
  37. 2019年2月 [11]
  38. 2019年1月 [12]
  39. 2018年12月 [15]
  40. 2018年11月 [16]
  41. 2018年10月 [67]
  42. 2018年9月 [63]
  43. 2018年8月 [55]
  44. 2018年7月 [29]
  45. 2018年6月 [95]
  46. 2018年5月 [93]
  47. 2018年4月 [93]
  48. 2018年3月 [35]
  49. 2018年2月 [47]
  50. 2018年1月 [10]
  51. 2017年12月 [8]
  52. 2017年11月 [7]
  53. 2017年1月 [4]
  54. 2016年12月 [27]
  55. 2016年11月 [10]
  56. 2016年7月 [1]
  57. 2016年6月 [1]
  58. 2016年4月 [1]
  59. 2016年1月 [1]
  60. 2015年12月 [5]
  61. 2015年8月 [3]
  62. 2015年6月 [4]
  63. 2015年5月 [2]
  64. 2015年3月 [3]
  65. 2014年12月 [2]
  66. 2014年11月 [5]
  67. 2014年10月 [1]
  68. 2014年9月 [3]
  69. 2014年6月 [7]
  70. 2014年5月 [4]
  71. 2014年4月 [1]
  72. 2014年3月 [3]
  73. 2014年2月 [6]
  74. 2014年1月 [9]
  75. 2013年12月 [3]
  76. 2013年9月 [3]
  77. 2013年8月 [3]
  78. 2013年5月 [6]
  79. 2013年4月 [14]
  80. 2013年3月 [7]
  81. 2013年2月 [2]
  82. 2013年1月 [4]
  83. 2012年12月 [4]
  84. 2012年11月 [7]
  85. 2012年10月 [9]
  86. 2012年9月 [8]
  87. 2012年8月 [16]
  88. 2012年7月 [2]
  89. 2012年6月 [1]
  90. 2011年5月 [4]
  91. 2011年4月 [9]
  92. 2010年7月 [1]
  93. 2008年8月 [1]
  94. 2008年7月 [1]
  95. 2008年6月 [2]
  96. 2000年7月 [1]
  97. 2000年5月 [2]
  98. 2000年4月 [1]
  99. 2000年3月 [2]