sozai_head.jpg

タグ「左京区」の一覧

大原 西徳寺

案内 写真はクリックすれば拡大

大原の西徳寺さんの写真です。
里の駅大原から西を見るとガッシリした石垣の上に見えるお寺です。

大原 西徳寺の写真素材


手前の畑にはコスモスや藤袴が咲いていました。

大原 西徳寺の写真素材

大原 西徳寺の写真素材


山門は閉まっていました。

大原 西徳寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大原の彼岸花

案内 写真はクリックすれば拡大

大原の里に咲く彼岸花の写真です。
田んぼの畔のあちこちに彼岸花の赤い色が見えます。

大原の彼岸花の写真素材


大原観光保勝会のサイトによれば、見頃は毎年9月20日前後。

大原の彼岸花の写真素材

彼岸花はきれいに咲いている期間がかなり短いので、見極めが難しいです。

大原の彼岸花の写真素材


大原の彼岸花の写真素材

大原の彼岸花の写真素材

大原の彼岸花の写真素材


彼岸花を見ることだけを大原行きの目的にするには、ちょっとボリュームが物足りないかもしれませんが、初秋らしいのどかな景色のなかを散策するのは楽しいです。

大原の彼岸花の写真素材


彼岸花の背景の紫のかたまりは紫蘇。
大原は「しば漬」発祥の地ですから、紫蘇がたくさん育てられています。

大原の彼岸花の写真素材

ピークを少し過ぎて白化が始まっています。

大原の彼岸花の写真素材


段差のある畔にも赤いラインは続きます。

大原の彼岸花の写真素材

ファミリーマートの駐車場がちょっと高台になっているので、まず見渡して咲いているところを見つけるといいですね。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

永観堂

案内 写真はクリックすれば拡大

もみじの永観堂の写真です。
右奥に多宝塔が見えます。手前の建物は東山高校。


春先の永観堂。多宝塔は高い位置にあるので、外からもよく見えます。

初夏の青もみじの永観堂。
永観堂の青もみじの写真はこちらに。

永観堂の青もみじの写真素材


秋の紅葉の永観堂。
永観堂の紅葉の写真はこちらに。

永観堂の秋の写真素材


秋はひとだらけ。

永観堂の秋の写真素材

それからひと月、雪の永観堂。
永観堂の雪の写真はこちらに。

永観堂の雪景色の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

永観堂の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大
12月末にたくさん雪が降りました。
もみじの永観堂は雪景色もたいへん綺麗です。
こんなに雪が積もっていますが、多宝塔へも登ることができました。
永観堂の雪景色の写真素材

紅葉からたったひと月でこんなに景色が変わるのがまったく不思議です。
永観堂の雪景色の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

光雲寺

案内 写真はクリックすれば拡大

哲学の道の少し西の光雲寺さんの写真です。
遠くから見る桜の光雲寺

光雲寺 桜の写真素材


秋です。朝一番の強い光を浴びてカエデが真っ赤になりました。

光雲寺 紅葉の写真素材


やっぱり紅葉は朝がいいですね。

光雲寺 紅葉の写真素材


光雲寺 紅葉の写真素材

玄関前に菊が置かれています。

光雲寺 紅葉の写真素材


紅葉のお庭の写真。小川治兵衛が作庭した池泉廻遊式庭園です。

光雲寺 紅葉の写真素材

梅の咲くのが待ち遠しい冬の光雲寺

光雲寺 冬の写真


光雲寺 冬の写真


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

永観堂の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大
永観堂の紅葉写真、さらに追加しました。

今回は晴天の朝、しっかり開門前から並んで入りました。
永観堂の紅葉の写真素材


まだ茶店まわりをお掃除ちゅう。
永観堂のもみじの写真素材


永観堂の紅葉の写真素材


永観堂の紅葉の写真素材

永観堂の紅葉の写真素材

永観堂の紅葉の写真素材

永観堂の紅葉の写真素材

永観堂の紅葉の写真素材


永観堂の紅葉写真、追加しました。曇天。
相当大勢の人が紅葉を楽しんでいますが、広い境内なのでそれほどぎゅうぎゅう感はありません。(平日です)
永観堂の紅葉の写真素材

カエデ越しに見上げる多宝塔。
永観堂の紅葉 多宝塔の写真素材

多宝塔へ登る途中の景色。
永観堂の紅葉の写真素材

多宝塔からもみじの海を見おろす。
永観堂の紅葉の写真素材

阿弥陀堂の柱が美しいです。
永観堂の紅葉の写真素材


次に、永観堂の夜間拝観の写真をいくつか。手持ちなのであまりうまくは撮れませんが。
夜間は多宝塔に登る道は閉じられています。
永観堂の紅葉-夜間拝観

ぶれております。
永観堂の紅葉-夜間拝観の写真素材
夜間拝観のときは阿弥陀堂にまであまり人が来ないので、有名な見返り阿弥陀如来とじっくり対峙することができます。


永観堂のもみじの写真素材

永観堂放生池が青空を映しています。よく雑誌などで見る定番の構図です。
山手には回廊で結ばれた諸堂が並びます。古来より紅葉の名所として名高く、重文の見返り阿弥陀如来も有名です。


永観堂の広い境内にはカエデが多く、京都の紅葉の名所として知られています。垣のようにめぐらした岩に紅葉がはえているさまをいう「岩垣もみじ」も有名。山の中腹の多宝塔から見下ろすと、紅葉の海の中に端正な堂宇の陰が見え隠れし素晴らしい景色です。


永観堂のもみじの写真素材


永観堂阿弥陀堂の紅葉。カエデも鮮やかですが、柱まわりの装飾も鮮やか!

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

銀閣寺・雪

案内 写真はクリックすれば拡大

世界遺産銀閣寺。雪の日の銀閣の写真です。

京都にしてはたくさん雪が降りすぎたので、山のほうをめぐる道には進入できませんでした。
銀閣を隠さずに撮影できる場所は幅3mくらいしかありませんでした。

雪の日の銀閣の写真素材


銀閣(観音殿)は国宝。 足利義政の山荘として造営、没後寺となった銀閣寺。北山文化に対し東山文化の中心となりました。

雪の日の銀閣の写真素材

雪の日の銀閣の写真素材


雪の日の銀閣の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

銀閣寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大
世界遺産、銀閣寺は紅葉の名所でもあります。 紅葉シーズンでなくとも観光客はいつも多いですが。
銀閣寺の紅葉の写真素材





銀閣寺の雪景色はこちら



銀閣寺・金閣寺の写真はテレビや書籍には使えないようです。 個人的な目的にのみお使いください。

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

八瀬天満宮社

案内 写真はクリックすれば拡大

比叡山に登る八瀬坂の起点に建つ八瀬天満宮社さんの写真です。

八瀬天満宮

八瀬天満宮


この地区の氏神様です。

八瀬天満宮


菅原道真を祀り、道真公自身もここから比叡山に登ったといわれます。

八瀬天満宮


秋の八瀬天満宮社境内は黄色いカエデに包まれます。
八瀬天満宮


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

迎称寺(こうしょうじ)

案内 写真はクリックすれば拡大

迎称寺(こうしょうじ)

萩の霊場として知られる迎称寺さんの写真です。 吉田山、神楽岡のふもとにあります。 ボロボロの土塀にわんさか萩が咲くその鄙びた風情は極上です。
迎称寺(こうしょうじ)の萩の写真素材


東側の崩れ具合が素晴らしいとの評判。
南側も以前はひどかったですが、修復されました。
侘び寂びとぼろぼろは紙一重。

迎称寺(こうしょうじ)の萩の写真素材


次は夏の迎称寺の写真。
萩の葉っぱはもうわさわさと育っています。

迎称寺(こうしょうじ)の写真素材


内側は公開されていませんが、緑がいっぱいの境内です。

迎称寺(こうしょうじ)の写真素材


迎称寺は紅葉もなかなか鮮やか。
でも閉まっていますので、みなさん素通りで真如堂へ向かわれます。

迎称寺(こうしょうじ)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

圓光寺(紅葉・青もみじ)

案内 写真はクリックすれば拡大

一乗寺の圓光寺さんの紅葉写真です。
有名な「十牛の庭」。
まんなかの石は牛なんですね。

圓光寺の紅葉の写真素材


圓光寺の紅葉の写真素材

見事に敷き詰められた紅いカエデの葉。

圓光寺の紅葉の写真素材

書院から見る十牛の庭。

圓光寺の紅葉の写真素材


圓光寺の初夏の写真です。

圓光寺の青もみじの写真素材


元々は1601年に徳川家康が学校として開いたお寺。

圓光寺の青もみじの写真素材


圓光寺の青もみじの写真素材


圓光寺の青もみじの写真素材


圓光寺の青もみじの写真素材

枝垂桜が迎えてくれる春の圓光寺。

圓光寺の桜の写真素材


春はすいていてゆっくりお庭を散策できます。

圓光寺の桜の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都大学

案内 写真はクリックすれば拡大

京都大学の正門を入ったところ。時計台と巨大なクスノキが目を引きます。
京都大学のメインキャンパスである吉田キャンパス。
レストランもあるしカフェもあるし、京都大学の学生じゃなくてもばんばん利用するといいですよ。

京都大学の写真素材


今出川通りの北、理学部や農学部の入り口。

京都大学の写真素材


吉田キャンパスを俯瞰。
左側が理学部の建物で、右側が農学部の建物だと思います。

京都大学の写真素材


京都大学宇治キャンパス。自然科学系・エネルギー系の研究所が集まります。

京都大学宇治キャンパスの写真素材


宇治市五ケ庄にあります。元は陸軍の敷地だったところ。

京都大学宇治キャンパスの写真素材


ちょっと遠い桂キャンパス。
写真はCクラスターの真ん中あたり。緑の部分がワイルド。

京都大学桂キャンパスの写真素材


地域のひとびとにも開かれており、気軽に立ち入れる雰囲気です。

京都大学桂キャンパスの写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内

よく使われる写真



サイト内検索

カテゴリ