sozai_head.jpg

タグ「嵐山」の一覧

嵐山花灯路

案内 写真はクリックすれば拡大

京都嵐山花灯路の写真です。

寒い寒い12月の風吹きすさぶ嵐山渡月橋が闇にくっきり浮かびました。
山はブルー・パープル系の灯りで照らされます。
嵐山花灯路 渡月橋の写真素材

寒々しい色だけれどきれいだ。
京都嵐山花灯路 渡月橋の写真素材


別の年の嵐山花灯路。霧が出て幻想的です。対岸の中の島から。
嵐山花灯路 渡月橋の写真素材

嵐山花灯路 渡月橋の写真素材

また北岸に戻りました。市バスを入れて。
嵐山花灯路 渡月橋の写真素材

少しずつ移動。
嵐山花灯路 渡月橋の写真素材

それにしても川のそばは寒い。
嵐山花灯路 渡月橋の写真素材


竹林の小径も美しく照らされています。野宮神社から大河内山荘庭園までの道です。
嵐山花灯路 竹の小径

嵐山花灯路 竹の小径


嵐山花灯路 竹の小径

ひと回り歩くと相当な距離になります。
たいへんな露地行灯の数です。準備にはたいへんな労力がかかっていることと思います。
嵐山花灯路 竹の小径


虚空蔵法輪寺のプロジェクトマッピングでトリップ。
嵐山花灯路 虚空蔵法輪寺

頭クラクラ。
嵐山花灯路 虚空蔵法輪寺

グニャグニャ〜!
嵐山花灯路 虚空蔵法輪寺

京都嵐山花灯路(きょうとあらしやまはなとうろ)は2005年から続く京都の冬のイベント。灯りと花の路と題して露地行灯が延々と設置され足元を照らします。
夜間特別拝観は、常寂光寺・野宮神社・宝厳院・法輪寺・落柿舎・大河内山荘庭園など。さらに嵐山モンキーパークいわたやま・嵐山通船・嵯峨野トロッコ列車・嵯峨美術大学なども夜の公開や運行があります。

早春は『東山花灯路』。初冬は嵐山の『嵐山花灯路』。
東山花灯路の写真はこちら


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

嵐山高雄パークウェイ

案内 写真はクリックすれば拡大

嵐山高雄パークウェイの写真です。

嵐山高雄パークウェイの写真素材

保津峡展望台からの眺望。

嵐山高雄パークウェイの眺望の写真素材

双眼鏡も設置されています。有料ですが、ひとつだけお金を入れなくてもいつでも見えるものがありました。(ずいぶん前のはなしです・・・。)

嵐山高雄パークウェイの眺望の写真素材

ときおり、保津川を下る船や鉄橋を渡るトロッコ列車も見えます。
右はトロッコ列車の駅(トロッコ保津峡駅)があり、左にはトロッコ列車の橋梁があります。

嵐山高雄パークウェイの眺望の写真素材


嵐山高雄パークウェイの眺望の写真素材

嵐山高雄パークウェイの眺望の写真素材

嵐山高雄パークウェイの眺望の写真素材


藤棚で藤の花がよく咲いています。

嵐山高雄パークウェイの藤棚の写真素材


嵐山高雄パークウェイの藤棚の写真素材


小倉山から遠望。

嵐山高雄パークウェイの藤棚の写真素材


トロッコ保津峡駅のホームから見上げる保津峡展望台。
あんなとこから双眼鏡で見下ろしてるのね。

嵐山高雄パークウェイの写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

嵐山 渡月橋・冬・雪

案内 写真はクリックすれば拡大
嵐山 渡月橋の雪景色写真追加しました。 京都 嵐山 渡月橋の雪の写真素材
ちょっと青空も出て清々しい景色ですが、写真を撮っているととなりの若者が叫びました。「くそ寒い!」
おっしゃるとおりで、川端は空気もキンキンに冷えています。

ミニチュア写真風に。

雪の降る嵐山 渡月橋です。 京都 嵐山 渡月橋の冬の写真素材
さすがに観光客も少ないですが、それでも人の流れはありますし、人力車もスタンバイしています。 京都 嵐山 渡月橋の冬の写真素材

渡月橋のライトアップ。嵐山花灯路のメインの景色です。 嵐山花灯路の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

嵐山渡月橋・春

案内 写真はクリックすれば拡大

渡月橋は、嵐山というとまず頭に浮かぶ景色。
南にある嵐山は秋の紅葉、春の桜など風景が見事。
平安の初期に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と感想を洩らしたことから「渡月橋」と呼ばれるようになったそうです。

嵐山渡月橋の春 桜の写真

橋の長さは155m。2001年にリニューアルされ綺麗になりました。台風でずいぶんと被害を受けましたが、また修復されました。


春の嵐山です。


嵐山や中ノ島に桜が咲いてきれいです。

嵐山渡月橋の春 桜の写真


夜の渡月橋。
橋に満月がかかるはずでしたが、いくら待っても雲の向こう。

嵐山渡月橋の夜の写真

嵐山渡月橋の桜写真をもっと見る
梅雨の嵐山 渡月橋の写真はこちら
夏の嵐山 渡月橋の写真はこちら
秋・紅葉の嵐山 渡月橋の写真はこちら
冬の嵐山 渡月橋の写真はこちら



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

嵐山渡月橋と保津峡の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大
京都 嵐山渡月橋の秋景色の写真です。
嵐山渡月橋・紅葉の写真素材

紅葉シーズンはものすごい混雑の京都嵐山渡月橋
橋なのに歩道も一方通行になったりしています!
嵐山渡月橋・紅葉の写真素材

午前中でも早いうちに嵐山が翳りますので、写真は難しいです。 目でみたほうがきれい。

少し下流へ移動。

もっともっと下流へ移動。

次は、朝日のチカラを借りて、真っ赤に燃える嵐山。
嵐山渡月橋・紅葉の写真素材


嵐山渡月橋・紅葉の写真素材


葉っぱの落ちた桜の木なんかも赤く見えています。
嵐山渡月橋・紅葉の写真素材


嵐山渡月橋・紅葉の写真素材


橋の上で写真を撮るひと。
嵐山渡月橋・紅葉の写真素材


渡月橋より上流へ。
優雅な嵐山の渡し船。
渡し船。
京都 嵐山渡し船
嵐山の渡し船は400円なり。意外と安い。

少し上流に歩けばこの景色も見られます。平安時代から人気爆発の名所です。
左上に見えるお堂は大悲閣千光寺さん。その下の大堰川沿いが「星のや 京都」

大悲閣のまわりは特に赤いです。
春の嵐山渡月橋の写真はこちら
梅雨の嵐山 渡月橋の写真はこちら
夏の嵐山 渡月橋の写真はこちら
冬の嵐山 渡月橋の写真はこちら

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

雨の嵐山渡月橋(梅雨)

案内 写真はクリックすれば拡大
梅雨の渡月橋。雨でだんだんと水かさを増す桂川。
雨の渡月橋

春の嵐山渡月橋の写真はこちら
夏の嵐山 渡月橋の写真はこちら
秋・紅葉の嵐山 渡月橋の写真はこちら
冬の嵐山 渡月橋の写真はこちら

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

嵐山 渡月橋・夏

案内 写真はクリックすれば拡大

珍しい渡月橋の夏花火。

嵐山 渡月橋 疫病退散 花火の写真素材


渡月橋の西から見る花火。川面には屋形船がいくつも浮かんでいます。

嵐山 渡月橋 疫病退散 花火の写真素材


次に渡月橋の東から。
花火の下の光の横一本線が渡月橋です。

京都 嵐山 渡月橋の夏の花火 写真素材


近所のひとたちが河岸に並んでおしゃべりしながら眺めています。
夏休みの終わりなので、会話はこんな感じ。
「○○ちゃん、あしたから学校あるねん。」「お母さんかて明日しごとやわ。いややなあ。」
花火は小規模で、あっという間に終わって真っ暗になりました。

嵐山 疫病退散 花火の写真素材

嵐山渡月橋の写真です。
初夏。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


初夏。遠目に見るのも美しい橋です。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


川がカーブしているので、渡月橋は護岸から正面に見ることができます。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


桜の木がわさわさッと繁っています。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


遊ぶ子ら。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


渡月橋北岸の西側から。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


水がたっぷり。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材

真夏の嵐山渡月橋。五山の送り火ももうすぐ。渡月橋からは鳥居形と、遠くに大文字が見えます。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材



京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材




右の奥に見える三角の屋根は虚空蔵法輪寺さん。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


なんだか中国のような長閑な景色。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


上流に進んでいくと、この景色に出会えます。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材

春の嵐山渡月橋の写真はこちら
梅雨の嵐山 渡月橋の写真はこちら
秋・紅葉の嵐山 渡月橋の写真はこちら
冬の嵐山 渡月橋の写真はこちら


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大悲閣千光寺

案内 写真はクリックすれば拡大

嵐山の秘境、大悲閣千光寺さんの紅葉の写真です。

大悲閣千光寺の紅葉

かなり高い位置にカエデに囲まれたお堂が見えます。
ふもとの赤いところは星のやさん。

大悲閣千光寺の紅葉


少し拡大。お堂の縁にひとがふたり立っていますね。

大悲閣千光寺の写真素材


大河内山荘庭園から見る大悲閣千光寺
この景色を見るには1000円必要です。

大河内山荘から見る大悲閣千光寺


大悲閣千光寺さんのお堂大悲閣からの眺望。入山料は400円なり(撮影当時)

大悲閣千光寺の紅葉


時折、保津川下りの船が通ります。左岸は線路。トロッコ列車はこの景色を見るためにしばらくこの辺りで停車します。

大悲閣千光寺の写真素材


絶景とは言ってもほとんどは向かいの山の景色ですが、その向こうに大文字山や東山も見えます。

大悲閣千光寺の紅葉

大悲閣千光寺の写真素材


大悲閣千光寺の写真素材


この大きなカエデとお堂の下のカエデの見頃がずれるのが悩ましいところ。
こちらがピークのときは、向こうはもうスカスカ。

大悲閣千光寺の写真素材


大悲閣千光寺の写真素材

お堂には双眼鏡も置かれています。のんびりと長時間過ごすかたが多いようです。そして外国人率が高い!
渡月小橋のたもとの「Great View!」の看板に魅かれてやって来るのかもしれません。

大悲閣千光寺の紅葉

大悲閣千光寺の写真素材

石段の上からも保津川が見えます。

大悲閣千光寺の紅葉


次は雪の中に佇む大悲閣千光寺。

大悲閣千光寺の雪景色の写真素材

これも対岸の展望台からの景色です。星のやの屋根も真っ白です。

大悲閣千光寺の雪景色の写真素材の写真素材

新緑の千光寺さん。

大悲閣千光寺の写真素材


壮大な景色のなかにたたずむお堂です。

大悲閣千光寺の写真素材


大悲閣千光寺の写真素材


小倉山へ登る道の途中から見る大悲閣千光寺。

大悲閣千光寺の写真素材


斜めからお堂を見ることができます。

大悲閣千光寺の写真素材

なぜかイラストの大悲閣千光寺。

大悲閣千光寺のイラスト素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

平成院

案内 写真はクリックすれば拡大

嵯峨嵐山駅のそばに建つ平成院さんの写真です。真言宗大覚寺派のお寺です。
境内には至る所に小石の塔が積まれています。

平成院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

小倉山

案内 写真はクリックすれば拡大

小倉山の写真です。
桂川を挟んで嵐山と相対する山で、標高は296m。
藤原定家の撰集した小倉百人一首にゆかりの深い山です。平安時代にはやんごとなき方々がこの山の麓に山荘を建てて住んだそうです。
亀山公園の有名な展望台を越えて、大河内山荘の垣根の外側を進んだところが登山口。
下の写真の左側が嵐山で、右側が小倉山になります。

亀山公園の展望台から見る大悲閣千光寺の写真素材


登山道からも千光寺のお堂がときどき見えます。

大悲閣千光寺の写真素材

標高283mの第2峰の近くに展望地があり、渡月橋からうねうねと蛇行して流れる桂川が見渡せます。

小倉山の写真素材

展望地は整備されており、居心地も良いです。

小倉山の写真素材


嵐電の嵐山駅から見る小倉山。

小倉山の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

臨川寺

案内 写真はクリックすれば拡大

嵐山の臨川寺さんの写真です。

臨川寺の写真素材


いつも山門は閉まっています。
ですので、門前の写真のみ。

臨川寺の写真素材

「龍華三会の庭」という広々とした枯山水庭園があるそうですが、拝見したことはまだありません。

臨川寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大河内山荘庭園(紅葉)

案内 写真はクリックすれば拡大

嵐山の竹林を抜けたら薄暗い大河内山荘庭園の入り口があります。
中へ入れば明るく美しく広大な大河内山荘庭園です。
なだらかなアップダウンの庭園をぐるぐると歩いた後は、鶴屋吉信のお菓子とお抹茶でほっこり。

大河内山荘の紅葉



緑の苔に散る真っ赤なカエデの葉っぱ。
大河内山荘の紅葉



京都の市街が一望できます。
大河内山荘の紅葉



カエデに包まれた谷の向こうの大悲閣千光寺が見えます。
大河内山荘から見る大悲閣千光寺


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

宝筐院

案内 写真はクリックすれば拡大

嵯峨野の宝筐院さんの写真です。

宝筐院の写真素材


秋。宝筐院は紅葉の名所。
鮮やかな黄色いカエデと真っ赤なカエデの混ざり具合がファンタスティック。

宝筐院の紅葉の写真素材



ひとがいっぱいですので、全体の写真はなく、イメージっぽくなります。
宝筐院の紅葉の写真素材


宝筐院の紅葉の写真素材


宝筐院の紅葉の写真素材




苔の上に降り積もる色とりどりのカエデの葉。




もはや夢の国でござります。


宝筐院の紅葉写真、追加しました。
今回は朝一番に訪問してお参りしたのち、誰もいないまっすぐな道を撮ることができました。




宝筐院の紅葉の写真素材



宝筐院の紅葉の写真素材




宝筐院の紅葉の写真素材



宝筐院の紅葉の写真素材



本堂の中から見る紅葉のお庭。

宝筐院の紅葉の写真素材




宝筐院の紅葉の写真素材



拝観を行っていない時期の宝筐院山門。

宝筐院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

宝厳院

案内 写真はクリックすれば拡大
嵐山の宝厳院さんは「獅子吼の庭」が有名な紅葉の名所。
まあ見事な紅葉の発色と苔の上の敷き紅葉。
宝厳院の紅葉

世界遺産天龍寺の塔頭寺院です。 宝厳院の紅葉

全部縦の写真になってしまいました。次は横のを撮ってきます。 宝厳院の紅葉

宝厳院の写真、追加しました。ただし外からの写真のみです。 宝厳院の紅葉の写真素材

良い色づきですが、入る時間がありませんでした。 宝厳院の紅葉の写真素材

青もみじの美しい宝厳院獅子吼の庭。
完全に貸切だった雨の日の写真。 宝厳院の青もみじの写真素材

紅葉のころのように見頃に合わせて慌てて出かける必要もないので、心も落ち着きます。 宝厳院の青もみじの写真素材

宝厳院の青もみじの写真素材

宝厳院の青もみじの写真素材

宝厳院の青もみじの写真素材

宝厳院の青もみじの写真素材

宝厳院の青もみじの写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内

よく使われる写真



サイト内検索

カテゴリ