sozai_head.jpg

タグ「天満宮」の一覧

水火天満宮(桜・初夏・冬)

案内 写真はクリックすれば拡大

春の枝垂桜が有名な堀川通の水火天満宮
「水火天神」「水火の天神さん」とも呼ばれています。本社の祭神は菅原道真公。
学問の他、水難火難除けの信仰があります。

水火天満宮の桜の写真


水火天満宮の桜の写真


冬の水火天満宮

水火天満宮の写真


初夏の水火天満宮。緑がこんもりと境内を包んでいます。

水火天満宮の写真


木漏れ日の下で、お参りするのが気持ちいいです。

水火天満宮の写真


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大道神社

案内 写真はクリックすれば拡大

大道神社の写真です。
道路に面した鳥居のまわりをカエデが覆っていて、秋には素敵な紅葉景色が見られます。

大道神社の紅葉写真素材


少しずつ違った角度から。

大道神社の紅葉写真素材


大道神社の紅葉写真素材


大道神社の紅葉写真素材

まっすぐな石段を登り社殿にお詣り。
社殿のバックは緑一色です。

大道神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

矢田天満宮

案内 写真はクリックすれば拡大

鍬山神社の近くに建つ矢田天満宮さんの写真です。

矢田天満宮の写真素材

矢田天満宮の写真素材

程近い鍬山神社さんが紅葉の見頃を迎えると、こちらも見頃に。

矢田天満宮の写真素材


とても濃い赤に染まっています。

矢田天満宮の写真素材

矢田天満宮の写真素材


まだコスモスも残っていました。

矢田天満宮の写真素材

矢田天満宮の写真素材

矢田天満宮の写真素材

矢田天満宮の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

桜天満宮と積善寺

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡の積善寺さんの写真です。境内には桜天満宮があります。
桜天満宮・積善寺の紅葉写真

境内には高低差があり、歩いていて楽しいです。
桜天満宮・積善寺の紅葉


桜天満宮・積善寺の紅葉


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

菅原院天満宮神社

案内 写真はクリックすれば拡大

御所の西に建つ菅原院天満宮神社の写真です。烏丸の天神さんとも呼ばれる神社です。
京都御苑の中から見た社頭。

菅原院天満宮の写真素材

菅原道真公とその父、そしてそのまた父の菅原三代を祭神として祀る神社です。

菅原院天満宮の写真素材

天神さんのイラストが目立ちます。

菅原院天満宮神社の写真素材


すぐ後ろに平安女学院の建物が迫っていて、見た目の統一感がないのがおもしろい。

菅原院天満宮の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

文子天満宮

案内 写真はクリックすれば拡大

文子天満宮の写真です。
文子(あやこ)とは、菅原道真公の乳母をしていた多治比文子さんのこと。
文子天満宮は、京都にいくつかありますが、まずは天神信仰発祥の地といわれる東本願寺のそばの文子天満宮

文子天満宮の写真素材

他の文子天満宮は、北野天満宮の境内や満願寺の境内にあります。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

松風天満宮(松宿院)

案内 写真はクリックすれば拡大

知恩院の塔頭の松宿院さんの写真です。
小さなお庭はよく手入れされています。

松風天満宮の写真素材


うわさの怖い顔の狛犬を見せていただきました。黄色い陶器の狛犬です。

松風天満宮の写真素材


雪の日の松宿院さんです。

松風天満宮の雪の写真素材


春の松宿院さん。

松風天満宮の桜の写真素材

白い山桜とピンクの陽光、真っ盛り。

松風天満宮の桜の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

錦天満宮と錦市場

案内 写真はクリックすれば拡大

錦天満宮の鳥居は両側のビルに刺さっていて、よく話題になります。

錦天満宮の写真素材

小さな境内ですが、お参りするひとはたくさん。

錦天満宮の写真素材


雨の日。薄暗く提灯に火が入っています。

錦天満宮の写真素材

錦天満宮の前から西へずっと続く錦小路通のアーケード商店街、錦市場。京都錦市場商店街。
400年をこえる歴史を持つ京の台所です。

錦市場の写真素材

狭い道なので、大混雑する時期も多いです。

錦市場の写真素材


写真素材として使えるように、人だけぼかす工夫をしてみました。
錦市場、平日でもなかなか進まないくらい大勢のお客さんで賑わっています。外国の人がとても多い。

錦市場の写真素材


夏の錦市場。

夏の錦市場の写真素材


祇園祭の提灯が吊られています。

夏の錦市場の写真素材

夏の錦市場の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

市辺天満神社

案内 写真はクリックすれば拡大

梅林が点在する青谷のそば、市辺天満神社さんの写真です。
御祭神は菅原道真公。

市辺天満神社の写真素材


さまざまな種類の木々に覆われ、気持ちの良い境内。

市辺天満神社の写真素材


割拝殿を抜けて本殿へ。
本殿は朱色に塗られ華やかです。

市辺天満神社の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

八瀬天満宮社

案内 写真はクリックすれば拡大

比叡山に登る八瀬坂の起点に建つ八瀬天満宮社さんの写真です。

八瀬天満宮

八瀬天満宮


この地区の氏神様です。

八瀬天満宮


菅原道真を祀り、道真公自身もここから比叡山に登ったといわれます。

八瀬天満宮


秋の八瀬天満宮社境内は黄色いカエデに包まれます。
八瀬天満宮


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

生身天満宮

案内 写真はクリックすれば拡大

生身天満宮(いきみてんまんぐう)

日本最古の天満宮として知られる園部の生身天満宮です。
日本全国に1万2000社もあるという天満宮の中で最初に祀ったのがここだということです。
参道脇には梅園もあり、3月には美しい光景が見られます。 生身天満宮

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

長岡天満宮(霧島ツツジ・桜・花菖蒲 他)

案内 写真はクリックすれば拡大

長岡京市の長岡天満宮さんの写真です。
まずは桜咲く八条池の鳩。

長岡天満宮の写真素材

八条池のまわりの桜。

長岡天満宮の桜の写真素材

長岡天満宮の拝殿。

長岡天満宮の写真素材


拝殿。

長岡天満宮の写真素材

かたわらに牛二頭。

長岡天満宮の写真素材


長岡天満宮の写真素材


長岡天満宮の写真素材


長岡天満宮でもっとも知られているお花はキリシマツツジ。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


真っ赤で目がクラクラする長岡天神霧島ツツジの写真です。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


参道の真ん中を赤に埋もれて歩くことができます。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


京都にも霧島ツツジが植えられた場所はたくさんありますが、これほどまでに霧島ツツジに特化した景色はここだけでしょう。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


すごい花の密度です。ショッキングな赤の雲です。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


あいかわらず無防備な鳩たち。すぐ近くに降りてきます。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材

長岡天満宮正面の参道だけでなく、八条池のまわりにも真っ赤なライン。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材

種類が違うのか赤みが異なる霧島ツツジもあります。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材

八条池の向こうは京料理の筍亭(じゅんてい)。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


京料理といえば京料理のおせちお取り寄せ

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材

長岡天満宮のキリシマツツジ写真の写真素材

5月になり、緑になったキリシマツツジ。

長岡天満宮の写真素材





6月花菖蒲のころの長岡天満宮八条池。

長岡天満宮の花菖蒲の写真素材


長岡天満宮の花菖蒲の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

北野天満宮 御土居の紅葉・青もみじ

案内 写真はクリックすれば拡大
北野天満宮の御土居の紅葉です。
流れている川は紙屋川。 北野天満宮の紅葉

北野天満宮の紅葉

こちらは初夏の青もみじの写真。 2015年から公開になりました。
北野天満宮の御土居の青もみじ

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

雪の北野天満宮

案内 写真はクリックすれば拡大

受験の神様北野天満宮さんの雪景色です。
朝は5時半に門が開きます。みなさん総出で雪かきをしておられます。

雪の北野天満宮

雪が降った日はもう受験シーズン真っただ中だからか、朝早すぎるからか、お詣りの学生さんはおられませんでした。
みなさん最後は自力でがんばるしかない。


牛は雪をかぶり、白い梅はつぼみがふっくら膨らんでいます。

雪の北野天満宮の牛と白梅

雪は降ったりやんだり。ときどき陽も差したり。

雪の北野天満宮本殿拝殿

朝日がパッと差して、社殿の屋根の雪が輝きました。社殿は国宝です。

雪の北野天満宮本殿拝殿


中門(三光門)から拝殿を見て。

雪の北野天満宮本殿拝殿

咲いた梅の花に雪が積もると、なんともいえず美しいのですが、この日はまだ1月半ばで白梅が少ししか咲いていませんでした。
白梅に雪が積もっても見えない!


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

北野天満宮

案内 写真はクリックすれば拡大

学問の神として知られる菅原道真を祀る北野天満宮さん。

北野天満宮の写真素材


北野天満宮の写真素材


日本全国の天満宮のトップの社です。

北野天満宮の写真素材


京都の受験の神様といえば北野天満宮。
だれもがテストの前にまずお参りするのはここ。
祈願すれば京都大学だって一発合格。

北野天満宮の雪の写真素材

本殿・拝殿など桃山時代の建物がたち、史跡や遺跡も。
毎月25日は縁日。梅の名所としても全国的に有名です。

北野天満宮の雪の写真素材


比叡山から遠望。緑の部分は手前から北野天満宮と平野神社、妙心寺、双ヶ丘。

北野天満宮の写真素材


北野天満宮の節分。一番うしろにいても豆はしっかり飛んできました!

北野天満宮の節分の写真素材

北野天満宮の七夕。

北野天満宮の写真素材


短冊がキラキラリン。

北野天満宮の七夕のgif動画素材

北野天満宮の七夕。

北野天満宮の写真素材

北野天満宮の七夕。

北野天満宮の写真素材


北野天満宮の七夕。

北野天満宮の写真素材

北野天満宮の七夕。

北野天満宮の写真素材


北野天満宮の写真素材


本殿前の茅の輪。

北野天満宮の茅の輪の写真素材


楼門の大茅の輪。

北野天満宮の茅の輪の写真素材


直径5mの茅の輪は京都でも最大級。
城南宮のクルマ用の茅の輪の次に大きいかしら。

北野天満宮の茅の輪の写真素材


北野大茶会のときの井戸。

北野天満宮の井戸 写真素材

灯籠の大黒様は鼻がえぐれています。

北野天満宮の写真素材

北野天満宮の花手水。梅の紋がデザインされたビタミンカラー。

北野天満宮の花手水の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

北野天満宮の梅

案内 写真はクリックすれば拡大
梅といえば天神さん。北野天満宮の梅は見事。
北野天満宮の梅の写真素材


北野天満宮の梅


北野天満宮の梅の写真素材


白梅は1月に咲き始めます。
北野天満宮の梅の写真素材


梅園に入らないひともたっぷり梅を愉しむこともできます。
北野天満宮の梅の写真素材


北野天満宮の雪の写真素材


枝垂れ梅も境内のあちこちに。
北野天満宮


北野天満宮の梅

北野天満宮の梅


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年10月 [3]
  2. 2021年9月 [3]
  3. 2021年8月 [2]
  4. 2021年7月 [2]
  5. 2021年6月 [2]
  6. 2021年5月 [3]
  7. 2021年4月 [3]
  8. 2021年3月 [3]
  9. 2021年2月 [1]
  10. 2021年1月 [1]
  11. 2020年12月 [3]
  12. 2020年11月 [1]
  13. 2020年10月 [23]
  14. 2020年8月 [28]
  15. 2020年7月 [9]
  16. 2020年6月 [8]
  17. 2020年5月 [20]
  18. 2020年4月 [8]
  19. 2020年3月 [6]
  20. 2020年2月 [4]
  21. 2020年1月 [25]
  22. 2019年12月 [6]
  23. 2019年11月 [2]
  24. 2019年9月 [18]
  25. 2019年8月 [2]
  26. 2019年7月 [10]
  27. 2019年6月 [35]
  28. 2019年5月 [9]
  29. 2019年4月 [18]
  30. 2019年3月 [19]
  31. 2019年2月 [18]
  32. 2019年1月 [12]
  33. 2018年12月 [19]
  34. 2018年11月 [18]
  35. 2018年10月 [67]
  36. 2018年9月 [85]
  37. 2018年8月 [57]
  38. 2018年7月 [31]
  39. 2018年6月 [91]
  40. 2018年5月 [96]
  41. 2018年4月 [91]
  42. 2018年3月 [34]
  43. 2018年2月 [35]
  44. 2018年1月 [10]
  45. 2017年12月 [8]
  46. 2017年11月 [10]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [27]
  49. 2016年11月 [10]
  50. 2016年7月 [1]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [5]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [4]
  63. 2014年6月 [7]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [6]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年8月 [2]
  72. 2013年6月 [1]
  73. 2013年5月 [8]
  74. 2013年4月 [14]
  75. 2013年3月 [7]
  76. 2013年2月 [2]
  77. 2013年1月 [4]
  78. 2012年12月 [4]
  79. 2012年11月 [8]
  80. 2012年10月 [9]
  81. 2012年9月 [8]
  82. 2012年8月 [18]
  83. 2012年7月 [2]
  84. 2012年6月 [1]
  85. 2011年5月 [4]
  86. 2011年4月 [9]
  87. 2010年7月 [1]
  88. 2008年8月 [1]
  89. 2008年7月 [1]
  90. 2008年6月 [2]
  91. 2000年7月 [1]
  92. 2000年5月 [2]
  93. 2000年4月 [1]
  94. 2000年3月 [1]