sozai_head.jpg

タグ「大原野」の一覧

願徳寺

案内 写真はクリックすれば拡大

勝持寺さんの手前に建つ願徳寺さんの写真です。
宝菩提院願徳寺。
小さいお寺ですが、ご本尊の如意輪観世音半跏像は国宝です。桜、満開。

願徳寺の写真素材

晩秋の願徳寺さん門前。

願徳寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

金蔵寺(紅葉・青もみじ・桜)

案内 写真はクリックすれば拡大

京都の西の磐座で西山の秘境 金蔵寺の紅葉の写真です。

金蔵寺の紅葉写真素材

金蔵寺の紅葉の写真素材


金蔵寺は今昔物語にも登場する古刹です。
金蔵寺の紅葉の写真素材

参拝者は少ないが、ハイカーはよく通られます。
金蔵寺の紅葉の写真素材


金蔵寺はもちろん青もみじも美しい。

金蔵寺青もみじの写真素材


金蔵寺の青もみじ写真素材

境内にはネコしかいなかった。

金蔵寺のネコの写真素材


金蔵寺は桜も美しい。

金蔵寺 桜の写真素材


金蔵寺から見る眺望。

金蔵寺から見る眺望の写真素材

京都府京都市西京区大原野石作町1639


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

西迎寺

案内 写真はクリックすれば拡大

大原野の西迎寺さんの写真です。

西迎寺の桜の写真素材


山門をくぐれば一本の大きな枝垂桜に圧倒されます。

西迎寺の桜の写真素材


小さなお庭を埋めるようにふりかかる白い花。
石畳と桜と本堂、そして鐘楼。ただただ美しいです。

西迎寺の桜の写真素材


西迎寺の桜の写真素材


本堂から振り返る景色。

西迎寺の桜の写真素材


次に秋の西迎寺さん。

西迎寺の写真素材

参道にはカエデの彩りがあります。

西迎寺の写真素材


葉っぱのない桜もまた迫力があります。

西迎寺の写真素材


西迎寺の写真素材


西迎寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

善峯寺

案内 写真はクリックすれば拡大

大原野の善峯寺さんの写真です。

遠くから見る善峯寺の写真素材

桜の名所であり、紫陽花の名所であり、紅葉の名所でもあります。秋明菊の景色も知られています。西山の中腹に建ち、眺望も素晴らしいお寺です。
徳川綱吉の生母、桂昌院ゆかりのお寺でもあります。

山門。拝観受付はここにあります。

善峯寺の山門の写真素材


雨の日の山門。

雨の善峯寺の写真素材


山門と新緑。

善峯寺の写真素材


本堂。ご本尊は十一面千手観世音菩薩。

善峯寺の本堂の写真素材


本堂はまだまだ下のほうにあり、ここからどんどんと山を登っていくことになります。

善峯寺の写真素材


長い長い飛龍の松。

善峯寺の桜の写真素材

桂昌院お手植えの枝垂桜。

善峯寺の桜の写真素材

善峯寺の桜の写真素材


多宝塔と紅枝垂桜。

善峯寺の桜の写真素材

高低差があるので、桜の咲くタイミングはかなりずれます。下のほうの桜が満開でも上のほうはツボミだったりします。

善峯寺の桜の写真素材

しあわせ地蔵の向こうに広がる桜あじさい苑。

善峯寺の桜の写真素材

自分の回りの人の幸せを願いつつ、桜を見る。

善峯寺の桜の写真素材

どの桜も大きくて立派です。

善峯寺の桜の写真素材


蜜を吸いに来るヤマガラ。

善峯寺の桜とヤマガラの写真素材


どんどん登っていきます。

善峯寺の桜の写真素材


見下ろせば圧巻の景色。

善峯寺の桜の写真素材


池に映るしだれ桜も見ることができます。

善峯寺の桜の写真素材


絵馬堂と葉桜になった桂昌院お手植えの枝垂桜。

善峯寺の写真素材

多宝塔と新緑。

善峯寺の写真素材

サツキが咲き始めました。

善峯寺の写真素材

かなり上まで登ってきました。桂昌院さんの前からの見晴らしが素晴らしい。

善峯寺の写真素材


善峯寺の桜の写真素材


京都タワー、京都駅、清水寺、東寺の五重塔などがなかなか良いバランスで見えます。
手前の緑は桂川の土手。

善峯寺からの眺望の写真素材


雨に煙る善峯寺さんの紫陽花苑の写真です。ひと回りするとずぶ濡れになります。

善峯寺の紫陽花の写真素材

別の日の善峯寺の紫陽花苑の写真。
今回は快晴でちょっと風情がありませんが、紫陽花の色がくっきり鮮やかです。

善峯寺の紫陽花の写真素材


善峯寺の紫陽花の写真素材


善峯寺の紫陽花の写真素材

善峯寺の紅葉写真はこちらに



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大原野神社

案内 写真はクリックすれば拡大

大原野神社さんの写真です。
青もみじが美しいまっすぐな参道。

大原野神社の紅葉の写真素材


大原野神社の社殿。

大原野神社の紅葉の写真素材


大原野神社の紅葉の写真素材

参道途中の鯉沢池の写真です。
夏は白い睡蓮がポツポツと咲き、鯉が泳ぎます。亀もたくさんいます。

大原野神社の紅葉の写真素材

見事な紅葉の大原野神社

大原野神社の紅葉の写真素材


大原野神社の紅葉の写真素材


大原野神社の紅葉の写真素材


秋の鯉沢池。まるでモネの池のような色鮮やかな印象に。

大原野神社の紅葉の写真素材


大原野神社の紅葉の写真素材

こちらは参道の茶店あたり。参拝客でとてもにぎわっています。

大原野神社の紅葉の写真素材

春の大原野神社の注目は、三日間ほどしか咲かない幻の千眼桜。
ぼろんぼろんとした花の塊が枝垂れる不思議な樹形です。

大原野神社の紅葉の写真素材


大原野神社は奈良の春日大社から勧請を受け建てられた神社で、「京春日」「京の春日さん」とも呼ばれます。
なので、お使いは鹿。

大原野神社の紅葉の写真素材

天皇がしばしば鷹狩りに訪れた地でもあり、紫式部も氏神さまとして大切にした神社だということです。
大原野神社の敷地は8万3千平方メートルもあり、ほとんどの部分は山林となっています。



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

正法寺(大原野)

案内 写真はクリックすれば拡大

大原野の正法寺さんの紅葉写真です。

正法寺(大原野)の写真素材


正法寺(大原野)の紅葉写真素材


近くには大原野神社勝持寺があり、どこのカエデも格別に色鮮やかです。

梅の咲く正法寺

正法寺(大原野)の写真素材

梅林越しに京都の市街が見えます。

正法寺(大原野)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [5]
  2. 2021年8月 [2]
  3. 2021年7月 [2]
  4. 2021年6月 [2]
  5. 2021年5月 [3]
  6. 2021年4月 [3]
  7. 2021年3月 [4]
  8. 2021年2月 [1]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [1]
  12. 2020年10月 [8]
  13. 2020年8月 [28]
  14. 2020年7月 [6]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [26]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [67]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [57]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [93]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [34]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [10]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]