sozai_head.jpg

タグ「夜景」の一覧

嵐山花灯路

案内 写真はクリックすれば拡大

京都嵐山花灯路の写真です。

寒い寒い12月の風吹きすさぶ嵐山渡月橋が闇にくっきり浮かびました。
山はブルー・パープル系の灯りで照らされます。
嵐山花灯路 渡月橋の写真素材

寒々しい色だけれどきれいだ。
京都嵐山花灯路 渡月橋の写真素材


別の年の嵐山花灯路。霧が出て幻想的です。対岸の中の島から。
嵐山花灯路 渡月橋の写真素材

嵐山花灯路 渡月橋の写真素材

また北岸に戻りました。市バスを入れて。
嵐山花灯路 渡月橋の写真素材

少しずつ移動。
嵐山花灯路 渡月橋の写真素材

それにしても川のそばは寒い。
嵐山花灯路 渡月橋の写真素材


竹林の小径も美しく照らされています。野宮神社から大河内山荘庭園までの道です。
嵐山花灯路 竹の小径

嵐山花灯路 竹の小径


嵐山花灯路 竹の小径

ひと回り歩くと相当な距離になります。
たいへんな露地行灯の数です。準備にはたいへんな労力がかかっていることと思います。
嵐山花灯路 竹の小径


虚空蔵法輪寺のプロジェクトマッピングでトリップ。
嵐山花灯路 虚空蔵法輪寺

頭クラクラ。
嵐山花灯路 虚空蔵法輪寺

グニャグニャ〜!
嵐山花灯路 虚空蔵法輪寺

京都嵐山花灯路(きょうとあらしやまはなとうろ)は2005年から続く京都の冬のイベント。灯りと花の路と題して露地行灯が延々と設置され足元を照らします。
夜間特別拝観は、常寂光寺・野宮神社・宝厳院・法輪寺・落柿舎・大河内山荘庭園など。さらに嵐山モンキーパークいわたやま・嵐山通船・嵯峨野トロッコ列車・嵯峨美術大学なども夜の公開や運行があります。

早春は『東山花灯路』。初冬は嵐山の『嵐山花灯路』。
東山花灯路の写真はこちら


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の夜景

案内 写真はクリックすれば拡大

京都タワー、京都駅と金星。

京都タワーの夜景の写真素材

東寺から京都タワーに向けて清水ビーム照射。

京都タワーと東寺と清水寺の夜景の写真素材


清水寺は東寺五重塔のすぐ左。

京都タワーと東寺と清水寺の夜景の写真素材


京都タワーと八坂の塔。ついでに木星と土星。

京都タワーと八坂の塔の夜景の写真素材


京都タワーと八坂の塔の夜景の写真素材


京都の夜景といっても、京都にはあまり眺めの良い夜景の名所がありません。
まわりの山は低いですし、比叡山からの夜景は滋賀県側が綺麗...。
夜景なら京都タワーや将軍塚などでしょうか。
その代わり、社寺の夜間拝観やお祭りの夜などの風情ある夜景は多いですね。


伏見稲荷の四つ辻からの夜景。

伏見稲荷大社の夜景写真素材

名神高速道路が見えます。

伏見稲荷大社の夜景写真素材

大阪方面を見て。

伏見稲荷大社の夜景写真素材


将軍塚の公園展望台からの夜景。
四条通りがキラキラ。いや五条かな?

将軍塚の公園展望台からの夜景の写真素材


京都タワーと京都駅ビルと東寺の五重塔。

京都タワー 将軍塚の公園展望台からの夜景の写真素材

京都タワーと東本願寺の大伽藍。

京都タワー 将軍塚の公園展望台からの夜景の写真素材

鴨川あたりから見る京都タワーと月。


広場の芝生から見る京都タワーと満月。

満月と京都タワーの夜景の写真素材

清水寺の三重塔と満月。とても美しいですが、写真自体はぶれぶれです。

清水寺の三重塔と満月の夜景の写真素材


天を衝く青い光。清水寺の三重塔。

清水寺の三重塔 夜景の写真素材


五条通から清水寺を見て。

五条通から見る清水寺の夜景の写真素材

きよみずビーム照射。清水寺の三重塔。

清水寺の夏 ライトアップの写真素材


清水寺の本堂。

清水寺の夏 ライトアップの写真素材


カエデの海に浮かぶような清水寺の本堂。

清水寺の夏 ライトアップの写真素材


茶碗坂から見るきよみずビーム。

清水寺の夏 ライトアップの写真素材


夜の清水界隈。産寧坂。

清水寺の周辺の夜景の写真素材


産寧坂。

清水寺の周辺の夜景の写真素材


二年坂。

清水寺の周辺の夜景の写真素材

嵐山花灯路での渡月橋のライトアップ。

嵐山花灯路


夏の夜の嵐山渡月橋。屋形船が出て鵜飼が行われていました。

嵐山渡月橋 屋形船と鵜飼の写真素材


水面を滑るように進む屋形船。

嵐山渡月橋 屋形船の写真素材


京の七夕の三条大橋から見た鴨川夜景。

三条大橋 夜景の写真素材


祇園祭 宵山の四条烏丸あたり。

京都 祇園祭 宵山の写真素材

壬生寺のお盆の万灯会。雨に濡れて石畳がキラキラと。

壬生寺 万灯供養会の写真素材

東寺の不二桜のライトアップ。

京都 東寺の不二桜のライトアップの写真素材

東寺の盆踊り。

京都 東寺の盆踊りの写真素材

東寺の五重塔と満月と飛行機。

東寺のライトアップの写真素材

東寺の五重塔と新幹線。

京都 東寺の五重塔と新幹線の写真素材


満月の下の蒸気機関車庫と転車台。京都鉄道博物館。

京都鉄道博物館 転車台の写真素材

高台寺の桜のライトアップ。

京都 高台寺の桜のライトアップの写真素材


もっとも明るくなった瞬間にみんながシャッターを切る。

夜間拝観 高台寺の桜のライトアップの写真素材


五山の送り火〜鳥居形。

京都 五山の送り火 鳥居形の写真素材

広沢池の灯籠流し。

京都 広沢池の灯籠流しの写真素材

五山の送り火〜舟形。

五山送り火 舟形の写真素材

五山の送り火〜妙法の妙の字。

五山送り火 妙法の写真素材

五山の送り火〜妙法の法の字。

五山送り火 妙法の写真素材

五山の送り火〜大文字。大文字焼きというと怒るひともいます。

車折神社の万灯祭。

車折神社の万灯祭の写真素材

青蓮院門跡の秋のライトアップ。

青蓮院門跡のライトアップの写真素材


金戒光明寺からの夜景。

金戒光明寺の夜景の写真素材


山門とぼんやりした満月。

金戒光明寺の夜景の写真素材


いい夜景写真が撮れたら、追加していきます。



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

奥宮神社

案内 写真はクリックすれば拡大

夏の夜は奥宮神社に参拝に行こうと思い立ち、出かけました。
夜景(滋賀側)はきれいでしたが、道中は真っ暗でとても怖いので、やはり日中に行くべきだと感じました。

奥宮神社の写真素材

奥宮神社は宇治市と大津市の境目に建つ神社です。

奥宮神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

将軍塚大日堂(将軍塚青龍殿)

案内 写真はクリックすれば拡大

青蓮院の飛地境内である将軍塚青龍殿の写真です。

将軍塚青龍殿の写真素材


将軍塚青龍殿の写真素材


将軍塚青龍殿の写真素材


2014年秋に青龍殿が完成し、北展望台や庭園も新しくなりまた公開されるようになりました。

将軍塚大日堂の展望台


将軍塚青龍殿の写真素材

青龍殿。庭園が広いので小さく見えますが、かなり大きな建物です。

将軍塚青龍殿の写真素材


新たに作られた枯山水庭園。

将軍塚青龍殿の写真素材

将軍塚青龍殿の写真素材


将軍塚大日堂の枯山水

2013年5月で長い休園に入るその前の将軍塚大日堂の写真です。

将軍塚大日堂の青もみじ

西展望台。たいへんな高さにも関わらず、まわりの樹々がどんどん伸びて眺望を遮ります。
将軍塚大日堂の展望台

山の上に見えるのが青龍殿。手前は真如堂の三重塔です。

将軍塚の写真素材


鴨川デルタの賀茂大橋から見る青龍殿と西展望台。

将軍塚青龍殿の写真素材


霧の出た冬の朝の大日堂。

将軍塚青龍殿の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

将軍塚大日堂の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大
将軍塚大日堂の紅葉です。庭園が広いのとアクセスが車に限られるのとで、あまり混雑せずに紅葉を楽しめます。
将軍塚大日堂の紅葉


将軍塚大日堂の紅葉


将軍塚青龍殿ができて、舞台も庭園も大改修されました。順路は以前の逆回りになりました。秋にはライトアップもあります。
将軍塚大日堂の紅葉


混雑せずにと書きましたが、3連休の中日に行きましたら、駐車場に入るまでたいへんな時間がかかりました。青龍殿ができてからはメディアでの紹介がだいぶん増えましたね。
将軍塚大日堂の紅葉


眺望も素晴らしいです。京都御苑が全部見えています。

将軍塚大日堂の紅葉

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

小塩の上げ松

案内 写真はクリックすれば拡大

小塩の上げ松

小塩の上げ松は愛宕信仰に基づく地域の火の祭典。京都府無形民俗文化財。 訪れた年は30分以上も火が入らず見物人はやきもきして見守っていましたが、 もじに火がついて燃え上がると破裂音が鳴り響き迫力がありました。 小塩の上げ松

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

広河原の松上げ

案内 写真はクリックすれば拡大

広河原松上げ

広河原の松上げは、愛宕信仰に基づく火の祭典。20メートルの大傘に向けて火のついた松明を投げ上げ火をつけます。
実際に見ると大傘はとても高く届かないように思えますが、何度かのトライで火が入り、やがて激しく燃え上がります。 広河原の松上げの写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

祇園祭 宵山

案内 写真はクリックすれば拡大

祇園祭宵山の写真です。
日暮れの後。だんだんと空は濃い色に。高〜い位置に月のシルエット。

京都祇園祭 宵山の写真素材

日程が土日祝日となったので、たいへんな人出になりました。
その代わりに17日の山鉾巡行は昨年より人出は減り、16万人と発表されました。2012年の写真です。

京都 祇園祭 宵山の写真素材

ホテルオークスは現在はスマイルホテルに変わっています。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



京都 祇園祭 宵山の写真素材


放下鉾。




いちばん手前は傘鉾のちょうちん。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



月鉾。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



祇園祭のツアーはクラブツーリズムで


月鉾。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



月鉾。
京都 祇園祭 宵山の写真素材


月鉾。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



ちまきは一年間の無病息災を願い、軒に吊るします。

京都 祇園祭 ちまきの写真素材




宵山の昼間。
鶏鉾と家族。

京都 祇園祭 鶏鉾の写真素材



逆光の長刀鉾。

京都 祇園祭 長刀鉾の写真素材



長刀鉾。
京都 祇園祭 長刀鉾の写真素材


長刀鉾。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



月鉾。

月鉾 祇園祭 宵山の写真素材


月鉾。

月鉾 祇園祭 宵山の写真素材


月鉾。

月鉾 祇園祭 宵山の写真素材


南観音山。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



北観音山。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



大船鉾。

京都 祇園祭 宵山の写真素材


大船鉾。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



白楽天山。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



月鉾の先と彩雲。

彩雲と祇園祭の月鉾の写真素材




このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [5]
  2. 2021年8月 [2]
  3. 2021年7月 [2]
  4. 2021年6月 [2]
  5. 2021年5月 [3]
  6. 2021年4月 [3]
  7. 2021年3月 [4]
  8. 2021年2月 [1]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [1]
  12. 2020年10月 [8]
  13. 2020年8月 [28]
  14. 2020年7月 [6]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [26]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [67]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [57]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [93]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [34]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [10]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]