sozai_head.jpg

タグ「塔」の一覧

八坂の塔(法観寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

八坂の塔(やさかのとう)Yasaka Tower,Yasaka Pagoda

夕暮れの美しい空と塔。薄明光線もうっすらと。
八坂の塔の写真素材


平安神宮の大鳥居の向こうに八坂の塔と祇園の塔が並ぶ景色。

八坂の塔と祇園の塔の写真素材


相輪の上にぼんやりした夕日。

八坂の塔の写真素材


夜の京都タワーと八坂の塔。

京都タワーと八坂の塔の夜景の写真素材


塔の手前の素敵な建物は旧清水小学校を利用してできたホテル青龍。

八坂の塔の写真素材


京のランドマークタワー八坂の塔を西側から見る。

八坂の塔の写真素材

東大路を渡って西側から見る八坂の塔。
電線だらけで、けっこう京都らしい風景といえるかも。

八坂の塔の写真素材


東大路通りから。なんでもない写真ですが、ひとがいない奇跡の瞬間なのです。
歩いていた人々が路地へ曲がっていって消えて、直後にまたいろんなところからひとが出てきます。

八坂の塔の写真素材

ねねの道から見る八坂の塔。

八坂の塔の写真素材


ねねの道の桜の向こうに八坂の塔。

八坂の塔と桜の写真素材


高台寺の台所坂の途中から。

八坂の塔の写真素材

塔の上のほうを見る。

八坂の塔の写真素材

相輪を見る。

八坂の塔の写真素材

塔の真下から見上げる。

八坂の塔の写真素材


東側から見る。

八坂の塔の写真素材

八坂の塔はいろいろな位置から見えます。次は遠くから見る八坂の塔です。

八坂の塔の写真素材


遠く嵐山から。
八坂の塔を探してみてください。


夜の八坂の塔と京都タワー。

八坂の塔の写真素材

意外なところから八坂の塔が見えると得した気分になります。

八坂の塔の写真素材

これは祇園閣の上から見た八坂の塔のある景色。

八坂の塔

京都駅から遠望する八坂の塔と霊山観音。

八坂の塔の写真素材

次の数枚は高台寺の駐車場から見た八坂の塔のある景色です。
よく雑誌などでも見かけるアングルですね。

八坂の塔の写真素材


八坂の塔の写真素材


夕暮れの八坂の塔。

八坂の塔の写真素材


夕暮れの八坂の塔。

夕暮れの八坂の塔の写真素材

夕暮れの八坂の塔。

夕暮れの八坂の塔の写真素材


夕日が相輪に食い込む。

夕暮れの八坂の塔の写真素材

夕暮れの八坂の塔の写真素材

塔を横切って山に沈んでいきました。

夕暮れの八坂の塔の写真素材


天に昇る龍を思わせるような不穏な空。

八坂の塔の写真素材

横幅2048pxの大きめの八坂の塔。初夏。

京都の八坂の塔の写真素材

逆光シルエットの八坂の塔。

八坂の塔の写真素材

少し移動して高台寺鐘楼あたりから。

八坂の塔の写真素材


坂の上から見る近めの八坂の塔。初夏。
ソフトクリームが気になります。

八坂の塔の写真素材

紅葉シーズンはさらに素敵。

八坂の塔の写真素材


雪の朝の八坂の塔
以前は近くから見上げると電線だらけで、写真を撮れば線がいっぱい写りましたが、近年電線の地中埋設工事が行われてすっきりとした風景になりました。

雪の八坂の塔の写真素材


雪の降る日の八坂の塔

雪の八坂の塔の写真素材


雪の八坂の塔の写真素材


地面にも屋根にも雪はありません。このくらいが京都らしいかもしれません。

雪の八坂の塔の写真素材


雪に霞む五重塔。

雪の八坂の塔の写真素材

雪の八坂の塔の写真素材

龍馬坂から振り返る八坂の塔

八坂の塔の写真素材

桜に彩られる春の八坂の塔。

八坂の塔の写真素材

八坂の塔の写真素材


八坂の塔の写真素材


霊山護国神社の墓地から桜越しに。

八坂の塔の桜写真素材

八坂の塔の桜写真素材


幕末の志士たちが眠る山の斜面の墓地です。

八坂の塔の桜写真素材


維新の坂から。

八坂の塔の桜写真素材

高台寺駐車場から。

八坂の塔の桜写真素材

高台寺と八坂の塔と京都タワー。

八坂の塔の写真素材

八坂の塔の写真素材


ザ・ホテル青龍 京都清水から。

八坂の塔の写真素材


景色の良いルーフトップのバーが人気です。

八坂の塔の写真素材


八坂の塔の南、大漸寺さんあたりから。電線だらけ。

八坂の塔の写真素材

比叡山から遠望する八坂の塔と知恩院。

八坂の塔と知恩院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都タワーのある風景

案内 写真はクリックすれば拡大

京都駅のすぐ北側に建つ灯台、京都タワーの写真です。
設計は建築家の山田守氏。日本武道館もこのかたの設計です。
南禅寺の水路閣同様、できた当時は「京都のイメージにそぐわへん。なんてものを作ってくれたんや!」と多くの批判を受けたそうです。

京都タワーの写真素材


燭台にも見えます。
開業は昭和39年の年末。東海道新幹線開通の年です。
高さは131m。風速90mでもなんともないように設計されているそうで、いままでに特にダメージを受けたニュースは聞きません。
構造はモノコック構造といって、エビカニや飛行船と似た骨のない造り。

京都タワーの写真素材


展望階は東京タワーに比べるととってもこぢんまりした空間。
その先には航空障害灯、風向計、風速計、そして避雷針などがあります。
外側についた梯子で登るようですが、怖いですね。

京都タワーの写真素材


七条大橋あたりからビル越しに。

京都タワーの写真素材


新幹線と京都タワー。

新幹線と京都タワーの写真素材


新幹線と京都タワー。夕暮れ。

京都の新幹線と京都タワー 夕暮れの写真素材

夕日が京都タワーに迫りくる。

夕日と京都タワーの写真素材


夏至の夕暮れの京都タワー。

夕日と京都タワーの写真素材


山陰線の電車と京都タワー。

京都の山陰線と京都タワーの写真素材


雪景色の京都タワー。


将軍塚から見る京都タワー。その左が京都駅で、そのまた左が東寺の五重塔。

京都タワー・京都駅・東寺の写真素材


同じところから日没後の写真。
京都タワーと東寺の五重塔もライトアップされて暗いなかに浮かび始めます。

京都タワー・京都駅・東寺の写真素材


深草から森越しに見る京都タワー。

京都タワーの写真素材


五条通りからの日没後の写真。

夜の京都タワーの写真素材


クルマのテールライトが線を引きます。

夜の京都タワーの写真素材


今日は赤い赤いタワー。
公式サイトを見るとオレンジのカラーライトアップと記載されていました。
児童虐待啓発のイベント「ときめきプロジェクト」に連動して、日の出をイメージしたカラーにライトアップされているとのこと。

夜の京都タワーの写真素材


動かしてみました。すでに暗くなってからです。
手持ちなので京都タワーが横移動したりします。UFOも飛びます。

夜の京都タワーの写真素材

今夜はブルーのライトアップでした。

京都タワー ブルーのライトアップの写真素材


梅小路公園から見る夜の京都タワー。

京都タワーの写真素材

京都タワーのそばに満月。

京都タワーの写真素材


刺さりました。

京都タワーの写真素材


そびえ立つ京都のシンボル京都タワー。夏の雲が湧きます。

京都タワーの写真素材

京都駅を北に出るとこの景色。

京都タワーの写真素材


ビルの隙間の京都タワー。

京都タワーの写真素材

京都タワーの写真素材


京都駅の構内から見る京都タワーと青空。

京都タワーの写真素材


積乱雲がもくもくと。

京都タワーの写真素材


ダブル京都タワー。

京都タワーの写真素材

堀川塩小路の歩道橋から京都タワーを見る。

京都タワーの写真素材


東本願寺の渉成園から見る京都タワー

京都タワーの写真素材


東寺の境内から見る京都タワー

東寺から見た京都タワーの写真素材


東本願寺境内から見る京都タワー

東本願寺の写真素材


西本願寺境内から見る京都タワー

西本願寺から見た京都タワーの写真素材


八坂の塔越しの京都タワー

八坂の塔と京都タワーの写真素材

夜の八坂の塔と京都タワー

八坂の塔と京都タワーの写真素材


遠いですが、清水の舞台と京都タワー

清水寺の雪の写真素材


清閑寺の境内から見る京都タワー。

清閑寺の雪の写真素材


ちらっとですが、東福寺方丈から京都タワー

東福寺から見る京都タワーの写真素材

京都タワーと京都駅ビルと愛宕山。東福寺あたりから。

京都タワーの写真素材


遠くの山から見る京都タワー

京都タワー 京都市街の眺望の写真素材


善峯寺から桂川越しに見る京都タワー。清水寺や東寺も見えます。探してみて。

善峯寺からの眺望の写真素材


桜越しの京都タワーの写真。


次は桜の京都タワーのイラスト。

京都タワーのイラスト素材


線路わきの公園から桜越しに見る京都タワー。
いい景色かと思ったが、電線が多すぎました。

京都タワーと桜の写真素材


仲恭天皇の御陵から見る京都タワーと桜。

京都タワーと桜の写真素材

京都タワーと桜の写真素材

京都タワー、まあどこからでも見えます...。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

妙満寺

案内 写真はクリックすれば拡大

岩倉の妙満寺さんの写真です。

妙満寺の写真素材

妙満寺遠景。

妙満寺の写真素材


迫力ある仏舎利大塔がよく目立ちます。

妙満寺の写真素材


妙満寺の写真素材


特に夕方の風情が好きなので、ときどきお参りにいきます。

妙満寺の写真素材


比叡山も夕日に照らされます。

妙満寺の写真素材

桜も多い境内。枝垂桜がたくさん植えられています。

妙満寺の桜の写真素材


夜桜。

妙満寺の桜の写真素材


ツツジで埋め尽くされる妙満寺門前。ツツジの名所として紹介されることが多いお寺です。

妙満寺の躑躅の写真素材

妙満寺のツツジの写真素材


妙満寺のツツジの写真素材

こちらは「雪の庭」の写真。「安珍清姫の道成寺の鐘」も見ることができます。
「雪の庭」の雪景色はこちらに


真夏の妙満寺境内。

妙満寺の夏の写真素材


妙満寺の夏の写真素材


妙満寺の夏の写真素材

夏の仏舎利大塔。

妙満寺の夏の写真素材


飛行機雲と塔。

妙満寺の夏の写真素材


比叡山が正面にくっきり見えます。

妙満寺の夏の写真素材


秋の妙満寺境内。

妙満寺の秋の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

祇園閣(大雲院)

案内 写真はクリックすれば拡大

祇園の塔と八坂の塔がなかよく並んでいます。

八坂の塔と祇園の塔の写真素材

東山界隈を歩くと八坂の塔とともによく見えるのが大雲院さんの祇園の塔です。

祇園閣の写真素材


てっぺんにはツル。

祇園の塔の鶴の写真素材

満開の桜と祇園閣。

祇園閣と桜と夕日の写真素材

ツルはシルエットに。

祇園の塔の鶴の写真素材

夕日が根元に重なりました。

祇園の塔の鶴の写真素材


わらびもちの洛匠さんからみる祇園閣。

祇園閣の写真素材


祇園祭の山鉾のかたちをしているので祇園閣。

祇園の塔の写真素材

北側の大谷祖廟の参道から見る祇園閣。

大雲院祇園閣の写真素材


通常非公開ですがときどき特別公開され、上まで登ることができます。

大雲院の本堂。左側には白い涅槃仏。

大雲院の写真素材

高台寺の境内から見る祇園閣


同じ場所から見る桜と祇園閣

祇園閣と桜の写真素材


日没後の祇園閣

祇園の塔の写真素材

シルエットになった大雲院。

大雲院の写真素材


夜の祇園閣。

祇園の塔の写真素材


祇園閣のうえからの眺め。
八坂の塔が見えます。


大雲院さんの紅葉の写真です。

大雲院の写真素材


特別公開のときに祇園閣に登れば、上から紅葉の景色を眺めることができます。

大雲院の紅葉

八坂の塔や霊山観音も見渡せて、まさに絶景。
秋に毎年公開されるわけではありませんので、情報に敏感でないと見逃してしまいます。

大雲院の紅葉


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [2]
  3. 2021年6月 [2]
  4. 2021年5月 [4]
  5. 2021年4月 [3]
  6. 2021年3月 [4]
  7. 2021年2月 [1]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [8]
  12. 2020年9月 [1]
  13. 2020年8月 [17]
  14. 2020年7月 [4]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [27]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [64]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [67]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [94]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [35]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [12]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]