sozai_head.jpg

タグ「城」の一覧

伏見桃山城

案内 写真はクリックすれば拡大

キャッスルランドが閉園して、寂しいかんじの伏見桃山城の写真です。
でも遠くから見ると威厳にあふれる感じがします。
わたしの中では京都を代表する名城!

伏見桃山城のそばに夏の満月。

満月と伏見桃山城の写真素材


赤っぽい黄色の満月。

満月と伏見桃山城の写真素材


伏見桃山城は背後に山があるので、岐阜城みたいに月と重ねるのは無理かな。

満月と伏見桃山城の写真素材

桜の季節。

伏見桃山城の遠景の写真素材

門は開けられており、自由にまわりを散策することができます。

伏見桃山城の写真素材


コンクリートだけどかっこいいお城です。

伏見桃山城の写真素材


あまり近寄るとなにか落ちてくるかも。
実際、風に煽られて鯱鉾は落ちました。
おそろしい攻撃力を持った城です。

伏見桃山城の写真素材


お城も朽ちた感じが出てきて、逆に渋い魅力を増しています。
ブラタモリではちょっと脚光を浴びました。

伏見桃山城の写真素材


隣は野球のグラウンド。

伏見桃山城の写真素材

近鉄電車伏見桃山城

伏見桃山城の写真素材

近鉄電車伏見桃山城。水鶏橋のひとつ下流の近鉄鴨川橋梁から。

伏見桃山城の写真素材

京阪電車伏見桃山城。宇治川堤防から。

京阪電車と伏見桃山城の写真素材


夕暮れのお城を東側から見て。

伏見桃山城の夕暮れの写真素材

西側から遠望する伏見桃山城。

伏見桃山城の写真素材


伏見桃山城の写真素材

伏見桃山城に向かう道、丹波橋通から。
電線がすごいことになっていますが。

伏見桃山城の写真素材

伏見桃山城は丘の上に建っていますが、京都の街なかからどこからでも見えるというわけではなく、堤防や橋の上とか建物の上層階など、見える場所はけっこう限られます。
なので、見えるところを見つけるととても嬉しい気持ちになります。

伏見桃山城の写真素材

くいな橋駅のそばの公園から。

伏見桃山城の写真素材


稲荷山から見る伏見桃山城。

伏見桃山城の写真素材

伏見桃山城の写真素材


伏見桃山城の写真素材


鴨川からだって見える。

伏見桃山城の写真素材


伏見桃山城遠望。八幡市の流れ橋から。

伏見桃山城の写真素材

もっと遠く京都駅から。

伏見桃山城の写真素材

伏見桃山城の写真素材


大岩山の展望所から見る伏見桃山城。

伏見桃山城の遠景の写真素材

風が強い冬の日。

伏見桃山城の遠景の写真素材


金閣寺あたりからも見えました。

伏見桃山城の遠景の写真素材

東側から伏見桃山城が見えるところを見つけました。上の一層だけです。

伏見桃山城の遠景の写真素材


宝ヶ池の狐坂から。

伏見桃山城の遠景の写真素材

よく探せば京都のいろいろなところから見えるお城です。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

福知山城

案内 写真はクリックすれば拡大

福知山のシンボルのお城、福知山城の写真です。

明智光秀が築いたお城で、天守閣は1986年の再建です。

福知山城の写真素材


「麒麟が来る」で注目が集まり、途中で麒麟が来なくなって、麒麟が来るまでお待ちくださいになって、さらに注目を浴びた年の福知山城

福知山城の写真素材

お城は丘の上に作られていて、とても高い位置に天守閣があり、市内のどこからでもその姿がよく見えます。

福知山城の写真素材


駐車場あたりから見上げる福知山城

福知山城の写真素材


JR山陰線の高架下から。

福知山城の写真素材


特急と福知山城
列車の本数が少ないので、ここでたくさん時間を使ってしまいました。

福知山城の写真素材


本丸の天守閣のすぐ下から。

福知山城の写真素材


石垣には野趣あふれる石が組まれています。野面積み・乱石積み・穴太積みなどの方法が取られています。
ハートの石を探すのもおもしろいです。

福知山城の石垣の写真素材


天守閣のそばに建つ朝暉神社(あさひじんじゃ)。

福知山城の写真素材

猛暑の日でしたが、できるだけいろいろな方向から撮影しました。
猪崎城跡から遠望する福知山城。

福知山城の写真素材


すぐそばを流れる由良川。

福知山城と由良川の写真素材


土師川橋梁と福知山城。

福知山城の写真素材


丹波大文字もよく見えます。

福知山城の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大本天恩郷・丹波亀山城跡

案内 写真はクリックすれば拡大

大本天恩郷と丹波亀山城跡の写真です。
一般の見学者にも広く公開されています。

大本天恩郷・丹波亀山城跡の写真素材


万祥池越しに見る万祥殿。

大本天恩郷・丹波亀山城跡の写真素材


大本天恩郷・丹波亀山城跡の写真素材


大きな山桜の向こうに万祥殿。

大本天恩郷・丹波亀山城跡の写真素材

万祥殿。白砂にはきれいに砂紋が引かれています。

大本天恩郷・丹波亀山城跡の写真素材

万祥殿の左手の小さな門をくぐって、亀山城の天守台のほうへ進みます。

大本天恩郷・丹波亀山城跡の写真素材


背の高い山桜が咲いています。

大本天恩郷・丹波亀山城跡の写真素材


堂々たる石垣。
亀山城は明智光秀が1577年に築城したお城です。
亀岡に亀山城があるのはまぎらわしい気がしますが、江戸時代の終わりまでは亀山藩で、明治以降になって地名が亀岡に改称されたのだそう。

大本天恩郷・丹波亀山城跡の写真素材


明治の初めに廃城となり荒廃していたものを信徒さんの手で復元したものだそうです。

大本天恩郷・丹波亀山城跡の写真素材


石垣上の天守台は聖地となっていて、見学者は入ることはできません。

大本天恩郷・丹波亀山城跡の写真素材

大本天恩郷・丹波亀山城跡の写真素材


普請に携わった大名の残したマーク。

大本天恩郷・丹波亀山城跡の写真素材


苔むした石垣が歴史を感じさせます。隙間から野の花がいろいろ咲いていました。

大本天恩郷・丹波亀山城跡の写真素材

石垣の東から北側は広大な花明山植物園となっており、緑あふれるなかを散策できます。
堀をはさんで向こう側は桜の多い南郷公園です。

大本天恩郷・丹波亀山城跡の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

園部城跡・園部城公園

案内 写真はクリックすれば拡大

南丹市園部町の園部城跡の写真です。
日本の最後のお城で、城としての完成はなんと1869年。
その前は園部陣屋と呼ばれ、大きな陣屋というカテゴライズでした。
園部城の城門は園部高校の校門になっています。
そのほか巽櫓、番所、太鼓櫓などが現存しています。

園部城の写真素材

城門(櫓門)。
登校というより登城です。

園部城の写真素材

もっとも目立つ天守の建物は南丹市国際交流会館。
ガラス張りのビルを台座にして、その上に天守閣が乗っているような斬新な建物です。かっこいい。

園部城の写真素材


ガラスが美しく青空を映します。違和感はあるが豪華な雰囲気です。
お堀がプールになっていたりして、すごく面白いデザインセンスです。

園部城の写真素材


紅葉真っ盛りの午後、公園には誰もおられず、もったいない感じ。

園部城の写真素材

京都市でいうと、伏見桃山城的な立ち位置なかんじかしら。

園部城の写真素材

カエデ尽くしの庭園、素晴らしいです。

園部城の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

淀城

案内 写真はクリックすれば拡大

淀駅のすぐそばに建つ淀城跡の写真です。

淀城の写真素材


豊臣秀吉が側室淀の方のために建てた淀城とは少し場所が違います。

淀城の写真素材


江戸初期に築城され、明治の初めに廃城になりました。
本丸の石垣や堀が残っていますが、お城の建物はありません。敷地は「淀城跡公園」になっていて近所の方の憩いの場となっています。

淀城の写真素材

淀城の写真素材


京阪電車の線路はすぐ近く。

淀城の写真素材

淀城の写真素材


淀城には桜もたくさん植えられています。

淀城の写真素材

淀城の写真素材


淀城の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

勝龍寺城

案内 写真はクリックすれば拡大

きれいな公園として整備されている勝龍寺城跡の写真です。

勝龍寺城の写真素材


勝龍寺城は1339年に建てられたお城で、明智光秀や細川忠興とガラシャゆかりのお城でもあります。
このお城は江戸時代になってまもなく廃城となったため、いまある建物や土塀は平成のものです。

勝龍寺城の写真素材

明智光秀の軍勢は山崎の戦いで秀吉に負けたあと、一旦この城に入り、滋賀県の坂本へ向かってまた出立していきました。

勝龍寺城の写真素材


勝龍寺城の写真素材

勝龍寺城の写真素材
勝龍寺城の写真素材


勝龍寺城の写真素材


勝龍寺城の写真素材



神足神社のそばには勝龍寺城の土塁が保存されています。
凸凹したところを歩くだけでも楽しいです。

勝龍寺城の土塁の写真素材


勝龍寺城の土塁の写真素材


桜の季節の勝龍寺城。

勝龍寺城の桜の写真素材


城内にはたくさんのソメイヨシノが植えられています。

勝龍寺城の桜の写真素材


こどもたちが気軽に走り回れる身近な公園となっています。

勝龍寺城の桜の写真素材


勝龍寺城の桜の写真素材


勝龍寺城の桜の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

猪崎城

案内 写真はクリックすれば拡大

福知山の猪崎城の写真です。もう建物は残っていないので城跡です。
三段池公園の一部となっていて、ポッコリとした丘にウネウネと土塁や空堀の跡が残り、一番高い位置の本丸的な場所は平面になっています。

猪崎城跡の写真素材

途中に建つ福本稲荷大明神。

猪崎城跡の写真素材


由良川を挟んで対岸には福知山城が建っています。
見晴らしの良いところです。

猪崎城跡の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

二条城

案内 写真はクリックすれば拡大

二条城(にじょうじょう)

京都の世界遺産のひとつ二条城。 手前は京都御苑で、奥の緑が二条城。
京都御苑と二条城の写真


二の丸御殿。
二条城の写真素材


天守閣跡からの眺め。
二条城の写真素材

比叡山や大文字も見えます。

二条城の写真素材

この東南隅櫓は天明の大火で焼けなかった古いもの。重要文化財。

二条城の写真素材


二条城の写真素材


外側を歩いてみます。南側の堀。

二条城の写真素材


西側の堀。水草がびっしりで水面が見えません。

二条城の写真素材



石垣はいろいろな時代のものがあるようで、おもしろいです。

二条城の写真素材


北側のこのあたりは膨らんでみえるように錯覚してしまいます。

二条城の写真素材





二条城の桜


二条城は桜の名所でもあります。
堀川通の向かいから八重桜越しに見る開城前の二条城。
二条城の写真素材


天守閣跡から見下ろす桜。
二条城の写真素材




城内には50品種約400本の桜が植えられていて、豪華なお花見ができます。
こちらは里桜。


二条城の雪景色

開城時間前でしたので、中の写真はありません。 二条城の南東角の雪景色です。道路は真っ白け。
雪の二条城の写真素材


雪の二条城と濠の写真素材

このあとは神泉苑に行きました。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [2]
  3. 2021年6月 [2]
  4. 2021年5月 [4]
  5. 2021年4月 [3]
  6. 2021年3月 [4]
  7. 2021年2月 [1]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [8]
  12. 2020年9月 [1]
  13. 2020年8月 [17]
  14. 2020年7月 [4]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [27]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [64]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [67]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [94]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [35]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [12]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]