sozai_head.jpg

タグ「国宝」の一覧

妙喜庵

案内 写真はクリックすれば拡大

大山崎町のJR山崎駅のすぐそばに建つ妙喜庵さんの写真です。
千利休が作った茶室「待庵」があることで有名です。
前からの写真のみです。

妙喜庵の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺

案内 写真はクリックすれば拡大

たくさんの塔頭寺院の集まった大きなお寺、紫野の大徳寺さんの写真です。
(それぞれの塔頭寺院の写真は別のページに掲載します)


南側から見た大徳寺

大徳寺の写真素材


雨のひどい大徳寺法堂。6月だったか。

雨の大徳寺

法堂。天井には「鳴き龍」。狩野探幽が描いたもの。鳴きます!

大徳寺の写真素材

仏殿。天井には狩野元信が描いた雲龍図があります。

大徳寺の写真素材

赤い門は金毛閣。

大徳寺の写真素材


雪の大徳寺金毛閣。

大徳寺山門  金毛閣


この先に国宝の唐門や方丈があります。が、やはり見えませんね。唐門は聚楽第の遺構。

大徳寺の写真素材


方丈は屋根だけちらりと見えます。

大徳寺の写真素材


興臨院のそばの千躰地蔵塚。一画にたくさんのお地蔵さんが集められています。

大徳寺の写真素材


船岡山に登って大徳寺を見おろしてみました。

雪の船岡山から大徳寺


大徳寺 高桐院(青もみじ)の写真
大徳寺 高桐院(紅葉)の写真
大徳寺高桐院(雪)の写真
大徳寺 黄梅院の写真
大徳寺 興臨院の写真
大徳寺 孤篷庵の写真
大徳寺 三玄院の写真
大徳寺 真珠庵の写真
大徳寺 瑞峯院の写真
大徳寺 総見院の写真
大徳寺 大仙院の写真
大徳寺 龍源院の写真
大徳寺 龍光院の写真
大徳寺 芳春院の写真


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

西芳寺(苔寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

松尾の臨済宗のお寺、西芳寺さんの写真です。
苔寺と呼ぶほうが通りがいいかもしれません。世界遺産でもあります。

西芳寺(苔寺)の写真素材


拝観するには往復葉書で予約することになります。そのためか参拝者はみんな落ち着いた雰囲気で、写経の時間が始まると一瞬にして誰もいないかのような静けさになりました。

西芳寺(苔寺)の写真素材

西芳寺(苔寺)の写真素材

本堂前の蓮池で、ちょうど蓮がきれいに咲いていました。

西芳寺(苔寺)の蓮の写真素材


写真は庭園の入口。めくるめく苔ワールドの始まりです。

西芳寺(苔寺)の写真素材


写真の時期は7月の初旬。今年の京都は梅雨入りが遅かったので、苔はまだ最高の状態にはなっていないとのことです。
ひとが不快でたまらないくらいのジメジメが苔にはいいのですね。

西芳寺(苔寺)の写真素材

どこまでも続く緑の世界です。苔の種類は100以上あるそうで、苔に詳しければもっと楽しめるかもしれません。

西芳寺(苔寺)の写真素材


ここからはとにかく庭園の写真を並べておきます。
ずっと続く緑の園です。

西芳寺(苔寺)の写真素材


西芳寺(苔寺)の写真素材


西芳寺(苔寺)の写真素材


西芳寺(苔寺)の写真素材


西芳寺(苔寺)の写真素材


西芳寺(苔寺)の写真素材


西芳寺(苔寺)の写真素材


西芳寺(苔寺)の写真素材


歩くところは決まっていますので、苔のなかに踏み入れることはありません。

西芳寺(苔寺)の写真素材


西芳寺(苔寺)の写真素材

西芳寺(苔寺)の写真素材


西芳寺(苔寺)の写真素材

西芳寺(苔寺)の写真素材

西芳寺(苔寺)の写真素材

西芳寺(苔寺)の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

光明寺(綾部市)

案内 写真はクリックすれば拡大

綾部の君尾山の中腹に建つ光明寺さんの写真です。
深い山中に鎌倉時代創建の二王門が立っています。
石段を登ってきて、木々の向こうに二王門が見えてくると感動的です。

光明寺(綾部市)の写真素材

二王門は1248年に建てられたもので、2018年に修理が終わり朱色が鮮やか。

光明寺(綾部市)の写真素材


京都府北部唯一の国宝です。

光明寺(綾部市)の写真素材

この場所にこの標高にどうやってこんなに立派な山門を建てたのでしょう。

光明寺(綾部市)の写真素材

二王門をくぐり、カエデのトンネルを抜けて登っていくと、また石段があります。

光明寺(綾部市)の写真素材

石段を登りきると本堂です。
お寺自体はさらに古く、聖徳太子による創建だといわれています。

光明寺(綾部市)の写真素材


二王門を見下ろせる場所もあります。

光明寺(綾部市)の写真素材

場所はたいへんな山の中ですが、車道がしっかり整備されていて、行きやすいです。
あやべ温泉からだと二王門より下に、一本西側の道を選べば、二王門より上の本堂石段下に到達します。どちらにも駐車場があります。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

銀閣寺

案内 写真はクリックすれば拡大

銀閣寺 Ginkaku-ji(Jisho-ji),The Silver pavilion

新緑の銀閣寺さんの写真です。
緑の中に沈んでしまいそうな銀閣。
銀閣寺の写真素材


長い目隠しエントランスが期待を高めます。生垣がありえないほどの高さ。
銀閣寺の写真素材


受付を済ませればけっこうすぐに銀閣に出会えます。
銀閣寺の写真素材


金閣とは違って、近くで見ると室町時代から現在への歴史の重みを感じさせます。
わびさびというのか、渋いというのか・・・。
銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


国宝の東求堂。日本の四畳半一間の原点がここにあります。
銀閣寺の写真素材


5月の境内は修学旅行の生徒たちと海外からの観光客で満員御礼でした。
さすが京都を代表する世界遺産、慈照寺。大人気です。
銀閣寺の写真素材


広い境内は緑がいっぱいで、苔もみずみずしく、贅沢な森林浴といったかんじ。
銀閣寺の写真素材


新緑の銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


水に映る向月台。
銀閣寺の写真素材


上から見おろす銀閣も緑の中。向こうの小山は吉田山。
銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


特に銀閣の左側は緑しかありません。
銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


贅沢な景色です。
銀閣寺の写真素材


みずみずしい苔が庭園を覆います。苔寺のような景色も続きます。
銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


「仙草壇」には大きな牡丹の花が咲き誇っていました。
銀閣寺の写真素材

これは福島県の須賀川牡丹園から植樹されたもの。
銀閣寺弄清亭の襖絵に須賀川の牡丹を描いた絵があることつながりで、本物の牡丹も植えましょうということになったそうです。
弄清亭は特別拝観のときに見ることができます。
銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


プリンに牡丹を添えて。
銀閣寺の写真素材


牡丹の向こうの鮮烈な赤はキリシマツツジ。
銀閣寺の写真素材


イラストの銀閣寺
新緑の銀閣寺のイラスト素材


銀閣寺へ向かう道「銀閣寺道」は桜の名所。
桜の銀閣寺道の写真素材


桜を見ながら哲学の道を歩けば、
桜の銀閣寺道の写真素材


もうそれで満足して、銀閣寺まで辿り着けません。
桜の銀閣寺道の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

西本願寺

案内 写真はクリックすれば拡大

西本願寺(にしほんがんじ)

国宝の建物がいくつもある世界遺産西本願寺の写真です。 東本願寺の写真はこちら


まずは巨大な阿弥陀堂。国宝です。

西本願寺の写真素材


巨大な御影堂。国宝です。

西本願寺の写真素材


阿弥陀堂や御影堂の床の埋め木を見始めたら、おもしろくて止まりません。

西本願寺の床の埋め木 写真素材


エレファント発見。

西本願寺の床の埋め木 写真素材


西本願寺の国宝「唐門」。別名「日暮らし門」とも呼ばれる豪華絢爛な門。

西本願寺 唐門の写真素材


いつでも無料で見ることができる国宝美術ですね。

西本願寺 唐門の写真素材


この奥には白書院・黒書院・北能舞台など国宝がたくさんあります。

西本願寺の写真素材


本願寺伝道院。

西本願寺の写真素材


5月、ツツジ満開の西本願寺、お西さん。

西本願寺のツツジの写真素材

西本願寺のツツジの写真素材


南北に長い塀に、どこまでも続くツツジ。

西本願寺のツツジの写真素材

西本願寺境内の巨大なイチョウの樹が真っ黄色になると壮観です。

西本願寺のイチョウ 写真素材

その大きさは下の人々や経堂と比べればわかりますね。

西本願寺のイチョウ 写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

願徳寺

案内 写真はクリックすれば拡大

勝持寺さんの手前に建つ願徳寺さんの写真です。
宝菩提院願徳寺。
小さいお寺ですが、ご本尊の如意輪観世音半跏像は国宝です。桜、満開。

願徳寺の写真素材

晩秋の願徳寺さん門前。

願徳寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

醍醐寺

案内 写真はクリックすれば拡大

世界遺産醍醐寺さんの写真です。山を含む広大な敷地を持つ醍醐寺、通常みなさんが拝観するのは下伽藍や三宝院です。国宝の建物は4棟。国宝の文化財はなんと7万5千点以上。霊宝館で見ることができるものも多数。
山門。

醍醐寺唐門の写真素材

国宝の唐門。三宝院の内側から。ちょっと遠いです。

醍醐寺唐門の写真素材

国宝の唐門。外側からからは間近に見ることができます。

醍醐寺唐門の写真素材

仁王門へ向かう桜の参道。桜が咲くころはたいへんな人出ですが、新緑のころは誰もいないことも。

醍醐寺唐門の写真素材


国宝の金堂。豊臣秀吉が和歌山の湯浅から移築させた建物です。

醍醐寺金堂の写真素材

国宝の五重塔。951年からここに建っているすごい五重塔です。

醍醐寺五重塔の写真素材

醍醐三宝院。最近、お庭の撮影が許されるようになり、嬉しい限り。書院は国宝。

醍醐三宝院の写真素材

醍醐三宝院の写真素材


醍醐寺霊宝館。展示物のボリュームがあります。オフシーズンにじっくり見るべきところ。

醍醐寺霊宝館の写真素材

醍醐三宝院の土牛の桜。
豊臣秀吉が晩年に盛大な醍醐の花見を行ったことは有名。

醍醐寺土牛の桜の写真素材

五重塔と桜。

醍醐寺五重塔と桜の写真素材

醍醐寺の桜写真、もっと見る

紅葉がきれいなのは境内奥の朱塗りの弁天堂まわり。五重塔よりさらに奥の上醍醐に抜ける手前にあります。
豊臣秀吉は醍醐寺での紅葉狩りも計画していたそうですが、実現せず。

醍醐寺紅葉の写真素材

醍醐寺の紅葉写真、もっと見る


上醍醐の写真はこちらに


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

醍醐寺(上醍醐)

案内 写真はクリックすれば拡大
初夏の醍醐寺上醍醐にお詣りをしてきましたので、写真をアップします。
上醍醐も世界遺産登録されていますが、道中の山道はなかなかハードです。

カエデに囲まれてあまり見えない国宝の清滝宮拝殿。
上醍醐の清滝宮拝殿

とんでもなく大昔からここに建つ国宝薬師堂。
上醍醐の国宝薬師堂

大きな五大堂も青もみじに包まれます。
上醍醐の五大堂

上醍醐の一番上まで来ました。如意輪堂と白山権現。
上醍醐の如意輪堂

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の国宝(建築物)の写真

案内 写真はクリックすれば拡大

京都の国宝の写真を載せていきます。
もちろん書画や仏像など、オフィシャルでなければ写真を撮影できないものはここにはありません。
掲載するのは建物や門など写真に撮ってもよい建造物だけになります。


西本願寺


阿弥陀堂
西本願寺 阿弥陀堂 国宝


御影堂

西本願寺 御影堂の写真素材

飛雲閣
とても面白い形の建物で、普段は非公開です。
写真は係の方にOKをいただいて撮りました。

飛雲閣 国宝


唐門
別名「日暮らし門」とも呼ばれる豪華絢爛な門。境内の内側からも外側からも見ることができます。外側は道路なので散歩しながら見ることができる国宝です。

西本願寺 国宝唐門の写真素材


書院北能舞台
写真はありません。


東寺


金堂
東寺の本堂。本尊の薬師如来と日光菩薩・月光菩薩が安置されています。
東寺 金堂 国宝

五重塔
ときどき特別公開があり、内部を見ることもできます。

東寺の五重塔 国宝

大師堂
いつでもお参りできる無料エリアに建つ国宝。

大師堂

蓮花門
西側の壬生通りに面した小さめの門ですが、鎌倉幕府のできたころに建った門。
24時間いつでも見られる国宝のひとつ。

東寺 蓮花門の写真素材


東寺 観智院


1605年に再建された客殿が国宝
東寺 観智院

下鴨神社

東本殿 西本殿
写真はありません。
京都 下鴨神社 国宝


北野天満宮

本殿、拝殿、石の間、楽の間
拝殿の向こうには国宝の建築物がつながっています。
北野天満宮

千本釈迦堂

本堂 京都の街なかにあるのに、応仁の乱でも焼けなかった奇蹟の本堂です。
京都 千本釈迦堂桜 国宝

二条城

二の丸御殿

国宝なのにプロジェクションマッピングのスクリーンとして使ったり、けっこうフレキシブル。

二条城 国宝

知恩院

御影堂(本堂) 大修理は2019年ころまで。
知恩院御影堂 国宝

三門 巨大です。

知恩院の三門


清水寺

本堂
「清水の舞台」が有名。秘仏の本尊は十一面千手千眼観音立像。本尊が入っている厨子も国宝です。次のご開帳は2033年ですね。
清水寺の青もみじ  国宝

南禅寺

方丈
南禅寺方丈 国宝


銀閣寺

銀閣
ご存知、有名な銀閣です。小さい建物で近くから見ると相当ボロッちいですが、緑に包まれるその姿はやはり美しいです。
銀閣寺 国宝



東求堂
なんとなく通り過ぎてしまいますが、国宝。特別拝観のときは中を見ることができます。
東求堂

妙法院

庫裏 天井を見るとぶっとい梁が何本も。素敵な梁見せ天井です。
妙法院


三十三間堂

本堂
長い長い長〜い本堂。想像するよりさらに長い!
このなかには途中で飽きるほどたくさんの千手観音が並んでいます。
三十三間堂 国宝

豊国神社

唐門 伏見城の遺構のがっしりした門。普段はくぐれませんが、お正月には開くそうです。
豊国神社 国宝

仁和寺

金堂 山門からまっすぐ進んでくるとこの金堂。
仁和寺の金堂 国宝

広隆寺

桂宮院本堂 珍しい八角円堂。

高山寺

石水院 周山街道の崖の上に建ち、縁からの眺めは見事です。道路から見上げると建物の一部がちらっと見えます。
高山寺 国宝

妙喜庵

茶室待庵 大山崎の駅からすぐのところに建つ国宝。 2018年の大阪北部地震で被害がありました。
妙喜庵の写真素材


東福寺

三門
ときどき特別公開されていて、登れます。通天橋や方丈にはたくさんの人が入っていきますが、三門は少し離れているので、人は少ないです。
東福寺の山門 国宝


東福寺 龍吟庵

方丈
南側にはなんにもない「無の庭」があります。(写真手前が方丈)
東福寺 龍吟庵 国宝

醍醐寺

薬師堂は山の上。 上醍醐の国宝薬師堂 国宝

清滝宮拝殿も、山の上で緑に包まれています。
上醍醐の清滝宮拝殿 国宝

五重塔

醍醐寺 五重塔 国宝

金堂

醍醐寺 金堂 国宝

醍醐寺 三宝院

表書院

唐門
三宝院の中から見る唐門。外から見るほうが近くに見えます。

醍醐寺 三宝院 唐門 国宝

法界寺

阿弥陀堂
法界寺 国宝

平等院

鳳凰堂 中堂 十円玉フォーエバー。 平等院鳳凰堂 国宝


宇治上神社

本殿
この中に入っている小さいお社は1060年頃に建てられたもので、日本で現存する最古の神社建築。
宇治上神社 国宝


拝殿は鎌倉時代の建物。

宇治上神社 国宝

石清水八幡宮

本殿を含む10棟 2018年の大阪北部地震でこの石灯籠がドミノ倒しになって大きなニュースになりました。
石清水八幡宮 国宝

大徳寺

方丈および玄関 普段は方丈の屋根をちらっと見る程度です。特別公開時も撮影はできませんので写真はありません。
大徳寺の写真素材

唐門
この先の右側にありますが、木々に遮られ窺うことはできません。特別公開時も撮影はできませんので写真はありません。

大徳寺の写真素材


大徳寺 大仙院

方丈(本堂)
中では撮影はできませんが、入り口からは玄関と方丈の屋根が見えます。玄関も国宝。
大仙院の写真素材


大徳寺 龍光院

公開されることはほとんどありません。写真は山門。
大徳寺 龍光院の写真素材

上賀茂神社

本殿・権殿 中では撮影はできませんので写真はありません。

浄瑠璃寺

本堂
浄瑠璃寺 本堂 国宝

三重塔

浄瑠璃寺の三重塔 国宝


海住山寺

小さめで素敵な五重塔。
海住山寺の五重塔 国宝


光明寺(綾部)

二王門
大修理が終わったので、撮りに行ってきました。
たいへんな山の上に、木々に包まれて鮮やかな朱の山門がありました。
光明寺(綾部市)の写真素材


金閣寺


金閣は国宝でしたが、1950年に燃えてしまい、再建されたので、国宝ではなくなっています。
同時に国宝だった足利義満木像も焼失しました。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

三十三間堂

案内 写真はクリックすれば拡大

長過ぎてどうやって写真を撮っていいやらわからない七条の三十三間堂さんの写真です。
三十三間堂の写真素材


中には圧巻の光景が。
真ん中の国宝千手観音坐像の両側に千体の千手観音立像がずらり。平安時代のものも100体以上あるそうです。
もったいない言い方をすれば、後半飽きてどうでもよくなるほどたくさんの千手観音の波状攻撃です。
三十三間堂の写真素材


三十三間堂の写真素材

外塀はさらに長い。
三十三間堂の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

石清水八幡宮

案内 写真はクリックすれば拡大

男山の石清水八幡宮の写真です。


男山遠景。高い山ではありませんが、傾斜が急で、参道を歩いて登るとけっこう足に来ます。
やっぱりケーブルカーが無難です。

石清水八幡宮の写真素材

南総門越しに社殿を見て。
門と社殿はまっすぐにはなっていません。帰りに八幡さんにお尻を向けないようにずらしてあるのだとか。

石清水八幡宮の写真素材

最近、石清水八幡宮本社の社殿や門や廻廊がまとめて国宝に認定され、注目を集めています。

石清水八幡宮の写真素材


秋の七五三には記念写真用のパネルが出ます。

石清水八幡宮の写真素材


鮮やかな虎と龍の欄間彫刻の下には八幡さまのお使いの鳩の錺金具。

石清水八幡宮の写真素材

桜の季節の定番の構図。

石清水八幡宮の写真素材

エジソンの記念碑。
エジソンの白熱電球には八幡の竹が使われました。
セルローズのフィラメントができるまでは、八幡の竹がアメリカの家庭を照らしていたのだそうです。

石清水八幡宮の写真素材


後ろ側には竹が植えられています。

石清水八幡宮の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

広隆寺(紅葉/桜)

案内 写真はクリックすれば拡大
太秦の広隆寺さん。
広隆寺

カエデや桜、秋はいろいろな種類の木が色づいてきれいです。
広隆寺の紅葉

広隆寺の紅葉

まだ小さいけれど真っ赤なカエデ。
広隆寺の紅葉

広隆寺の紅葉


次に、桜の頃の写真です。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内

よく使われる写真



サイト内検索

カテゴリ