sozai_head.jpg

タグ「古墳」の一覧

千歳車塚古墳

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡の出雲大神宮の近くにある前方後円墳、千歳車塚古墳の写真です。

千歳車塚古墳の写真素材

柵もなく草地の中にこんもりと存在します。6世紀前半に作られた古墳です。
近づいてみたいが、草が深すぎて勇気が出ませんでした。

千歳車塚古墳の写真素材


上から見るとちゃんと前方後円墳に見えるようですが、地面からではよくわかりません。
このあたり丹波一帯を治めた大首長の墓と考えられているそうです。

千歳車塚古墳の写真素材


千歳車塚古墳の写真素材


9月の下旬。
古墳のまわりは彼岸花で彩られます。

千歳車塚古墳と彼岸花の写真素材

千歳車塚古墳と彼岸花の写真素材


千歳車塚古墳と彼岸花の写真素材

千歳車塚古墳と彼岸花の写真素材


千歳車塚古墳と彼岸花の写真素材

千歳車塚古墳と彼岸花の写真素材


千歳車塚古墳と彼岸花の写真素材

コスモスも少し咲いていました。

千歳車塚古墳とコスモスの写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

二子塚古墳

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治市五ケ庄にある二子塚古墳の写真です。
五ケ庄二子塚古墳、宇治二子塚古墳とも呼ばれます。
前方後円墳で、濠と前方部分は古墳らしい光景ですが、左奥に続くはずの後円部は破壊されてなくなっています。

二子塚古墳の写真素材


公園として整備されていて、だれでも散策できます。

二子塚古墳の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

双ヶ丘

案内 写真はクリックすれば拡大

船岡山吉田山と同様、京都の街なかにぽっこりと膨らんでいる岡のひとつが双ヶ丘

双ヶ丘の写真素材


比叡山から見る双ヶ丘

双ヶ丘の写真素材

3つの丘がつらなったもので、古墳がいくつもあります。
「徒然草」の兼好法師は双ヶ丘の二の丘のふもとに住んでいたそうです。

双ヶ丘の写真素材

嵐電の御室駅の後方に見える小山が双ヶ丘です。

双ヶ丘の写真素材


一の丘。古墳の墳丘です。

双ヶ丘の写真素材

一の丘に登れば、仁和寺境内が見おろせます。なかなかの絶景です。

双ヶ丘から見た仁和寺境内の写真素材


桜咲く仁和寺。

双ヶ丘から見た仁和寺境内の写真素材


南から見た双ヶ丘、三の丘。

双ヶ丘の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

恵解山古墳

案内 写真はクリックすれば拡大

恵解山古墳の写真です。
えかいさんこふんではなく、いげのやまこふんと読みます。
音読みだと「えげさん」だそうで、ややこしいです。

恵解山古墳の写真素材


前方後円墳で上は墓地になっています。

恵解山古墳の写真素材


山崎の戦いでは明智光秀の本陣となったといわれています。
すごくきれいな古墳公園として整備されています。

恵解山古墳の写真素材


電車が古墳のわきから出てくるのもいいです。

恵解山古墳の写真素材

お天気の良い日にまた撮りにいければと思います。



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [5]
  2. 2021年8月 [2]
  3. 2021年7月 [2]
  4. 2021年6月 [2]
  5. 2021年5月 [3]
  6. 2021年4月 [3]
  7. 2021年3月 [4]
  8. 2021年2月 [1]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [1]
  12. 2020年10月 [8]
  13. 2020年8月 [28]
  14. 2020年7月 [6]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [26]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [67]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [57]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [93]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [34]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [10]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]