sozai_head.jpg

タグ「南丹市」の一覧

延命寺

案内 写真はクリックすれば拡大

南丹市八木町の曹洞宗のお寺、延命寺さんの写真です。
1645年の創建。

延命寺の写真素材


ススキが揺れる初秋の風景です。

延命寺の写真素材

普段は無住のようで、この日もシンとしており、時折り建物がカタカタと鳴っていました。

延命寺の写真素材


本堂と墓地のあいだに石段があり、その先に鎮守社の八幡宮が建ちます。

延命寺の写真素材


八幡宮の創建は1750年だそうです。

延命寺の写真素材


延命寺には手前の山陰線の踏切を渡ります。

JR山陰線と踏切の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

月読神社(南丹市)

案内 写真はクリックすれば拡大

南丹市園部町、船岡駅のそばに建つ月読神社さんの写真です。
創建は875年。その名のとおり、月夜見命を祭る神社。

月読神社(船岡)の写真素材


正面に本殿があり、ぐるりとたくさんの末社が並んでいます。

月読神社(船岡)の写真素材

本殿。

月読神社(船岡)の写真素材


社殿の至る所に彫られた彫刻に目を奪われます。

月読神社(船岡)の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

鳥羽田神社

案内 写真はクリックすれば拡大

南丹市八木町に建つ鳥羽田神社さんの写真です。
鳥居の前の田んぼに彼岸花が少し。

鳥羽田神社の写真素材


創建は1502年。

鳥羽田神社の写真素材


本殿は覆屋の中に。
裏には古墳があります。

鳥羽田神社の写真素材


鳥羽田神社の写真素材


鳥羽田神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

るり渓

案内 写真はクリックすれば拡大

南丹市園部町の高原に広がる渓谷、るり渓の写真です。
園部川に沿って岩や滝や淵がところどころにあり、そばを歩くだけでも楽しいところ。
カジカやオオサンショウウオも棲息しているそう。


(写真はあとで追加します)

るり渓の写真素材


るり渓の写真素材


るり渓の写真素材

ミツバツツジが彩るネパール友好の塔。

るり渓の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

西光寺(南丹市)

案内 写真はクリックすれば拡大
京都府南丹市の西光寺さんの紅葉の写真です。
こんもりとひと山全体がグラデーション。「紅葉が七色に映える」という表現もぴったり。 西光寺の紅葉の写真素材

赤もあれば緑もあり色とりどり。神護寺のカエデを植えて増やしたのだそうです。 西光寺の紅葉の写真素材

西光寺さんではライトアップも行っておられます。 西光寺の紅葉の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

南丹市 日吉ダム

案内 写真はクリックすれば拡大

日吉ダム(ひよしだむ)

南丹市の巨大なダム、日吉ダム。
ダムのすぐ下は広々とした芝生広場になっています。
隣接するスプリングスひよしはプールありお風呂ありの楽しいところ! 日吉ダムの写真素材
日吉ダムの写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

美山かやぶきの里

案内 写真はクリックすれば拡大
雨の美山かやぶきの里。そぞろ歩くにはほんとにいい場所。写真は5月初旬。
バックの山が新緑でまだらになっているのもいいです。 美山かやぶきの里
近年は台湾からの観光客がたくさんだそうです。
こちらは紫陽花の季節。またまた雨でした。 美山かやぶきの里
駐車場も広く用意されているので、ドライブに行きやすいです。162号線は走りやすいですし。 美山かやぶきの里

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

生身天満宮

案内 写真はクリックすれば拡大

生身天満宮(いきみてんまんぐう)

日本最古の天満宮として知られる園部の生身天満宮です。
日本全国に1万2000社もあるという天満宮の中で最初に祀ったのがここだということです。
参道脇には梅園もあり、3月には美しい光景が見られます。 生身天満宮

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

龍穏寺

案内 写真はクリックすれば拡大

紅葉の参道が有名な南丹市園部町の龍穏寺さんの写真です。

龍穏寺の紅葉の写真素材


昔は毎日落葉を掃いていたそうですが、最近はあえてそのままにして参拝する人に散り紅葉を楽しんでもらっているそうです。

龍穏寺の紅葉の写真素材


お寺の方曰く、「参道をきれいに掃くと、カメラマンに「なんで掃いてしまうねん」と怒られるんです。」と。

龍穏寺の紅葉の写真素材


龍穏寺の紅葉の写真素材


楼門から見る本堂。
楼門の先は紅葉はなく、シックな色合い。

龍穏寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内

よく使われる写真



サイト内検索

カテゴリ