sozai_head.jpg

タグ「仁和寺」の一覧

仁和寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大
桜の名所としてのほうがメジャーな印象がある仁和寺さんですが、紅葉の季節もすばらしいです。 仁和寺の紅葉
御殿の庭園はさらに素敵です。 仁和寺の紅葉
五重塔とカエデ。 仁和寺の紅葉

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

仁和寺

案内 写真はクリックすれば拡大

世界遺産、御室仁和寺さんの写真です。
「仁和寺にある法師」の仁和寺です。

京都 仁和寺の写真素材


昔々の仁和寺。
草でタクシーや自動車を隠しました。ちょっと見えているけど。

京都 仁和寺の写真素材


堂々たる仁和寺の山門。

京都 仁和寺の写真素材


近くの山から見える仁和寺の五重塔。

京都 仁和寺の写真素材


仁和寺の五重塔。

京都 仁和寺の写真素材


京都 仁和寺の写真素材


双ヶ丘の一の丘から見る仁和寺境内。

双ヶ丘から見た仁和寺境内の写真素材

同じ場所から桜の季節。

双ヶ丘から見た仁和寺境内の写真素材


西から遠望する仁和寺五重塔。

京都 仁和寺の写真素材

福王子神社のちょっとややこしい交差点も見えます。

京都 仁和寺の写真素材


比叡山が背景になって見ごたえのある景色です。

京都 仁和寺の写真素材

五重塔と比叡山のうえに満月が出ました。

仁和寺の五重塔と満月の写真素材


法輪寺の舞台から見る仁和寺五重塔。

京都 仁和寺の写真素材

さらに遠くの山から見る仁和寺五重塔と比叡山。

仁和寺の五重塔の写真素材


仁和寺の五重塔の写真素材


五重塔があるだけで風景が引き締まる気がします。

仁和寺の五重塔の写真素材

すぐ近くから見上げる早春の五重塔。

京都 仁和寺の写真素材

青もみじと五重塔。

京都 仁和寺の写真素材


まっすぐ歩いてくると突き当たるのは国宝の建物、金堂。

京都 仁和寺の写真素材


金堂から振り返る青もみじと青空。

京都 仁和寺の写真素材


御室の桜は初夏はこんなかんじ。立ち入ることはできません。

京都 仁和寺の写真素材



仁和寺の桜写真はこちらに移動しました仁和寺の桜

京都 仁和寺の桜の写真素材

別名「お多福桜」というそうですが、そんなふうに呼んでいる人見たことないなあ。



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

仁和寺の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大

仁和寺(にんなじ)

仁和寺の御殿から見るお庭の雪景色。五重塔にも雪。
仁和寺の雪景色の写真素材


午前中にどんどんと雪は融けてボタボタと。
仁和寺の雪景色の写真素材


仁和寺の雪景色の写真素材


仁和寺の雪景色の写真素材


仁和寺の紅葉の写真はこちら
仁和寺の桜の写真はこちら

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

仁和寺の桜

案内 写真はクリックすれば拡大

京都の世界遺産のひとつ、仁和寺さんの春の写真です。

京都 仁和寺の桜の写真素材

京都 仁和寺のミツバツツジの写真素材

境内のあちこちにミツバツツジが咲いています。

京都 仁和寺の五重塔の写真素材

京都 仁和寺のミツバツツジの写真素材


京都 仁和寺のミツバツツジの写真素材

仁和寺といえば、遅咲きの御室桜が有名ですが、その前にたくさんのソメイヨシノが咲き、紅枝垂れ桜もたいへん綺麗です。
御室桜のときほど人が多くないのもうれしい。

京都 仁和寺の写真素材


仁和寺の五重塔と紅枝垂桜・ソメイヨシノのコラボ。

京都 仁和寺の写真素材

仁和寺の五重塔と紅枝垂桜。
枝垂桜のころは、御室の桜はまだつぼみです。

京都 仁和寺の写真素材

さて、こちらが仁和寺の主役の桜、遅咲きで知られる背の低い御室桜です。

中門からのぞく桜の園。

京都 仁和寺の御室桜の写真素材

京都 仁和寺の御室桜の写真素材


京都 仁和寺の御室桜の写真素材

京都 仁和寺の御室桜の写真素材


京都 仁和寺の御室桜の写真素材

五重塔がアクセント。

京都 仁和寺の御室桜の写真素材

京都 仁和寺の写真素材
仁和寺の桜、もっと見る

青もみじの季節になりました。桜の区域には立ち入り禁止です。

京都 仁和寺の写真素材

また次の春。
あと二週間ほどで咲く御室の桜。

京都 仁和寺の写真素材


つぼみがふくらんでいます。

京都 仁和寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の五重塔の写真

案内 写真はクリックすれば拡大

京都の五重塔の写真を並べます。

東寺の五重塔と満月の写真素材


仁和寺の五重塔と満月の写真素材




まずは京都市の4つの五重塔から。

法観寺の五重塔


いわゆる八坂の塔です。不定期ですが公開があり、なんと二層目まで登れます。登れる五重塔は京都ではここだけ。
八坂の塔の写真素材

八坂の塔の写真素材
八坂の塔の写真をもっと見る

仁和寺の五重塔

御殿から見る五重塔。
仁和寺の紅葉の写真素材


近くの山道から見る五重塔。

京都 仁和寺の写真素材


宇多野から見る五重塔。

京都 仁和寺の写真素材

仁和寺の五重塔の写真をもっと見る




東寺の五重塔


他の五重塔に比べると大きくて堂々としています。
東寺の五重塔の写真素材

夕暮れどきの五重塔。

東寺の五重塔の写真素材

東寺の五重塔の写真をもっと見る

醍醐寺の五重塔

火事に遭わず、なんと1000年以上も建っている奇蹟の塔。
京都 醍醐寺五重塔の写真素材

豊臣秀吉が修復したという記録も。

京都 醍醐寺の写真素材

醍醐寺の五重塔の写真をもっと見る

次は京都府宮津市。

成相寺の五重塔

最近できた五重塔ですが、秋はとても美しいです。
成相寺の五重塔の写真素材


雪のなかに佇む成相寺の五重塔。

成相寺の五重塔の写真素材

成相寺の五重塔の写真をもっと見る

次に京都府木津川市加茂町。

海住山寺の五重塔


南山城の海住山寺(かいじゅうせんじ)の国宝五重塔。
海住山寺の五重塔の写真素材


いままで見てきた五重塔に比べるとだいぶん小さいコンパクト五重塔です。
裳腰がついて六重塔にも見えるおしゃれな塔。

海住山寺の五重塔の写真素材

海住山寺の五重塔の写真をもっと見る

法勝寺の九重塔

最後に岡崎の法勝寺の八角九重塔。東寺の五重塔よりも高かった塔です。 法勝寺はいまの京都市動物園の観覧車のところに建っていた平安時代のお寺です。
法勝寺の九重塔の写真素材


八角九重塔の場所はいまは動物園の観覧車。

京都市動物園の観覧車の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

双ヶ丘

案内 写真はクリックすれば拡大

船岡山吉田山と同様、京都の街なかにぽっこりと膨らんでいる岡のひとつが双ヶ丘

双ヶ丘の写真素材


比叡山から見る双ヶ丘

双ヶ丘の写真素材

3つの丘がつらなったもので、古墳がいくつもあります。
「徒然草」の兼好法師は双ヶ丘の二の丘のふもとに住んでいたそうです。

双ヶ丘の写真素材

嵐電の御室駅の後方に見える小山が双ヶ丘です。

双ヶ丘の写真素材


一の丘。古墳の墳丘です。

双ヶ丘の写真素材

一の丘に登れば、仁和寺境内が見おろせます。なかなかの絶景です。

双ヶ丘から見た仁和寺境内の写真素材


桜咲く仁和寺。

双ヶ丘から見た仁和寺境内の写真素材


南から見た双ヶ丘、三の丘。

双ヶ丘の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [2]
  3. 2021年6月 [2]
  4. 2021年5月 [4]
  5. 2021年4月 [3]
  6. 2021年3月 [4]
  7. 2021年2月 [1]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [8]
  12. 2020年9月 [1]
  13. 2020年8月 [17]
  14. 2020年7月 [4]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [27]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [64]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [67]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [94]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [35]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [12]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]