sozai_head.jpg

タグ「京都府城陽市」の一覧

水主神社

案内 写真はクリックすれば拡大

城陽市の木津川畔に建つ水主神社さんの写真です。
水主と書いて、みずし。みずぬしが訛ったのでしょうか。
その名の通り水の神様で、祈雨、止雨、水害除け、五穀豊穣の信仰を集めてきました。

水主神社の写真素材

すぐそばを新名神高速道路と京奈和自動車道が通っています。

水主神社の写真素材


神社の杜はカラスの寝ぐらになっているようで、ひんぱんに出入りがあります。

水主神社の写真素材


背の高い木々の下で薄暗い境内です。
拝殿は横長の割拝殿。

水主神社の写真素材


拝殿には厳重な鉄格子があり、本殿や境内社は柵越しに拝むことになります。

水主神社の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

市辺天満神社

案内 写真はクリックすれば拡大

梅林が点在する青谷のそば、市辺天満神社さんの写真です。
御祭神は菅原道真公。

市辺天満神社の写真素材


さまざまな種類の木々に覆われ、気持ちの良い境内。

市辺天満神社の写真素材


割拝殿を抜けて本殿へ。
本殿は朱色に塗られ華やかです。

市辺天満神社の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

青谷梅林

案内 写真はクリックすれば拡大

京都府城陽市の広大な梅林、青谷梅林の写真です。
20ヘクタール、10000本もの梅の園で、背の低い白梅の木が至るところにあります。梅干しや梅酒になる梅なのだそうです。
梅林の借景となっているのはエアーズロック。

青谷梅林の写真素材


オーストラリアのエアーズロックと同様に、登ることはできません。

青谷梅林の写真素材

青空に白梅。

青谷梅林の写真素材

曲がりくねった道をどこまでも散策。のどかなところです。

青谷梅林の写真素材


菜の花が植えられて彩りを添えている場所も。

青谷梅林の写真素材

菜の花にはたくさんのミツバチがおしごと中。向こうには白い花。

青谷梅林の写真素材

梅の花のアップ。

青谷梅林の写真素材

蕾は色が濃いですね。

青谷梅林の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

龍福寺

案内 写真はクリックすれば拡大

城陽市の青谷梅林のそばに建つ龍福寺さんの写真です。
創建は1607年。浄土宗のお寺です。
境内には大きな桜の木。

青谷 龍福寺の写真素材

本堂右手の墓地のほうに登れば、境内を見下ろせて、なかなかの眺望が広がります。

青谷 龍福寺の写真素材


本堂の前の小さな小さな鐘楼。
指でつまんで鳴らしてみるとキンと軽やかな音。

青谷 龍福寺の写真素材


参道の小さな祠にはお地蔵さんが祀られています。
ほおを手でおさえてガマンする姿の歯痛地蔵菩薩。身代わりになって歯痛を止めてくれるお地蔵さんだそうです。

青谷 龍福寺の歯痛地蔵の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

中天満神社

案内 写真はクリックすれば拡大

城陽市の中天満神社の写真です。青谷梅林の近くです。

中天満神社の写真素材

菅原道真公を祀る天満宮で、この辺りの集落の氏神様です。

中天満神社の写真素材


中天満神社の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年12月 [1]
  2. 2022年9月 [2]
  3. 2022年6月 [2]
  4. 2022年4月 [1]
  5. 2022年3月 [1]
  6. 2022年2月 [1]
  7. 2022年1月 [6]
  8. 2021年12月 [8]
  9. 2021年11月 [1]
  10. 2021年10月 [2]
  11. 2021年9月 [3]
  12. 2021年7月 [1]
  13. 2021年6月 [3]
  14. 2021年5月 [3]
  15. 2021年4月 [1]
  16. 2021年3月 [2]
  17. 2021年2月 [1]
  18. 2020年12月 [3]
  19. 2020年11月 [4]
  20. 2020年10月 [29]
  21. 2020年8月 [34]
  22. 2020年7月 [10]
  23. 2020年6月 [8]
  24. 2020年5月 [21]
  25. 2020年4月 [8]
  26. 2020年3月 [6]
  27. 2020年2月 [4]
  28. 2020年1月 [26]
  29. 2019年12月 [6]
  30. 2019年11月 [2]
  31. 2019年9月 [8]
  32. 2019年8月 [1]
  33. 2019年7月 [10]
  34. 2019年6月 [25]
  35. 2019年5月 [8]
  36. 2019年4月 [16]
  37. 2019年3月 [19]
  38. 2019年2月 [11]
  39. 2019年1月 [12]
  40. 2018年12月 [15]
  41. 2018年11月 [16]
  42. 2018年10月 [67]
  43. 2018年9月 [63]
  44. 2018年8月 [55]
  45. 2018年7月 [29]
  46. 2018年6月 [95]
  47. 2018年5月 [93]
  48. 2018年4月 [93]
  49. 2018年3月 [35]
  50. 2018年2月 [47]
  51. 2018年1月 [10]
  52. 2017年12月 [8]
  53. 2017年11月 [7]
  54. 2017年1月 [4]
  55. 2016年12月 [27]
  56. 2016年11月 [10]
  57. 2016年7月 [1]
  58. 2016年6月 [1]
  59. 2016年4月 [1]
  60. 2016年1月 [1]
  61. 2015年12月 [5]
  62. 2015年8月 [3]
  63. 2015年6月 [4]
  64. 2015年5月 [2]
  65. 2015年3月 [3]
  66. 2014年12月 [2]
  67. 2014年11月 [5]
  68. 2014年10月 [1]
  69. 2014年9月 [3]
  70. 2014年6月 [7]
  71. 2014年5月 [4]
  72. 2014年4月 [1]
  73. 2014年3月 [3]
  74. 2014年2月 [6]
  75. 2014年1月 [9]
  76. 2013年12月 [3]
  77. 2013年9月 [3]
  78. 2013年8月 [3]
  79. 2013年5月 [6]
  80. 2013年4月 [14]
  81. 2013年3月 [7]
  82. 2013年2月 [2]
  83. 2013年1月 [4]
  84. 2012年12月 [4]
  85. 2012年11月 [7]
  86. 2012年10月 [9]
  87. 2012年9月 [8]
  88. 2012年8月 [16]
  89. 2012年7月 [2]
  90. 2012年6月 [1]
  91. 2011年5月 [4]
  92. 2011年4月 [9]
  93. 2010年7月 [1]
  94. 2008年8月 [1]
  95. 2008年7月 [1]
  96. 2008年6月 [2]
  97. 2000年7月 [1]
  98. 2000年5月 [2]
  99. 2000年4月 [1]
  100. 2000年3月 [2]