sozai_head.jpg

タグ「京都市北区」の一覧

金閣寺

案内 写真はクリックすれば拡大

京都を代表する世界遺産のお寺、金閣寺さんの写真です。

金閣寺の写真素材

金閣寺の写真素材

このページには初夏から夏にかけての金閣寺の景色を。

金閣寺の初夏のgif動画素材


金閣寺の初夏のgif動画素材


遠くから無料で見る金閣。
比叡山から遠望。

比叡山から遠望する金閣寺の写真素材

青もみじが美しい金閣寺の写真です。
新緑のまっすぐな参道。
秋だと人だらけなので、こんな無人の写真はこの時期だからこそ。

金閣寺の青もみじの写真素材

カエデに包まれる鐘楼。

金閣寺の青もみじの写真素材

ゴールデンウィーク明けのカキツバタ見頃の金閣寺追加しました。
青空とカキツバタが爽やか。

金閣寺の杜若の写真素材


まさに見頃ピークなのではないかと思います。

金閣寺の杜若の写真素材


金閣寺の杜若の写真素材

金閣寺の杜若の写真素材


金閣が爽やかに光ります。

金閣寺の金閣の写真素材


ゴールデンな鳳凰を大きめに。
たまに鳳凰の頭にカラスがとまって残念なこともあります。

金閣寺の鳳凰の写真素材


金閣寺垣とエスカレーターのような石段。

安眠澤に建つ白蛇の塚。

金閣寺の白蛇の塚の写真素材

初夏の金閣寺のイラスト

金閣寺のイラスト素材


次に夏の金閣寺。

金閣寺の写真素材


夏の金閣寺の舎利殿と鏡湖池の写真です。

定番の写真ですが、空の色も水の色もちょっと冴えません。

金閣寺の写真素材





金閣は漆塗りに金箔を押した豪華絢爛な建物ですが、昭和25年に焼失して、5年後に再建されました。そのため国宝ではなくなりました。


てっぺんには金ぴかの鳳凰が羽を広げます。

金閣寺の写真素材





左大文字の山から見る金閣寺。(屋根しか見えていませんが・・・。)

金閣寺の写真素材





次に9月、快晴の金閣寺舎利殿。


金閣寺の写真素材


金閣寺は、足利義満が応永4年に営んだ山荘・北山殿を、その死後、禅寺に改め、義満の法号をとって鹿苑寺と名付けたものです。

金閣寺と青空の写真素材




実際に見ると鏡湖池はもっと広々としているように感じます。
金閣寺と青空の写真素材





その舎利殿は、宝形造り、こけら葺きの山荘楼閣で、初層は藤原時代の寝殿造り風、第二層は鎌倉時代武家造りの仏間風、第三層は禅宗仏殿風の様式をとり、二層、三層とも漆塗の上に金箔が押されています。(京都観光ナビより)

金閣寺の写真素材




金閣寺の写真素材




金閣寺の写真素材


紅葉の金閣寺の写真はこちらに


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 龍翔寺

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺の龍翔寺さんの写真です。

大徳寺 龍翔寺の写真素材


大徳寺 龍翔寺の写真素材


本派専門道場と呼ばれる修行の場で、非公開。山門から中を見るとたいへん広々とした境内です。

大徳寺 龍翔寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 高桐院

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺高桐院さんでは紅葉の素晴らしい景色を見ることができます。

大徳寺高桐院の紅葉の写真素材


横幅の広い苔庭には、竹林の緑を背景にカエデの黄色や赤が映えます。ど真ん中に石灯籠がひとつ。

大徳寺高桐院の紅葉の写真素材


苔のうえにカエデが散るさまも美しいです。

大徳寺高桐院の紅葉

大徳寺高桐院の紅葉

大徳寺高桐院の紅葉

大徳寺山内の西側に建つ塔頭高桐院さん。常時拝観できる少ないお寺のひとつです。

雪の大徳寺高桐院 入り口の写真素材

絵になる長い一直線。ですが、向こうでカメラを構えて待っている人がいると慌てて通過しなければならなくて焦る道。

雪の大徳寺高桐院 参道の写真素材

高桐院のメインは書院から見る横長のお庭です。小さい灯籠がひとつだけど真ん中に立っています。

雪の大徳寺高桐院 書院の写真素材

これだけ開いているから、足元は冷え冷えです。
長く座っているひとはいませんでした。
こんな日はカメラマンばかりなので、全員奥側に張り付いて譲り合って撮っています。

雪の大徳寺高桐院 書院の写真素材


端から見るお庭。ときどき木に積もった雪がサラサラっと落ちてきます。

雪の大徳寺高桐院 書院の写真素材

高桐院は1601年細川忠興(三斎)が創建したお寺。開山は玉甫紹琮。
書院の前に広がる「楓の庭」は一面の苔とカエデの庭。真ん中の石灯籠は鎌倉時代のもの。
境内には細川三斎とガラシャ夫人の墓がある。
李唐筆の山水画「絹本墨画山水図」二幅は国宝。
大徳寺高桐院の拝観料は大人400円。お抹茶をいただくこともできます。

細川家ゆかりのお寺、大徳寺高桐院さんの写真です。
竹とカエデの参道も美しく、本堂前の苔とカエデの庭園も素敵です。

大徳寺 高桐院の青もみじ

人工的なものは真ん中の灯籠ひとつ。
雨がしとしとと降り続き、境内には数人だけの参拝者。

大徳寺 高桐院の青もみじ


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 三玄院

案内 写真はクリックすれば拡大

拝観謝絶の札がかかる大徳寺三玄院さんの写真です。

大徳寺 三玄院の写真素材


三玄院は、石田三成や長谷川等伯ゆかりのお寺です。

大徳寺 三玄院の写真素材


よく手入れされている小さな前庭。

大徳寺 三玄院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 徳禅寺

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺山内の徳禅寺さんの写真です。
元は船岡山の東に広大な敷地を持つ大寺院でしたが、応仁の乱で焼失。一休宗純の力添えでいまの位置に再興されて、大徳寺の別院となりました。
江戸期には沢庵和尚が住んでいたこともあるそうです。

大徳寺 徳禅寺の写真素材

非公開のお寺です。

大徳寺 徳禅寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 正受院

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺山門の西に建つ正受院さんの写真です。
境内には茶室「瑞応軒」があります。

大徳寺 正受院の写真素材

大徳寺 正受院の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 養徳院

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺山内の養徳院さんの写真です。
足利将軍家の菩提寺。養徳院の名前は足利義満の弟、満詮の法号に由来します。
境内には茶室「閑雲席」があります。

大徳寺 養徳院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 大光院

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺塔頭の大光院さんの写真です。
豊臣秀吉の実弟の豊臣秀長の菩提を弔うために建てられたお寺で、元は奈良にありました。
境内には茶室「蒲庵」があります。

大光院の写真素材

非公開のお寺ですので、見えるのは山門前のみ。

大光院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 興臨院

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺の興臨院さんの写真です。常時拝観できるわけではなく、ときどき特別拝観が行われています。
大徳寺 興臨院の枯山水


方丈前庭は、中根金作氏が往時の姿を復元したお庭。
大徳寺 興臨院の枯山水


大徳寺 興臨院の枯山水

方丈北庭は緑がいっぱい。
大徳寺 興臨院の枯山水


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 大仙院

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺の大仙院さんの写真です。
中では撮影不可ですので、写真は山門の近辺だけです。

大仙院の写真素材

緑がいっぱいのエントランス。外国のかたにも親切な看板。

大仙院の写真素材

国宝の玄関。その向こうに見える屋根もまた国宝の本堂です。

大仙院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 黄梅院

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺黄梅院さんの美しすぎるお庭、千利休作庭の「直中庭」は残念ながら撮影不可。ここに掲載する写真は前庭のみです。
苔とカエデ、前庭だけでもきれいです。つづきはご自分で足をお運びいただくしかありません。

初夏の黄梅院前庭の写真。

大徳寺 黄梅院の写真素材

晩秋の黄梅院前庭。

大徳寺 黄梅院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺

案内 写真はクリックすれば拡大

たくさんの塔頭寺院の集まった大きなお寺、紫野の大徳寺さんの写真です。
(それぞれの塔頭寺院の写真は別のページに掲載します)


南側から見た大徳寺

大徳寺の写真素材


比叡山から見る大徳寺。

大徳寺の写真素材


大徳寺の写真素材


雨のひどい大徳寺法堂。6月だったか。

雨の大徳寺

法堂。天井には「鳴き龍」。狩野探幽が描いたもの。鳴きます!

大徳寺の写真素材

仏殿。天井には狩野元信が描いた雲龍図があります。

大徳寺の写真素材

赤い門は金毛閣。

大徳寺の写真素材


夏の大徳寺金毛閣。

大徳寺の写真素材


雪の金毛閣。

大徳寺山門  金毛閣


この先に国宝の唐門や方丈があります。が、やはり見えませんね。唐門は聚楽第の遺構。

大徳寺の写真素材


方丈は屋根だけちらりと見えます。

大徳寺の写真素材


興臨院のそばの千躰地蔵塚。一画にたくさんのお地蔵さんが集められています。

大徳寺の写真素材


大徳寺の写真素材


船岡山に登って大徳寺を見おろしてみました。

雪の船岡山から大徳寺


大徳寺 高桐院(青もみじ)の写真
大徳寺 高桐院(紅葉)の写真
大徳寺高桐院(雪)の写真
大徳寺 黄梅院の写真
大徳寺 興臨院の写真
大徳寺 孤篷庵の写真
大徳寺 三玄院の写真
大徳寺 真珠庵の写真
大徳寺 瑞峯院の写真
大徳寺 総見院の写真
大徳寺 大仙院の写真
大徳寺 龍源院の写真
大徳寺 龍光院の写真
大徳寺 芳春院の写真


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 真珠庵

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺の真珠庵さんの写真です。真珠という名前は、一休さんが夜の雪のキラキラを表してつけたとか。
表からの写真です。

大徳寺 真珠庵の写真素材

大徳寺 真珠庵の写真素材
大徳寺真珠庵は、一休宗純を開祖とするお寺。 現代作家が描く襖絵が斬新で話題になっています。

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 芳春院

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺山内の芳春院さん。加賀前田家の菩提寺です。
参道の青もみじ。雨がしとしと。

大徳寺 芳春院の紅葉の写真

三門。

大徳寺 芳春院の紅葉の写真

次は、紅葉の季節の写真です。

大徳寺 芳春院の紅葉の写真


前庭だけでもこんなに素敵な紅葉の景色が楽しめます。

大徳寺 芳春院の紅葉の写真


日差しが強くて枯山水はギラギラしてしまいました。方丈前庭(花岸庭)。

大徳寺 芳春院の紅葉の写真


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

鞍馬 地蔵寺と八幡宮

案内 写真はクリックすれば拡大

鞍馬山のふもとの天台宗のお寺、地蔵寺さんの写真です。
椿の花がたくさん咲いています。

鞍馬 地蔵寺の写真素材

山門の前には、杉の木立に囲まれて八幡宮が祀られています。

鞍馬 地蔵寺の八幡宮の写真素材


そのすぐわきの山道を進めば、京都一周トレイル・東海自然歩道となり、薬王坂を経由して天ヶ岳や大原へ歩くことができます。

鞍馬 薬王坂の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

木野愛宕神社

案内 写真はクリックすれば拡大

叡電の木野駅の北西に建つ愛宕神社さんの写真です。
全国にたくさんある火除けの神、愛宕神社のひとつ。

木野愛宕神社の写真素材


鳥居は東を向いています。

木野愛宕神社の写真素材


三つの社が並びます。
左から野々宮社、愛宕御本社、奥宮太郎坊。  

木野愛宕神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

建勲神社(雪・桜)

案内 写真はクリックすれば拡大

雪の積もった建勲神社
こちらは船岡山のふもと。建勲神社の石段の一番下。

雪の建勲神社

建勲神社の社殿。

雪の建勲神社

船岡山の写真はこちら

桜咲く建勲神社

建勲神社の桜

社殿のかたわらに美しい枝垂桜があります。

建勲神社の桜

建勲神社の桜

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

若宮神社(紫野)

案内 写真はクリックすれば拡大

紫野の若宮神社の写真です。
若宮八幡宮とも呼ばれ、石清水八幡宮を本宮とする八幡宮です。

若宮神社(紫野)の写真素材

通りの景色になじんでいて目立ちませんが、鳥居をくぐると静謐な境内にすっと入りこめます。

若宮神社(紫野)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

上品蓮台寺

案内 写真はクリックすれば拡大

千本通りの上品蓮台寺さんは桜の美しいお寺です。
拝観寺院ではありませんが境内はいつも開かれています。
聖徳太子が創建したと伝わり、かつては十二の支院があったので、十二坊とも呼ばれています。いまは三つになっています。

上品蓮台寺の写真素材


山門の桜は早咲きの枝垂桜。

上品蓮台寺の写真素材

形のいい白い枝垂桜です。

上品蓮台寺の写真素材


スモモの木が立派です。

上品蓮台寺の写真素材


紅枝垂桜。この木はもう無くなって、いまは若木に植え替えられました。

上品蓮台寺の写真素材


ソメイヨシノ・紅枝垂桜が散ってからは、八重桜が咲き、長い春を楽しめます。

上品蓮台寺の写真素材


弘法大師が桜に包まれています。

上品蓮台寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

深泥池貴船神社

案内 写真はクリックすれば拡大

深泥池のほとりに建つ深泥池貴船神社さんの写真です。
貴船神社の分社です。

深泥池貴船神社の写真素材


すぐき漬け発祥の地ともいわれています。

深泥池貴船神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [1]
  2. 2021年8月 [1]
  3. 2021年7月 [2]
  4. 2021年6月 [2]
  5. 2021年5月 [3]
  6. 2021年4月 [3]
  7. 2021年3月 [4]
  8. 2021年2月 [1]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [2]
  12. 2020年10月 [8]
  13. 2020年9月 [1]
  14. 2020年8月 [28]
  15. 2020年7月 [6]
  16. 2020年6月 [2]
  17. 2020年5月 [22]
  18. 2020年4月 [4]
  19. 2020年3月 [8]
  20. 2020年2月 [4]
  21. 2020年1月 [27]
  22. 2019年12月 [6]
  23. 2019年11月 [2]
  24. 2019年9月 [18]
  25. 2019年8月 [2]
  26. 2019年7月 [10]
  27. 2019年6月 [35]
  28. 2019年5月 [11]
  29. 2019年4月 [18]
  30. 2019年3月 [2]
  31. 2019年2月 [18]
  32. 2019年1月 [12]
  33. 2018年12月 [16]
  34. 2018年11月 [20]
  35. 2018年10月 [67]
  36. 2018年9月 [80]
  37. 2018年8月 [57]
  38. 2018年7月 [33]
  39. 2018年6月 [93]
  40. 2018年5月 [105]
  41. 2018年4月 [101]
  42. 2018年3月 [34]
  43. 2018年2月 [37]
  44. 2018年1月 [7]
  45. 2017年12月 [11]
  46. 2017年11月 [10]
  47. 2017年10月 [2]
  48. 2017年1月 [4]
  49. 2016年12月 [32]
  50. 2016年11月 [13]
  51. 2016年7月 [2]
  52. 2016年6月 [2]
  53. 2016年4月 [1]
  54. 2016年1月 [1]
  55. 2015年12月 [8]
  56. 2015年8月 [3]
  57. 2015年6月 [5]
  58. 2015年5月 [2]
  59. 2015年3月 [4]
  60. 2014年12月 [2]
  61. 2014年11月 [5]
  62. 2014年10月 [1]
  63. 2014年9月 [5]
  64. 2014年6月 [9]
  65. 2014年5月 [4]
  66. 2014年4月 [1]
  67. 2014年3月 [3]
  68. 2014年2月 [8]
  69. 2014年1月 [9]
  70. 2013年12月 [4]
  71. 2013年9月 [3]
  72. 2013年6月 [1]
  73. 2013年5月 [11]
  74. 2013年4月 [14]
  75. 2013年3月 [8]
  76. 2013年2月 [2]
  77. 2013年1月 [4]
  78. 2012年12月 [5]
  79. 2012年11月 [12]
  80. 2012年9月 [16]
  81. 2012年8月 [23]
  82. 2012年7月 [2]
  83. 2012年6月 [1]
  84. 2012年2月 [2]
  85. 2011年5月 [5]
  86. 2011年4月 [9]
  87. 2010年7月 [1]
  88. 2008年8月 [1]
  89. 2008年7月 [1]
  90. 2008年6月 [2]
  91. 2000年7月 [1]
  92. 2000年5月 [2]
  93. 2000年4月 [1]