sozai_head.jpg

タグ「京都市中京区」の一覧

京都市役所

案内 写真はクリックすれば拡大

河原町御池の角に建つ京都市役所の写真です。
1927年竣工のレトロな建物です。京都市長さんのいるところ。

京都市役所の写真素材

京都市役所の写真素材


目の前の交差点で祇園祭の辻回し。

京都市役所の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

壬生寺

案内 写真はクリックすれば拡大

壬生寺さんの写真です。
節分会と壬生狂言が有名なお寺です。
991年創建の律宗のお寺。

壬生寺の写真素材

お盆の万灯供養会。雨脚の強いなか、参拝者がちらほらと。

壬生寺 万灯供養会の写真素材


壬生寺の写真素材


千体仏塔と本堂。

壬生寺の写真素材


門の外からも千体仏塔がよく見えます。

壬生寺の写真素材


節分の壬生寺。大勢の参拝客でごったがえします。壬生狂言がくりかえし上演されます。

壬生寺 節分会の写真素材

真冬ですが、たくさんの屋台も出てにぎやかです。

壬生寺の写真素材

壬生寺は新選組ゆかりの地としても知られています。新選組の隊士たちが訓練を行った場所でもあり、実際に隊士たちが壬生狂言を見て楽しんだことも記録にあるそうです。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

梛神社(元祇園社)

案内 写真はクリックすれば拡大

元祇園とも呼ばれる梛神社の写真です。
八坂神社の古址にあたる神社です。交通量の多い四条通り沿いに建ちます。

梛神社(元祇園社)の写真素材


梛神社(元祇園社)の写真素材


梛神社(元祇園社)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

新徳寺

案内 写真はクリックすれば拡大

壬生寺の向かいに建つ新徳寺さんの写真です。
のちに新選組となる浪士組が京都に入ってすぐ集合したお寺で、本堂では清河八郎が彼らに向かって演説を行いました。
通常は拝観できません。

新徳寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

行願寺(革堂)

案内 写真はクリックすれば拡大

御所の南側、寺町通り沿いに建つ行願寺さんの写真です。
お参りする人の多い町なかのお寺です。

行願寺(革堂)の写真素材


創建は1004年と古いですが、町なかのお寺の宿命で、何度も火災に遭い移転をくり返しています。
現在地には1708年頃に建ちました。

行願寺(革堂)の写真素材

木漏れ日を浴びる石仏。

石仏 行願寺(革堂)の写真素材


藤袴といえば革堂さん。
境内ぜんぶ藤袴というくらいたくさんの鉢が置かれています。

行願寺(革堂)の写真素材

10月です。

行願寺(革堂)の写真素材


絶滅寸前といわれた花ですが、多くのかたの努力により最近はあちこちで見かけるようになりました。

行願寺(革堂)の写真素材

行願寺(革堂)の写真素材

行願寺(革堂)の写真素材


花に誘われて、アオスジアゲハがひらひら。

行願寺(革堂)の写真素材

アサギマダラも来ています。

行願寺(革堂)の写真素材

ネコが何匹かいます。

行願寺(革堂)の写真素材

蓮の花咲く7月の境内。

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材


ガラスに映る白とピンク。

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材


空は快晴。

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材


蜘蛛の糸も輝く。

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

蛸薬師堂

案内 写真はクリックすれば拡大

新京極のアーケード街に建つ蛸薬師さん。永福寺。
なで蛸はテカテカと光り、つるつる良い手触りでした。

蛸薬師の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

錦天満宮と錦市場

案内 写真はクリックすれば拡大

錦天満宮の鳥居は両側のビルに刺さっていて、よく話題になります。

錦天満宮の写真素材

小さな境内ですが、お参りするひとはたくさん。

錦天満宮の写真素材


雨の日。薄暗く提灯に火が入っています。

錦天満宮の写真素材

錦天満宮の前から西へずっと続く錦小路通のアーケード商店街、錦市場。京都錦市場商店街。
400年をこえる歴史を持つ京の台所です。

錦市場の写真素材

狭い道なので、大混雑する時期も多いです。

錦市場の写真素材


写真素材として使えるように、人だけぼかす工夫をしてみました。
錦市場、平日でもなかなか進まないくらい大勢のお客さんで賑わっています。外国の人がとても多い。

錦市場の写真素材


夏の錦市場。

夏の錦市場の写真素材


祇園祭の提灯が吊られています。

夏の錦市場の写真素材

夏の錦市場の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

下御霊神社

案内 写真はクリックすれば拡大

御所の南側にある下御霊神社さんの写真です。

下御霊神社の紅葉の写真素材


鳥居は西向き。笑う狛犬の表情がとても良いです。写ってませんが。

下御霊神社の紅葉の写真素材


10月。たくさんの藤袴が咲いていました。

下御霊神社の藤袴の写真素材


下御霊神社の藤袴の写真素材


下御霊神社の藤袴の写真素材


11月。境内の大きなカエデは塀の外にあふれだしています。ボロボロの塀が風流です。

下御霊神社の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

本能寺

案内 写真はクリックすれば拡大

本能寺(ほんのうじ)

あの本能寺の変の本能寺さんの写真です。 が、本能寺はそのとき焼失したうえ、場所を移転しています。
本能寺の写真素材

本能寺の写真素材

本能寺の変(ほんのうじのへん)は1582年に京都で起きたクーデター。
明智光秀が謀反を起こして、本能寺に泊まっていた主君である織田信長を自殺させた事件。
明智光秀の「敵は本能寺にあり」のセリフが有名ですね。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

二条城

案内 写真はクリックすれば拡大

二条城(にじょうじょう)

京都の世界遺産のひとつ二条城。 手前は京都御苑で、奥の緑が二条城。
京都御苑と二条城の写真


二の丸御殿。
二条城の写真素材


天守閣跡からの眺め。
二条城の写真素材

比叡山や大文字も見えます。

二条城の写真素材

この東南隅櫓は天明の大火で焼けなかった古いもの。重要文化財。

二条城の写真素材


二条城の写真素材


外側を歩いてみます。南側の堀。

二条城の写真素材


西側の堀。水草がびっしりで水面が見えません。

二条城の写真素材



石垣はいろいろな時代のものがあるようで、おもしろいです。

二条城の写真素材


北側のこのあたりは膨らんでみえるように錯覚してしまいます。

二条城の写真素材





二条城の桜


二条城は桜の名所でもあります。
堀川通の向かいから八重桜越しに見る開城前の二条城。
二条城の写真素材


天守閣跡から見下ろす桜。
二条城の写真素材




城内には50品種約400本の桜が植えられていて、豪華なお花見ができます。
こちらは里桜。


二条城の雪景色

開城時間前でしたので、中の写真はありません。 二条城の南東角の雪景色です。道路は真っ白け。
雪の二条城の写真素材


雪の二条城と濠の写真素材

このあとは神泉苑に行きました。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

御金神社

案内 写真はクリックすれば拡大

御金神社(みかねじんじゃ)

金運財運アップのご利益で人気の御金神社は小さな神社ですが、金の鳥居がまばゆいです。
元々は金属の神様でしたが、いつしか金運の強大なパワーを誇る神様として、全国から参拝者の訪れる神社となりました。
年々知名度が上がっているようで、お正月には長〜い行列ができる日も。 御金神社
鳥居も金色。お天気の日はもっと光っています。
御金神社の金色鳥居
鳥居に比べて、拝殿本殿は落ち着いた印象。
御金神社の拝殿

イチョウ形の絵馬には金運を祈願することばがずらり。
写真を撮りましたが、あまりにも個人情報がそのまま書いてあるので、ここでのアップは遠慮しておきます...。

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

神泉苑

案内 写真はクリックすれば拡大

神泉苑の雪景色

雪の日の朝7時前の神泉苑です。 御池通りも真っ白で、クルマもあまり走っていません。 北側の門は閉まっているのを知らなかった。
神泉苑の雪景色 御池通りからの写真素材

南側の歩道から。

神泉苑の雪景色の写真素材

静まり返っている池に映る赤い橋、法成橋。
善女竜王社は金色に光る。

神泉苑の雪景色 池と赤い橋の写真素材

垣根はサザンカで、たくさんの花が咲いていますが、雪の下で目立ちません。

神泉苑の雪景色 池と赤い橋 サザンカの写真素材


神泉苑のツツジ


ツツジ満開の5月の神泉苑
神泉苑のツツジの写真素材

神泉苑のツツジの写真素材

法成就池のまわりをぐるりとツツジが彩ります。

神泉苑のツツジの写真素材


ただし、池の周りをずっと歩けるわけではないので、遠目に見るだけのところもあります。

神泉苑のツツジの写真素材



4月。桜咲く神泉苑の池。

京都 神泉苑の桜の写真素材

二条城の南側にある神泉苑は東寺真言宗のお寺。
二条城の南といっても、元は平安京大内裏に接して造営された禁苑で、二条城自体が昔は神泉苑の敷地でした。
桓武天皇を始めとして歴代の天皇が行幸しています。
西寺の守敏と東寺の空海が雨乞いバトルをしたのもここ。
源義経と静御前が電撃の出会いを果たしたのもこの神泉苑であります。
863年に神泉苑で行われた御霊会が祇園祭の起源とされています。

ご本尊は聖観音・不動明王・弘法大師。
境内の法成就池のほとりの歳徳神は可動式で、毎年年の暮れに恵方にロックオンされます。
境内には料亭「祇園神泉苑平八」があります。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

祇園祭 宵山

案内 写真はクリックすれば拡大

祇園祭宵山の写真です。
日暮れの後。だんだんと空は濃い色に。高〜い位置に月のシルエット。

京都祇園祭 宵山の写真素材

日程が土日祝日となったので、たいへんな人出になりました。
その代わりに17日の山鉾巡行は昨年より人出は減り、16万人と発表されました。2012年の写真です。

京都 祇園祭 宵山の写真素材

ホテルオークスは現在はスマイルホテルに変わっています。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



京都 祇園祭 宵山の写真素材


放下鉾。




いちばん手前は傘鉾のちょうちん。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



月鉾。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



祇園祭のツアーはクラブツーリズムで


月鉾。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



月鉾。
京都 祇園祭 宵山の写真素材


月鉾。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



ちまきは一年間の無病息災を願い、軒に吊るします。

京都 祇園祭 ちまきの写真素材




宵山の昼間。
鶏鉾と家族。

京都 祇園祭 鶏鉾の写真素材



逆光の長刀鉾。

京都 祇園祭 長刀鉾の写真素材



長刀鉾。
京都 祇園祭 長刀鉾の写真素材


長刀鉾。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



月鉾。

月鉾 祇園祭 宵山の写真素材


月鉾。

月鉾 祇園祭 宵山の写真素材


月鉾。

月鉾 祇園祭 宵山の写真素材


南観音山。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



北観音山。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



大船鉾。

京都 祇園祭 宵山の写真素材


大船鉾。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



白楽天山。

京都 祇園祭 宵山の写真素材



月鉾の先と彩雲。

彩雲と祇園祭の月鉾の写真素材




このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [5]
  2. 2021年8月 [2]
  3. 2021年7月 [2]
  4. 2021年6月 [2]
  5. 2021年5月 [3]
  6. 2021年4月 [3]
  7. 2021年3月 [4]
  8. 2021年2月 [1]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [1]
  12. 2020年10月 [8]
  13. 2020年8月 [28]
  14. 2020年7月 [6]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [26]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [67]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [57]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [93]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [34]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [10]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]