sozai_head.jpg

タグ「京都市下京区」の一覧

京都駅の写真

案内 写真はクリックすれば拡大

京都市の玄関口、京都駅の写真です。
1997年に完成した4代目の駅舎です。駅舎というには巨大です。
地上16階、地下3階。幅は東西500m近くあります。
豊臣秀吉の築いた御土居の跡でもあります。

京都駅の写真素材


東側から見た京都駅です。

京都駅の写真素材


青空に白と水色の爽やかな京都駅。そして京都タワー

京都駅の写真素材


大岩山から遠望する京都駅と京都タワー。

京都駅の写真素材

京都駅の大階段を見上げて。
中は大規模な吹き抜けの空間です。4000枚のガラスから明るい光が入ります。
この日はJR京都駅ビル大階段駆け上がり大会が行われていました。

京都駅の写真素材

階段ばかりです。こんなとこ走るのか。やだな。

京都駅の写真素材


京都タワーから見おろす京都駅。

京都駅の写真素材

京都駅ビルから見下ろす景色。京都駅ビルの西側の端です。
新幹線と近鉄線の向こうには世界遺産東寺の伽藍。
西側はけっこうたくさんの人がくつろいでいて、東側は少なめかも。

京都駅の写真素材

京都駅の南口。南面は、どちらかといえば栄えていないほう。
コインパーキングの料金も安い。

京都駅の写真素材


近鉄京都駅。

京都駅の写真素材


京都駅の写真素材

続きましては、新幹線のホーム。

京都駅 新幹線のホームの写真素材

新幹線がやってきます。新幹線の写真はこちらに。

京都駅 新幹線のホームの写真素材

広告も京都らしい商品が多いです。

京都駅の写真素材

ホーム下の土産物屋さん。

京都駅の土産物屋 写真素材


京都駅の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

西本願寺

案内 写真はクリックすれば拡大

西本願寺(にしほんがんじ)

国宝の建物がいくつもある世界遺産西本願寺の写真です。 東本願寺の写真はこちら


まずは巨大な阿弥陀堂。国宝です。

西本願寺の写真素材


巨大な御影堂。国宝です。

西本願寺の写真素材


阿弥陀堂や御影堂の床の埋め木を見始めたら、おもしろくて止まりません。

西本願寺の床の埋め木 写真素材


エレファント発見。

西本願寺の床の埋め木 写真素材


西本願寺の国宝「唐門」。別名「日暮らし門」とも呼ばれる豪華絢爛な門。

西本願寺 唐門の写真素材


いつでも無料で見ることができる国宝美術ですね。

西本願寺 唐門の写真素材


この奥には白書院・黒書院・北能舞台など国宝がたくさんあります。

西本願寺の写真素材


本願寺伝道院。

西本願寺の写真素材


5月、ツツジ満開の西本願寺、お西さん。

西本願寺のツツジの写真素材

西本願寺のツツジの写真素材


南北に長い塀に、どこまでも続くツツジ。

西本願寺のツツジの写真素材

西本願寺境内の巨大なイチョウの樹が真っ黄色になると壮観です。

西本願寺のイチョウ 写真素材

その大きさは下の人々や経堂と比べればわかりますね。

西本願寺のイチョウ 写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

東本願寺

案内 写真はクリックすれば拡大

京都駅の北側、東本願寺。お東さん。

京都駅から見る東本願寺の写真素材


京都駅からもすぐそこに見えます。

京都駅から見る東本願寺の写真素材


東本願寺の写真素材


阿弥陀堂の修復中は大きな駅みたいでした。

東本願寺の写真素材

修復が終わり、いまはきらびやかな姿を見ることができます。

東本願寺の写真素材


東本願寺の写真素材

御影堂。

東本願寺の写真素材


東本願寺の写真素材


阿弥陀堂。

東本願寺の写真素材


大きな御影堂門。

東本願寺の写真素材


御影堂門から京都タワーのほうを見て。

東本願寺の写真素材


南側のお堀には蓮が咲きます。

東本願寺の蓮の写真素材


東本願寺の蓮の写真素材


渉成園(枳殻邸)の写真はこちら
西本願寺の写真はこちら


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

蓮光寺

案内 写真はクリックすれば拡大

長講堂のお隣りの蓮光寺さんの写真です。

蓮光寺の写真素材

ご本尊の阿弥陀如来は快慶の作。(文化財指定はお断りしておられるそうです。)
通常非公開ですが、予約すれば拝観できます。

蓮光寺の写真素材


灯籠にはシャネルのマーク。輪違い紋。

蓮光寺の写真素材

境内右手には平清盛の乗る馬を止めたという駒止地蔵があります。
小さなお堂の中に想像以上に大きなお地蔵さんがおられます。
鴨川の河原の刑場にずっと置かれていたお地蔵さん。時折、「うちの先祖はこのお地蔵さまの前で首を切られました。」といって子孫の方が遠方からお参りに来られるそうです。

蓮光寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

本覚寺

案内 写真はクリックすれば拡大

五条通の本覚寺さんの写真です。ここは平安時代の「河原院」の跡地。
山門をくぐればまた山門。

本覚寺の写真素材


本覚寺の写真素材

本覚寺の写真素材

本堂のかたわらに大きな瓶があります。英語表記です。駐留軍の置き土産だということです。

本覚寺の写真素材


本覚寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

正行院(猿寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

京都駅の東に建つ正行院さんの写真です。
猿にまつわる言い伝えが残っているので、猿寺の名で知られています。
写真はありませんが、堂内には上人のひざの上で合掌をする猿の木像があります。

正行院(猿寺)の写真素材


サイドに建つ地蔵堂にはいつでもお詣りできます。輪形地蔵さんです。

正行院(猿寺)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

興正寺

案内 写真はクリックすれば拡大

西本願寺の南に建つ興正寺さんの写真です。

興正寺の写真素材


興正寺の写真素材


南側が御影堂。

興正寺の写真素材


北側が阿弥陀堂。

興正寺の写真素材


御影堂と阿弥陀堂と、右端のお堂はとなりの西本願寺。

興正寺の写真素材

三門の内側両側に大きな梅の木があります。

興正寺の写真素材


紅白一本ずつで、咲くタイミングはずれるのですが、特に紅梅はびっくりするほど見事に咲きます。

興正寺の写真素材


梅を見るだけでも足を運ぶ価値があります。

興正寺の写真素材


かわいらしいデザインの経蔵。

興正寺の写真素材


大修復中の興正寺さん。足場がすごい高さまで組み上げられていて迫力があります。

修理中の興正寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都水族館

案内 写真はクリックすれば拡大

JR京都駅の西側、梅小路公園の中に建つ京都の新しい名所「京都水族館」。
京都水族館の写真素材


京都水族館

京都になぜ水族館?なんていう声もありますが、たくさんの工夫もあり、楽しいところです。
京都水族館

イルカショーをしている時間は水族館前の芝生に座っていても、ジャンプするイルカが垣間見えます。
今回はタイミングを外してしまい、イルカレス写真です。
京都水族館


こどもは予想外にチンアナゴなんかに反応しますね。
京都水族館

見えた!
京都水族館



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都 祇園祭 宵山

案内 写真はクリックすれば拡大
祇園祭宵山の写真です。
日暮れの後。だんだんと空は濃い色に。高〜い位置に月のシルエット。
京都祇園祭 宵山の写真素材

日程が土日祝日となったので、たいへんな人出になりました。その代わりに17日の山鉾巡行は昨年より人出は減り、16万人と発表されました。2012年の写真です。
京都 祇園祭 宵山の写真素材

ホテルオークスは現在はスマイルホテルに変わっています。
京都 祇園祭 宵山の写真素材

京都 祇園祭 宵山の写真素材

大船鉾。復活を果たす前。
京都 祇園祭 宵山の写真素材

放下鉾。
いちばん手前は傘鉾のちょうちん。
京都 祇園祭 宵山の写真素材

月鉾。
京都 祇園祭 宵山の写真素材

祇園祭のツアーはクラブツーリズムで
月鉾。
京都 祇園祭 宵山の写真素材

月鉾。
京都 祇園祭 宵山の写真素材

月鉾。
京都 祇園祭 宵山の写真素材

ちまきは一年間の無病息災を願い、軒に吊るします。
京都 祇園祭 ちまきの写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

光縁寺

案内 写真はクリックすれば拡大

壬生の光縁寺さんの写真です。知恩院の系列のお寺です。
新選組との交流もあったお寺で、隊士の弔いや埋葬もしたそうです。
山南敬介のお墓があります。
(写真準備中)

光縁寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ