sozai_head.jpg

タグ「ライトアップ」の一覧

京都の鉄道(嵯峨野トロッコ列車)

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡と嵐山を結び、保津川沿いを走る嵯峨野トロッコ列車は30分足らずの旅ですが、とても楽しいです。

トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


まずは桜の季節。トロッコ亀岡駅を出てすぐに桜ほぼ100%の桜のトンネルをくぐります。

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


すぐそばから見上げるトロッコ列車。

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

対岸から見る桜のトンネル。

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


新緑の桜のトンネル。小雨が降る日。

トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津川くだりの船と併走したり、クロスしたり。

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

煙を吐いて通過する嵯峨野トロッコ列車。左奥の山に桜咲く。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


嵯峨野トロッコ列車の写真素材


トロッコ嵯峨駅を出発するトロッコ列車。亀岡方面は客車のほうが前。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


トロッコ嵯峨駅を俯瞰。

トロッコ嵯峨駅 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

トロッコ嵯峨駅 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

トロッコ嵯峨駅とトロッコ嵐山駅のあいだ。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


秋。向こうの嵐山が色づいています。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


嵯峨野トロッコ列車の写真素材


市街地を抜けてだいぶん観光地っぽい雰囲気に。夏。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡駅の園部方面のホームから。安全に簡単に見ることができる絶景。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡駅の京都方面のホームから。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

駅の下の河原から。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

清々しい新緑の季節。
大きい岩のところで。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


水しぶき。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


トロッコ保津峡駅の跨線橋から。
JR保津峡駅からトロッコ保津峡駅へは10分ほど歩けば行けます。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

桜の木が多いので、春はまた格別。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

請田神社から続く保津川沿いの林道を歩けば、素敵な景色があちこちに。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

対岸を走るトロッコ列車がよく見えます。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

危なっかしい山肌に線路が続きます。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


アフロヘアーのトロッコ列車。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津川下りの船のほうが本数が多く、次々と下っていきます。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


次は紅葉盛りの嵯峨野トロッコ列車。
線路端にはカエデが植えられていて、素敵な景色があちこちに現れます。

保津峡駅のホームから目眩く紅葉の景色を見ることができます。
うまい具合に保津川下りの船も来ました。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津峡駅の下の河原から見るトロッコ列車。
水の流れの穏やかなところで。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


流れの速いところから。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


橋梁にさしかかるトロッコ列車。
落合橋の近くから見て。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材

嵐山高雄パークウェイから見て。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材

嵐山高雄パークウェイから見る嵯峨野トロッコ列車。ツツジ満開のゴールデンウィーク。

嵐山高雄パークウェイから見た嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津川渓谷は谷がとても深くて京都らしくない景色ですね。

嵐山高雄パークウェイから見た嵯峨野トロッコ列車の写真素材

西日を受けてギラギラの保津川のほとりを走ります。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


夜になりました。
ライトアップされたカエデ並木のなかへ入っていきます。

嵯峨野トロッコ列車 紅葉ライトアップの写真素材

トロッコ亀岡駅は狸だらけ。
列車が駅に停まっている時間はけっこう短く、5分で折り返しのスタートとなります。

トロッコ亀岡駅 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


トロッコ保津峡駅も狸だらけ。
山にはたくさんのヤマフジが咲いています。4月の終わり頃。

トロッコ保津峡駅 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

萬福寺

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治の萬福寺さんの写真です。

宇治 萬福寺ランタンの写真素材

牌楼式の総門。

萬福寺の写真素材


萬福寺の写真素材

扁額には「第一義」と書かれています。

萬福寺の写真素材


開山はインゲン豆の隠元禅師。天王殿にはにこやかな布袋さんがおられます。

真ん中の石は歩かず、少しわきを歩きましょう。

宇治 萬福寺の写真素材

宇治 萬福寺の写真素材

伽藍の至るところに中国風の装飾が見られます。

宇治 萬福寺の写真素材

欄干は卍くずしの勾欄。

宇治 萬福寺の写真素材

朱色の通玄門。

宇治 萬福寺の写真素材

宇治 萬福寺の写真素材


春の夜のイベント、萬福寺ランタン。

宇治 萬福寺ランタンの写真素材


参道も紫や緑に照らされて妖しい雰囲気。

宇治 萬福寺ランタンの写真素材


妖しく派手なライトアップのもと、大雄宝殿をバックに様々な中国の催しがあります。
変面、揚琴と二胡、中国獅子舞、講談、龍舞など、普段は見慣れないものが見られてとても新鮮です。

宇治 萬福寺ランタンの写真素材


変面。

宇治 萬福寺ランタンの写真素材

揚琴と二胡。

宇治 萬福寺ランタンの写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

高台寺

案内 写真はクリックすれば拡大

北政所ねねさんゆかりの高台寺さんの写真です。
青もみじのトンネルになった台所坂。

高台寺 台所坂の青もみじの写真素材


ねねの道を歩いていて思わずすいこまれそうになる景色です。

高台寺 台所坂の青もみじの写真素材


新緑のころの庫裏の前。

高台寺 新緑


波心庭。美しい枝垂桜は元気な葉桜に。

高台寺 新緑

新緑の臥龍池。

高台寺 新緑の臥龍池 写真素材


雨の臥龍池。向こうの斜めの屋根は臥龍廊。

高台寺 雨の臥龍池の写真素材


臥龍池と臥龍廊。

高台寺 雨の臥龍池の写真素材

秋の高台寺の波心庭。

高台寺 秋の写真素材
高台寺、紅葉の写真をもっと見る


雪の降る日の高台寺、石段。

高台寺 雪の写真素材


雪の降る日の高台寺、庫裏。

高台寺 雪の写真素材


しだれ桜咲く春の高台寺波心庭。

高台寺 桜の写真素材


いまお庭に残っている桜は一本だけですが、たいへん形の良い絵になる枝垂桜です。

高台寺 桜の写真素材


高台寺 桜の写真素材


春の夜の高台寺波心庭ライトアップ。

高台寺 桜のライトアップ写真素材


毎年、演出はがらりと変わり、見逃せません。

高台寺 桜ライトアップの写真素材

高台寺 桜ライトアップの写真素材


桜にライトを当て続けないように、ほとんどは暗い時間です。
明るくなるのはほんの数秒。

高台寺 桜ライトアップの写真素材

竹林のライトアップも美しい。

高台寺 竹林 ライトアップの写真素材

竹の隙間に光るのはお月さん。

高台寺 竹林 ライトアップの写真素材


夜の臥龍廊。

高台寺 臥龍廊 ライトアップの写真素材

ねねの道の写真も載せておきます。
石畳が改装されてきれいになったねねの道。
人力車がひんぱんに通ります。

ねねの道の写真素材


いちおう車道なのでクルマも通ります。

ねねの道の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清水寺

案内 写真はクリックすれば拡大

世界遺産、清水寺、きよみずさんの写真です。
夕日を浴びる清水の舞台はまことに美しいです。

夕日の清水寺の写真素材

三重塔も立体感が増します。

清水寺の写真素材


清水寺の写真素材

お昼まで雨だったので、空気が澄んでいて夕日ビカビカです。
桜も咲き始めています。

夕日の清水寺の写真素材


清水寺の写真素材


清水寺の夜間拝観は春と夏と秋の年3回。
三重塔から上空に向けまっすぐに放射される(ようにみえる)青い光。

清水寺のライトアップ写真素材


天を衝く光。

ライトアップの清水寺三重塔の写真素材


雨が強く、光のかたちが変わっていきます。

清水寺のライトアップ写真素材


光の造形に見とれてしまい、なかなか立ち去れません。

清水寺のライトアップ写真素材


茶碗坂から。

清水寺の写真素材

清水寺の梅の写真素材


梅の咲く仁王門。

清水寺の写真素材

梅の咲く西門。

清水寺の写真素材


清水寺の梅の写真素材

清水寺の写真素材


清水寺の写真素材


清水寺の写真素材


三重塔の側面の装飾。

清水寺の写真素材

西門。

清水寺の写真素材


全体像。

清水寺の写真素材


冬の夕日を浴びて染まる伽藍。

清水寺の写真素材


清水寺の写真素材

ミニチュア写真っぽく。

清水寺の写真素材

京都駅から見る清水寺。

京都駅から見る清水寺の写真素材


サツキの花が咲いているのも見えます。

京都駅から見る清水寺の写真素材


遠く西京極から見る清水寺。
清水寺は高い位置に建っていますので、目を凝らせばいろんなところから見えます。

西京極から見る清水寺の遠景の写真素材

清水寺を京都リサーチパークから遠望。

京都リサーチパークから見た清水寺の写真素材


清水寺を金閣寺あたりから遠望。

金閣寺から見た清水寺の写真素材


さらに遠く西山から見る清水寺。京都駅の向こうに見えます。

清水寺の遠景の写真素材

東寺の五重塔のうしろに清水寺が一望できました。

清水寺と東寺の夜景の写真素材

日没前の清水寺の三重塔。

清水寺 日没の写真素材

三重塔は夜間拝観でない日もほんのりとライトアップされています。

清水寺の三重塔と満月の夜景の写真素材

三重塔と満月。曇り空であきらめていましたが、朧月になりました。

清水寺の三重塔と満月の夜景の写真素材


ひとけのない夜の茶碗坂で。

清水寺の三重塔の夜景の写真素材


ほんの一瞬だけ月が見えた。

清水寺の三重塔と満月の夜景の写真素材


別の日。大きな満月が出た。まだ明るいので色が薄いです。

清水寺と満月の夜景の写真素材


五条通りの歩道橋から見る三重塔。ここからなら西門も見えます。

清水寺の写真素材


梅が咲いていますね。

清水寺の三重塔の写真素材


清水寺の正面、仁王門と西門、そして三重塔。

清水寺の写真素材

燃える秋の清水の舞台。

清水寺の紅葉

夕暮れ。

清水寺の舞台の写真素材


青もみじの清水の舞台。
清水寺の青もみじの写真素材


うっすらと雪積もるの清水の舞台。


舞台を見下ろして。
本堂の屋根の葺き替えが終わりました。

清水寺の本堂の写真素材


三重塔を見下ろして。

清水寺の本堂の写真素材


桜の夜の清水寺。


成就院のほうへ向かう道沿の石仏群。

桜・夏・紅葉・雪などは別のページにそれぞれまとめました。
清水寺(青もみじ)
清水寺(夏)
清水寺(紅葉)
清水寺(雪)
清水寺 成就院
清水寺 随求堂
清水寺 泰産寺



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

知恩院

案内 写真はクリックすれば拡大

浄土宗の総本山、知恩院さんの写真です。
遠く比叡山から見た知恩院。奥には八坂の塔が見えます。

知恩院の写真素材


京都駅ビルから見た知恩院。
左上には大文字。

知恩院の写真素材

ライトアップされた山門。

知恩院の山門ライトアップの写真素材


産寧坂から見る知恩院

知恩院の写真素材

東大路に近い門。

知恩院の写真素材

巨大な知恩院三門。桜のころ。

知恩院の三門の写真素材

三門は1621年、将軍徳川秀忠のころに作られたもの。
「華頂山」の額だけでも畳2畳を上回るそうで、とにかく巨大な門という印象です。

知恩院の三門の写真素材

知恩院の写真素材


また別の年の桜風景。

知恩院の山門の桜の写真素材


知恩院の山門の桜の写真素材

知恩院の桜 写真素材


知恩院の桜 写真素材

知恩院の桜 写真素材


屋根のカーブが優美。

知恩院の三門の写真素材


男坂の石段は段差が高くてたいへん。こどものころは家の階段もこんなふうに感じたのかななどと思いながら登ります。

知恩院の写真素材


多宝塔。

知恩院の写真素材


多宝塔まわりの桜。

知恩院の桜 写真素材


国宝の御影堂。巨大なので大殿(だいでん)とも呼ばれます。

知恩院の写真素材


御影堂と桜。

知恩院の桜 写真素材


御影堂と桜。

知恩院の桜 写真素材

友禅苑から桜越しに見る三門。

知恩院の友禅苑 写真素材

方丈庭園の唐門前のしだれ桜。

知恩院の方丈庭園の桜 写真素材


ピンクの枝垂ですが、かなり早咲きの桜です。

知恩院の方丈庭園の桜 写真素材

広い庭園は江戸時代初期につくられたもの。建物は大方丈と小方丈が建ちます。

知恩院の方丈庭園の写真素材

北池と南池に分かれています。

知恩院の方丈庭園の写真素材

奥には小さな権現堂。

知恩院の方丈庭園の写真素材


70トンの知恩院の大鐘楼。除夜の鐘のときにテレビのニュースに映る鐘です。お坊さんが17人がかりで撞きます。
高さ3.3メートル、直径2.8メートル、重さはなんと約70トン!
この知恩院の釣鐘に並ぶ大鐘といえば、奈良東大寺、京都方広寺が挙げられます。
鐘楼も大きいので、ぱっと見はその大きさが飲み込めませんが、近づいてみるとバカデカいことがわかります。
除夜の鐘のとき以外にこの鐘が突かれるのは、4月の法然上人の御忌大会。

知恩院の鐘

紅葉の季節の知恩院境内。納骨堂の前の秋景色です。

知恩院の写真素材


知恩院の写真素材


知恩院の紅葉写真素材

知恩院の紅葉写真素材

紅葉越しにふりかえる御影堂。

知恩院の写真素材


勢至堂。さらに奥に進めば濡髪大明神があります。

知恩院の写真素材

右手は断層のような地形になっていて、迫ってくるかのような紅葉景色が見られます。

知恩院の紅葉写真素材

知恩院の紅葉写真素材


知恩院の紅葉写真素材

知恩院の写真素材


石段わきのみかんがたわわ。

知恩院の写真素材


青く光る夜の山門。

知恩院の山門ライトアップの写真素材

勢至堂の枝垂れ桜。幹がすごく斜めなのに勢いよく咲いています。

知恩院の桜 写真素材

知恩院の桜 写真素材

知恩院の桜 写真素材

納骨堂と桜。

知恩院の桜 写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

青蓮院

案内 写真はクリックすれば拡大

「粟田御所」青蓮院さんの写真です。
まず目に入るのは巨大なクスノキとがっしりした薬医門。

青蓮院の写真素材

こんなサイズのクスノキが5本もあります。親鸞聖人お手植えの楠といわれているので、樹齢は800年を超えていることになります。
どれも巨大ですが、最近1本だけ虫の被害に遭い大きく枝を切られてしまいました。通りの向かい側まで枝を伸ばしていた見事なクスノキでしたが。

青蓮院のクスノキの写真素材


相阿弥の庭の青もみじ。池は龍心池。霧島ツツジもたくさんあります。

青蓮院相阿弥の庭の写真素材


青蓮院の青もみじの写真素材


霧島の庭。

青蓮院の霧島ツツジの写真素材


宸殿の前には右近の橘と左近の桜が植えられていて、門跡寺院らしい光景となっています。

青蓮院宸殿の写真素材

紅葉の青蓮院の庭園。

青蓮院門跡の紅葉の写真素材

青蓮院門跡の紅葉の写真素材


青蓮院門跡の紅葉の写真素材


毎年、ライトアップも行われています。

青蓮院門跡の紅葉ライトアップの写真素材


妖しい青い光に誘われて境内へ。

青蓮院門跡の紅葉ライトアップの写真素材

灯りはとても控えめで暗く、昔の夜といった印象。

青蓮院門跡の紅葉ライトアップの写真素材


青蓮院門跡の紅葉ライトアップの写真素材

霧島の庭の大きなカエデもほんのりと照らされ赤く赤く。

青蓮院門跡の紅葉ライトアップの写真素材

秋から冬の夜間拝観では宸殿前の苔庭に青いライトがちりばめられ、とてもきれいです。

青蓮院宸殿の写真素材

巨大なクスノキが目をひく青蓮院さんの雪景色。

雪の青蓮院門跡の写真素材

雪の青蓮院門跡の写真素材

障子や扉を開け放たれた室内はとても寒く、特に足が冷え冷え〜。

雪の青蓮院門跡の写真素材


植髪堂。境内の北にあり、拝観料の要らないエリアに建つお堂です。

青蓮院の植髪堂の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [2]
  3. 2021年6月 [2]
  4. 2021年5月 [4]
  5. 2021年4月 [3]
  6. 2021年3月 [4]
  7. 2021年2月 [1]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [8]
  12. 2020年9月 [1]
  13. 2020年8月 [17]
  14. 2020年7月 [4]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [27]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [64]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [67]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [94]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [35]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [12]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]