sozai_head.jpg

タグ「フジバカマ」の一覧

水尾の風景(柚子・フジバカマ・清和天皇陵・円覚寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

京都市右京区の水尾(嵯峨水尾)の風景の写真です。

水尾のフジバカマとアサギマダラ 写真素材


保津峡の駅から4キロほど北の山に囲まれた地域で、愛宕山のふもとです。
読み方はみずおですが、かつては「みずのお」「みのお」ともいったそうです。

水尾のゆずの 写真素材


山の中の静かな集落です。
地元のかたによると「家はけっこうたくさんあるけど、住んでないとこも多いよ」と。

水尾のゆずの 写真素材

柚子栽培が盛んで、柚子風呂も有名。

水尾のゆずの 写真素材


水尾のゆずの 写真素材


通り雨のあと、柚子にしずく。

水尾のゆずの 写真素材


スズメバチの巣が巨大。

水尾の蜂の巣 写真素材


清和源氏の祖である清和天皇ゆかりの地で、清和天皇陵、清和天皇社があります。
円覚寺と清和天皇社
小学校の校庭を横切ると、円覚寺が建ちます。

水尾の円覚寺の写真素材


水尾の円覚寺の写真素材

水尾の円覚寺の写真素材


さらに進むと、地域の氏神さまである清和天皇社があります。うっそうとして暗い森の中といった雰囲気です。

水尾の清和天皇社の写真素材


水尾の清和天皇社の写真素材


お地蔵さん。

水尾のお地蔵さん 写真素材

清和天皇陵
集落の西側を水尾川が流れます。
清和天皇陵へは集落からいったん水尾川の谷筋まで下りて、向いの山を鉄塔近くまで登ることになります。軽い気持ちで登るとけっこうつらい思いをすることになります。
晴れのはずが雨になり、砂利は歩きにくく、石畳は滑りやすく、実際つらい思いをしました。

水尾の清和天皇陵の写真素材


また晴れてきました。

水尾の清和天皇陵の写真素材


水尾のフジバカマ
休耕田ではフジバカマが育てられています。地域のかたやボランティアのかたががんばっています。
10月初旬にはフジバカマ鑑賞会が行われていて、畑のなかに入って散策することができます。
運が良ければ、渡り蝶のアサギマダラが乱舞する様子を見ることができます。
アサギマダラが気温に敏感なので、暑くなるとどこかへ隠れてしまうそうです。

水尾のフジバカマとアサギマダラ 写真素材


アサギマダラはたくさん飛んでいましたが、飛んでいる瞬間を撮るのはやっぱり難しい。

水尾のフジバカマとアサギマダラ 写真素材


フジバカマ鑑賞会の期間外は畑には入れませんが、それでもまあまあ近くから鑑賞することができますので、行ってみても良いかもしれません。

水尾のフジバカマとアサギマダラ 写真素材

見学に来たおばちゃんがたびたび「この蝶々はなんていう蝶々ですのん?」と地域のひとに尋ねます。地域のひとはその都度丁寧に教えていますが、あとで小さい声で、
「なんや蝶の名前も知らんとここまで来たはんのかいな...。」とつぶやいておられました。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大原野神社

案内 写真はクリックすれば拡大

大原野神社さんの写真です。
青もみじが美しいまっすぐな参道。

大原野神社の写真素材


大原野神社の社殿。

大原野神社の写真素材


大原野神社の写真素材


大原野神社は奈良の春日大社から勧請を受け建てられた神社で、「京春日」「京の春日さん」とも呼ばれます。
なので、お使いは鹿。

大原野神社の紅葉の写真素材

天皇がしばしば鷹狩りに訪れた地でもあり、紫式部も氏神さまとして大切にした神社だということです。
大原野神社の敷地は8万3千平方メートルもあり、ほとんどの部分は山林となっています。

大原野神社の写真素材


初秋の参道。

大原野神社の写真素材

大原野神社の写真素材

参道途中の鯉沢池の写真です。
夏は白い睡蓮がポツポツと咲き、鯉が泳ぎます。亀もたくさんいます。

大原野神社の池の写真素材

見事な紅葉の大原野神社

大原野神社の紅葉の写真素材


大原野神社の紅葉の写真素材


大原野神社の紅葉の写真素材


秋の鯉沢池。まるでモネの池のような色鮮やかな印象に。

大原野神社の紅葉の写真素材


大原野神社の紅葉の写真素材

こちらは参道の茶店あたり。参拝客でとてもにぎわっています。

大原野神社の紅葉の写真素材

春の大原野神社の注目は、三日間ほどしか咲かない幻の千眼桜。
ぼろんぼろんとした花の塊が枝垂れる不思議な樹形です。

大原野神社の紅葉の写真素材

10月初旬。フジバカマの列が社殿を飾っていました。

大原野神社の写真素材


大原野神社の写真素材


大原野神社の写真素材

お約束のアサギマダラは2頭来ていました。

大原野神社の写真素材

大原野神社の写真素材

大原野神社の写真素材


大原野神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

善峯寺

案内 写真はクリックすれば拡大

大原野の善峯寺さんの写真です。

遠くから見る善峯寺の写真素材

桜の名所であり、紫陽花の名所であり、紅葉の名所でもあります。秋明菊の景色も知られています。西山の中腹に建ち、眺望も素晴らしいお寺です。
徳川綱吉の生母、桂昌院ゆかりのお寺でもあります。


山門。拝観受付はここにあります。

善峯寺の山門の写真素材


雨の日の山門。

雨の善峯寺の写真素材


山門と新緑。

善峯寺の写真素材


山門をくぐったところの景色。夕方。

善峯寺の写真素材


本堂。ご本尊は十一面千手観世音菩薩。

善峯寺の本堂の写真素材


本堂とフジバカマ。

善峯寺 フジバカマの写真素材


本堂はまだまだ下のほうにあり、ここからどんどんと山を登っていくことになります。

善峯寺の写真素材


長い長い飛龍の松。

善峯寺の桜の写真素材


写真に撮るのは難しすぎです。長さを表現できません。

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

桂昌院お手植えの枝垂桜。

善峯寺の桜の写真素材

善峯寺の桜の写真素材


多宝塔と紅枝垂桜。

善峯寺の桜の写真素材

高低差があるので、桜の咲くタイミングはかなりずれます。下のほうの桜が満開でも上のほうはツボミだったりします。

善峯寺の桜の写真素材

しあわせ地蔵の向こうに広がる桜あじさい苑。

善峯寺の桜の写真素材

自分の回りの人の幸せを願いつつ、桜を見る。

善峯寺の桜の写真素材

どの桜も大きくて立派です。

善峯寺の桜の写真素材


蜜を吸いに来るヤマガラ。

善峯寺の桜とヤマガラの写真素材


どんどん登っていきます。

善峯寺の桜の写真素材


見下ろせば圧巻の景色。

善峯寺の桜の写真素材


池に映るしだれ桜も見ることができます。

善峯寺の桜の写真素材


絵馬堂と葉桜になった桂昌院お手植えの枝垂桜。

善峯寺の写真素材

多宝塔と新緑。

善峯寺の写真素材

サツキが咲き始めました。

善峯寺の写真素材

かなり上まで登ってきました。桂昌院さんの前からの見晴らしが素晴らしい。

善峯寺の写真素材


桂昌院さんのシルエットの向こうに京都の市街が広がります。

善峯寺の写真素材

善峯寺の桜の写真素材


シュウメイギク溢れる石段。

善峯寺の写真素材

溢れかえるシュウメイギク。

善峯寺の写真素材


石段上から見下ろす景色。

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

京都タワー、京都駅、清水寺、東寺の五重塔などがなかなか良いバランスで見えます。
手前の緑は桂川の土手。

善峯寺からの眺望の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

雨に煙る善峯寺さんの紫陽花苑の写真です。ひと回りするとずぶ濡れになります。

善峯寺の紫陽花の写真素材

別の日の善峯寺の紫陽花苑の写真。
今回は快晴でちょっと風情がありませんが、紫陽花の色がくっきり鮮やかです。

善峯寺の紫陽花の写真素材


善峯寺の紫陽花の写真素材


善峯寺の紫陽花の写真素材

シュウメイギクの咲くのは10月。
境内の至るところに植えられていて豪華です。

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

シュウメイギクの咲くなかにアサギマダラ。よく見るとフジバカマが少し咲いていました。

善峯寺のアサギマダラ写真素材


善峯寺のアサギマダラ写真素材

逃げないので、近くから。

善峯寺のアサギマダラ 写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材


善峯寺の紅葉写真はこちらに



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

廬山寺

案内 写真はクリックすれば拡大

紫式部が源氏物語を書いていたまさにその場所とされる廬山寺さんの写真です。
カエデは塀の向うからお庭に枝を差し掛けています。

廬山寺の紅葉写真素材

廬山寺の紅葉写真素材

節分には鬼が三匹やってくる。先頭は赤鬼。

廬山寺の鬼の写真素材

廬山寺さんの桔梗のお庭「源氏の庭」。


桔梗は見頃期間が長いので、7月〜8月に行けば美しい光景が見られます。

廬山寺の桔梗

廬山寺の桔梗


入り口にフジバカマの鉢が置かれています。

廬山寺のフジバカマの写真素材


アオスジアゲハが飛ぶ。

廬山寺のフジバカマの写真素材

廬山寺のフジバカマの写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年10月 [2]
  2. 2021年9月 [3]
  3. 2021年8月 [2]
  4. 2021年7月 [2]
  5. 2021年6月 [2]
  6. 2021年5月 [3]
  7. 2021年4月 [3]
  8. 2021年3月 [3]
  9. 2021年2月 [1]
  10. 2021年1月 [1]
  11. 2020年12月 [3]
  12. 2020年11月 [1]
  13. 2020年10月 [23]
  14. 2020年8月 [28]
  15. 2020年7月 [9]
  16. 2020年6月 [8]
  17. 2020年5月 [20]
  18. 2020年4月 [8]
  19. 2020年3月 [6]
  20. 2020年2月 [4]
  21. 2020年1月 [25]
  22. 2019年12月 [6]
  23. 2019年11月 [2]
  24. 2019年9月 [18]
  25. 2019年8月 [2]
  26. 2019年7月 [10]
  27. 2019年6月 [35]
  28. 2019年5月 [9]
  29. 2019年4月 [18]
  30. 2019年3月 [19]
  31. 2019年2月 [18]
  32. 2019年1月 [12]
  33. 2018年12月 [19]
  34. 2018年11月 [18]
  35. 2018年10月 [67]
  36. 2018年9月 [85]
  37. 2018年8月 [57]
  38. 2018年7月 [31]
  39. 2018年6月 [91]
  40. 2018年5月 [96]
  41. 2018年4月 [91]
  42. 2018年3月 [34]
  43. 2018年2月 [35]
  44. 2018年1月 [10]
  45. 2017年12月 [8]
  46. 2017年11月 [10]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [27]
  49. 2016年11月 [10]
  50. 2016年7月 [1]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [5]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [4]
  63. 2014年6月 [7]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [6]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年8月 [2]
  72. 2013年6月 [1]
  73. 2013年5月 [8]
  74. 2013年4月 [14]
  75. 2013年3月 [7]
  76. 2013年2月 [2]
  77. 2013年1月 [4]
  78. 2012年12月 [4]
  79. 2012年11月 [8]
  80. 2012年10月 [9]
  81. 2012年9月 [8]
  82. 2012年8月 [18]
  83. 2012年7月 [2]
  84. 2012年6月 [1]
  85. 2011年5月 [4]
  86. 2011年4月 [9]
  87. 2010年7月 [1]
  88. 2008年8月 [1]
  89. 2008年7月 [1]
  90. 2008年6月 [2]
  91. 2000年7月 [1]
  92. 2000年5月 [2]
  93. 2000年4月 [1]
  94. 2000年3月 [1]