sozai_head.jpg

タグ「トロッコ列車」の一覧

京都の鉄道(嵯峨野トロッコ列車)

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡と嵐山を結び、保津川沿いを走る嵯峨野トロッコ列車は30分足らずの旅ですが、とても楽しいです。

トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


まずは桜の季節。トロッコ亀岡駅を出てすぐに桜ほぼ100%の桜のトンネルをくぐります。

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


すぐそばから見上げるトロッコ列車。

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

対岸から見る桜のトンネル。

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


新緑の桜のトンネル。小雨が降る日。

トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津川くだりの船と併走したり、クロスしたり。

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

桜 トロッコ亀岡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

煙を吐いて通過する嵯峨野トロッコ列車。左奥の山に桜咲く。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


嵯峨野トロッコ列車の写真素材


トロッコ嵯峨駅を出発するトロッコ列車。亀岡方面は客車のほうが前。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


トロッコ嵯峨駅を俯瞰。

トロッコ嵯峨駅 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

トロッコ嵯峨駅 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

トロッコ嵯峨駅とトロッコ嵐山駅のあいだ。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


秋。向こうの嵐山が色づいています。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


嵯峨野トロッコ列車の写真素材


市街地を抜けてだいぶん観光地っぽい雰囲気に。夏。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡駅の園部方面のホームから。安全に簡単に見ることができる絶景。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡駅の京都方面のホームから。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

駅の下の河原から。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

清々しい新緑の季節。
大きい岩のところで。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


水しぶき。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


トロッコ保津峡駅の跨線橋から。
JR保津峡駅からトロッコ保津峡駅へは10分ほど歩けば行けます。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

桜の木が多いので、春はまた格別。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

請田神社から続く保津川沿いの林道を歩けば、素敵な景色があちこちに。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

対岸を走るトロッコ列車がよく見えます。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

危なっかしい山肌に線路が続きます。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


アフロヘアーのトロッコ列車。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津川下りの船のほうが本数が多く、次々と下っていきます。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


次は紅葉盛りの嵯峨野トロッコ列車。
線路端にはカエデが植えられていて、素敵な景色があちこちに現れます。

保津峡駅のホームから目眩く紅葉の景色を見ることができます。
うまい具合に保津川下りの船も来ました。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津峡駅の下の河原から見るトロッコ列車。
水の流れの穏やかなところで。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


流れの速いところから。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


橋梁にさしかかるトロッコ列車。
落合橋の近くから見て。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材

嵐山高雄パークウェイから見て。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材

嵐山高雄パークウェイから見る嵯峨野トロッコ列車。ツツジ満開のゴールデンウィーク。

嵐山高雄パークウェイから見た嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津川渓谷は谷がとても深くて京都らしくない景色ですね。

嵐山高雄パークウェイから見た嵯峨野トロッコ列車の写真素材

西日を受けてギラギラの保津川のほとりを走ります。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


夜になりました。
ライトアップされたカエデ並木のなかへ入っていきます。

嵯峨野トロッコ列車 紅葉ライトアップの写真素材

トロッコ亀岡駅は狸だらけ。
列車が駅に停まっている時間はけっこう短く、5分で折り返しのスタートとなります。

トロッコ亀岡駅 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


トロッコ保津峡駅も狸だらけ。
山にはたくさんのヤマフジが咲いています。4月の終わり頃。

トロッコ保津峡駅 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

保津川・保津峡

案内 写真はクリックすれば拡大

保津川の写真です。
保津川は亀岡盆地から保津峡をぐねぐねと蛇行しながら激しく流れ、嵐山渡月橋を越えると桂川と名を変えます。
関ヶ原の戦いの少し後、1606年に角倉了以が舟運を開き、丹波と山城をつなぐ路線となりました。

向こうに見えるのは亀岡の市街。

保津川の写真素材


トロッコ列車がやってきます。

保津川の写真素材
トロッコ列車の写真はこちらにまとめました。


保津川下りの船がやってきます。

保津川くだりの写真素材
保津川下りの写真はこちらに。

渓谷沿いに林道が通っていて、ハイキングコースとしても素晴らしい。

保津川の写真素材


トロッコ列車を見ながらのハイキング。

保津川の写真素材


それほどひんぱんには来ません。1時間に2本。

保津川の写真素材


JR保津峡駅へと渡る赤い鉄橋。

保津川の写真素材

トロッコ列車の駅「トロッコ保津峡」。

保津川 トロッコ保津峡駅の写真素材

深い峡谷です。

保津川の写真素材


よくこんなところに線路を作ったものです。

保津峡の写真素材

唐櫃越えの林道から見下ろすグネグネの保津川。

保津峡の写真素材

保津川の写真素材


ラフティングのボートが来ました。

保津川の写真素材


楽しそうな声がこだまする。ラフティング日和ですね。

保津川の写真素材

保津川の写真素材


橋梁のしたを二隻が併走。

保津川の写真素材


橋梁を派手なラッピングの列車が渡ります。

JR山陰線 保津川の写真素材


JR山陰線 保津川の写真素材

嵐山高雄パークウェイを走れば、保津川を見下ろす展望台がいくつかあります。

嵐山高雄パークウェイの眺望の写真素材

ときおり、保津川くだりの船が通ります。
保津川くだりは、亀岡から嵐山までを2時間かけて下る観光船。

保津川の写真素材


トロッコ列車は橋の上でしばらく停まります。

保津川の写真素材


こちらは50号線から。パークウェイの展望台と同じような方向の眺めです。

保津川の写真素材

落合橋の近くで川はぐいんと曲がります。

保津川の写真素材

大悲閣千光寺から見る保津川。

大悲閣千光寺の紅葉


嵐山の展望台から見る冬の保津川と大悲閣千光寺。

大悲閣千光寺の雪景色の写真素材


渡月橋の近く。流れもゆるやかになり、保津川はこのへんでおしまい。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [2]
  3. 2021年6月 [2]
  4. 2021年5月 [4]
  5. 2021年4月 [3]
  6. 2021年3月 [4]
  7. 2021年2月 [1]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [8]
  12. 2020年9月 [1]
  13. 2020年8月 [17]
  14. 2020年7月 [4]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [27]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [64]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [67]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [94]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [35]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [12]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]