sozai_head.jpg

タグ「シャガ」の一覧

愛宕念仏寺

案内 写真はクリックすれば拡大

愛宕念仏寺の石仏

奥嵯峨の清滝トンネルに近いところに建つ愛宕念仏寺さんは1200体もの石の羅漢さんで有名です。
愛宕念仏寺の石仏の写真素材


愛宕念仏寺の石仏の写真素材


愛宕念仏寺の雪景色

奥嵯峨 愛宕念仏寺の雪景色画像です。
京都市内より雪深い山あいです。
愛宕念仏寺の雪景色の写真素材

京都奥嵯峨 愛宕念仏寺の雪景色です。石仏に囲まれた多宝塔にも雪が積もります。 愛宕念仏寺の雪景色の写真素材

愛宕念仏寺の新緑とシャガ

4月5月になると境内はシャガの花だらけ。
愛宕念仏寺の写真素材


青もみじも清々しい。
愛宕念仏寺の石仏の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

シャガの群生地(綾部市老富町)

案内 写真はクリックすれば拡大

綾部市老富町のシャガの群生地の写真です。

綾部のシャガの群生地の写真素材


かなり最近に知られ始めた場所です。
杉林を間伐したら、自生したシャガがどんどん増えて素敵な群生の景色になったそうです。

綾部のシャガの群生地の写真素材


場所は府道1号線の福井県との県境ギリギリのところ。
駐車場も2箇所に作られており、府道からすぐで、細い山道などもないので、車でも行きやすいです。
協力金200円をポストにカランと入れて入山します。

綾部のシャガの群生地の写真素材

三脚のカメラマンも大勢おられましたが、4ヘクタール以上もあり、広いのでそれほど邪魔になりません。
犬の散歩の方も多いですね。
写真は満開の少し前、7分咲きといったタイミングでしょうか。

綾部のシャガの群生地の写真素材

シャガの花には黄色と紫の模様がありますが、遠目に見れば真っ白。たいへん清らかで神秘的な景色と思えます。

綾部のシャガの群生地の写真素材

綾部のシャガの群生地の写真素材


シャガの見頃はゴールデンウィーク前後。2019年はゴールデンウィークが明けてからしばらくして満開に。
次々と花が咲くので、見頃は一週間以上続くそうです。

綾部のシャガの群生地の写真素材

巨木に挟まれる小さな祠。

綾部のシャガの群生地の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [2]
  3. 2021年6月 [2]
  4. 2021年5月 [4]
  5. 2021年4月 [3]
  6. 2021年3月 [4]
  7. 2021年2月 [1]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [8]
  12. 2020年9月 [1]
  13. 2020年8月 [17]
  14. 2020年7月 [4]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [27]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [64]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [67]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [94]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [35]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [12]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]