sozai_head.jpg

タグ「キリシマツツジ」の一覧

平等院

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治の世界遺産、平等院さんの写真です。
川向いの山から見る夕方の平等院。

平等院の写真素材

平等院といえば、まずは藤。

平等院鳳凰堂の藤棚の写真素材


藤棚の藤は毎年ゴールデンウィークに見頃になります。

平等院の藤棚の写真素材


なので観光客はいっぱいです。
人の写らない一瞬を隅のほうでひたすら待つしかないのです。

平等院鳳凰堂の写真素材


藤棚に風が吹き抜ける。

平等院鳳凰堂の藤棚の写真素材


風が止まる。

平等院鳳凰堂の藤棚の写真素材


霧島ツツジが真っ赤。

平等院鳳凰堂の藤棚の写真素材

藤は毎年剪定が行われますので、房のあるうちに撮らなくてはなりません。
切ったあとに訪れるとなんともいえず悲しい気分に。

平等院鳳凰堂の藤棚の写真素材


平等院鳳凰堂の写真素材

蜂の羽音がぶんぶんとうるさいくらい。

平等院鳳凰堂の写真素材

門前の藤は3種類。

平等院の藤棚の写真素材


平等院鳳凰堂の藤棚の写真素材


赤い門に藤。

平等院鳳凰堂の写真素材


夕暮れの平等院鳳凰堂。平成の大修理以前の写真です。

平等院鳳凰堂の写真素材

修理がほぼ終わったときの写真。
5月の連休のころの平等院鳳凰堂です。
阿弥陀さんの前は見学するひとがかなり詰まっています。整理券制なので人数制限があります。

平等院鳳凰堂の写真素材

日本の誇るザ・10円玉。

平等院鳳凰堂の写真素材

平等院鳳凰堂の写真素材


10円玉。太陽が真上に。

平等院鳳凰堂の写真素材


雲の表情が豊か。宇治は空が広いですね。

平等院鳳凰堂の写真素材


今日は阿弥陀さんは見えません。

平等院鳳凰堂の写真素材

こちらは4月下旬の霧島ツツジのころの阿字池と鳳凰堂の写真。
大きめの写真です。

平等院鳳凰堂の写真素材

鳳凰は後ろから見たほうが近いです。

平等院鳳凰堂の鳳凰の写真素材


快晴で鳳凰もまぶしい。

平等院鳳凰堂の写真素材


桜咲く平等院鳳凰堂はまさにお浄土。

平等院鳳凰堂の桜の写真素材

池のほとりの紅しだれ桜の姿が美しすぎてクラクラします。

平等院鳳凰堂の桜の写真素材

数は多くはありませんが、じつに良い場所に植えられています。

平等院鳳凰堂の桜の写真素材

平等院鳳凰堂の桜の写真素材


池をふた回りしても立ち去り難かったです。

平等院鳳凰堂の桜の写真素材


平等院鳳凰堂の写真素材


平等院鳳凰堂の写真素材

ツツジの刈り込み。平等院の刈り方は上が平たいテーブル型。

平等院鳳凰堂の写真素材


平等院鳳凰堂の写真素材

平等院鳳凰堂の写真素材

平等院鳳凰堂の写真素材


秋の平等院鳳凰堂

平等院鳳凰堂の写真素材


紅葉シーズンの平等院もまぶしく美しい。

平等院鳳凰堂の写真素材

カエデの木はたくさんあり、紅葉の名所のひとつです。

平等院の紅葉

左側の鐘楼のところにもカエデが密集しています。

平等院の紅葉


青空で清々しい晩秋でした。正面近くから撮影すると紅葉はあまり入りませんが。

平等院の紅葉

とても広い敷地ですが、修学旅行やツアーの団体さんがどっと入るとごった返します。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

正伝永源院

案内 写真はクリックすれば拡大

建仁寺の境外塔頭の正伝永源院さん。
正伝院と永源庵が合わさって正伝永源院になったそうです。
そのお庭は、春の桜と霧島つつじの頃、秋の紅葉の頃に一層美しくなります。
正伝永源院

写真は4月終わりのキリシマツツジの頃。
正伝永源院


正伝永源院とキリシマツツジ


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

随心院

案内 写真はクリックすれば拡大

山科の随心院さんの写真です。
初めて見るとおどろく襖絵。

随心院の襖絵の写真素材

塀からあふれる桜と椿。

随心院の写真素材


随心院の桜の写真素材


随心院の桜の写真素材


真っ赤なキリシマツツジ。

随心院の庭園の写真素材

ピンクのトキワマンサク。

随心院の庭園の写真素材


随心院の庭園の写真素材

シャクナゲ。

随心院の庭園の写真素材

庭園の青もみじ

随心院の皐月と青もみじの写真素材


ツツジとサツキが2列になっていて、6月はサツキがきれいです。

随心院の皐月と青もみじの写真素材


紅葉。

随心院のもみじの写真素材


小野の梅苑。

随心院の梅の写真素材

3月の後半に見頃を迎える遅めの梅が多いです。

随心院の梅の写真素材


梅らしい格好の良い枝ぶり。

随心院の梅の写真素材


開催されるはねずおどりと満開のタイミングが合えば、ほんとうに美しい空間になります。

随心院の梅の写真素材

随心院の梅の写真素材


随心院の梅の写真素材

唐実桜でしょうか。梅と同時に満開でした。

随心院の梅の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

梅宮大社(霧島ツツジ・藤・花菖蒲 他)

案内 写真はクリックすれば拡大

子授け・安産の神。また酒造の神として信仰を集める梅宮大社さんの写真です。
梅宮大社の楼門。随身門。

梅宮大社


梅宮大社拝殿と本殿。

梅宮大社


梅宮大社


ゴールデンウィークの梅宮大社の神苑では霧島ツツジが見頃でした。

梅宮大社の霧島ツツジ


梅宮大社の霧島ツツジ


梅宮大社

藤が咲く北神苑。

梅宮大社

花菖蒲もたくさん。

梅宮大社

ネコは縁側で昼寝中。
たくさんの猫が大切に飼われています。

梅宮大社のネコの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

長岡天満宮(霧島ツツジ・桜・花菖蒲 他)

案内 写真はクリックすれば拡大

長岡京市の長岡天満宮さんの写真です。
まずは桜咲く八条池の鳩。

長岡天満宮の写真素材

八条池のまわりの桜。

長岡天満宮の桜の写真素材

長岡天満宮の拝殿。

長岡天満宮の写真素材


拝殿。

長岡天満宮の写真素材

かたわらに牛二頭。

長岡天満宮の写真素材


長岡天満宮の写真素材


長岡天満宮の写真素材


長岡天満宮でもっとも知られているお花はキリシマツツジ。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


真っ赤で目がクラクラする長岡天神霧島ツツジの写真です。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


参道の真ん中を赤に埋もれて歩くことができます。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


京都にも霧島ツツジが植えられた場所はたくさんありますが、これほどまでに霧島ツツジに特化した景色はここだけでしょう。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


すごい花の密度です。ショッキングな赤の雲です。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


あいかわらず無防備な鳩たち。すぐ近くに降りてきます。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材

長岡天満宮正面の参道だけでなく、八条池のまわりにも真っ赤なライン。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材

種類が違うのか赤みが異なる霧島ツツジもあります。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材

八条池の向こうは京料理の筍亭(じゅんてい)。

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材


京料理といえば京料理のおせちお取り寄せ

長岡天満宮の霧島ツツジの写真素材

長岡天満宮のキリシマツツジ写真の写真素材

5月になり、緑になったキリシマツツジ。

長岡天満宮の写真素材





6月花菖蒲のころの長岡天満宮八条池。

長岡天満宮の花菖蒲の写真素材


長岡天満宮の花菖蒲の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年10月 [2]
  2. 2021年9月 [3]
  3. 2021年8月 [2]
  4. 2021年7月 [2]
  5. 2021年6月 [2]
  6. 2021年5月 [3]
  7. 2021年4月 [3]
  8. 2021年3月 [3]
  9. 2021年2月 [1]
  10. 2021年1月 [1]
  11. 2020年12月 [3]
  12. 2020年11月 [1]
  13. 2020年10月 [23]
  14. 2020年8月 [28]
  15. 2020年7月 [9]
  16. 2020年6月 [8]
  17. 2020年5月 [20]
  18. 2020年4月 [8]
  19. 2020年3月 [6]
  20. 2020年2月 [4]
  21. 2020年1月 [25]
  22. 2019年12月 [6]
  23. 2019年11月 [2]
  24. 2019年9月 [18]
  25. 2019年8月 [2]
  26. 2019年7月 [10]
  27. 2019年6月 [35]
  28. 2019年5月 [9]
  29. 2019年4月 [18]
  30. 2019年3月 [19]
  31. 2019年2月 [18]
  32. 2019年1月 [12]
  33. 2018年12月 [19]
  34. 2018年11月 [18]
  35. 2018年10月 [67]
  36. 2018年9月 [85]
  37. 2018年8月 [57]
  38. 2018年7月 [31]
  39. 2018年6月 [91]
  40. 2018年5月 [96]
  41. 2018年4月 [91]
  42. 2018年3月 [34]
  43. 2018年2月 [35]
  44. 2018年1月 [10]
  45. 2017年12月 [8]
  46. 2017年11月 [10]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [27]
  49. 2016年11月 [10]
  50. 2016年7月 [1]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [5]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [4]
  63. 2014年6月 [7]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [6]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年8月 [2]
  72. 2013年6月 [1]
  73. 2013年5月 [8]
  74. 2013年4月 [14]
  75. 2013年3月 [7]
  76. 2013年2月 [2]
  77. 2013年1月 [4]
  78. 2012年12月 [4]
  79. 2012年11月 [8]
  80. 2012年10月 [9]
  81. 2012年9月 [8]
  82. 2012年8月 [18]
  83. 2012年7月 [2]
  84. 2012年6月 [1]
  85. 2011年5月 [4]
  86. 2011年4月 [9]
  87. 2010年7月 [1]
  88. 2008年8月 [1]
  89. 2008年7月 [1]
  90. 2008年6月 [2]
  91. 2000年7月 [1]
  92. 2000年5月 [2]
  93. 2000年4月 [1]
  94. 2000年3月 [1]