sozai_head.jpg

京都の山・川・海・自然 一覧

るり渓

案内 写真はクリックすれば拡大

南丹市園部町の高原に広がる渓谷、るり渓の写真です。
園部川に沿って岩や滝や淵がところどころにあり、そばを歩くだけでも楽しいところ。
カジカやオオサンショウウオも棲息しているそう。


(写真はあとで追加します)

るり渓の写真素材


るり渓の写真素材


るり渓の写真素材

ミツバツツジが彩るネパール友好の塔。

るり渓の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

和束町の茶畑

案内 写真はクリックすれば拡大

茶源郷と呼ばれる京都府相楽郡和束町の茶畑風景の写真です。
アップダウンのある独特な地形のいたるところに茶畑が広がっており、散策するだけでも心が和みます。
見上げると高い崖のようなところを白い軽トラが走っていたり、急坂を軽トラがバックで降りてきたりするシーンも見られ、栽培する茶農家のかたがたのスキルは並大抵のものではないなあと感じます。

まずは有名な石寺の茶畑。
京都府景観資産第1号に登録されている風光明媚な場所です。

和束町の茶畑の写真素材

真ん中の小屋が景色の中心に。
新茶の季節の爽やかな緑の茶畑です。

和束町の茶畑の写真素材


少し北へ進んだ高い位置から見る景観。

和束町の茶畑の写真素材

丘の上の安積親王陵墓。
聖武天皇の皇子で17歳で亡くなったかた。
太鼓山とも呼ばれるそうです。陵墓と参道の他はすべて茶畑になっています。

和束町の茶畑の写真素材

秋の安積親王陵墓。黒いカバーは外されました。

和束町の茶畑の写真素材


眺め抜群の天空カフェ。

和束町の茶畑の写真素材


和束町の茶畑の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

シャガの群生地(綾部市老富町)

案内 写真はクリックすれば拡大

綾部市老富町のシャガの群生地の写真です。

綾部のシャガの群生地の写真素材


かなり最近に知られ始めた場所です。
杉林を間伐したら、自生したシャガがどんどん増えて素敵な群生の景色になったそうです。

綾部のシャガの群生地の写真素材


場所は府道1号線の福井県との県境ギリギリのところ。
駐車場も2箇所に作られており、府道からすぐで、細い山道などもないので、車でも行きやすいです。
協力金200円をポストにカランと入れて入山します。

綾部のシャガの群生地の写真素材

三脚のカメラマンも大勢おられましたが、4ヘクタール以上もあり、広いのでそれほど邪魔になりません。
犬の散歩の方も多いですね。
写真は満開の少し前、7分咲きといったタイミングでしょうか。

綾部のシャガの群生地の写真素材

シャガの花には黄色と紫の模様がありますが、遠目に見れば真っ白。たいへん清らかで神秘的な景色と思えます。

綾部のシャガの群生地の写真素材

綾部のシャガの群生地の写真素材


シャガの見頃はゴールデンウィーク前後。2019年はゴールデンウィークが明けてからしばらくして満開に。
次々と花が咲くので、見頃は一週間以上続くそうです。

綾部のシャガの群生地の写真素材

巨木に挟まれる小さな祠。

綾部のシャガの群生地の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

比叡山のある風景写真

案内 写真はクリックすれば拡大

平安京の鬼門にあたる山、京都盆地の北の方ならどこからでも見える山、世界遺産延暦寺の山、比叡山。
比叡山を借景としているお庭もたくさんあります。
そんな比叡山のある風景をいくつか。


叡電と比叡山


三宅八幡の駅を出るとまっすぐ比叡山に向かって走る「ひえい」。
叡電のひえいの写真素材


圓通寺から見る比叡山


比叡山を借景とする枯山水庭園ではもっとも有名な圓通寺さん。この景色を維持するためのストーリーが興味深いです。
圓通寺の枯山水庭園の紅葉の写真素材


写真を撮るにはお天気と時間をよーく考えねばなりません。
圓通寺の写真素材


妙満寺から見る比叡山


比叡山がよく見える妙満寺。本堂は比叡山を向いています。
妙満寺の紅葉の写真素材

正伝寺から見る比叡山

正伝寺のさつきの枯山水に比叡山。 正伝寺の写真素材

正伝寺の写真素材

常寂光寺から見る比叡山

真っ赤なカエデの遥か向こうに比叡山。
常寂光寺の紅葉の写真素材

清凉寺から見る比叡山

清凉寺の境内の東から、大きな枝垂桜の向こうに比叡山。
清涼寺から桜越しに見る比叡山の写真素材

天寧寺から見る比叡山

額縁門のメインは比叡山。 天寧寺の写真素材

枝垂桜の咲きっぷりも見事。
天寧寺の写真素材

京都府立植物園から見る比叡山

バラ咲き誇る借景に比叡山。 京都府立植物園の写真素材


大悲閣千光寺から見る比叡山


嵐山の大悲閣千光寺から紅葉の山の彼方に比叡山。
大悲閣千光寺の写真素材

こちらも大悲閣千光寺から。

大悲閣千光寺の写真素材

鴨川から見る比叡山

高野川の桜越しの比叡山。 高野川の桜の写真素材


鴨川(高野川)と比叡山の桜写真素材


ホテルオークラから見る比叡山


比叡山と大文字は兄弟の山。あいだはホルンフェルスの層。
比叡山と大文字の写真素材

動物園から見る比叡山

京都市動物園から比叡山を見ると、手前に金戒光明寺の三重塔が見えます。 動物園から見る比叡山の写真素材


宝ケ池から見る比叡山


子供の楽園で無心に遊ぶこどもたちの向こうに大きなお山。
宝ケ池子供の楽園の写真素材


朱山から見る比叡山


下鴨神社の森や妙法の向こうに比叡山。
比叡山の写真素材


吉田山から見る比叡山


吉田山から見る紅葉の山のむこうの比叡山。
比叡山の写真素材

比叡山の写真素材

小倉山から見る比叡山

小倉山から比叡山を遠望。
比叡山の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

白川一本橋

案内 写真はクリックすれば拡大

知恩院の橋の近くにかかる白川一本橋の写真です。
いろいろな別名があり、行者橋・阿闍梨橋・古川町橋ともいうそうです。
行者橋は、千日回峰の行者さんが渡る橋だからそう呼ばれる。
幅60cm、ひと一人分の幅の橋ですが、登下校の通り道にもなっていて意外とたくさんのひとが通ります。
慣れた通り道のようで、スマホをずっと見ながら渡る学生さんも。
自転車で通るひともおられます。

白川一本橋の写真素材


こちらは結婚式のための前撮り写真撮影ですね。

白川一本橋の写真素材

台風でかなり柳が折れたそうですが、以前の雰囲気を取り戻しつつあります。

白川一本橋の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

亀岡 彼岸花の里

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡市曽我部町の彼岸花の里の写真です。

亀岡 彼岸花の里の写真素材

穴太寺の南側に広がる田園地帯には9月の半ばになるとたくさんの彼岸花が咲きます。
紅葉よりも前に赤い景色が見たいときは彼岸花ですね。

亀岡 彼岸花の里の写真素材


彼岸花は咲いている期間がけっこう短いです。咲いて少しすると白化してきます。別名は曼珠沙華。

亀岡 彼岸花の里の写真素材


たっぷりと実った稲の隣に彼岸花の赤いラインが続き、見事な光景です。
あぜ道を歩いていけば、パチパチと音をたてて、たくさんのバッタが跳びます。

亀岡 彼岸花の里の写真素材


稲刈りがどんどん進められていく時期ですので、すでに刈入れが終わっている田んぼもありました。

亀岡 彼岸花の里の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大原の里

案内 写真はクリックすれば拡大

左京区の北のほう、のどかな大原の里の風景写真です。
紫蘇の畑が広がります。しば漬に欠かせない赤紫蘇です。

大原の里の写真素材


大原の里の写真素材

大原の里の写真素材
お寺や名所は、三千院・寂光院・阿弥陀寺・来迎院・実光院・宝泉院・勝林院・出世稲荷神社・音無の滝・呂川・津川など。 日曜日に開かれる朝市も有名です。

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

双ヶ丘

案内 写真はクリックすれば拡大

船岡山吉田山と同様、京都の街なかにぽっこりと膨らんでいる岡のひとつが双ヶ丘

双ヶ丘の写真素材

3つの丘がつらなったもので、古墳がいくつもあります。
「徒然草」の吉田兼好法師は双ヶ丘の二の丘のふもとに住んでいたそうです。

双ヶ丘の写真素材

嵐電の御室駅の後方に見える小山が双ヶ丘です。

双ヶ丘の写真素材


一の丘。古墳の墳丘です。

双ヶ丘の写真素材

一の丘に登れば、仁和寺境内が見おろせます。なかなかの絶景です。

双ヶ丘から見た仁和寺境内の写真素材


桜咲く仁和寺。

双ヶ丘から見た仁和寺境内の写真素材


南から見た双ヶ丘、三の丘。

双ヶ丘の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

小天橋

案内 写真はクリックすれば拡大

久美浜湾の小天橋の写真です。
きれいな海水浴場があり、漁師町の中に民宿や旅館もあります。
小天橋があるのに、大天橋はあまり耳慣れないなと思ったら、大天橋は天橋立のメイン部分のことなのだそうです。

小天橋の写真素材

遠く甲山から見る小天橋

小天橋の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

舞鶴 五老ヶ岳

案内 写真はクリックすれば拡大

車で山頂に登れば、舞鶴湾の素晴らしい眺望が広がる五老ヶ岳
五老スカイタワーに登れば、さらに景色は広がります。
晴れた日に行きたい舞鶴の絶景スポットです。

五老スカイタワー。

五老ヶ岳の写真素材


五老ヶ岳からの眺め。

五老ヶ岳の写真素材

五老ヶ岳の写真素材

桜の季節に対岸から見た五老ヶ岳

五老ヶ岳の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内

よく使われる写真



サイト内検索

カテゴリ