sozai_head.jpg

京都の山・川・海・自然 一覧

小倉山

案内 写真はクリックすれば拡大

小倉山の写真です。
桂川を挟んで嵐山と相対する山で、標高は296m。
藤原定家の撰集した小倉百人一首にゆかりの深い山です。平安時代にはやんごとなき方々がこの山の麓に山荘を建てて住んだそうです。
亀山公園の有名な展望台を越えて、大河内山荘の垣根の外側を進んだところが登山口。
下の写真の左側が嵐山で、右側が小倉山になります。

亀山公園の展望台から見る大悲閣千光寺の写真素材


登山道からも千光寺のお堂がときどき見えます。

大悲閣千光寺の写真素材

標高283mの第2峰の近くに展望地があり、渡月橋からうねうねと蛇行して流れる桂川が見渡せます。

小倉山の写真素材

展望地は整備されており、居心地も良いです。

小倉山の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

宇治川派流

案内 写真はクリックすれば拡大

中書島あたりの宇治川派流の写真です。
豊臣秀吉が伏見城築城のために整備した運河で、伏見らしい風情ある景色が詰まったエリアになっています。
桜の季節の宇治川派流の写真から。

伏見 宇治川派流の写真素材

伏見であい橋。

伏見 宇治川派流の写真素材


酒蔵と十石舟。

伏見 宇治川派流の写真素材


桜の下の十石舟。

伏見 宇治川派流の写真素材


上にも下にも桜。

伏見 宇治川派流の写真素材

伏見 宇治川派流の写真素材


花筏。

伏見 宇治川派流の写真素材


次に6月、紫陽花咲く宇治川派流の川沿い。

伏見 宇治川派流の紫陽花の写真素材


大きな一輪の向こうに京阪電車。

伏見 宇治川派流の紫陽花の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

琵琶湖疏水

案内 写真はクリックすれば拡大

琵琶湖疏水の写真です。
山科の本圀寺の東側。

琵琶湖疏水の写真素材


本圀寺へと渡る赤い橋が見えます。夕暮れの写真です。

琵琶湖疏水の写真素材

琵琶湖疏水の山科あたりの紅葉写真です。
疏水は特に紅葉の名所ではありませんが、ところどころにはっとするほど赤いカエデを見ることができます。
桜の紅葉や他の樹々の黄色い葉っぱもきれいです。


安朱橋の東側の鮮やかなカエデ。

琵琶湖疏水の紅葉

琵琶湖疏水の紅葉


安祥寺橋の少し西。

琵琶湖疏水の紅葉


もう少し西へ歩けば天智天皇の御陵。

琵琶湖疏水の紅葉


朝日が当たると輝きます。

山科 琵琶湖疏水の紅葉

本圀寺に渡る橋。

山科 琵琶湖疏水の紅葉


山科 琵琶湖疏水の紅葉


第二トンネルの東側。

琵琶湖疏水の紅葉


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

桂川

案内 写真はクリックすれば拡大

京都市を流れる大きな川のひとつ、桂川の写真です。
大きく蛇行しています。右下に見えるのは嵐山渡月橋

桂川の写真素材

よくあるように、桂川もその流域ごとに何度も名前が変わります。
「上桂川」「桂川」「大堰川」「保津川」となって、渡月橋あたりで再び「桂川」に。

桂川の写真素材

南丹市の日吉ダムのあたりでは大堰川。

日吉ダム


保津峡を流れるときは保津川

嵐山高雄パークウェイから見る保津峡の写真素材


渡月橋。このあたりから再び桂川に戻ります。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


松尾橋から上流を見る。松尾大社の近くです。

桂川の写真素材

桂川鉄橋を渡るのは阪急電車。桂離宮の近くです。

阪急電車の写真素材

東海道新幹線の桂川橋梁。カーブしている鉄橋です。
左側は在来線の鉄橋。

桂川の写真素材

桂川を一瞬で渡っていく新幹線。

桂川と新幹線の写真素材

久世橋から上流を見る。

桂川の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

濠川

案内 写真はクリックすれば拡大

濠川は伏見を流れ、伏見港公園のところで宇治川に注ぐ運河です。

濠川の写真素材

濠川の始まりはここ。
暗渠から疏水の水がどっと出てきます。渡っていくのは近鉄線。

濠川と近鉄電車と桜の写真素材


濠川は、何度も直角に曲がるのが運河っぽい川で、流れる水は琵琶湖疏水をひきついでいます。クランクになっているところは豊臣秀吉の伏見城の外堀だったところです。

濠川の写真素材

川のほとりには坂本龍馬が避難した材木小屋もありました。

濠川の写真素材


であい橋の北側。

伏見 濠川の写真素材


伏見であい橋。ここから宇治川派流が分かれます。

伏見 濠川の写真素材

伏見港公園の近く。京阪電車が通ります。

濠川と京阪電車と桜の写真素材


電車の写真ばかりですみません。

濠川と京阪電車と桜の写真素材

まもなく宇治川に合流します。

濠川と京阪電車と桜の写真素材


三栖閘門のほうにも流れは分かれ、どちらも宇治川へ。

濠川の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

保津川

案内 写真はクリックすれば拡大

保津川の写真です。
保津川は亀岡盆地から保津峡をぐねぐねと蛇行しながら激しく流れ、嵐山渡月橋を越えると桂川と名を変えます。
関ヶ原の戦いの少し後、1606年に角倉了以が舟運を開き、丹波と山城をつなぐ路線となりました。

向こうに見えるのは亀岡の市街。

保津川の写真素材


トロッコ列車がやってきます。

保津川の写真素材


渓谷沿いに林道が通っていて、ハイキングコースとしても素晴らしい。

保津川の写真素材


トロッコ列車を見ながらのハイキング。

保津川の写真素材


それほどひんぱんには来ませんが。

保津川の写真素材

深い峡谷です。

保津川の写真素材


嵐山高雄パークウェイの眺望の写真素材


嵐山高雄パークウェイを走れば、保津川を見下ろす展望台がいくつかあります。
ときおり、保津川くだりの船が通ります。
保津川くだりは、亀岡から嵐山までを2時間かけて下る観光船。

保津川の写真素材


トロッコ列車は橋の上でしばらく停まります。

保津川の写真素材

大悲閣千光寺から見る保津川。

大悲閣千光寺の紅葉


嵐山の展望台から見る冬の保津川と大悲閣千光寺。

大悲閣千光寺の雪景色の写真素材


渡月橋の近く。流れもゆるやかになり、保津川はこのへんでおしまい。

京都 嵐山 渡月橋の夏の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

琵琶湖疏水の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大
山科の琵琶湖疏水の雪景色です。
よく雪の降る朝。
追加しました。桜と菜の花で有名な安朱橋から東のほうを撮りました。
琵琶湖疏水の雪景色 安朱橋

別の年の写真。
西側を向いて。 琵琶湖疏水の桜はこちら

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

琵琶湖疏水の桜

案内 写真はクリックすれば拡大

山科疏水

桜のピンクと菜の花の黄色、目に鮮やかなコラボレーションが見られる琵琶湖疏水のお花見のベストスポット安朱橋です。日没の写真です。
疏水 桜と菜の花の写真素材

こちらは昼間の安朱橋。


次は朝一番の光る桜。

琵琶湖疏水の桜の写真素材


また別の年。少しずつ違う。

疏水 桜と菜の花の写真素材


少し東へ移動して、一燈園あたりの桜。

疏水 桜と菜の花の写真素材

岡崎疏水

岡崎疏水の桜。満開の中を十石船が行きます。 「岡崎さくら回廊十石舟めぐり」
疏水 桜と船の写真素材

桜の向こうは東山。南禅寺の山門も見えます。

疏水 桜と十石船の写真素材


乗ってみるとけっこうスピードがあって爽快です。
橋のくぐるときに屋根が下がるのがおもしろい。

疏水 桜と十石船の写真素材


夕暮れの岡崎疏水。

疏水 桜と船の写真素材

光の中を十石船が行きます。

疏水 桜と船の写真素材


しばらくすると船溜まりで折り返して帰ってきます。

疏水 桜と船の写真素材


もうすぐ日没。

疏水 夕日と桜の写真素材

松ヶ崎疏水

このあたりは桜が満開でも普通の日常生活の朝。
松ヶ崎疏水の写真素材
松ヶ崎疏水の写真素材


藤森疏水


疏水を渡る京阪電車と桜。
京阪電車と疏水と桜の写真素材


伏見インクライン


むかしはここにもインクラインがありました。
濠川と名前が変わって、その上を近鉄が渡ります。
近鉄電車と桜の写真素材




琵琶湖疏水の桜写真をもっと見る


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の鳥・野鳥

案内 写真はクリックすれば拡大

京都の写真を撮影していると様々な鳥に出会います。
街でよく見かける鳥たちの写真をいくつか。


ヤマガラ。善峯寺にて。

ヤマガラの写真素材


ハト。長岡天満宮の八条池にて。

ハト 長岡天満宮の写真素材

カルガモ。秋の無鄰菴にて。

カルガモ 無鄰菴の写真素材

たくさんいる黒いヤツ。将軍塚にて。

カラスの写真素材


夕暮れにギャーギャーうるさい黒いヤツ。

カラスの写真素材


せっかくの風情を台無しにする黒いヤツ。金閣寺にて。

金閣寺とカラスの写真素材


ヒヨドリ。妙心寺退蔵院にて。

ヒヨドリの写真素材


アオサギ。円山公園にて。

円山公園のサギの写真素材

アオサギ。平等院にて。

円山公園のサギの写真素材


これもサギかな。広沢池にて。

広沢池の写真素材

カワウ。天神川にて。
鵜飼のウはウミウ。

天神川の写真素材


屋根のうえのカワウ。勝龍寺城にて。

勝龍寺城のカワウの写真素材


ユリカモメ。疏水の鴨川分線にて。

ユリカモメの写真素材


ハクセキレイ。金閣寺にて。
ハクセキレイを撮ったつもりが、後で見たらニョロニョロしたものが。

ハクセキレイとヘビの写真素材

たぶん写真はあまり増えません。
鳥を撮るのはたいへんだから。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の月

案内 写真はクリックすれば拡大

冬の満月の写真です。
京都でなくたってどこで見ても月は月なのですが、満月があまりに綺麗だったので撮ってみました。

満月の写真素材


京都駅の近くの路上から見上げる早春の満月。

満月の写真素材


中秋の名月。ですが、なんだかホラーな雰囲気。

満月の写真素材


嵯峨野の竹林の道の真上からのぞく満月。

竹林の道の満月の写真素材


東寺の五重塔の相輪が満月に届く。京阪国道口の歩道橋の西側より。彩雲もきれい。

東寺の五重塔と満月の写真素材


京都タワーの先端が満月に届く。路上より撮影。


東寺の五重塔と清水寺の三重塔のあいだに日没前に出てきた満月。うっすらとして存在感なし。


東寺の枝垂桜に満月。

東寺の枝垂桜と月の写真素材

降りてきた月が京都タワーに火を灯す。
仰角の計算が雑だったので、根元が光ってしまいました。


8月16日の大文字の送り火の終わり間際にポコッと出た満月。

大文字の送り火


澱川橋梁に挟まる満月。

満月と澱川橋梁の写真素材


天神川の桜並木越しの昼の月。

月と桜の写真素材


八坂の塔にはさまっている半月。

八坂の塔と月の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内

よく使われる写真



サイト内検索

カテゴリ