sozai_head.jpg

京都のお寺 一覧

金蔵寺

案内 写真はクリックすれば拡大

京都の西の磐座で西山の秘境、金蔵寺さんの紅葉の写真です。

金蔵寺の紅葉写真素材


金蔵寺の紅葉の写真素材


金蔵寺は今昔物語にも登場する古刹です。
金蔵寺の紅葉の写真素材

参拝者は少ないが、ハイカーはよく通られます。
金蔵寺の紅葉の写真素材


金蔵寺はもちろん青もみじも美しい。

金蔵寺の石段 写真素材


金蔵寺の写真素材


金蔵寺青もみじの写真素材


金蔵寺の青もみじ写真素材

境内にはネコしかいなかった。

金蔵寺のネコの写真素材


金蔵寺は桜も美しい。

金蔵寺 桜の写真素材


金蔵寺から見る眺望。

金蔵寺から見る眺望の写真素材

鐘楼のわきのフジバカマ。

金蔵寺のフジバカマの写真素材

金蔵寺のフジバカマの写真素材


金蔵寺のフジバカマの写真素材

本堂へはさらに石段を登る。

金蔵寺の写真素材


石段のうえに建つ金蔵寺本堂。

金蔵寺の写真素材

手水舎。
陶器の浮き玉がコロコロと回転していました。

金蔵寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

善峯寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

秋には素晴らしい景色を誇る西山の善峯寺さんの写真です。

善峯寺の紅葉の写真素材

カエデの赤も黄色も鮮やかです。西山のカエデはいつも色がきれい。
大きな屋根は最初にくぐる山門。

善峯寺の紅葉の写真素材


けっこうな標高差を登っていきます。お稲荷さんの前も真っ赤っか。


眺望も素晴らしい。

伽藍と紅葉越しに遠く京都の街を見渡せます。



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

善峯寺

案内 写真はクリックすれば拡大

大原野の善峯寺さんの写真です。

遠くから見る善峯寺の写真素材

桜の名所であり、紫陽花の名所であり、紅葉の名所でもあります。秋明菊の景色も知られています。西山の中腹に建ち、眺望も素晴らしいお寺です。
徳川綱吉の生母、桂昌院ゆかりのお寺でもあります。


山門。拝観受付はここにあります。

善峯寺の山門の写真素材


雨の日の山門。

雨の善峯寺の写真素材


山門と新緑。

善峯寺の写真素材


山門をくぐったところの景色。夕方。

善峯寺の写真素材


本堂。ご本尊は十一面千手観世音菩薩。

善峯寺の本堂の写真素材


本堂とフジバカマ。

善峯寺 フジバカマの写真素材


本堂はまだまだ下のほうにあり、ここからどんどんと山を登っていくことになります。

善峯寺の写真素材


長い長い飛龍の松。

善峯寺の桜の写真素材


写真に撮るのは難しすぎです。長さを表現できません。

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

桂昌院お手植えの枝垂桜。

善峯寺の桜の写真素材

善峯寺の桜の写真素材


多宝塔と紅枝垂桜。

善峯寺の桜の写真素材

高低差があるので、桜の咲くタイミングはかなりずれます。下のほうの桜が満開でも上のほうはツボミだったりします。

善峯寺の桜の写真素材

しあわせ地蔵の向こうに広がる桜あじさい苑。

善峯寺の桜の写真素材

自分の回りの人の幸せを願いつつ、桜を見る。

善峯寺の桜の写真素材

どの桜も大きくて立派です。

善峯寺の桜の写真素材


蜜を吸いに来るヤマガラ。

善峯寺の桜とヤマガラの写真素材


どんどん登っていきます。

善峯寺の桜の写真素材


見下ろせば圧巻の景色。

善峯寺の桜の写真素材


池に映るしだれ桜も見ることができます。

善峯寺の桜の写真素材


絵馬堂と葉桜になった桂昌院お手植えの枝垂桜。

善峯寺の写真素材

多宝塔と新緑。

善峯寺の写真素材

サツキが咲き始めました。

善峯寺の写真素材

かなり上まで登ってきました。桂昌院さんの前からの見晴らしが素晴らしい。

善峯寺の写真素材


桂昌院さんのシルエットの向こうに京都の市街が広がります。

善峯寺の写真素材

善峯寺の桜の写真素材


シュウメイギク溢れる石段。

善峯寺の写真素材

溢れかえるシュウメイギク。

善峯寺の写真素材


石段上から見下ろす景色。

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

京都タワー、京都駅、清水寺、東寺の五重塔などがなかなか良いバランスで見えます。
手前の緑は桂川の土手。

善峯寺からの眺望の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

雨に煙る善峯寺さんの紫陽花苑の写真です。ひと回りするとずぶ濡れになります。

善峯寺の紫陽花の写真素材

別の日の善峯寺の紫陽花苑の写真。
今回は快晴でちょっと風情がありませんが、紫陽花の色がくっきり鮮やかです。

善峯寺の紫陽花の写真素材


善峯寺の紫陽花の写真素材


善峯寺の紫陽花の写真素材

シュウメイギクの咲くのは10月。
境内の至るところに植えられていて豪華です。

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

シュウメイギクの咲くなかにアサギマダラ。よく見るとフジバカマが少し咲いていました。

善峯寺のアサギマダラ写真素材

こんなにちょっぴりしかないフジバカマをよく見つけたものです。

善峯寺のアサギマダラ写真素材


善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材


善峯寺の写真素材


石灯籠と白いシュウメイギク。

シュウメイギク 善峯寺の写真素材


池を彩るシュウメイギク。

シュウメイギク 善峯寺の写真素材

善峯寺の写真素材

お地蔵さんとシュウメイギク。

善峯寺の写真素材


善峯寺の紅葉写真はこちらに



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

三鈷寺

案内 写真はクリックすれば拡大

西山の秘境といえば、金蔵寺さんとこの三鈷寺さんでしょうか。
「天空の名所」ともいわれる景色の良いお寺で、徒歩で登るのはなかなかたいへんですが、善峯寺の拝観をして裏口から出るのがもっとも簡単な行き方だと思います。

表の山門はいたって普通な高低差を感じない見た目です。

三鈷寺の写真素材


三鈷寺の写真素材


空が近い感じがします。

三鈷寺の写真素材


三鈷寺本堂・華台廟。

三鈷寺の写真素材

三鈷寺の写真素材

三鈷寺の写真素材

反対側ははるか京都・宇治・木津まで見渡せる絶景。
天空の寺と呼ぶのもうなずけます。

三鈷寺の眺望の写真素材


都名所図会に「ニ大仏七白俯瞰の地」と書かれた景色です。
この石段を登ってくるかと思うと冷や汗が出ます。

三鈷寺の写真素材


登ってくるひとが見る景色。

三鈷寺の写真素材

下方を見て。グネグネと石段が続きます。
それでもバス停から徒歩10分ちょっとだそうです。

三鈷寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

東寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

世界遺産東寺さんの紅葉写真です。

東寺の紅葉 夜間拝観 ライトアップの写真素材

モミジバフウの赤い並木の遥か先に見える東寺の五重塔。

桂坂から東寺の写真素材


東寺の紅葉

東寺境内は池のまわりにたくさんのカエデがあり、どれも鮮やかな赤になっていました。

東寺の紅葉の写真素材

晴れた日の昼間に行くと、五重塔を背景にした写真は激しく逆光になり、目がくらくらします。
東寺の紅葉

東寺の紅葉の写真素材



五重塔を入れなければ綺麗に撮れるのですが。
東寺の紅葉の写真素材

東寺の紅葉の写真素材

イチョウも鮮やかに色づきます。

東寺の紅葉の写真素材

東寺の桜の写真はこちら

とても綺麗でどなたにもおすすめしたい夜間拝観の写真です。

東寺の紅葉 夜間拝観 ライトアップの写真素材


堀の水に映る木々と五重塔。

東寺の紅葉 夜間拝観 ライトアップの写真素材

東寺の紅葉 夜間拝観 ライトアップの写真素材

この場所だけは写真を撮るひとで大渋滞していました。譲り合って順番に撮るしかありません。

東寺の紅葉 夜間拝観 ライトアップの写真素材

緑の葉も赤い葉もありますが、照らしてしまえばまとめて綺麗。

東寺の紅葉 夜間拝観 ライトアップの写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

東寺

案内 写真はクリックすれば拡大

To-ji
京都駅の南西に建つ世界遺産、東寺さんの写真です。

桜と東寺の五重塔の写真素材


五重塔は焼えたりまた再建したりをくり返し、いまの五重塔は5代目。

東寺の五重塔の写真素材


夜の東寺五重塔。後ろから清水寺のきよみずビーム。

夜の東寺の五重塔の写真素材


夜の東寺五重塔。満月が出ていたり、京都タワーが30分だけ赤かったり、清水寺からビームが出ていたりといろいろと珍しいタイミングでした。

夜の東寺の五重塔の写真素材


五重塔のすぐ近くから月が出ました。

夜の東寺の五重塔と月の写真素材


虹のかかる五重塔。

東寺の五重塔と虹の写真素材

薄い虹です。

東寺の五重塔の写真素材

東寺五重塔とワコールのビル。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材


新幹線で西から来る方が最初に見るであろう車窓の五重塔の写真。
京都に住む人には帰ってきたと実感できる光景ですね。

東寺の五重塔の写真素材

京都タワーの左のほうに五重塔が見えます。

京都タワー・京都駅・東寺の写真素材


京都駅ビル大空広場からガラス越しに見る東寺の堂塔と新幹線

京都の新幹線の写真素材


少し位置を変えて。

東寺の五重塔の写真素材

京都タワーから見る東寺。

東寺の五重塔の写真素材


京都タワーから見る東寺。

東寺の五重塔の写真素材


京都タワーから見る京都駅越しの夜の東寺。

東寺の五重塔と京都駅の写真素材


京都鉄道博物館のスカイテラスから見る東寺。

東寺の五重塔の写真素材


スカイテラスから見る東寺。

東寺の五重塔の写真素材


手前の線路を新幹線が通ります。

東寺の五重塔と新幹線の写真素材

稲荷山から見る東寺五重塔。

東寺の五重塔の写真素材


こうやってみると京都も都会ですね。

東寺の五重塔の写真素材


少し南へ移動して深草から見る東寺五重塔。

東寺の五重塔の写真素材

五重塔の相輪が満月に刺さっているところ。とてもきれいでした。

東寺の五重塔と満月の写真素材


東寺の五重塔と満月の写真素材


歩道橋のうえから。

東寺の五重塔と満月の写真素材


堀の水に映っていました。


東寺の五重塔と清水寺の三重塔のあいだの満月。

東寺の五重塔と清水寺と満月の写真素材

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材


沈む夕日に輝く五重塔。
五重塔の先っぽに太陽が来る予定でしたが、厚い雲にはばまれ悲しかった。

東寺の五重塔の写真素材

中井精也さんになったつもりで電車を入れてみた。

東寺の五重塔と近鉄電車の写真素材


真っ赤な夕焼け空の下の東寺五重塔。

夕焼け 東寺の五重塔の写真素材


赤い空に五重塔の相輪。

夕焼け 東寺の五重塔の写真素材

夜の五重塔と近鉄電車。

東寺の五重塔と近鉄電車の写真素材

東寺の五重塔と近鉄電車の写真素材


金堂。大きな薬師如来と日光菩薩・月光菩薩は東寺のご本尊。

東寺 金堂 国宝


金堂。手前は講堂。

東寺の金堂と講堂の写真素材


無料のエリアに建つ国宝、大師堂。

東寺の大師堂 写真素材

御影堂とも。

東寺の大師堂 写真素材


修復が終わり、きれいになりました。

東寺の大師堂の写真素材

東寺の五重塔と梅。

東寺の梅の写真素材


東寺の梅の写真素材

東寺の梅の写真素材


桜の季節の東寺。

桜と東寺の五重塔の写真素材

桜と東寺の五重塔の写真素材

桜と東寺の五重塔の写真素材

桜と東寺の五重塔の写真素材

桜と東寺の五重塔の写真素材


桜と東寺の五重塔の写真素材


桜と東寺の五重塔の写真素材


桜と東寺の五重塔の写真素材


桜と東寺の五重塔の写真素材


桜と東寺の写真素材

月と五重塔。

東寺の五重塔の写真素材


夜の枝垂桜と五重塔。

東寺の五重塔と夜桜の写真素材


夜の枝垂桜と五重塔。

桜と東寺の五重塔の写真素材


とっても逆光ですが、なんとか見られる程度に補正しました。

桜と東寺の五重塔の写真素材

東寺の桜の写真

東寺の五重塔と不二桜の葉桜。

東寺の五重塔の写真素材

不二桜と五重塔。ツツジの季節。

東寺の五重塔の写真素材


黄菖蒲もたくさん植えられています。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材

夜明けの五重塔。

朝の東寺の五重塔の写真素材


朝の東寺の五重塔の写真素材

だんだん明るくなる空が堀の水に映ります。

東寺の五重塔の写真素材


開門したばかりの東寺南大門。

東寺の金堂の写真素材

白い玉子がひしめく東寺南大門。

東寺の金堂の写真素材


東寺東門のあたり。

東寺の五重塔の写真素材


5月のフレッシュな新緑の色に五重塔が映える。

東寺の五重塔の写真素材


掘越しに見る朝の五重塔。

東寺の五重塔の写真素材

南北の通は大宮通。けっこうトラックがいっぱい停まる道です。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材

五重塔と朝の月。

東寺の五重塔の写真素材


朝日を浴びる五重塔。

朝の東寺の五重塔の写真素材

相輪。

東寺の五重塔の写真素材


向こうに近鉄電車が九条通を高架で渡るのが見えます。

東寺の五重塔と近鉄の写真素材


どんよりと黒い雨雲がかかる東寺。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材


激しい通り雨の後。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材

7月は蓮。

東寺のハスの写真素材

あまりにも見事ですので、ぜひ午前中にお出かけください。

東寺のハスの写真素材


蓮の花咲くお堀は有料拝観エリアではありませんので、早朝から見ることができます。

東寺のハスの写真素材


東寺の蓮。

東寺のハスの写真素材


東寺の蓮。

東寺のハスの写真素材

東寺の蓮。

東寺のハスの写真素材


東寺の蓮。

東寺のハスの写真素材

東寺の蓮。

東寺のハスの写真素材


カラフルな秋の五重塔。

秋の東寺の五重塔 国宝

東寺の紅葉の写真

東寺の五重塔の写真素材

境内の南西角に建つ灌頂院(かんじょういん)。
中へ入れる機会はほとんどありません。年間にして合計6時間なのだとか!

東寺の灌頂院の写真素材


毎年1月8日から14日まで後七日御修法(ごしちにちみしほ)が行われ、ニュースになります。

東寺の後七日御修法の写真素材


本坊から、左奥に見える灌頂院へ行列は往復します。

東寺の後七日御修法の写真素材

大阿闍梨が赤い傘を差し掛けられ、行列は灌頂院へと進みます。

東寺の後七日御修法の写真素材


灌頂院の扉が一瞬だけ開かれ、お坊さんたちは中へ。
儀式は非公開でお堂の扉もすべて閉められ、外にいてもなんの音も聞こえてきません。

東寺の後七日御修法の写真素材


1時間半で法会は終わり、出てこられました。
これが1日3度、7日間で21回続けられます。

東寺の後七日御修法の写真素材

うっすらと雪の積もった五重塔。

雪の東寺の五重塔の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

東寺 観智院

案内 写真はクリックすれば拡大

東寺観智院さんの写真です。北大門を出て亀だらけの池をこえたところに建っています。

東寺 観智院の写真素材


客殿が国宝となっています。宮本武蔵が描いた「鷲の図」「竹林の図」があります。

東寺 観智院の写真素材


海から龍が首を出す以前のお庭です。いまはだいぶんレイアウトが変わっているそうです。

東寺 観智院の写真素材


枝垂れ梅が一本。早春に特別公開が行われることもあります。

東寺 観智院の写真素材


素晴らしい咲きっぷりの梅です。

東寺 観智院の枝垂れ梅の写真素材


東寺 観智院の枝垂れ梅の写真素材

京都タワーがちらり。

東寺 観智院の枝垂れ梅の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

愛宕念仏寺

案内 写真はクリックすれば拡大

愛宕念仏寺の石仏
奥嵯峨の清滝トンネルに近いところに建つ愛宕念仏寺さんは1200体もの石の羅漢さんで有名です。

愛宕念仏寺の石仏の写真素材

愛宕念仏寺の石仏の写真素材


愛宕念仏寺の石仏の写真素材


愛宕念仏寺の石仏の写真素材


愛宕念仏寺の石仏の写真素材

愛宕念仏寺の雪景色
奥嵯峨 愛宕念仏寺の雪景色画像です。
京都市内より雪深い山あいです。

愛宕念仏寺の雪景色の写真素材

京都奥嵯峨 愛宕念仏寺の雪景色です。石仏に囲まれた多宝塔にも雪が積もります。

愛宕念仏寺の雪景色の写真素材


愛宕念仏寺の新緑とシャガ
4月5月になると境内はシャガの花だらけ。

愛宕念仏寺の写真素材


青もみじも清々しい。

愛宕念仏寺の石仏の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

月輪寺

案内 写真はクリックすれば拡大

愛宕山の中腹に建つ月輪寺さんの写真です。
京都市内のお寺ですが、歩いて登るほかはないポツンと離れた崖の上。
台風の被害も大きいらしいです。お堂を修復するのもたいへんです。

月輪寺の写真素材

本堂を拝観するには電話で予約を。

月輪寺の写真素材


春には桜が咲き、シャクナゲが咲き素敵な景色になります。桜は親鸞上人のお手植えだそうです。

月輪寺の写真素材


月輪寺の写真素材

本堂前からの雄大な眺め。ちょくちょく訪れるわけにはいきません・・・。

月輪寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

比叡山延暦寺 東塔

案内 写真はクリックすれば拡大

比叡山延暦寺の中でもメインのくくりとなる東塔エリアの写真です。
延暦寺発祥の地で、根本中堂があるエリア。
東塔はとうとうではなく、とうどうと読むのが正しいそうです。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

大講堂。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

鐘楼から見る大講堂。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材


比叡山延暦寺 東塔の写真素材


比叡山延暦寺の総本堂である根本中堂。石段を下り、または坂道を下って到達する大きな国宝のお堂です。(写真は修復中)
薬師如来をご本尊とし、「不滅の法灯」が守られています。
須弥壇のある内陣は薄暗く、神秘的な雰囲気。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材


根本中堂から向かいの文殊楼を見て。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材


文殊楼。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

戒壇院。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

阿弥陀堂。1937年の建物です。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

法華総持院東塔。1980年の建物です。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

ほぼ全体が滋賀県でありながら、古都京都の文化財として世界遺産登録されている比叡山延暦寺
比叡山自体は滋賀県と京都にまたがっていますが、堂塔は京都にはありません。
でも、そうだ京都行こうでもやはり京都のくくりで宣伝されている比叡山延暦寺
最澄が延暦寺を開いた理由のひとつが京都の鬼門封じのためということで、京都に向いたお寺だともいえます。
比叡山の見える風景
比叡山延暦寺 西塔
比叡山延暦寺 横川


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年6月 [2]
  2. 2022年4月 [1]
  3. 2022年3月 [1]
  4. 2022年2月 [1]
  5. 2022年1月 [7]
  6. 2021年12月 [8]
  7. 2021年11月 [1]
  8. 2021年10月 [4]
  9. 2021年9月 [3]
  10. 2021年7月 [1]
  11. 2021年6月 [3]
  12. 2021年5月 [3]
  13. 2021年4月 [1]
  14. 2021年3月 [2]
  15. 2021年2月 [1]
  16. 2020年12月 [3]
  17. 2020年11月 [4]
  18. 2020年10月 [29]
  19. 2020年8月 [34]
  20. 2020年7月 [10]
  21. 2020年6月 [8]
  22. 2020年5月 [21]
  23. 2020年4月 [8]
  24. 2020年3月 [6]
  25. 2020年2月 [4]
  26. 2020年1月 [26]
  27. 2019年12月 [6]
  28. 2019年11月 [2]
  29. 2019年9月 [8]
  30. 2019年8月 [1]
  31. 2019年7月 [10]
  32. 2019年6月 [25]
  33. 2019年5月 [8]
  34. 2019年4月 [16]
  35. 2019年3月 [19]
  36. 2019年2月 [11]
  37. 2019年1月 [12]
  38. 2018年12月 [15]
  39. 2018年11月 [16]
  40. 2018年10月 [67]
  41. 2018年9月 [63]
  42. 2018年8月 [55]
  43. 2018年7月 [29]
  44. 2018年6月 [95]
  45. 2018年5月 [93]
  46. 2018年4月 [93]
  47. 2018年3月 [35]
  48. 2018年2月 [47]
  49. 2018年1月 [10]
  50. 2017年12月 [8]
  51. 2017年11月 [7]
  52. 2017年1月 [4]
  53. 2016年12月 [27]
  54. 2016年11月 [10]
  55. 2016年7月 [1]
  56. 2016年6月 [1]
  57. 2016年4月 [1]
  58. 2016年1月 [1]
  59. 2015年12月 [5]
  60. 2015年8月 [3]
  61. 2015年6月 [4]
  62. 2015年5月 [2]
  63. 2015年3月 [3]
  64. 2014年12月 [2]
  65. 2014年11月 [5]
  66. 2014年10月 [1]
  67. 2014年9月 [3]
  68. 2014年6月 [7]
  69. 2014年5月 [4]
  70. 2014年4月 [1]
  71. 2014年3月 [3]
  72. 2014年2月 [6]
  73. 2014年1月 [9]
  74. 2013年12月 [3]
  75. 2013年9月 [3]
  76. 2013年8月 [3]
  77. 2013年5月 [6]
  78. 2013年4月 [14]
  79. 2013年3月 [7]
  80. 2013年2月 [2]
  81. 2013年1月 [4]
  82. 2012年12月 [4]
  83. 2012年11月 [7]
  84. 2012年10月 [9]
  85. 2012年9月 [8]
  86. 2012年8月 [16]
  87. 2012年7月 [2]
  88. 2012年6月 [1]
  89. 2011年5月 [4]
  90. 2011年4月 [9]
  91. 2010年7月 [1]
  92. 2008年8月 [1]
  93. 2008年7月 [1]
  94. 2008年6月 [2]
  95. 2000年7月 [1]
  96. 2000年5月 [2]
  97. 2000年4月 [1]
  98. 2000年3月 [2]