2020年5月の記事一覧

琵琶湖疏水

案内 写真はクリックすれば拡大

琵琶湖疏水の写真です。
山科の本圀寺さんの東側。

琵琶湖疏水の写真素材


本圀寺へと渡る赤い橋が見えます。夕暮れの写真です。

琵琶湖疏水の写真素材

一燈園から安朱へとつながるトンネル。

琵琶湖疏水のトンネルの写真素材

琵琶湖疏水の山科あたりの紅葉写真です。
疏水は特に紅葉の名所ではありませんが、ところどころにはっとするほど赤いカエデを見ることができます。
桜の紅葉や他の樹々の黄色い葉っぱもきれいです。


安朱橋の東側の鮮やかなカエデ。

琵琶湖疏水の紅葉

琵琶湖疏水の紅葉


夕焼。

琵琶湖疏水の写真素材


琵琶湖疏水の写真素材


安祥寺橋の少し西。

琵琶湖疏水の紅葉


もう少し西へ歩けば天智天皇の御陵。

琵琶湖疏水の紅葉


朝日が当たると輝きます。

山科 琵琶湖疏水の紅葉

本圀寺に渡る橋。

山科 琵琶湖疏水の紅葉


山科 琵琶湖疏水の紅葉


第二トンネルの東側。

琵琶湖疏水の紅葉


東福寺あたり。

琵琶湖疏水の写真素材

藤森あたり。

琵琶湖疏水の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

琵琶湖疏水の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大

山科の琵琶湖疏水の雪景色です。

琵琶湖疏水の雪景色の写真素材


桜と菜の花で有名な安朱橋から西のほうを見て。

琵琶湖疏水の雪景色の写真素材


安朱橋から東のほうを。よく雪の降る朝。

琵琶湖疏水の雪景色


雪が止みました。

琵琶湖疏水の雪景色 安朱橋


別の年の写真。

琵琶湖疏水の雪景色の写真素材


西側を向いて。

琵琶湖疏水の雪景色の写真素材

正嫡橋と山科疏水。橋を渡れば本圀寺。

雪の本圀寺の写真素材と山科疏水

琵琶湖疏水の桜はこちら


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

琵琶湖疏水の桜

案内 写真はクリックすれば拡大

山科疏水

桜のピンクと菜の花の黄色、目に鮮やかなコラボレーションが見られる琵琶湖疏水のお花見のベストスポット安朱橋です。日没の写真です。
疏水 桜と菜の花の写真素材

疏水 桜と菜の花の動画素材

こちらは昼間の安朱橋。


次は朝一番の光る桜。

琵琶湖疏水の桜の写真素材


また別の年。少しずつ違う。

疏水 桜と菜の花の写真素材


少し東へ移動して、一燈園あたりの桜。

疏水 桜と菜の花の写真素材

岡崎疏水

岡崎疏水の桜。満開の中を十石船が行きます。 「岡崎さくら回廊十石舟めぐり」
疏水 桜と船の写真素材

桜の向こうは東山。南禅寺の山門も見えます。

疏水 桜と十石船の写真素材


乗ってみるとけっこうスピードがあって爽快です。
橋のくぐるときに屋根が下がるのがおもしろい。

疏水 桜と十石船の写真素材


夕暮れの岡崎疏水。

疏水 桜と船の写真素材

光の中を十石船が行きます。

疏水 桜と船の写真素材


しばらくすると船溜まりで折り返して帰ってきます。

疏水 桜と船の写真素材


もうすぐ日没。

疏水 夕日と桜の写真素材

松ヶ崎疏水

このあたりは桜が満開でも普通の日常生活の朝。
松ヶ崎疏水の写真素材

松ヶ崎疏水の写真素材


藤森疏水


疏水を渡る京阪電車と桜。
京阪電車と疏水と桜の写真素材


名神高速道路が見えます。

京阪電車と疏水と桜の写真素材


伏見インクライン


むかしはここにもインクラインがありました。
濠川と名前が変わって、その上を近鉄が渡ります。
近鉄電車と桜の写真素材




琵琶湖疏水の桜写真をもっと見る


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

御土居

案内 写真はクリックすれば拡大

京都をぐるりと囲んだ土塁と堀。豊臣秀吉が突貫工事で作らせた全長22kmの京都の囲いです。
京都駅も御土居の跡だそうです。
いまもところどころに残る御土居の写真をいくつか掲載します。


もっとも有名な御土居は北野天満宮の紙屋川のところ。
高低差のある土地にカエデや梅がたくさん植えられて、素晴らしい景色となっています。

北野天満宮の御土居の青もみじの写真素材


けっこうな高低差があります。

北野天満宮の御土居の写真素材


梅が咲くころは地形も見やすいです。

北野天満宮の御土居の写真素材

平野神社の東の鳥居の近く。平野鳥居前町の御土居。
地面から出てきた石仏がきれいに並べられて祀られています。

御土居の写真素材


サツキが植えられて華やかな御土居です。

御土居の写真素材

紙屋川の水面はずいぶんと深いところにあります。

御土居の写真素材


街には階段が多く、上ったり下りたりたいへんです。

御土居の写真素材

斜面に造られた紙屋児童公園。

御土居の写真素材

上に立てば眺めがいい。

御土居の写真素材


御土居史跡公園。佛教大学の少し北。

御土居の写真素材


ここはいつでも御土居の上を歩けます。

御土居の写真素材


御土居餅の光悦堂さんの向かいの御土居。鷹ヶ峯御土居。

御土居の写真素材


しょうざんリゾートの中に残る御土居。

御土居の写真素材


意識して見れば、登る気も失せるほど高い土塁です。

御土居の写真素材

玄琢下。どーんと丘のようになっていて、けっこうな迫力です。

御土居の写真素材


これで水平です。右手のほうへ上がっていけば、鷹峯。

御土居の写真素材

招善寺さんの裏の墓地から見る御土居。
いまでも御土居によって住宅街が分断されている一画です。

御土居の写真素材


大宮交通公園のなかの御土居。

御土居の写真素材


リニューアル工事中で長い間閉まっていますので、外から。
これで水平です。

御土居の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の紫陽花寺・紫陽花神社の画像まとめ

案内 写真はクリックすれば拡大
京都の紫陽花のお寺や神社といえば、有名なのは、善峯寺・三室戸寺・藤森神社。そして岩船寺・揚谷寺。京都市の中心部に近いのは藤森神社ですね。
これらのスポットはなんといっても株数が多いので見応えがあります。
やはり雨の日に訪れたいのですが、服も靴もずぶ濡れになる覚悟が必要です。

善峯寺の紫陽花

善峯寺の紫陽花
善峯寺の紫陽花

三室戸寺の紫陽花

三室戸寺の紫陽花

藤森神社の紫陽花

藤森神社の紫陽花

哲学の道の紫陽花

哲学の道の紫陽花

真如堂の紫陽花

真如堂さんの紫陽花はたくさんの種類の花があって、色もさまざまで楽しいです。

真如堂の紫陽花 写真素材

岩船寺の紫陽花

岩船寺の紫陽花

揚谷寺の紫陽花

楊谷寺の紫陽花

法金剛院の紫陽花

法金剛院の紫陽花

谷ヶ堂最福寺の紫陽花

谷ヶ堂最福寺の紫陽花の写真素材

福知山市 観音寺の紫陽花

福知山 観音寺の紫陽花

綾部市 東光院の紫陽花

東光院の紫陽花

御池通の紫陽花

御池通りにはたくさんの紫陽花が育てられています。京都市役所やホテルオークラあたりもきれいです。

御池通りの紫陽花 御池通りの紫陽花

さすてな京都の紫陽花

さすてな京都の外周に作られた小径に紫陽花がたくさん植えられています。
さすてな京都の紫陽花 写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の枯山水庭園の画像まとめ

案内 写真はクリックすれば拡大
枯山水庭園は全国にありますが、中でも有名な枯山水は京都にもいくつかあります。枯山水の意味がわかるかどうかは別として、ただぼ〜っと眺めるのも良いものです。
枯山水庭園で特に有名なのは龍安寺の方丈庭園ですね。
枯山水とは、水も池もない庭園のスタイルで、よくあるのは白砂や小石で水や海を表して、その中に大きい石や岩がドカドカと置かれ島を成します。苔やツツジの刈り込みなど緑をたくさん配するお庭も多いです。緑一色で埋め尽くされたようなお庭でも枯山水庭園と呼ぶそうです。枯れのイメージはありませんが。
なかには龍安寺の石庭のように苔以外にほとんど緑のないものもあります。
京都の枯山水庭園の画像をいくつか。

龍安寺の枯山水庭園

龍安寺の青もみじ枯山水庭園

京都 龍安寺の桜 枯山水庭園

龍安寺の雪景色枯山水庭園

東福寺の枯山水庭園

東福寺方丈。
東福寺方丈の枯山水庭園

東福寺光明院。
光明院の紅葉の枯山水庭園

東福寺霊雲院。
東福寺霊雲院の枯山水庭園

東福寺芬陀院。
東福寺芬陀院

東福寺龍吟庵。
東福寺龍吟庵の枯山水


建仁寺の枯山水庭園

建仁寺の枯山水庭園

大徳寺の枯山水庭園

瑞峯院や龍源院、大仙院の枯山水が有名です。

大徳寺瑞峯院。
大徳寺 瑞峯院の枯山水
大徳寺 瑞峯院の枯山水

大徳寺龍源院。 大徳寺龍源院の枯山水

大徳寺興臨院。 大徳寺 興臨院の枯山水

大徳寺高桐院。
大徳寺 高桐院の青もみじ

詩仙堂の枯山水庭園

詩仙堂の枯山水庭園

詩仙堂の枯山水庭園

金福寺の枯山水庭園

サツキの築山が美しい金福寺の枯山水庭園。
金福寺の皐月 枯山水庭園

妙満寺の枯山水庭園

妙満寺の雪景色

圓徳院の枯山水庭園

圓徳院の紅葉

曼殊院の枯山水庭園

曼殊院の枯山水庭園 霧島ツツジ

圓通寺の枯山水庭園

圓通寺の枯山水庭園

圓通寺の枯山水庭園の紅葉

正伝寺の枯山水庭園

京都 正伝寺の枯山水庭園の桜

借景の比叡山は曇ったらどこにあるやらわかりません。
京都 正伝寺の枯山水庭園

妙心寺退蔵院の枯山水庭園

妙心寺退蔵院の新緑

左が陽の庭で、右が陰の庭。
妙心寺退蔵院の新緑

銀閣寺の枯山水庭園

向月台(こうげつだい)と銀沙灘(ぎんさだん)の特徴ある枯山水。
銀閣寺の紅葉

東寺の枯山水庭園

東寺の塔頭、観智院の枯山水。 東寺観智院の枯山水

高台寺の枯山水庭園

方丈前庭。
高台寺 新緑

最近では枯山水のゲームやミニチュア枯山水を作るセットも販売されていて、ヒットしているそうです。

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

毘沙門堂の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

山科毘沙門堂の勅使坂の紅葉写真です。

山科毘沙門堂の紅葉の写真素材


年によって美しさにはバラつきがありますが、
今年はとても綺麗な紅葉を見ることができました。

山科毘沙門堂の紅葉の写真素材


山科毘沙門堂の紅葉の写真素材


山科毘沙門堂の紅葉の写真素材


また別の年の紅葉の景色。

山科毘沙門堂の紅葉の写真素材

京都山科毘沙門堂の紅葉写真

京都山科毘沙門堂の紅葉写真


山科毘沙門堂の紅葉


京都山科毘沙門堂の紅葉写真

カエデ越しに見下ろす勅使坂。

京都山科毘沙門堂の紅葉写真


毘沙門堂の紅葉


弁天さん。下はドウダンツツジの赤、上はカエデの赤。

毘沙門堂の紅葉

2013年の紅葉ライトアップの写真。たくさんの方がお見えでした。
そしてたくさんのスタッフが寒い中働いておられました。

山科毘沙門堂の紅葉ライトアップ


やはり弁天堂の紅葉が綺麗です。

山科毘沙門堂の紅葉


2011年のそうだ京都行こうCMでピックアップされた山科の毘沙門堂。 残念ながら京都は全体的に紅葉の当たり年ではなく、ポスターのような景色には出会えませんでした。

晩秋の敷き紅葉を2枚ほど。

山科毘沙門堂の紅葉

山科毘沙門堂の紅葉



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

毘沙門堂

案内 写真はクリックすれば拡大

毘沙門堂の桜
山科の北の果て、毘沙門堂さんの有名な枝垂桜「般若桜」の写真です。

山科毘沙門堂の枝垂桜


JR東海CMそうだ京都行こうシリーズでも美しい映像が全国に流れました。

山科毘沙門堂の枝垂桜

毘沙門堂の青もみじ・藤
藤が見頃の京都山科の古刹毘沙門堂さん。5月初旬。

山科毘沙門堂の藤の写真素材

山門と鐘楼のあいだに藤棚があり、その下にはベンチが置かれています。
毘沙門堂に藤を目当てに来るひとは少ないので、貸切状態かもしれません。

山科毘沙門堂の藤の写真素材




毘沙門堂境内を包む青もみじ。

山科毘沙門堂の青もみじの写真素材



山科毘沙門堂の青もみじの写真素材


毘沙門堂の雪景色
山科は京都市内中心部よりはだいぶん雪が多く降ります。
といっても積もるのは年に数回ですが。


毘沙門堂も雪景色は素敵です。
こちらは改修前の本殿。

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材

まっすぐ本堂へと登る急な石段。

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材

仁王門から南を見て。

毘沙門堂 門の雪景色

仁王門越しに見る本堂。

毘沙門堂 仁王門の雪景色

カメラマンに人気の勅使坂。地面の雪はもう融けていました。でも今朝カエデに積もった雪はきれいです。

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材


いつも閉まっている勅使門。

毘沙門堂 勅使門の雪景色

宸殿前の立派な枝垂桜般若桜も真っ白です。

毘沙門堂 枝垂桜の雪景色

石段は融けていても、こちらはまだだいじょうぶ。真っ白です。

毘沙門堂 本堂の雪景色


鮮やかな本堂は雪景色にもマッチします。

毘沙門堂 本堂の雪景色

横長の山水画とでも言いましょうか。渡り廊下越しの弁天堂の雪景色が素晴らしい。高台弁才天。

毘沙門堂 弁天堂の雪景色

拝観開始の時間までじっと待って、中に入ります。

本堂裏からみる高台弁才天。

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材

晩翠園。ここの雪景色を見たのはひさしぶり。

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材


朝日が差し始めると、一気に雪が融け出します。

山科毘沙門堂の雪景色の写真素材


雪のない冬の写真も載せておきます。

冬の毘沙門堂


冬の毘沙門堂


紅葉で有名な勅使坂もスッカスカですが、これはこれで清々しい。

冬の毘沙門堂


初詣には石段の下まで行列ができることもあります。

初詣の毘沙門堂


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

山科聖天(双林院)

案内 写真はクリックすれば拡大

山科の聖天さんの紅葉の写真です。小さな境内で赤いカエデがはなやかです。

山科聖天の紅葉の写真素材

山科聖天さんは双林院というお寺。毘沙門堂の塔頭です。

山科聖天の紅葉の写真素材


山科聖天の紅葉の写真素材

晩秋の石段。

山科聖天の紅葉の写真素材


山科聖天の紅葉の写真素材


山科聖天の紅葉の写真素材


山科聖天の紅葉の写真素材

山科聖天の紅葉の写真素材


山科聖天の紅葉の写真素材



次に、山科聖天の雪景色。

山科聖天の雪の写真素材

山科聖天の雪の写真素材


山科聖天の雪の写真素材


山科聖天の雪の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

八坂の塔(法観寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

八坂の塔(やさかのとう)Yasaka Tower,Yasaka Pagoda

夕暮れの美しい空と塔。薄明光線もうっすらと。
八坂の塔の写真素材


八坂の塔の写真素材


八坂の塔と朝の虹。

八坂の塔と朝の虹の写真素材

平安神宮の大鳥居の向こうに八坂の塔と祇園の塔が並ぶ景色。

八坂の塔と祇園の塔の写真素材


相輪の上にぼんやりした夕日。

八坂の塔の写真素材


夜の京都タワーと八坂の塔。

京都タワーと八坂の塔の夜景の写真素材


塔の手前の素敵な建物は旧清水小学校を利用してできたホテル青龍。

八坂の塔の写真素材


京のランドマークタワー八坂の塔を西側から見る。

八坂の塔の写真素材


夜中に西側から見る。

八坂の塔の写真素材

東大路を渡って西側から見る八坂の塔。
電線だらけで、けっこう京都らしい風景といえるかも。

八坂の塔の写真素材


東大路通りから。なんでもない写真ですが、昼間なのにひとがいない奇跡の瞬間です。
歩いていた人々が路地へ曲がっていって消えて、直後にまたいろんなところからひとが出てきました。

八坂の塔の写真素材


北側から見る八坂の塔も電線の向こう。

八坂の塔の写真素材


ねねの道から見る八坂の塔。

八坂の塔の写真素材


ねねの道の桜の向こうに八坂の塔。

八坂の塔と桜の写真素材


高台寺の台所坂の途中から。

八坂の塔の写真素材


塔のうえに反薄明光線が出ていました。西から東までずっとつながっていました。

八坂の塔の写真素材

塔の上のほうを見る。

八坂の塔の写真素材

相輪を見る。

八坂の塔の写真素材

塔の真下から見上げる。

八坂の塔の写真素材


東側から見る。

八坂の塔の写真素材


八坂の塔はいろいろな位置から見えます。次は遠くから見る八坂の塔です。

八坂の塔の写真素材


遠く嵐山から。
八坂の塔を探してみてください。


夜の八坂の塔と京都タワー。

八坂の塔の写真素材

意外なところから八坂の塔が見えると得した気分になります。

八坂の塔の写真素材

これは祇園閣の上から見た八坂の塔のある景色。

八坂の塔

京都駅から遠望する八坂の塔と霊山観音。

八坂の塔の写真素材

次の数枚は高台寺の駐車場から見た八坂の塔のある景色です。
よく雑誌などでも見かけるアングルですね。

八坂の塔の写真素材


八坂の塔の写真素材


台風前は複雑な雲が浮かぶ。

八坂の塔の写真素材

八坂の塔の写真素材


八坂の塔の写真素材

夕暮れの八坂の塔。

八坂の塔の写真素材


夕暮れの八坂の塔。

夕暮れの八坂の塔の写真素材

夕暮れの八坂の塔。

夕暮れの八坂の塔の写真素材


夕日が相輪に食い込む。

夕暮れの八坂の塔の写真素材

夕暮れの八坂の塔の写真素材

塔を横切って山に沈んでいきました。

夕暮れの八坂の塔の写真素材


天に昇る龍を思わせるような不穏な空。
じっと見ていると龍が見えてくる...かも。

八坂の塔の写真素材

初夏の八坂の塔。横幅2048pxの大きめの写真。

京都の八坂の塔の写真素材

逆光シルエットの八坂の塔。

八坂の塔の写真素材

少し移動して高台寺鐘楼あたりから。

八坂の塔の写真素材


坂の上から見る近めの八坂の塔。初夏。
ソフトクリームが気になります。

八坂の塔の写真素材


真夏の八坂の塔。百日紅が咲いています。

八坂の塔の写真素材

八坂の塔の写真素材


飛行機雲と八坂の塔。

八坂の塔の写真素材

紅葉シーズンはさらに素敵。

八坂の塔の写真素材


雪の朝の八坂の塔
以前は近くから見上げると電線だらけで、写真を撮れば線がいっぱい写りましたが、近年電線の地中埋設工事が行われてすっきりとした風景になりました。

雪の八坂の塔の写真素材


雪の降る日の八坂の塔

雪の八坂の塔の写真素材


雪の八坂の塔の写真素材


地面にも屋根にも雪はありません。このくらいが京都らしいかもしれません。

雪の八坂の塔の写真素材


雪に霞む五重塔。

雪の八坂の塔の写真素材

雪の八坂の塔の写真素材

龍馬坂から振り返る八坂の塔

八坂の塔の写真素材

桜に彩られる春の八坂の塔。

八坂の塔の写真素材

八坂の塔の写真素材


八坂の塔の写真素材


霊山護国神社の墓地から桜越しに。

八坂の塔の桜写真素材

八坂の塔の桜写真素材


幕末の志士たちが眠る山の斜面の墓地です。

八坂の塔の桜写真素材


維新の坂から。

八坂の塔の桜写真素材

高台寺駐車場から。

八坂の塔の桜写真素材

高台寺と八坂の塔と京都タワー。

八坂の塔の写真素材

八坂の塔の写真素材


ザ・ホテル青龍 京都清水から。

八坂の塔の写真素材


景色の良いルーフトップのバーが人気です。

八坂の塔の写真素材


八坂の塔の南、大漸寺さんあたりから。電線だらけ。

八坂の塔の写真素材

比叡山から遠望する八坂の塔と知恩院。

八坂の塔と知恩院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年10月 [1]
  2. 2021年9月 [4]
  3. 2021年8月 [2]
  4. 2021年7月 [2]
  5. 2021年6月 [2]
  6. 2021年5月 [3]
  7. 2021年4月 [3]
  8. 2021年3月 [3]
  9. 2021年2月 [1]
  10. 2021年1月 [1]
  11. 2020年12月 [3]
  12. 2020年11月 [1]
  13. 2020年10月 [23]
  14. 2020年8月 [28]
  15. 2020年7月 [9]
  16. 2020年6月 [8]
  17. 2020年5月 [20]
  18. 2020年4月 [8]
  19. 2020年3月 [6]
  20. 2020年2月 [4]
  21. 2020年1月 [25]
  22. 2019年12月 [6]
  23. 2019年11月 [2]
  24. 2019年9月 [18]
  25. 2019年8月 [2]
  26. 2019年7月 [10]
  27. 2019年6月 [36]
  28. 2019年5月 [9]
  29. 2019年4月 [18]
  30. 2019年3月 [19]
  31. 2019年2月 [18]
  32. 2019年1月 [12]
  33. 2018年12月 [19]
  34. 2018年11月 [18]
  35. 2018年10月 [67]
  36. 2018年9月 [85]
  37. 2018年8月 [57]
  38. 2018年7月 [31]
  39. 2018年6月 [91]
  40. 2018年5月 [96]
  41. 2018年4月 [91]
  42. 2018年3月 [34]
  43. 2018年2月 [35]
  44. 2018年1月 [10]
  45. 2017年12月 [8]
  46. 2017年11月 [10]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [27]
  49. 2016年11月 [10]
  50. 2016年7月 [1]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [5]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [4]
  63. 2014年6月 [7]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [6]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年8月 [2]
  72. 2013年6月 [1]
  73. 2013年5月 [8]
  74. 2013年4月 [14]
  75. 2013年3月 [7]
  76. 2013年2月 [2]
  77. 2013年1月 [4]
  78. 2012年12月 [4]
  79. 2012年11月 [8]
  80. 2012年10月 [9]
  81. 2012年9月 [8]
  82. 2012年8月 [18]
  83. 2012年7月 [2]
  84. 2012年6月 [1]
  85. 2011年5月 [4]
  86. 2011年4月 [9]
  87. 2010年7月 [1]
  88. 2008年8月 [1]
  89. 2008年7月 [1]
  90. 2008年6月 [2]
  91. 2000年7月 [1]
  92. 2000年5月 [2]
  93. 2000年4月 [1]
  94. 2000年3月 [1]