2019年6月の記事一覧

紫式部墓所

案内 写真はクリックすれば拡大

堀川通沿いにある紫式部の墓所の写真です。堀川北大路を少し下がったところ。
街中なのでイメージがしづらいですが、このあたりはかつては雲林院の境内だったそうです。

紫式部墓所の写真素材


小野篁の墓所とふたつ並んでいます。
ふたりの生きた時代には200年近い隔たりがあり、お墓が並んでいることはあまりピンときません。

紫式部墓所の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

陸上自衛隊宇治駐屯地

案内 写真はクリックすれば拡大

陸上自衛隊宇治駐屯地の写真です。
桜の時期、夏祭り、紅葉の時期などに無料公開されています。

陸上自衛隊宇治駐屯地の写真素材


陸上自衛隊宇治駐屯地の写真素材

ランドマークとなっているのが展望塔。元は陸軍造兵廠宇治火薬製造所の給水塔だそうです。

陸上自衛隊宇治駐屯地の写真素材


陸上自衛隊宇治駐屯地の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

橋寺(放生院)

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治川の宇治橋を何百年も管理してきたお寺、放生院さんの写真です。

橋寺(放生院)の写真素材


一段高い境内地に登ると、宇治川はそれほど見えません。
境内に立つ宇治橋断碑は646年のもの。

橋寺(放生院)の写真素材


門前からはなにも見えませんが、入ってみると境内は桜の園。

橋寺(放生院)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

橋姫神社

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治橋のそばの小さな神社橋姫神社の写真です。
縁切りの力の強い「橋姫さん」を祀っています。

橋姫神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

宇治 宇治川周辺の風景

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治川の写真です。
宇治橋からはちょっと奥。このあたりは紅葉が鮮やかです。

宇治川の写真素材

桜の季節の朝霧橋。前日にたくさん雨が降ったので、水が多いです。

宇治川の写真素材


喜撰橋の上から。

宇治川 喜撰橋の写真素材

喜撰橋。向こうの十三重の塔はパッと見はふつうですが、近づいてみると巨大なことに気づきます。

宇治川 喜撰橋の写真素材

喜撰橋から宇治橋方向を見て。

宇治川 喜撰橋の写真素材

春先の朝霧橋。

宇治川 朝霧橋の写真素材


朝霧橋のたもには匂宮と浮舟の像。
源氏物語の宇治十帖のモニュメント。扇が分厚い!

宇治川 宇治橋の写真素材

対岸の宇治神社の赤い鳥居が目立ちます。

宇治川 朝霧橋の写真素材


宇治神社。

宇治神社の写真素材


さらに進めば宇治上神社。世界遺産です。

宇治上神社の写真素材

朝霧橋の手前には宇治を代表する平等院。世界遺産。

平等院鳳凰堂の写真素材


メインの橋は宇治橋。渋い色合いの橋です。

宇治川 宇治橋の写真素材


ポカポカと暖かな日だったので、なんとなく宇治橋のそばでJRの電車を撮影。

宇治川 宇治橋の写真素材

背中に日差しが当たるので眠くなる。
のんびりしてしまいました。

宇治川 宇治橋の写真素材

だいぶん日が傾いてきました。朝霧橋にて。

宇治川 宇治橋の写真素材

宇治川 宇治橋の写真素材


朝日山から見る宇治市街の夕暮れ。

宇治市街の夕暮れの写真素材


十三重の石塔と宇治川。夕暮れ。

十三重の石塔と宇治川の写真素材


天ヶ瀬ダム。

天ヶ瀬ダムの写真素材

夜の天ヶ瀬ダム。

夜 天ヶ瀬ダムの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

宝泉寺

案内 写真はクリックすれば拡大

京北下熊田町の真言宗御室派のお寺、宝泉寺さんの写真です。
大きな屋根は本堂です。

宝泉寺の写真素材

大慈殿(阿弥陀堂)。小さな朱塗りの極楽橋が掛かります。

宝泉寺の写真素材


お地蔵様がたくさん。

宝泉寺の写真素材


花菖蒲や紅しだれ桜が有名です。

宝泉寺の写真素材

宝泉寺の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

安祥寺

案内 写真はクリックすれば拡大

2018年にその木造五智如来坐像が国宝指定されたことで、ぐんと知名度が増した山科の古刹安祥寺さんの写真です。
以前はいつでも閉まっていましたが、公開されることが増えてきました。

安祥寺の写真素材

森の中の古寺といった風情の本堂。ご本尊は大きな十一面観音像。奈良時代のもの。
5体の木造五智如来坐像はこのときは京都国立博物館に2体、東京国立博物館に3体お出かけになっており、もぬけの殻でした。

安祥寺の写真素材

境内は土と砂利メイン。雨だとぬかるむところも。

安祥寺の写真素材

弁天社。水路に水は無し。

安祥寺の写真素材

大師堂。

安祥寺の写真素材


雪の朝の門前。

雪の安祥寺の写真素材


静かな雪の朝でした。

雪の安祥寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

祇園白川・辰巳大明神と巽橋

案内 写真はクリックすれば拡大

祇園白川(ぎおんしらかわ)

伝統的建造物群保存地区にも指定されており、とても情緒あふれる祇園白川のあたり。
祇園白川の桜の写真素材

かにかくにの碑。

祇園白川の写真素材


祇園の人々の信仰厚い辰巳大明神。
石畳が雨に濡れて風情があります。

祇園白川の写真素材


祇園白川の写真素材

祇園白川の写真素材

白川南通と新橋通の分岐点に鎮座しています。

祇園白川の写真素材


芸妓さん舞妓さんが芸事の上達を祈願するお社。
よくテレビで目にしますね。

祇園白川の辰巳大明神の写真素材

祇園白川の写真素材


辰巳大明神。

祇園白川の写真素材

辰巳大明神。

祇園白川の写真素材


祀られているのはお稲荷さん。辰巳稲荷とも呼ばれます。

祇園白川の写真素材


白川にかかる小さな巽橋。

祇園白川の写真素材

祇園白川の写真素材

南側から巽橋を見て。

祇園白川の写真素材


犬矢来に自転車が立てかけてあります。

祇園白川の写真素材

雨の切り通し。

祇園白川の写真素材


祇園白川の写真素材


春の夜のこのあたりは格別です。
白川の流れと桜が風流です。

祇園白川の夜桜の写真素材


辰巳大明神にも小さな桜がばばっと咲きます。

祇園白川の夜桜の写真素材

祇園白川の夜桜の写真素材


川端通近くには夜空を覆う圧巻の桜並木があります。

祇園白川の夜桜の写真素材

祇園白川の夜桜の写真素材

真夏の祇園白川。人力車がやってきました。

祇園白川の人力車の写真素材


空には入道雲。

祇園白川の人力車の写真素材


カンカン照りのなかを進みます。

祇園白川の人力車の写真素材


新暦8月1日は八朔。芸妓さん舞妓さんが挨拶まわりをする日。

祇園白川の八朔の写真素材

祇園白川の八朔の写真素材

秋の夜の祇園白川。

祇園白川の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

白川一本橋

案内 写真はクリックすれば拡大

知恩院の橋の近くにかかる白川一本橋の写真です。
台風でかなり柳が折れたそうですが、以前の雰囲気を取り戻しつつあります。

白川一本橋の写真素材


いろいろな別名があり、行者橋・阿闍梨橋・古川町橋ともいうそうです。
行者橋は、千日回峰の行者さんが渡る橋だからそう呼ばれる。
幅60cm、ひと一人分の幅の橋ですが、登下校の通り道にもなっていて意外とたくさんのひとが通ります。
慣れた通り道のようで、スマホをずっと見ながら渡る学生さんも。
自転車で通るひともおられます。

白川一本橋の写真素材


白川一本橋の写真素材

雨でツルツルでも気にしない。

白川一本橋の写真素材


雨のなか、カモがツーッと流れてきました。

白川一本橋の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

先斗町通の町並み

案内 写真はクリックすれば拡大

鴨川と木屋町通に挟まれた先斗町の細い小路の写真です。
昔ながらのこの狭さが雰囲気をかもし出すのですね。

先斗町の写真素材


雨が似合う昼下がりの先斗町。

先斗町の写真素材

いつもなら路面にも風情のある模様がありますが、残念ながら工事中でガタガタでした。

先斗町の写真素材

通りが狭いので工事をしているときは車両も入れないし、いろいろと大変そうです。

先斗町の写真素材

先斗と書いてポントと読むのはだいぶん無理がありますが、ポントはポルトガル語が語源だとか。

先斗町の写真素材


先斗町を南へ、四条通まで抜けると東華菜館の建物が見えてきます。

先斗町 東華菜館の写真素材


路地のひとつ。木屋町へ抜けられます。
抜けられる路地(辻子)と袋小路はちゃんと入り口に千鳥マークの標示が出ていてわかりやすいです。

先斗町の写真素材

先斗町の小さな小さな路地水族館。赤い金魚がいきいきと。

先斗町路地水族館の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年12月 [2]
  2. 2021年10月 [3]
  3. 2021年9月 [3]
  4. 2021年8月 [1]
  5. 2021年7月 [2]
  6. 2021年6月 [2]
  7. 2021年5月 [3]
  8. 2021年4月 [2]
  9. 2021年3月 [2]
  10. 2021年2月 [1]
  11. 2020年12月 [3]
  12. 2020年11月 [1]
  13. 2020年10月 [22]
  14. 2020年8月 [34]
  15. 2020年7月 [10]
  16. 2020年6月 [8]
  17. 2020年5月 [21]
  18. 2020年4月 [8]
  19. 2020年3月 [6]
  20. 2020年2月 [4]
  21. 2020年1月 [26]
  22. 2019年12月 [6]
  23. 2019年11月 [2]
  24. 2019年9月 [18]
  25. 2019年8月 [1]
  26. 2019年7月 [10]
  27. 2019年6月 [30]
  28. 2019年5月 [8]
  29. 2019年4月 [16]
  30. 2019年3月 [19]
  31. 2019年2月 [10]
  32. 2019年1月 [12]
  33. 2018年12月 [15]
  34. 2018年11月 [16]
  35. 2018年10月 [67]
  36. 2018年9月 [63]
  37. 2018年8月 [54]
  38. 2018年7月 [31]
  39. 2018年6月 [95]
  40. 2018年5月 [96]
  41. 2018年4月 [94]
  42. 2018年3月 [35]
  43. 2018年2月 [49]
  44. 2018年1月 [10]
  45. 2017年12月 [8]
  46. 2017年11月 [10]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [27]
  49. 2016年11月 [10]
  50. 2016年7月 [1]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [5]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [4]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [3]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [3]
  63. 2014年6月 [7]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [6]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [5]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年8月 [2]
  72. 2013年6月 [1]
  73. 2013年5月 [6]
  74. 2013年4月 [14]
  75. 2013年3月 [7]
  76. 2013年2月 [2]
  77. 2013年1月 [4]
  78. 2012年12月 [4]
  79. 2012年11月 [8]
  80. 2012年10月 [9]
  81. 2012年9月 [8]
  82. 2012年8月 [16]
  83. 2012年7月 [2]
  84. 2012年6月 [1]
  85. 2011年5月 [4]
  86. 2011年4月 [9]
  87. 2010年7月 [1]
  88. 2008年8月 [1]
  89. 2008年7月 [1]
  90. 2008年6月 [2]
  91. 2000年7月 [1]
  92. 2000年5月 [2]
  93. 2000年4月 [1]
  94. 2000年3月 [2]