2018年12月の記事一覧

瑞光院

案内 写真はクリックすれば拡大

山科の毘沙門堂へ向かう坂道の少し手前に建つ小さなお寺、瑞光院さんの写真です。
山門の内側の右手に石の鳥居が建っているのが、通りからも見えます。

瑞光院の写真素材


赤穂浪士にゆかりの深いお寺で、大石内蔵助の建てた浅野内匠頭長矩公のお墓や、赤穂浪士46人の遺髪を納めた供養塔があります。

瑞光院の写真素材

鳥居の先には浅野稲荷神社。

瑞光院の写真素材


雪の朝の瑞光院さん。

瑞光院の雪の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

山科 義士まつり

案内 写真はクリックすれば拡大

大石内蔵助ゆかりの地、山科の義士まつりの写真です。

山科 義士まつりの写真素材

義士まつりは12月14日の討ち入りの日。毘沙門堂をスタートした播州赤穂四十七士の一行はどんどん南下し、やがて西進。岩屋寺を経て大石神社に到着します。
その距離6km。途中いろいろ催し物がありますので、たいへんな行程といえるでしょう。
時代祭とは違って、着付けもカツラもちゃんとしています。メガネの現代人もいません。
かけ声も最初は頼りない感じですが、道を進むにつれてだんだん一体感を増していきます。

山科 義士まつりの写真素材

出発前の毘沙門堂での義士たちの様子です。

山科 義士まつりの写真素材

青空に恵まれた冬の日。
お顔のあまり写っていない写真だけ掲載します。

山科 義士まつりの写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

松花堂

案内 写真はクリックすれば拡大

八幡市の松花堂庭園の写真です。
広々とした南向きのエントランス。

松花堂庭園の写真素材

追加します。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

京都の窓

案内 写真はクリックすれば拡大

京都の窓の紅葉の写真をいくつか。
有名なところでは源光庵の悟りの窓迷いの窓越しの紅葉景色。素敵です。
わざわざ窓を見に出かける価値があります。


まずは源光庵さんの写真です。四角い迷いの窓とまん丸の悟りの窓。
この窓の向こうのカエデは赤くなるのが遅いので、タイミングが読みにくいのです。

鷹峯 源光庵の紅葉の写真素材


こちらも源光庵の窓の紅葉。

鷹峯 源光庵の窓の紅葉の写真素材


緑の季節の迷いの窓と悟りの窓。

鷹峯 源光庵の窓の写真素材


東本願寺の庭園、渉成園
赤く燃えておりました。

渉成園の窓の紅葉の写真素材


東福寺塔頭の光明院さん。
羅月庵の丸窓の向こうに波心庭のカエデと苔と石のカラフルな景色。「雲ハ嶺上ニ生ズルコトナク、月ハ波心ニ落ツルコト有リ」

東福寺光明院の波心庭の窓の紅葉の写真素材


鷹ヶ峰の常照寺さん。
遺芳庵の吉野窓。障子が少しだけ開けられています。

常照寺の紅葉


嵯峨野の清凉寺さん。
渡り廊下から見るスライドショーの紅葉。窓とはちょっと違うかもしれませんが。

清凉寺の紅葉


嵯峨野の大河内山荘庭園。

大河内山荘の紅葉


嵯峨野の宝厳院さんの格子。

宝厳院の窓の紅葉の写真素材


宇治田原の正寿院さんはハート形の猪目窓で人気です。

正寿院(宇治田原)のハートの写真素材

東福寺芬陀院さんの丸窓。

東福寺芬陀院の窓の写真素材


雲龍院さんの障子の窓。

泉涌寺雲龍院の窓の写真素材

相国寺。華頭窓から覗くのは雄大な枯山水。

華頭窓 相国寺の写真素材


京都府庁旧本館のレトロな窓の向こうには桜の木。

京都府庁旧本館の窓の写真素材

追加します。(写真準備中)


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

淀屋辰五郎旧邸跡

案内 写真はクリックすれば拡大

八幡市の淀屋辰五郎旧邸跡の写真です。
大阪の淀屋橋にも名前の残る天下の豪商淀屋辰五郎ですが、五代目のときに幕府によって取り潰されてしまいます。
その後に彼が住んだ家がこの地だということです。
そのお墓は近くの神應寺にあります。

淀屋辰五郎旧跡の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年9月 [2]
  2. 2022年6月 [2]
  3. 2022年4月 [1]
  4. 2022年3月 [1]
  5. 2022年2月 [1]
  6. 2022年1月 [7]
  7. 2021年12月 [8]
  8. 2021年11月 [1]
  9. 2021年10月 [2]
  10. 2021年9月 [3]
  11. 2021年7月 [1]
  12. 2021年6月 [3]
  13. 2021年5月 [3]
  14. 2021年4月 [1]
  15. 2021年3月 [2]
  16. 2021年2月 [1]
  17. 2020年12月 [3]
  18. 2020年11月 [4]
  19. 2020年10月 [29]
  20. 2020年8月 [34]
  21. 2020年7月 [10]
  22. 2020年6月 [8]
  23. 2020年5月 [21]
  24. 2020年4月 [8]
  25. 2020年3月 [6]
  26. 2020年2月 [4]
  27. 2020年1月 [26]
  28. 2019年12月 [6]
  29. 2019年11月 [2]
  30. 2019年9月 [8]
  31. 2019年8月 [1]
  32. 2019年7月 [10]
  33. 2019年6月 [25]
  34. 2019年5月 [8]
  35. 2019年4月 [16]
  36. 2019年3月 [19]
  37. 2019年2月 [11]
  38. 2019年1月 [12]
  39. 2018年12月 [15]
  40. 2018年11月 [16]
  41. 2018年10月 [67]
  42. 2018年9月 [63]
  43. 2018年8月 [55]
  44. 2018年7月 [29]
  45. 2018年6月 [95]
  46. 2018年5月 [93]
  47. 2018年4月 [93]
  48. 2018年3月 [35]
  49. 2018年2月 [47]
  50. 2018年1月 [10]
  51. 2017年12月 [8]
  52. 2017年11月 [7]
  53. 2017年1月 [4]
  54. 2016年12月 [27]
  55. 2016年11月 [10]
  56. 2016年7月 [1]
  57. 2016年6月 [1]
  58. 2016年4月 [1]
  59. 2016年1月 [1]
  60. 2015年12月 [5]
  61. 2015年8月 [3]
  62. 2015年6月 [4]
  63. 2015年5月 [2]
  64. 2015年3月 [3]
  65. 2014年12月 [2]
  66. 2014年11月 [5]
  67. 2014年10月 [1]
  68. 2014年9月 [3]
  69. 2014年6月 [7]
  70. 2014年5月 [4]
  71. 2014年4月 [1]
  72. 2014年3月 [3]
  73. 2014年2月 [6]
  74. 2014年1月 [9]
  75. 2013年12月 [3]
  76. 2013年9月 [3]
  77. 2013年8月 [3]
  78. 2013年5月 [6]
  79. 2013年4月 [14]
  80. 2013年3月 [7]
  81. 2013年2月 [2]
  82. 2013年1月 [4]
  83. 2012年12月 [4]
  84. 2012年11月 [7]
  85. 2012年10月 [9]
  86. 2012年9月 [8]
  87. 2012年8月 [16]
  88. 2012年7月 [2]
  89. 2012年6月 [1]
  90. 2011年5月 [4]
  91. 2011年4月 [9]
  92. 2010年7月 [1]
  93. 2008年8月 [1]
  94. 2008年7月 [1]
  95. 2008年6月 [2]
  96. 2000年7月 [1]
  97. 2000年5月 [2]
  98. 2000年4月 [1]
  99. 2000年3月 [2]