2018年9月の記事一覧

妙心寺 大雄院(だいおういん)

案内 写真はクリックすれば拡大

妙心寺の大雄院さんは、通常は公開していないお寺。

妙心寺 大雄院の写真素材

前庭。

妙心寺 大雄院の写真素材

方丈前の枯山水庭園は、緑あふれる中に灯籠が3つ立っています。

妙心寺 大雄院の写真素材


妙心寺 大雄院の写真素材

安川如風氏の花の丸図のふすま絵がかわいらしくて綺麗でした。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

妙心寺 退蔵院

案内 写真はクリックすれば拡大

妙心寺塔頭の退蔵院さんの写真です。
ひょうたんとナマズはいろんなところに。

妙心寺退蔵院の写真素材


年中公開されていて、いつでも拝観できるお寺です。

妙心寺退蔵院の写真素材

猫好きのかたも訪れるお寺。

妙心寺退蔵院の写真素材

常緑の元信の庭。

妙心寺退蔵院の写真素材

妙心寺退蔵院の写真素材

秋の山門前。

妙心寺退蔵院の写真素材


退蔵院の方丈。

妙心寺退蔵院の写真素材

5月初旬の余香苑。
霧島ツツジ・平戸ツツジ・藤が咲いていますが、全体的には緑の季節。

妙心寺退蔵院の新緑の写真素材

6月、雨あがりの妙心寺退蔵院さんの深い緑のお庭。

妙心寺退蔵院の新緑の写真素材

JR東海「そうだ 京都、行こう。」にも取り上げられた枝垂桜も緑。

妙心寺退蔵院の新緑の写真素材

四季折々の枝垂桜が絵になります。


4月、満開の枝垂桜。

妙心寺退蔵院の桜の写真素材


歩くだけでしあわせな桜の傘の下。

妙心寺退蔵院の桜の写真素材


よく渋滞する場所ですが、しばらくだれもおられなかったので、真ん中から。

妙心寺退蔵院の桜の写真素材


水色とピンク。

妙心寺退蔵院の桜の写真素材

5月初旬の枝垂桜。

妙心寺退蔵院の写真素材

ピンクもいいけれどグリーンもいい。

妙心寺退蔵院の新緑の写真素材

秋の枝垂桜。桜の葉っぱは全部落ちて真っ白に見えます。

妙心寺退蔵院の写真素材

妙心寺 退蔵院の桜の写真はこちら

妙心寺 退蔵院の紅葉の写真はこちら


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

妙心寺 東海庵

案内 写真はクリックすれば拡大

妙心寺塔頭の東海庵さんの写真です。
一木一草もない「白露地の庭」の他ふたつの枯山水庭園があり、妙心寺の中でもなかなか公開されることのないお寺です。

妙心寺 東海庵の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

妙心寺 大心院

案内 写真はクリックすれば拡大

大心院さんは妙心寺の塔頭寺院のひとつ。1492年創建。
宿坊としても人気のあるお寺です。

妙心寺大心院の写真素材


真っ赤な石楠花が妖しいほどに咲く4月の終わり。
妙心寺大心院の石楠花

牡丹が咲く本堂前の「切石の庭」。
妙心寺大心院の枯山水

存在感を放つ坪庭の霧島ツツジ。
妙心寺大心院の霧島ツツジ

ガラスに映る姿も良いです。
妙心寺大心院の霧島ツツジ


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

妙心寺 東林院

案内 写真はクリックすれば拡大

東林院(とうりんいん)

ほとんど沙羅双樹ばかりのお庭が有名な妙心寺東林院さん。
妙心寺東林院の写真素材

お庭を眺めているとときおりぽとりと花が落ちます。
実際は夏椿なのですが、平家物語やお釈迦様のことをイメージしやすいので沙羅双樹。
花が咲く頃に特別拝観が行われます。

妙心寺東林院の沙羅の写真素材

実際、縁に座って眺めるとなんともいえず心にぐっときます。日本人だからでしょうか。

妙心寺東林院の沙羅の写真素材

特に雨の日が良いように思います。落ちる花の数はタイミング次第。でも、見ている間にもひとつふたつと静かに落ちてきます。

妙心寺東林院の沙羅の写真素材


参道には紫陽花。

妙心寺東林院の紫陽花の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

妙心寺 徳雲院

案内 写真はクリックすれば拡大

妙心寺塔頭の徳雲院さんの写真です。
まっすぐな参道の奥に燃えるような紅葉が。

妙心寺 徳雲院の写真素材

境内には音楽家貴志康一のお墓があるそうです。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

妙心寺 長興院

案内 写真はクリックすれば拡大

妙心寺塔頭の長興院さんの写真です。
滝川一益が創建し、津田秀政が再興したお寺で、1686年にこの地に落ち着きました。
非公開のお寺ですが、月2度ほど予約拝観を行っておられます。御朱印も人気だそうです。

長興院の写真素材

新墓地の看板が出ていますので、お墓を持てばこの非公開の紅葉がたっぷり楽しめるのでしょう。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

妙心寺 蟠桃院

案内 写真はクリックすれば拡大

妙心寺塔頭の蟠桃院さんの写真です。

蟠桃院の写真素材


非公開ですが、山門前から美しい紅葉を垣間みることができます。

蟠桃院の写真素材

関ヶ原の戦いの一年後に創建されたお寺。前田玄以が創建しましたが、のちには伊達家の菩提寺になっています。
聚楽第から移築されたという玄関が残っています。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

妙心寺 龍泉庵

案内 写真はクリックすれば拡大

妙心寺境内の南門のそばに建つ龍泉庵さんの写真です。

妙心寺 龍泉庵の写真素材

その方丈は妙心寺塔頭の中でも最大なのだそうです。

妙心寺 龍泉庵の写真素材


京の冬の旅で公開されたことはありますが、通常非公開のお寺です。

妙心寺 龍泉庵の写真素材


紅枝垂桜が咲いていました。

妙心寺 龍泉庵の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

妙心寺 大通院

案内 写真はクリックすれば拡大

妙心寺塔頭の大通院さんの写真です。
通常非公開のお寺。山門の内を見れば美しい紅葉の景色があります。

妙心寺 大通院の写真素材

大通院は、山内一豊とその奥さん千代のお墓のあるお寺で、「見性閣」と呼ばれる御廟の中に墓石や位牌が祀られています。
大河ドラマ「功名が辻」放送の年には特別公開が行われました。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年7月 [2]
  2. 2021年6月 [2]
  3. 2021年5月 [4]
  4. 2021年4月 [3]
  5. 2021年3月 [4]
  6. 2021年2月 [1]
  7. 2021年1月 [1]
  8. 2020年12月 [3]
  9. 2020年11月 [2]
  10. 2020年10月 [8]
  11. 2020年9月 [1]
  12. 2020年8月 [17]
  13. 2020年7月 [4]
  14. 2020年6月 [2]
  15. 2020年5月 [22]
  16. 2020年4月 [4]
  17. 2020年3月 [8]
  18. 2020年2月 [4]
  19. 2020年1月 [27]
  20. 2019年12月 [6]
  21. 2019年11月 [2]
  22. 2019年9月 [20]
  23. 2019年8月 [2]
  24. 2019年7月 [10]
  25. 2019年6月 [35]
  26. 2019年5月 [11]
  27. 2019年4月 [18]
  28. 2019年3月 [2]
  29. 2019年2月 [18]
  30. 2019年1月 [12]
  31. 2018年12月 [16]
  32. 2018年11月 [20]
  33. 2018年10月 [64]
  34. 2018年9月 [80]
  35. 2018年8月 [68]
  36. 2018年7月 [33]
  37. 2018年6月 [94]
  38. 2018年5月 [105]
  39. 2018年4月 [101]
  40. 2018年3月 [35]
  41. 2018年2月 [37]
  42. 2018年1月 [7]
  43. 2017年12月 [11]
  44. 2017年11月 [12]
  45. 2017年10月 [2]
  46. 2017年1月 [4]
  47. 2016年12月 [32]
  48. 2016年11月 [13]
  49. 2016年7月 [2]
  50. 2016年6月 [2]
  51. 2016年4月 [1]
  52. 2016年1月 [1]
  53. 2015年12月 [8]
  54. 2015年8月 [3]
  55. 2015年6月 [5]
  56. 2015年5月 [2]
  57. 2015年3月 [4]
  58. 2014年12月 [2]
  59. 2014年11月 [5]
  60. 2014年10月 [1]
  61. 2014年9月 [5]
  62. 2014年6月 [9]
  63. 2014年5月 [4]
  64. 2014年4月 [1]
  65. 2014年3月 [3]
  66. 2014年2月 [8]
  67. 2014年1月 [9]
  68. 2013年12月 [4]
  69. 2013年9月 [3]
  70. 2013年6月 [1]
  71. 2013年5月 [11]
  72. 2013年4月 [14]
  73. 2013年3月 [8]
  74. 2013年2月 [2]
  75. 2013年1月 [4]
  76. 2012年12月 [5]
  77. 2012年11月 [12]
  78. 2012年9月 [16]
  79. 2012年8月 [23]
  80. 2012年7月 [2]
  81. 2012年6月 [1]
  82. 2012年2月 [2]
  83. 2011年5月 [5]
  84. 2011年4月 [9]
  85. 2010年7月 [1]
  86. 2008年8月 [1]
  87. 2008年7月 [1]
  88. 2008年6月 [2]
  89. 2000年7月 [1]
  90. 2000年5月 [2]
  91. 2000年4月 [1]