2018年9月の記事一覧

相国寺 長得院

案内 写真はクリックすれば拡大

相国寺境内の北側に建つ塔頭、長得院さんの写真です。
19歳で亡くなった室町5代将軍足利義量の菩提寺で、その法名がお寺の名前になっています。
通常非公開のお寺ですが、以前には特別公開されたことも。
訪れた日は完全に閉まっていましたので、また機会があれば見てみたいと思います。

相国寺 長得院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

相国寺 光源院

案内 写真はクリックすれば拡大

相国寺塔頭の光源院さんの写真です。
1421年の創建。元は広徳軒といいましたが、足利義輝の菩提寺となったことで、その法号をとって光源院と改名しました。
義輝といえば暗殺された13代の将軍ですね。

相国寺 光源院の写真素材

本堂や庫裏は1988年に再建されたもの。山門も同じでしょうか。木の色が新しいです。

相国寺 光源院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

相国寺 大通院

案内 写真はクリックすれば拡大

相国寺の鐘楼の東に建つ大通院さんの写真です。
相国寺修行道場であり、拝観できるお寺ではありません。

相国寺 大通院の写真素材

迫力のある字で「相見謝絶」と書かれています。左側の文字はさらに迫力があり...、わたしには読めません。

相国寺 大通院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

相国寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

金閣寺や銀閣寺の親分ともいえる相国寺さんの紅葉の写真です。
鐘楼の前のカエデが真っ赤です。

相国寺の紅葉


方丈庭園の紅葉。

相国寺の紅葉


天井画「蟠龍図」があり、鳴き龍で知られる法堂の中から。(お許しを得て撮影)

相国寺の紅葉


承天閣美術館の前。

相国寺の紅葉

紅葉の時期にもっとも見たい開山堂。
秋の特別拝観のときだけ見ることができます。

相国寺の紅葉


逆光がちょっとつらい午後。
朝と夕方が良い光だと教えていただきましたので、また機会があれば・・・。

相国寺の紅葉


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

相国寺

案内 写真はクリックすれば拡大

同志社大学に隣接する大きな境内を持つ相国寺さんの写真です。
世界遺産金閣寺&銀閣寺の親分としても有名ですね。

相国寺の夏景色


相国寺の雪景色。

相国寺の雪景色の写真素材

真夏の相国寺法堂の写真です。

相国寺の夏景色


お散歩の市民や通り抜けの学生さんの憩いの場でもあります。


相国寺の庫裏。

相国寺の庫裏


相国寺は臨済宗相国寺派の大本山。ショートディレイがかかる「泣き龍」として知られる丸い蟠龍図は法堂の天井にあります。(写真はありません。)

ここからは春の特別拝観。5月半ばです。

相国寺の大きくてシンプルな枯山水の方丈前庭。白砂が広がっています。

相国寺枯山水の写真素材

相国寺枯山水の写真素材

相国寺の写真素材


華頭窓から覗く枯山水。

相国寺の写真素材


裏側へ回ると、緑いっぱいの大きな裏方文庭園。
写真ではこのサイズ感が伝わらないのが残念。
市街地であることをしばらく忘れてしまいますが、学校のチャイムが鳴るので現実に引き戻される。

相国寺枯山水の写真素材


法堂のまわりのとても背の高い山桜。

相国寺の桜の写真素材

相国寺の桜の写真素材

大きな桜が咲き、華やぐ春の裏方文庭園。

相国寺枯山水の桜の写真素材

相国寺枯山水の写真素材


正面から見る法堂。

相国寺の夏景色

鐘楼のそばに建つ宗旦稲荷。

相国寺の宗旦稲荷の写真素材


宗旦稲荷。

相国寺の宗旦稲荷の写真素材


宗旦稲荷。

相国寺の宗旦稲荷の写真素材


宗旦稲荷の反対側には弁天社。

相国寺の弁天社の写真素材

相国寺の弁天社の写真素材

境内には承天閣美術館も。



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

千歳車塚古墳

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡の出雲大神宮の近くにある前方後円墳、千歳車塚古墳の写真です。

千歳車塚古墳の写真素材

柵もなく草地の中にこんもりと存在します。6世紀前半に作られた古墳です。
近づいてみたいが、草が深すぎて勇気が出ませんでした。

千歳車塚古墳の写真素材


上から見るとちゃんと前方後円墳に見えるようですが、地面からではよくわかりません。
このあたり丹波一帯を治めた大首長の墓と考えられているそうです。

千歳車塚古墳の写真素材

9月の下旬。
古墳のまわりは彼岸花で彩られます。

千歳車塚古墳と彼岸花の写真素材

千歳車塚古墳と彼岸花の写真素材

千歳車塚古墳と彼岸花の写真素材


千歳車塚古墳と彼岸花の写真素材

コスモスも少し咲いていました。

千歳車塚古墳とコスモスの写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

月読神社(南丹市)

案内 写真はクリックすれば拡大

南丹市園部町、船岡駅のそばに建つ月読神社さんの写真です。
創建は875年。その名のとおり、月夜見命を祭る神社。

月読神社(船岡)の写真素材


正面に本殿があり、ぐるりとたくさんの末社が並んでいます。

月読神社(船岡)の写真素材

本殿。

月読神社(船岡)の写真素材


社殿の至る所に彫られた彫刻に目を奪われます。

月読神社(船岡)の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

亀岡 小幡神社

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡の穴太寺のそばに建つ小幡神社の写真です。
道路から少し下って境内に入ります。
円山応挙の家もこの神社の氏子だったそうで、応挙の奉納した絵馬が残っています。

亀岡 小幡神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

神応寺(八幡市)

案内 写真はクリックすれば拡大

八幡市の男山のふもとに建つ神応寺さんの写真です。
秋はカエデやイチョウが色づききれいです。書院は伏見城の遺構だそうです。

神応寺(八幡市)の写真素材


境内からケーブルカーが来るのを眺めるのが楽しみです。

神応寺(八幡市)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

鳥羽田神社

案内 写真はクリックすれば拡大

南丹市八木町に建つ鳥羽田神社さんの写真です。
鳥居の前の田んぼに彼岸花が少し。

鳥羽田神社の写真素材


創建は1502年。

鳥羽田神社の写真素材


本殿は覆屋の中に。
裏には古墳があります。

鳥羽田神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年7月 [2]
  2. 2021年6月 [2]
  3. 2021年5月 [4]
  4. 2021年4月 [3]
  5. 2021年3月 [4]
  6. 2021年2月 [1]
  7. 2021年1月 [1]
  8. 2020年12月 [3]
  9. 2020年11月 [2]
  10. 2020年10月 [8]
  11. 2020年9月 [1]
  12. 2020年8月 [17]
  13. 2020年7月 [4]
  14. 2020年6月 [2]
  15. 2020年5月 [22]
  16. 2020年4月 [4]
  17. 2020年3月 [8]
  18. 2020年2月 [4]
  19. 2020年1月 [27]
  20. 2019年12月 [6]
  21. 2019年11月 [2]
  22. 2019年9月 [20]
  23. 2019年8月 [2]
  24. 2019年7月 [10]
  25. 2019年6月 [35]
  26. 2019年5月 [11]
  27. 2019年4月 [18]
  28. 2019年3月 [2]
  29. 2019年2月 [18]
  30. 2019年1月 [12]
  31. 2018年12月 [16]
  32. 2018年11月 [20]
  33. 2018年10月 [64]
  34. 2018年9月 [80]
  35. 2018年8月 [68]
  36. 2018年7月 [33]
  37. 2018年6月 [94]
  38. 2018年5月 [105]
  39. 2018年4月 [101]
  40. 2018年3月 [35]
  41. 2018年2月 [37]
  42. 2018年1月 [7]
  43. 2017年12月 [11]
  44. 2017年11月 [12]
  45. 2017年10月 [2]
  46. 2017年1月 [4]
  47. 2016年12月 [32]
  48. 2016年11月 [13]
  49. 2016年7月 [2]
  50. 2016年6月 [2]
  51. 2016年4月 [1]
  52. 2016年1月 [1]
  53. 2015年12月 [8]
  54. 2015年8月 [3]
  55. 2015年6月 [5]
  56. 2015年5月 [2]
  57. 2015年3月 [4]
  58. 2014年12月 [2]
  59. 2014年11月 [5]
  60. 2014年10月 [1]
  61. 2014年9月 [5]
  62. 2014年6月 [9]
  63. 2014年5月 [4]
  64. 2014年4月 [1]
  65. 2014年3月 [3]
  66. 2014年2月 [8]
  67. 2014年1月 [9]
  68. 2013年12月 [4]
  69. 2013年9月 [3]
  70. 2013年6月 [1]
  71. 2013年5月 [11]
  72. 2013年4月 [14]
  73. 2013年3月 [8]
  74. 2013年2月 [2]
  75. 2013年1月 [4]
  76. 2012年12月 [5]
  77. 2012年11月 [12]
  78. 2012年9月 [16]
  79. 2012年8月 [23]
  80. 2012年7月 [2]
  81. 2012年6月 [1]
  82. 2012年2月 [2]
  83. 2011年5月 [5]
  84. 2011年4月 [9]
  85. 2010年7月 [1]
  86. 2008年8月 [1]
  87. 2008年7月 [1]
  88. 2008年6月 [2]
  89. 2000年7月 [1]
  90. 2000年5月 [2]
  91. 2000年4月 [1]