2018年9月の記事一覧

亀岡 延福寺

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡の延福寺さんの写真です。
塀の外からも見える大きな十三重石塔は国の重要文化財。

亀岡 延福寺の写真素材


よく手入れされた庭園。大きな桜の木がありますので、春も楽しみです。

亀岡 延福寺の写真素材

亀岡 延福寺の写真素材


晩秋の延福寺さん。
遠目に見ても境内全体が色とりどりで綺麗です。
左手には赤い二天門が建ちます。

亀岡 延福寺の紅葉 写真素材


亀岡 延福寺の紅葉 写真素材

亀岡 延福寺の紅葉 写真素材

亀岡 延福寺の紅葉 写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

藤越神社

案内 写真はクリックすれば拡大

千代川の藤越神社さんの写真です。

藤越神社の写真素材

田んぼに囲まれたこんもりとした鎮守の森が遠くからもよく見えます。
たいへん美しい風景だと思います。

藤越神社の写真素材


それにしても大きな木です。クスノキが多いようです。
境内に至る道はどれも土の道。

藤越神社の写真素材


巨木ばかりで、鳥居や社殿は小さく感じます。

藤越神社の写真素材

中はそれほど薄暗くはありません。
野をつかさどる神様、野椎命を祀っているそうです。

藤越神社の写真素材

すぐそばをJR山陰線の線路が通っています。
京都丹後鉄道の青い列車「丹後の海」が乗り入れています。

京都丹後鉄道の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

亀岡 金剛寺(応挙寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡市の穴太寺のそばに建つ金剛寺さんの写真です。
通りから奥まった場所にひっそりと建っています。

亀岡 金剛寺(応挙寺)

金剛禅寺・応挙寺とも呼ばれるお寺。
円山応挙が8歳から15歳まで小僧として寝起きしていたお寺です。
亀岡 金剛寺(応挙寺)


応挙は50歳を過ぎてからまたここへ来て、襖や壁に絵を描きました。「山水図」「波濤図」「群仙図」がいまも残っています。(「山水図」「波濤図」は東京国立博物館で保管されています。)

亀岡 金剛寺(応挙寺)


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

亀岡 養仙寺

案内 写真はクリックすれば拡大

養仙寺さんの写真です。
細い細い坂道を進み境内へ。最初に選んだ道は車の幅より狭くなって断念。このあたりの道は本当に狭いです。


丹波七福神のひとつ布袋さんのお寺ということで、境内の至るところで布袋さんがニンマリしておられます。

亀岡 養仙寺の写真素材


境内のお庭は手入れが行き届いています。

亀岡 養仙寺の写真素材


布袋さんの数は500だとか600だとか。とにかくたくさんの布袋さんに出会えます。

亀岡 養仙寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

亀岡 愛宕神社

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡市千歳町の愛宕神社の写真です。

亀岡 愛宕神社の写真素材


全国にある愛宕神社の総本宮といわれていて、「元愛宕」と呼ばれる神社です。

亀岡 愛宕神社の写真素材

鎌倉時代に建てられた本殿。国の重要文化財指定。

亀岡 愛宕神社の写真素材

亀岡 愛宕神社の写真素材

境内には巨木がいくつも立っており、神域らしい雰囲気です。

亀岡 愛宕神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

穴太寺

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡市曽我部町の穴太寺さんの写真です。
705年創建、平安時代の「今昔物語集」にも出てくる古刹です。西国三十三所霊場のひとつ。

T字路に建つ仁王門。

穴太寺の写真素材

仁王門には観音霊場らしく千社札がたくさん貼られています。

穴太寺の写真素材

正面に建つ本堂。

穴太寺の写真素材


風格が有ります。こちらにも無数の千社札。

穴太寺の写真素材


本堂へ渡る廊下からの景色。
聖観音が本尊ですが、有名なのは釈迦如来涅槃像でしょうか。

穴太寺の写真素材

本堂の右手奥にはおふとんを掛けて仏さんが横になっておられます。
おふとんをはがして自分の痛い所、悪い所を撫でると良くなるのだそうです。
わたしもいろいろとさすってきましたので、また撮影がんばれそうです。

本堂をお詣りしたあとに見るのは、こぢんまりとした美しい穴太寺庭園。

穴太寺の写真素材

左寄りに多宝塔が配置されていてバランスが良いお庭です。
池の光の反射が廂にゆらゆらと映るのがとても心地いいです。

穴太寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

亀岡 蔵宝寺

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡市千歳町の蔵宝寺さんの写真です。
25号線から細い道を登って突き当たりに建つ妙心寺の末寺。亀岡七福神巡りの大黒さんのお寺です。

亀岡 蔵宝寺の写真素材


薬師堂。薬師如来や地蔵菩薩とともに大黒天も祀られています。

亀岡 蔵宝寺の写真素材


本堂。

亀岡 蔵宝寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

亀岡 神応寺

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡市千歳町の神応寺さんの写真です。亀岡七福神巡りの毘沙門天のお寺。
25号線から細い細い道を登って境内へ。

亀岡 神応寺の写真素材


亀岡 神応寺の写真素材


本堂の背後には石仏庭園があり、瑞雲三十三観音巡りができます。
お花がたくさん植えられており、ほっとするお庭です。

9月でしたので、コスモスや芙蓉が咲いていました。木槿かな。

亀岡 神応寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

亀岡 耕雲寺

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡市千歳町、出雲大神宮のそばに建つ耕雲寺さんの写真です。
25号線から細い細い道を登って境内へ。

亀岡 耕雲寺の写真素材


亀岡七福神巡りの恵比寿さんのお寺です。

亀岡 耕雲寺の写真素材


境内の前の駐車場は展望台になっていて、のどかな亀岡盆地が広く見渡せます。

亀岡 耕雲寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

獅子姫神社

案内 写真はクリックすれば拡大

宮津市の栗田半島西側の丘に建つ獅子姫神社さんの写真です。
栲機千々姫命を祀っています。

獅子姫神社の写真素材


急でまっすぐな石段が伸びており、魅力的な景色。

獅子姫神社の写真素材

獅子姫神社の写真素材


途中に稲荷社があります。

獅子姫神社の写真素材


その先は少し石段が折れて続き、覆屋に守られた本殿が最後に現れます。

獅子姫神社の写真素材


石段上から見下ろす景色。

獅子姫神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年7月 [2]
  2. 2021年6月 [2]
  3. 2021年5月 [4]
  4. 2021年4月 [3]
  5. 2021年3月 [4]
  6. 2021年2月 [1]
  7. 2021年1月 [1]
  8. 2020年12月 [3]
  9. 2020年11月 [2]
  10. 2020年10月 [8]
  11. 2020年9月 [1]
  12. 2020年8月 [17]
  13. 2020年7月 [4]
  14. 2020年6月 [2]
  15. 2020年5月 [22]
  16. 2020年4月 [4]
  17. 2020年3月 [8]
  18. 2020年2月 [4]
  19. 2020年1月 [27]
  20. 2019年12月 [6]
  21. 2019年11月 [2]
  22. 2019年9月 [20]
  23. 2019年8月 [2]
  24. 2019年7月 [10]
  25. 2019年6月 [35]
  26. 2019年5月 [11]
  27. 2019年4月 [18]
  28. 2019年3月 [2]
  29. 2019年2月 [18]
  30. 2019年1月 [12]
  31. 2018年12月 [16]
  32. 2018年11月 [20]
  33. 2018年10月 [64]
  34. 2018年9月 [80]
  35. 2018年8月 [68]
  36. 2018年7月 [33]
  37. 2018年6月 [94]
  38. 2018年5月 [105]
  39. 2018年4月 [101]
  40. 2018年3月 [35]
  41. 2018年2月 [37]
  42. 2018年1月 [7]
  43. 2017年12月 [11]
  44. 2017年11月 [12]
  45. 2017年10月 [2]
  46. 2017年1月 [4]
  47. 2016年12月 [32]
  48. 2016年11月 [13]
  49. 2016年7月 [2]
  50. 2016年6月 [2]
  51. 2016年4月 [1]
  52. 2016年1月 [1]
  53. 2015年12月 [8]
  54. 2015年8月 [3]
  55. 2015年6月 [5]
  56. 2015年5月 [2]
  57. 2015年3月 [4]
  58. 2014年12月 [2]
  59. 2014年11月 [5]
  60. 2014年10月 [1]
  61. 2014年9月 [5]
  62. 2014年6月 [9]
  63. 2014年5月 [4]
  64. 2014年4月 [1]
  65. 2014年3月 [3]
  66. 2014年2月 [8]
  67. 2014年1月 [9]
  68. 2013年12月 [4]
  69. 2013年9月 [3]
  70. 2013年6月 [1]
  71. 2013年5月 [11]
  72. 2013年4月 [14]
  73. 2013年3月 [8]
  74. 2013年2月 [2]
  75. 2013年1月 [4]
  76. 2012年12月 [5]
  77. 2012年11月 [12]
  78. 2012年9月 [16]
  79. 2012年8月 [23]
  80. 2012年7月 [2]
  81. 2012年6月 [1]
  82. 2012年2月 [2]
  83. 2011年5月 [5]
  84. 2011年4月 [9]
  85. 2010年7月 [1]
  86. 2008年8月 [1]
  87. 2008年7月 [1]
  88. 2008年6月 [2]
  89. 2000年7月 [1]
  90. 2000年5月 [2]
  91. 2000年4月 [1]