2018年7月の記事一覧

佛光寺本廟

案内 写真はクリックすれば拡大

粟田口の佛光寺本廟の写真です。
親鸞聖人の廟所、本堂を中心にして、広い墓地が広がっています。
4階建ての重厚な本堂と納骨堂「光寿堂」。

佛光寺本廟の写真素材


親鸞聖人の廟所。

佛光寺本廟の写真素材


佛光寺本廟の写真素材

平安時代にたくさんの名刀を作った三条小鍛冶(橘宗近)の古跡。廟所のすぐ前です。

佛光寺本廟の写真素材

粟田神社の鍛冶神社、合槌稲荷神社も三条小鍛冶関連の旧跡です。どちらも佛光寺本廟の近くです。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

お役に立ちましたら、インスタグラムもフォローしてください。

雙林寺

案内 写真はクリックすれば拡大

円山音楽堂の東に建つ雙林寺さんの写真です。
800年頃創建の古刹で、豊臣秀吉が花見をしたほどの桜の名所だったそうですが、いまは石材店と一体化した小さな境内と飛び地が少しのお寺です。

雙林寺の写真素材

本堂。

雙林寺の写真素材


西行庵と花月庵は雙林寺の飛び地境内です。
門のわきには「不許葷肉入門内」の石碑が立ちます。開いていれば誰でも入れるようです。

西行庵と花月庵の写真素材

突き当たりの茅葺きの庵が花月庵。
並んで茶席「浄妙庵」「皆如庵」が建ちます。

花月庵の写真素材

歩ける範囲は狭いですが、紅葉も美しくたいへん風情のある場所です。

花月庵の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

お役に立ちましたら、インスタグラムもフォローしてください。

宝樹寺

案内 写真はクリックすれば拡大

東福寺の駅から北へ少し歩いたところに建つ宝樹寺さんの写真です。
源義経のお母さんである常盤御前ゆかりのお寺で、本堂には「子育て常盤薬師」とも呼ばれる薬師如来座像が安置されています。常盤御前雪除けの松の株も残っています。
昔は橋のほとりにあったので橋詰寺、橋詰堂とも呼ばれたそうです。

宝樹寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

お役に立ちましたら、インスタグラムもフォローしてください。

行願寺(革堂)

案内 写真はクリックすれば拡大

御所の南側、寺町通り沿いに建つ行願寺さんの写真です。
お参りする人の多い町なかのお寺です。

行願寺(革堂)の写真素材


創建は1004年と古いですが、町なかのお寺の宿命で、何度も火災に遭い移転をくり返しています。
現在地には1708年頃に建ちました。

行願寺(革堂)の写真素材

木漏れ日を浴びる石仏。

石仏 行願寺(革堂)の写真素材


藤袴といえば革堂さん。
境内ぜんぶ藤袴というくらいたくさんの鉢が置かれています。

行願寺(革堂)の写真素材

10月です。

行願寺(革堂)の写真素材


絶滅寸前といわれた花ですが、多くのかたの努力により最近はあちこちで見かけるようになりました。

行願寺(革堂)の写真素材

行願寺(革堂)の写真素材

行願寺(革堂)の写真素材


花に誘われて、アオスジアゲハがひらひら。

行願寺(革堂)の写真素材

アサギマダラも来ています。

行願寺(革堂)の写真素材

ネコが何匹かいます。

行願寺(革堂)の写真素材

蓮の花咲く7月の境内。

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材


ガラスに映る白とピンク。

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材


空は快晴。

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材


蜘蛛の糸も輝く。

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

お役に立ちましたら、インスタグラムもフォローしてください。

岡田國神社

案内 写真はクリックすれば拡大

木津川市の岡田國神社の写真です。
大きな跨線橋で線路を越えて境内へ。途中でついこどものように電車を来るのを待ってしまいます。

岡田國神社の写真素材


社殿は新しい感じですが、旧社殿もしっかり保存されています。
その名の通り、加茂町の岡田鴨神社とは同列の神社だそうです。

岡田國神社の写真素材

本能寺の変の際、徳川家康公が堺から領国の三河へ逃げ帰るときに、神主が案内し助けたことで、後で報償として広大な山林を拝領したという記録があります。
後ろの山も岡田國神社の社有地です。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

お役に立ちましたら、インスタグラムもフォローしてください。

岡田鴨神社

案内 写真はクリックすれば拡大

木津川市の岡田鴨神社さんの写真です。

岡田鴨神社の写真素材


賀茂氏ゆかりの神社で、下鴨神社の元宮だそうです。
昔はもっと木津川の近くにありましたが、木津川が氾濫するので、江戸時代に岸から少し遠い現在地に移っています。


岡田鴨神社の写真素材


岡田鴨神社の写真素材


岡田鴨神社の写真素材


岡田鴨神社の写真素材


岡田鴨神社の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

お役に立ちましたら、インスタグラムもフォローしてください。

綾戸國中神社

案内 写真はクリックすれば拡大

新幹線の線路のすぐ近くに建つ久世町の綾戸國中神社の写真です。

綾戸國中神社の写真素材

祇園祭では、重要な久世駒形稚児がこの神社の氏子から選ばれることになっています。

綾戸國中神社の写真素材


綾戸國中神社の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

お役に立ちましたら、インスタグラムもフォローしてください。

寂光寺

案内 写真はクリックすれば拡大

仁王門通沿いに建つ本因坊ゆかりのお寺、寂光寺さんの写真です。
二世の日海上人は囲碁に優れ、織田信長から名人と讃えられたほどで、信長や豊臣秀吉の囲碁の指南役も務めたそうです。
歴代の本因坊のお墓もあります。

寂光寺の写真素材

寂光寺の写真素材

常寂光寺、寂光院ではなく、寂光寺


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

お役に立ちましたら、インスタグラムもフォローしてください。

天智天皇陵

案内 写真はクリックすれば拡大

京都にある天皇陵でもっとも古いのが山科の天智天皇陵です。そのまま「御陵」の駅名にもなって親しまれています。
上円下方墳で、その上円部分は八角系。
外周を回り込むように歩けば琵琶湖疏水に出ることができます。大きい御陵なのでけっこうな距離ですが。

天智天皇陵の写真素材

皇位につく前の中大兄皇子という名前も有名です。
乙巳の変で、蘇我蝦夷・蘇我入鹿親子を滅ぼして、大化改新を行いました。
父は舒明天皇。母は斉明天皇(皇極天皇)。

天智天皇陵の写真素材

大きくて住宅街を分断してしまっているので、参道の途中に横切る道が作られています。


京都にある歴代天皇陵の写真はこちらに


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

お役に立ちましたら、インスタグラムもフォローしてください。

聞名寺

案内 写真はクリックすれば拡大

妙伝寺の南に建つ聞名寺さんの写真です。
眼病を治してくれる明眼地蔵が安置されていて、山門には「明眼地蔵」の赤い提灯がぶらさがっています。

聞名寺の写真素材


お地蔵さんは光孝天皇の小松殿にあったものだそうです。遠く平安時代の前期のこと。

聞名寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

お役に立ちましたら、インスタグラムもフォローしてください。

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年4月 [1]
  2. 2022年3月 [1]
  3. 2022年2月 [1]
  4. 2022年1月 [7]
  5. 2021年12月 [8]
  6. 2021年11月 [1]
  7. 2021年10月 [4]
  8. 2021年9月 [3]
  9. 2021年8月 [1]
  10. 2021年7月 [2]
  11. 2021年6月 [3]
  12. 2021年5月 [3]
  13. 2021年4月 [1]
  14. 2021年3月 [2]
  15. 2021年2月 [1]
  16. 2020年12月 [3]
  17. 2020年11月 [4]
  18. 2020年10月 [29]
  19. 2020年8月 [34]
  20. 2020年7月 [10]
  21. 2020年6月 [8]
  22. 2020年5月 [21]
  23. 2020年4月 [8]
  24. 2020年3月 [6]
  25. 2020年2月 [4]
  26. 2020年1月 [26]
  27. 2019年12月 [6]
  28. 2019年11月 [2]
  29. 2019年9月 [8]
  30. 2019年8月 [1]
  31. 2019年7月 [10]
  32. 2019年6月 [25]
  33. 2019年5月 [8]
  34. 2019年4月 [16]
  35. 2019年3月 [19]
  36. 2019年2月 [11]
  37. 2019年1月 [12]
  38. 2018年12月 [15]
  39. 2018年11月 [16]
  40. 2018年10月 [67]
  41. 2018年9月 [63]
  42. 2018年8月 [55]
  43. 2018年7月 [29]
  44. 2018年6月 [95]
  45. 2018年5月 [93]
  46. 2018年4月 [93]
  47. 2018年3月 [35]
  48. 2018年2月 [47]
  49. 2018年1月 [10]
  50. 2017年12月 [8]
  51. 2017年11月 [7]
  52. 2017年1月 [4]
  53. 2016年12月 [27]
  54. 2016年11月 [10]
  55. 2016年7月 [1]
  56. 2016年6月 [1]
  57. 2016年4月 [1]
  58. 2016年1月 [1]
  59. 2015年12月 [5]
  60. 2015年8月 [3]
  61. 2015年6月 [4]
  62. 2015年5月 [2]
  63. 2015年3月 [3]
  64. 2014年12月 [2]
  65. 2014年11月 [5]
  66. 2014年10月 [1]
  67. 2014年9月 [3]
  68. 2014年6月 [7]
  69. 2014年5月 [4]
  70. 2014年4月 [1]
  71. 2014年3月 [3]
  72. 2014年2月 [6]
  73. 2014年1月 [9]
  74. 2013年12月 [3]
  75. 2013年9月 [3]
  76. 2013年8月 [3]
  77. 2013年5月 [6]
  78. 2013年4月 [14]
  79. 2013年3月 [7]
  80. 2013年2月 [2]
  81. 2013年1月 [4]
  82. 2012年12月 [4]
  83. 2012年11月 [7]
  84. 2012年10月 [9]
  85. 2012年9月 [8]
  86. 2012年8月 [16]
  87. 2012年7月 [2]
  88. 2012年6月 [1]
  89. 2011年5月 [4]
  90. 2011年4月 [9]
  91. 2010年7月 [1]
  92. 2008年8月 [1]
  93. 2008年7月 [1]
  94. 2008年6月 [2]
  95. 2000年7月 [1]
  96. 2000年5月 [2]
  97. 2000年4月 [1]
  98. 2000年3月 [2]