2018年6月の記事一覧

東福寺 龍吟庵(紅葉)

案内 写真はクリックすれば拡大
東福寺龍吟庵の紅葉写真です。
特別公開が年2回あり、それ以外は閉まっています。
東福寺龍吟庵のエントランス

小さな『不離の庭』。あずき色の石が敷き詰められています。鞍馬で採れる赤石を砕いて敷いているそうです。
東福寺龍吟庵の枯山水

東福寺龍吟庵の枯山水

龍吟庵の方丈は国宝です。1387年の建物だそうで、日本最古の方丈建築物です。
その正面のお庭は『無の庭』。白砂だけが広がります。
東福寺龍吟庵の枯山水

次に現れるのが『龍門の庭』。黒雲のあいだに龍。
東福寺は散り際ながら、偃月橋(えんげつきょう)の奥、境内の東の端の龍吟庵さんはまだ紅葉半ば。
東福寺龍吟庵の枯山水


龍が首をもたげています。その上にたっぷりのカエデ。これが真っ赤に色づく年もあるそうですが、今年はそこそこの色づきで、散りはじめています。竹垣はモダンな稲妻模様。お庭はすべて重森三玲によるものです。
東福寺龍吟庵の枯山水


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

東福寺 天得院

案内 写真はクリックすれば拡大

桔梗の時期と紅葉の時期だけ公開されている東福寺の天得院さんの写真です。
小さなお寺ですが、ふかふかの杉苔の上にたくさんの桔梗が咲き、まことに美しい枯山水です。

天得院の写真素材

「桔梗の寺」と呼ばれる所以です。
「桔梗を愛でる特別拝観」「紅葉を愛でる特別拝観」をチェックしてみてください。

東福寺 天得院の写真素材


東福寺 天得院の写真素材

予約すれば精進料理をいただくことができます。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

東福寺 同聚院

案内 写真はクリックすれば拡大

東福寺の同聚院さんの写真です。
同聚院は、平安時代に藤原道長が法性寺の中に建てた五大堂の遺跡。
当時祀られていた五大明王のうちの不動明王だけが焼失せずに残り、ここにあるというわけで、火除けのご利益でも知られるようになりました。
サツキが咲いています。

東福寺 同聚院の写真素材


東福寺 同聚院の写真素材


紅葉の同聚院さん。
門前を南に進めばすぐに東福寺の臥雲橋

東福寺 同聚院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

東福寺 退耕庵

案内 写真はクリックすれば拡大

東福寺塔頭の退耕庵さんの写真です。

東福寺 退耕庵の写真素材

普段は非公開ですが、山門は開けられていて、小野小町ゆかりの玉章地蔵にお参りすることができます。

東福寺 退耕庵の写真素材

小さいお地蔵さんかと思って覗くと、その大きさに驚きます。

東福寺 退耕庵の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

東福寺 明暗寺

案内 写真はクリックすれば拡大

東福寺の塔頭で、尺八明暗流根本道場があり、虚無僧のお寺として知られる明暗寺さんの写真です。

東福寺 明暗寺の写真素材


山門は開かれており、前庭を拝見することができます。

東福寺 明暗寺の写真素材

東福寺 明暗寺の写真素材


右手の一面の苔庭が滑らかビロードの海です。

東福寺 明暗寺の写真素材

主にアラハシラガゴケ(粗葉白髪苔)という種類の苔だそうです。

東福寺 明暗寺の写真素材

東福寺 明暗寺の写真素材


秋の明暗寺山門。

東福寺 明暗寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

東福寺 最勝金剛院

案内 写真はクリックすれば拡大

東福寺境内の西の奥に建つ最勝金剛院さんの写真です。
九条家のお墓を管理するお寺で、境内はお墓率が高いところ。
カエデの美しい坂道に参道を進んで、日下門をくぐると両側は墓地です。

東福寺 最勝金剛院の写真素材


東福寺 最勝金剛院の写真素材


突き当たりに九条兼実の廟所である赤い八角堂が建っています。

東福寺 最勝金剛院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都平安郷

案内 写真はクリックすれば拡大

広沢池の東畔にある平安郷の写真です。世界救世教いづのめ教団の3万坪という広大な庭園です。
普段は非公開ですが、桜と新緑、紅葉の季節に3日間くらい公開されています。


春の公開と桜の満開のタイミングが合えば、素晴らしい光景を見ることができます。
佐野藤右衛門さんが手入れをしている桜群。
公開のときはたくさんの人が訪れますが、とにかく広いのであまり混雑した感じにはならず、のんびりと過ごせます。

京都平安郷の桜の写真素材

展望台から見下ろす平安郷と広沢池。

京都平安郷の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

耳塚(鼻塚)

案内 写真はクリックすれば拡大

文禄慶長の役のときに作られた耳塚(鼻塚)の写真です。
耳塚公園の横にある古墳のような小山です。

耳塚(鼻塚)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

神足神社

案内 写真はクリックすれば拡大

長岡京市の神足神社さんの写真です。
平安時代以前からある古社です。いまより少し西にありましたが、明治時代に東海道本線の敷設に伴い、現在地に移動。

神足神社の写真素材


まず目を引くのは巨大なクスノキ。
社殿も小さくはないのですが、小さく見えます。

神足神社の写真素材


神の足と書いてこうたり。サッカーや陸上など選手や関係者のお参りも多いそうです。

神足神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

若宮神社(紫野)

案内 写真はクリックすれば拡大

紫野の若宮神社の写真です。
若宮八幡宮とも呼ばれ、石清水八幡宮を本宮とする八幡宮です。

若宮神社(紫野)の写真素材

通りの景色になじんでいて目立ちませんが、鳥居をくぐると静謐な境内にすっと入りこめます。

若宮神社(紫野)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ