2018年6月の記事一覧

銭司聖天

案内 写真はクリックすれば拡大

木津川市加茂町の銭司聖天さんの写真です。

銭司聖天の写真素材

この地にはその昔、和同開珎を製造していた「鋳銭司」があったところ。銭司聖天はその名のとおり、ズバリお金に縁のあるお寺です。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

正法寺(八幡市)

案内 写真はクリックすれば拡大

八幡市の正法寺さんの写真です。
後奈良天皇の勅願寺であり、のちに徳川家康の側室相応院の菩提寺となった歴史あるお寺です。

唐門前の景色が優雅です。

正法寺(八幡市)の写真素材

春の唐門前。

正法寺(八幡市)の写真素材

本堂と大方丈に面した本堂庭園。

正法寺(八幡市)の写真素材

写真はありませんが、大きな阿弥陀如来坐像を間近に見ることができ、圧倒されます。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

松明殿稲荷神社

案内 写真はクリックすれば拡大

七条大橋のたもとに建つ松明殿稲荷神社の写真です。
948年創建の伏見稲荷大社の末社です。

松明殿稲荷神社の写真素材


松明殿稲荷神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

出雲大社京都分院

案内 写真はクリックすれば拡大

京都丹波縦貫道からちらりと見える亀岡の出雲大社京都分院の写真です。
1993年にできた比較的新しい分院です。

出雲大社京都分院の写真素材

出雲大社らしい大きく重そうな注連縄。

出雲大社京都分院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

島原住吉神社と島原大門

案内 写真はクリックすれば拡大

日本最古の遊郭(花街)の島原。できたのは桃山時代のこと。

その島原の鎮守社であった島原住吉神社の写真です。

島原住吉神社の写真素材

島原の正門だった島原大門。

島原大門の写真素材

きれいに整備はされていますが、住宅やビルがぎりぎりまで建っていますし、自転車置き場にもなっていて、つらいかんじ。
車もくぐっていきます。

島原大門の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都帝釈天(福寿寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

南丹市八木町の京都帝釈天の写真です。
うねうねと山を登る参道には108つの「願いの鐘」が並びます。そして最後にまっすぐで急な石段。

京都帝釈天の写真素材


お参りもカンタンではありません。

京都帝釈天の写真素材

京都帝釈天帝釈天堂を管理しているのはふもとの福寿寺さんです。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

峰山 金刀比羅神社

案内 写真はクリックすれば拡大

「丹後のこんぴらさん」、峰山の金刀比羅神社の写真です。
石段の景色がまことに美しいです。

峰山 金刀比羅神社の写真素材


江戸時代に峰山藩主が讃岐の金比羅さんを分霊して建てた神社です。
どちらを登ろうかちょっと思案。

峰山 金刀比羅神社の写真素材


拝殿。

峰山 金刀比羅神社の写真素材


木島神社の狛猫が有名です。

峰山 金刀比羅神社の写真素材

ネコ好きな方はこちらも。



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

五條天神社

案内 写真はクリックすれば拡大

天使の宮とも呼ばれる五條天神社の写真です。
源義経が弁慶と出会った場所といわれています。

五條天神社の写真素材

いまはマンションに囲まれています。

五條天神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

谷性寺(光秀寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡の谷性寺さんの写真です。
桔梗の里が花盛りで、なかなか谷性寺まで辿り着けず、イメージっぽい写真になってしまいました。

谷性寺(光秀寺)の写真素材


谷性寺(光秀寺)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

東福寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

東福寺京都を代表する紅葉の名所です。

東福寺の紅葉の写真素材


紅葉の季節になると、東から流れてくる三ノ橋川や川に架かる偃月橋を彩るようにカエデなどが紅葉します。
特に通天橋や臥雲橋からの眺めは圧巻です。

東福寺の紅葉

谷全体が真っ赤な頃はもちろん素晴らしいですが、グラデーションがかかった早めの時期もなかなか素敵です。
年によっても紅葉の進み具合には違いがあります。

東福寺の紅葉の写真素材

写真は臥雲橋からカエデ越しに見る通天橋です。

東福寺の紅葉の写真素材


2016年より紅葉シーズンの東福寺通天橋と臥雲橋の上からの撮影は禁止となっています。(2020年は許可されていました。)

東福寺の紅葉の写真素材

橋の上から撮らなくても、絵になるポイントはいっぱいあります。

東福寺の紅葉の写真素材

東福寺の紅葉の写真素材

東福寺の紅葉の写真素材

次は、通天橋からカエデ越しに見る臥雲橋です。
(現在は紅葉シーズンの通天橋からの撮影は禁止です。)

東福寺の紅葉の写真素材


東福寺の紅葉の写真素材

夕日を浴びて真っ赤っか。

東福寺の紅葉の写真素材

東福寺の紅葉の写真素材


次は方丈から見る通天橋。こちらは現在も撮影可能。

東福寺の紅葉の写真素材


方丈のほうは通天橋に比べると、だいぶんすいています。

東福寺の紅葉の写真素材


方丈前の枯山水にもちょっとだけ朱が添えられます。

東福寺の紅葉の写真素材


苔と石の市松模様の背景にも朱が差します。

東福寺の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ