2018年3月の記事一覧

市辺天満神社

案内 写真はクリックすれば拡大

梅林が点在する青谷のそば、市辺天満神社さんの写真です。
御祭神は菅原道真公。

市辺天満神社の写真素材


さまざまな種類の木々に覆われ、気持ちの良い境内。

市辺天満神社の写真素材


割拝殿を抜けて本殿へ。
本殿は朱色に塗られ華やかです。

市辺天満神社の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

青谷梅林

案内 写真はクリックすれば拡大

京都府城陽市の広大な梅林、青谷梅林の写真です。
20ヘクタール、10000本もの梅の園で、背の低い白梅の木が至るところにあります。梅干しや梅酒になる梅なのだそうです。
梅林の借景となっているのはエアーズロック。

青谷梅林の写真素材


オーストラリアのエアーズロックと同様に、登ることはできません。

青谷梅林の写真素材

青空に白梅。

青谷梅林の写真素材

曲がりくねった道をどこまでも散策。のどかなところです。

青谷梅林の写真素材


菜の花が植えられて彩りを添えている場所も。

青谷梅林の写真素材

菜の花にはたくさんのミツバチがおしごと中。向こうには白い花。

青谷梅林の写真素材

梅の花のアップ。

青谷梅林の写真素材

蕾は色が濃いですね。

青谷梅林の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

龍福寺

案内 写真はクリックすれば拡大

城陽市の青谷梅林のそばに建つ龍福寺さんの写真です。
創建は1607年。浄土宗のお寺です。
境内には大きな桜の木。

青谷 龍福寺の写真素材

本堂右手の墓地のほうに登れば、境内を見下ろせて、なかなかの眺望が広がります。

青谷 龍福寺の写真素材


本堂の前の小さな小さな鐘楼。
指でつまんで鳴らしてみるとキンと軽やかな音。

青谷 龍福寺の写真素材


参道の小さな祠にはお地蔵さんが祀られています。
ほおを手でおさえてガマンする姿の歯痛地蔵菩薩。身代わりになって歯痛を止めてくれるお地蔵さんだそうです。

青谷 龍福寺の歯痛地蔵の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

中天満神社

案内 写真はクリックすれば拡大

城陽市の中天満神社の写真です。青谷梅林の近くです。

中天満神社の写真素材

菅原道真公を祀る天満宮で、この辺りの集落の氏神様です。

中天満神社の写真素材


中天満神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

光照院

案内 写真はクリックすれば拡大

常盤御所とも呼ばれる光照院さんの写真です。浄土宗の尼門跡寺院です。
門前の写真。

光照院門跡


数年後、山門の向こうは駐車場に。木もなくなってだいぶん景色が変わりました。
奥の建物は常盤会館。書院や庭園はその向こうに。

光照院の写真素材


山門の右側には持明院仙洞御所跡の石柱が立ちます。

光照院の写真素材


訪れた日は台風のあとで、屋根や塀に多くの被害があったようでした。
積み上げられた廃材などを渡り廊下の柵でちょっと隠して...。

光照院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [2]
  3. 2021年6月 [2]
  4. 2021年5月 [3]
  5. 2021年4月 [3]
  6. 2021年3月 [4]
  7. 2021年2月 [1]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [8]
  12. 2020年9月 [1]
  13. 2020年8月 [17]
  14. 2020年7月 [6]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [27]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [67]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [67]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [93]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [35]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [10]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]