2018年2月の記事一覧

蛭子神社(下山)

案内 写真はクリックすれば拡大

京丹波町下山の蛭子神社さんの写真です。

下山の蛭子神社の写真素材


赤い鳥居が高屋川橋梁の真下に建っていて、はるか上がJR山陰線の線路。

下山の蛭子神社の写真素材


鳥居の先には草が茂った参道が見えます。

下山の蛭子神社の写真素材


草の参道は少しだけで、そのあとは岩山の尾根を登っていく感じです。
岩肌に落ち葉が積もっていて滑るので、慎重に歩いていきます。
質美川と高屋川に挟まれた河岸段丘で、両側は崖。
特に右側には遥か下のほうを高屋川が流れているのが見え、スリルがあります。
社殿の前から高屋川橋梁もちらりと見えます。
本殿はこの社殿のさらに奥、崖の突端にあります。

下山の蛭子神社の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

加舎神社

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡市本梅町の加舎神社の写真です。
996年、平安時代中期の創建ですが、元の場所からは移っています。現在地には1716年に建ちました。

加舎神社の写真素材

拝殿に奉納された馬の額が掛かっています。

加舎神社の写真素材

ご神木の大きなカゴノキが大切にされており、亀岡の名木にも指定されています。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

伏見 松本酒造

案内 写真はクリックすれば拡大

伏見らしい風景としてよく知られている松本酒造さんの写真です。
赤い煙突が遠くからでも目立ちます。

伏見 松本酒造の写真素材


大きな煙突が立つ酒造場の建物は1922年に建てられたもので、近代化産業遺産に指定されています。
創業はさらに遡り1791年。大正時代に伏見の水を使うためこの地に移りました。

伏見 松本酒造と菜の花の写真素材


特に春の新高瀬川の菜の花、セイヨウカラシナといっしょの風景が有名です。

伏見 松本酒造の写真素材


ひとつひとつの窓も風情たっぷり。

伏見 松本酒造と菜の花の写真素材


小さな水路は東高瀬川。
中がセイヨウアブラナで、外がセイヨウカラシナか?よくわかりません。

伏見 松本酒造と菜の花の写真素材


とにかく川辺は真っ黄色。
黄色はビタミンカラーといいますが、たしかに元気の出る景色です。

伏見 菜の花と松本酒造の写真素材

いい景色を見た後は、向かいのコーナンで買い物をして帰りました。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

イボ水宮(イボ水さん)

案内 写真はクリックすれば拡大

京丹波町本庄のイボ水宮(イボ水さん)の写真です。

イボ水宮(イボ水さん)の写真素材


イボ水さんは、阿上三所神社の石段下を50mほど歩いたところに建つ小さな建物に祀られています。
床のふたを開けると、神水が汲めるようになっています。

イボ水宮(イボ水さん)の写真素材


柄杓でお水を汲んで、自分のからだのイボにつけるとあら不思議。
そのうちにイボがころりと取れるのです。

イボ水宮(イボ水さん)の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

太虚寺

案内 写真はクリックすれば拡大

京丹波町本庄の坂の上に建つ曹洞宗のお寺、太虚寺さんの写真です。月桂山太虚寺。

太虚寺の写真素材


右手の斜面に沿って墓地が広がっており、どこに立っても良い眺望があります。
JR山陰線の赤い鉄橋がよく見えます。

太虚寺の写真素材


山門の中にも参道にも紫陽花が咲いていました。

太虚寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

恵福寺

案内 写真はクリックすれば拡大

伏見区日野の恵福寺さんの写真です。創建は鎌倉時代、浄土宗のお寺です。
山門のそばに「伏見区民誇りの木」にも指定されている大きな枝垂桜があります。
ピンクの花をたくさんつけた枝は、前の通りにはみ出して降りかかっています。

恵福寺の写真素材


知らずに通りかかったひとはその見事さに驚くと思います。

恵福寺の写真素材

日野の法界寺さんもすぐ近くで、もともとはこのお寺も法界寺の塔頭だったそうです。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

大光寺

案内 写真はクリックすれば拡大

伏見の大手筋商店街沿いに建つ大光寺さんの写真です。
1260年の創建。知恩院を本山とする浄土宗のお寺です。
山門前には徳川家光傳役青山伯耆守忠俊屋敷跡の石碑が立っています。

大光寺の写真素材


大光寺の写真素材


大光寺の写真素材

薬師堂には安産や耳の病気にご利益があると伝えられる薬師三尊像が安置されています。平安時代の作。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

興禅寺

案内 写真はクリックすれば拡大

伏見区周防町の魚屋通り沿いに建つ浄土真宗のお寺、興禅寺さんの写真です。
正面から見るとお堂の横幅が狭いのですが、縦には長くて、良い形をしています。

興禅寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

洞玄寺(福知山市)

案内 写真はクリックすれば拡大

福知山市石原の洞玄寺さんの写真です。
境内いっぱいに植えられた牡丹の花が有名な曹洞宗のお寺。

洞玄寺の写真素材

福知山花の十景にも選ばれています。

洞玄寺の写真素材


戦国時代にはお城だった高台にあり、眺めも良いお寺です。

洞玄寺の写真素材

洞玄寺の写真素材

このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

南真経寺

案内 写真はクリックすれば拡大

向日市の鶏冠井の日蓮宗のお寺、南真経寺さんの写真です。
山門から正面に見えるお堂は開山堂。

南真経寺の写真素材


渡り廊下でつながっている本堂。

南真経寺の写真素材

元はひとつのお寺だった北真経寺さんへは阪急線を挟んですぐそば。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年9月 [2]
  2. 2022年6月 [2]
  3. 2022年4月 [1]
  4. 2022年3月 [1]
  5. 2022年2月 [1]
  6. 2022年1月 [7]
  7. 2021年12月 [8]
  8. 2021年11月 [1]
  9. 2021年10月 [2]
  10. 2021年9月 [3]
  11. 2021年7月 [1]
  12. 2021年6月 [3]
  13. 2021年5月 [3]
  14. 2021年4月 [1]
  15. 2021年3月 [2]
  16. 2021年2月 [1]
  17. 2020年12月 [3]
  18. 2020年11月 [4]
  19. 2020年10月 [29]
  20. 2020年8月 [34]
  21. 2020年7月 [10]
  22. 2020年6月 [8]
  23. 2020年5月 [21]
  24. 2020年4月 [8]
  25. 2020年3月 [6]
  26. 2020年2月 [4]
  27. 2020年1月 [26]
  28. 2019年12月 [6]
  29. 2019年11月 [2]
  30. 2019年9月 [8]
  31. 2019年8月 [1]
  32. 2019年7月 [10]
  33. 2019年6月 [25]
  34. 2019年5月 [8]
  35. 2019年4月 [16]
  36. 2019年3月 [19]
  37. 2019年2月 [11]
  38. 2019年1月 [12]
  39. 2018年12月 [15]
  40. 2018年11月 [16]
  41. 2018年10月 [67]
  42. 2018年9月 [63]
  43. 2018年8月 [55]
  44. 2018年7月 [29]
  45. 2018年6月 [95]
  46. 2018年5月 [93]
  47. 2018年4月 [93]
  48. 2018年3月 [35]
  49. 2018年2月 [47]
  50. 2018年1月 [10]
  51. 2017年12月 [8]
  52. 2017年11月 [7]
  53. 2017年1月 [4]
  54. 2016年12月 [27]
  55. 2016年11月 [10]
  56. 2016年7月 [1]
  57. 2016年6月 [1]
  58. 2016年4月 [1]
  59. 2016年1月 [1]
  60. 2015年12月 [5]
  61. 2015年8月 [3]
  62. 2015年6月 [4]
  63. 2015年5月 [2]
  64. 2015年3月 [3]
  65. 2014年12月 [2]
  66. 2014年11月 [5]
  67. 2014年10月 [1]
  68. 2014年9月 [3]
  69. 2014年6月 [7]
  70. 2014年5月 [4]
  71. 2014年4月 [1]
  72. 2014年3月 [3]
  73. 2014年2月 [6]
  74. 2014年1月 [9]
  75. 2013年12月 [3]
  76. 2013年9月 [3]
  77. 2013年8月 [3]
  78. 2013年5月 [6]
  79. 2013年4月 [14]
  80. 2013年3月 [7]
  81. 2013年2月 [2]
  82. 2013年1月 [4]
  83. 2012年12月 [4]
  84. 2012年11月 [7]
  85. 2012年10月 [9]
  86. 2012年9月 [8]
  87. 2012年8月 [16]
  88. 2012年7月 [2]
  89. 2012年6月 [1]
  90. 2011年5月 [4]
  91. 2011年4月 [9]
  92. 2010年7月 [1]
  93. 2008年8月 [1]
  94. 2008年7月 [1]
  95. 2008年6月 [2]
  96. 2000年7月 [1]
  97. 2000年5月 [2]
  98. 2000年4月 [1]
  99. 2000年3月 [2]