妙心寺山内の雲祥院さんの写真です。
関ヶ原の戦いの少し前の創建。鶴松ゆかりのお寺です。徳川家康が豊国神社や祥雲寺をつぶしてしまったあと、祥雲寺住職だった海山和尚が妙心寺内にあった自坊を「雲祥院」と名付け、ささやかな抵抗を示したのだといわれます。

雲祥院の写真素材