東本願寺の渉成園は、何度来てもその大きさに毎回びっくりします。
だいたいの人の感想は「京都駅からすぐのところにこんなに広大なお庭があるなんて!」というようなものではないでしょうか。

渉成園(枳殻邸)の写真素材

もちろん京都市街のどまんなかなので、お庭の向こうにビルやらいろんな建物が余計な借景になってはいるのですが、そんなことを感じさせないくらいスケールが大きいのです。
南大島と印月池。向こうに見えるは漱沈居。

渉成園(枳殻邸)の写真素材

初夏の渉成園。回棹廊。

渉成園(枳殻邸)の写真素材


侵雪橋。京都タワーがいい感じで水に映ります。
琵琶湖疏水の水をひいているので水が豊富。

渉成園(枳殻邸)の写真素材

臨池亭と滴翠軒。

渉成園(枳殻邸)の写真素材


傍花閣。

渉成園(枳殻邸)の写真素材


次は桜の季節の渉成園

渉成園(枳殻邸)の写真素材


傍花閣のまわりにはいろいろな種類の桜が咲きます。

渉成園(枳殻邸)の写真素材


渉成園(枳殻邸)の写真素材


次は秋の紅葉の渉成園

渉成園(枳殻邸)の写真素材


渉成園(枳殻邸)の写真素材

くっきりと京都タワーを映します。

渉成園(枳殻邸)の写真素材

傍花閣のかたわらの桜の葉がまだ残っています。向こうにはカエデの木がたくさんあります。

渉成園(枳殻邸)の写真素材

真っ赤なのはカエデとハゼノキ。

渉成園(枳殻邸)の写真素材


渉成園(枳殻邸)の写真素材


渉成園(枳殻邸)の写真素材

カエデが多いわけではありませんが、のんびりと秋を味わうには最適なところです。

渉成園(枳殻邸)の写真素材

だだっ広いお庭に人っ子ひとりいなくなる時間もありました。

渉成園(枳殻邸)の写真素材