sozai_head.jpg

タグ「京都」の一覧

平安神宮神苑の紅枝垂桜はすごいです。
谷崎潤一郎が「細雪」に書いた桜です。特に入ってすぐの紅枝垂桜群の下に立てば言葉も出ないほど。
平安神宮神苑の桜
平安神宮神苑の桜
平安神宮神苑の桜
平安神宮神苑の桜
平安神宮神苑の桜
平安神宮神苑の桜
移動しました仁和寺の桜

仁和寺(にんなじ)

移動しました。 清水寺のもみじ

清水寺(きよみずでら)

清水寺の紅葉
清水の舞台と紅葉。 清水寺の紅葉
強い日差しにカエデの赤がさらに発光してまぶしいほど。さすがは清水寺の紅葉。
清水寺近辺の旅館を見る
清水寺の紅葉
嵯峨野の祇王寺の雪景色です。
祇王寺の雪景色
京都嵯峨野の祇王寺の雪景色です。大河ドラマ「平清盛」の影響で参拝者も増えているそうです。 平清盛が愛した祇王・祇女、仏御前が尼僧として余生を過ごしたお寺。
祇王寺の雪景色

祇王寺(ぎおうじ)

京都市右京区嵯蛾鳥居本小坂町32

愛宕念仏寺の石仏

奥嵯峨の清滝トンネルに近いところに建つ愛宕念仏寺さんは1200体もの石の羅漢さんで有名です。 愛宕念仏寺の石仏

愛宕念仏寺の雪景色

奥嵯峨 愛宕念仏寺の雪景色画像です。 京都市内より雪深い山あいです。 愛宕念仏寺の雪景色
京都奥嵯峨 愛宕念仏寺の雪景色です。石仏に囲まれた多宝塔にも雪が積もります。 愛宕念仏寺の雪景色

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)

京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5
京都嵯峨野常寂光寺の雪景色。青空が印象的でした。
常寂光寺は紅葉の美しい小倉山の中腹にあります。
常寂光寺の多宝塔の雪景色。
晴れたり雪が降ったりよく変わるお天気でした。 2012年2月18日撮影。
常寂光寺には平清盛にもゆかりの深い小督局の遺品もあります。

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)

京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3

嵯峨野の古刹二尊院も真っ白です。

二尊院の雪

常寂光寺では青空が出て雪も融け出していましたが、ここに来てまた雪が降り始めました。山の天気はコロコロと変わります。

二尊院の雪

京都嵯峨野の縁結びパワースポットとして人気の高い「野宮神社」。 平安時代は伊勢神宮の斎宮になる皇女が一年間このお宮に籠って精進潔斎をしました。
雪の日でも参拝者は次々と訪れます。 野宮神社の雪景色
縁結びの御利益でよく知られる神社です。
野宮神社の雪景色

野宮神社(ののみやじんじゃ)

京都市右京区嵯峨野宮町1
金閣寺
夏の金閣寺の舎利殿と鏡湖池です。定番の写真ですが、空の色も水の色もちょっと冴えません。
金閣は漆塗りに金箔を押した豪華絢爛な建物ですが、昭和25年に焼失していて、5年後に再建されました。
屋根はこけら葺き、てっぺんには金ぴかの鳳凰が羽を広げます。 金閣寺
夏の金閣寺の舎利殿と鏡湖池です。
金閣寺は足利義満が応永4年に営んだ山荘・北山殿を、その死後、禅寺に改め、義満の法号をとって鹿苑寺と名付けたもの。  
舎利殿は、宝形造り、こけら葺きの山荘楼閣で、初層は藤原時代の寝殿造り風、第二層は鎌倉時代武家造りの仏間風、第三層は禅宗仏殿風の様式をとり、二層、三層とも漆塗の上に金箔を押してある。(京都観光ナビより)



銀閣寺・金閣寺の写真はテレビや書籍には使えないようです。 個人的な目的にのみお使いください。

圓通寺は比叡山を借景とした枯山水庭園で知られています。
移動しました。 こちら
移動しました。 こちら
移動しました。 こちら
旧有栖川邸の枝垂桜

旧有栖川邸の枝垂桜。現在は有栖館といいます。

花山稲荷神社の枝垂桜です。

京都山科の岩屋寺の桜

勝持寺(花の寺)の山門。
勝持寺(花の寺)の西行桜。

桜の写真、もっと見る

伏見稲荷大社の神様のお使いの狐です。
爪が鋭く尖っています。

伏見稲荷大社

このページの上部へ

サイト内検索


ご案内


よく使われる写真



カテゴリ

最近のピクチャ

  • 嵐山花灯路
  • 清閑寺
  • 天寧寺
  • 正伝永源院とキリシマツツジ
  • 清凉寺
  • アフロ仏像
  • 清凉寺の紅葉
  • 蓮華寺の紅葉