sozai_head.jpg

タグ「京都」の一覧

嵯峨野の古刹二尊院も真っ白です。

二尊院の雪

常寂光寺では青空が出て雪も融け出していましたが、ここに来てまた雪が降り始めました。山の天気はコロコロと変わります。

二尊院の雪

京都嵯峨野の縁結びパワースポットとして人気の高い「野宮神社」。 平安時代は伊勢神宮の斎宮になる皇女が一年間このお宮に籠って精進潔斎をしました。
雪の日でも参拝者は次々と訪れます。 野宮神社の雪景色
縁結びの御利益でよく知られる神社です。
野宮神社の雪景色

野宮神社(ののみやじんじゃ)

京都市右京区嵯峨野宮町1
金閣寺
夏の金閣寺の舎利殿と鏡湖池の写真です。定番の写真ですが、空の色も水の色もちょっと冴えません。
金閣は漆塗りに金箔を押した豪華絢爛な建物ですが、昭和25年に焼失して、5年後に再建されました。そのため国宝ではなくなりました。
屋根はこけら葺き、てっぺんには金ぴかの鳳凰が羽を広げます。 金閣寺

金閣寺は足利義満が応永4年に営んだ山荘・北山殿を、その死後、禅寺に改め、義満の法号をとって鹿苑寺と名付けたもの。  
舎利殿は、宝形造り、こけら葺きの山荘楼閣で、初層は藤原時代の寝殿造り風、第二層は鎌倉時代武家造りの仏間風、第三層は禅宗仏殿風の様式をとり、二層、三層とも漆塗の上に金箔を押してある。(京都観光ナビより)

圓通寺さんの枯山水庭園の写真です。

圓通寺は比叡山を借景とした枯山水庭園で知られています。
風が吹き渡り心地よい空間です。お庭を眺めて長い時間を過ごす方が多いように思います。
住職の渋い声の解説を何回も聴いてしまったりします。

雪の降る圓通寺。比叡山は霞んで見えません。

静かなモノクロの世界です。さすがに寒いです。半分外なので。


圓通寺の山門。4月。

圓通寺の山門。5月。ひと月でだいぶん変わります。



移動しました。 こちら
移動しました。 こちら
移動しました。 こちら

ソメイヨシノよりも早くに満開をむかえる旧有栖川邸の枝垂桜です。現在は有栖館といいます。

旧有栖川邸の枝垂桜の写真素材

5月になり、桜は葉桜になりました。

旧有栖川邸の枝垂桜の写真素材


花山稲荷神社の枝垂桜です。

伏見稲荷の稲荷山の東側のふもとに建つ山科の岩屋寺さん。

岩屋寺の桜の写真素材

岩屋寺の桜


紅葉の岩屋寺
まっすぐな坂道の参道にカエデが枝を差しかけます。

岩屋寺の紅葉の写真素材


日差しが出るのを待っていたら、日が沈んでしまいました。
山の際の境内ですので、秋冬なら午後2時過ぎに太陽が山に隠れるのですね。
カエデの上のほうだけ少し光っています。

岩屋寺の紅葉の写真素材


まだまだ枝には葉っぱが残るのに、敷き紅葉が見事。

岩屋寺の紅葉の写真素材


散策するとヌスビトハギが服や靴にいっぱいくっつきます。

岩屋寺の紅葉の写真素材

新緑の勝持寺さん。きれいな水が勢い良く流れています。

境内は圧倒的なもみじ力!



桜の写真はこちらに移動しました。

勝持寺(花の寺)の西行桜。


勝持寺の山門。

桜の写真、もっと見る

伏見稲荷大社の神様のお使いの狐です。
爪が鋭く尖っています。

伏見稲荷大社
天龍寺や渡月橋から嵐電の踏切のほうへ歩くと枝垂桜の立派な法然寺さんがあります。 法然寺の枝垂桜
嵐山の法然寺の枝垂桜
北野天満宮 受験の前にまずお参りするのはココ。菅原道真をまつり学問の神として知られる京都の北野天満宮は全国天満宮の宗祀の社。本殿・拝殿など桃山時代の建物がたち、史跡や遺跡も。毎月25日は縁日。梅の名所としても全国的に有名です。

北野天満宮の拝殿。
北野天満宮 京都の受験の神様といえば北野天満宮。祈願すれば京都大学にだって入れます。
出町柳の鴨川三角州。大文字の送り火を見る定番スポットでもあります。

糺の森の向こうに下鴨神社の鳥居。京都の世界遺産。

下鴨神社糺の森の写真素材

晩秋には樹々が赤や黄色に染まります。あまり派手な紅葉ではありませんが、落葉をサクサクと踏んで散策するのは楽しい。

糺の森の写真素材

糺の森の写真素材


楼門手前に建つ相生社。

下鴨神社の相生社

相生社のえんむすびの絵馬。





下鴨神社の写真素材

下鴨神社にはよく行くのですが、たくさんの人が写った写真が多いので、素材にはしにくいですね。
また追加します。


こちらに移動しました。大文字山の写真
こちらに移動しました。大文字山の写真
こちらに移動しました。大文字山の写真

このページの上部へ

サイト内検索


五十音順索引

ご案内

よく使われる写真



カテゴリ

最近のピクチャ