sozai_head.jpg

タグ「京都」の一覧

お寺の名前はわからないけれども、なんとなく京都らしい紅葉写真を探している方のために、よくある感じの京都の紅葉写真を並べてみます。



清水寺の紅葉
清水寺の紅葉

東福寺の紅葉
東福寺の紅葉

仁和寺の紅葉
仁和寺の紅葉

直指庵の紅葉
直指庵の紅葉

圓光寺の紅葉
圓光寺の紅葉

東寺の紅葉
東寺の紅葉

建仁寺の紅葉
建仁寺の紅葉

永観堂の紅葉
永観堂のもみじ

厭離庵(えんりあん)の紅葉
厭離庵(えんりあん)の紅葉

天龍寺の紅葉
天龍寺の紅葉

真如堂の紅葉
真如堂の紅葉

祇王寺の紅葉
祇王寺の紅葉

宝筐院(ほうきょういん)の紅葉
宝筐院の紅葉

高台寺の紅葉
高台寺の紅葉

銀閣寺の紅葉
銀閣寺の紅葉

隨心院の紅葉
隨心院の紅葉

勝持寺(花の寺)の紅葉
勝持寺(花の寺)の紅葉

光明寺の紅葉
光明寺の紅葉

寂光院の紅葉
寂光院の紅葉

無鄰菴の紅葉
無鄰菴の紅葉

金閣寺の紅葉
金閣寺の紅葉

泉涌寺の紅葉
泉涌寺の紅葉

智積院の紅葉
智積院の紅葉

二尊院の紅葉
京都 二尊院の紅葉

化野念仏寺の紅葉
化野念仏寺の紅葉

東福寺光明院の紅葉
光明院の紅葉

上賀茂神社の紅葉
上賀茂神社の紅葉

十輪寺の紅葉
十輪寺の紅葉

大徳寺高桐院の紅葉
大徳寺高桐院の紅葉

妙心寺退蔵院の紅葉
妙心寺退蔵院の紅葉

哲学の道の紅葉
哲学の道の紅葉の写真素材

金蔵寺の紅葉
金蔵寺の紅葉

曼殊院の紅葉
曼殊院の紅葉

善峯寺の紅葉
善峯寺の紅葉

金戒光明寺栄摂院の紅葉
金戒光明寺栄摂院の紅葉

天龍寺 宝厳院(ほうごんいん)の紅葉
宝厳院の紅葉

光悦寺の紅葉
光悦寺の紅葉

神護寺の紅葉
神護寺の紅葉

常寂光寺の紅葉
常寂光寺の紅葉

源光庵の紅葉
鷹峯 源光庵の紅葉









桜の季節や紅葉の季節に比べると京都の写真を撮るひともずいぶんと減ります。
どこだって夏は暑いものですが、京都の夏は40度近くになる日があるうえ湿気もあり、不快でいやーな暑さなので、外に出る気にもなりません。
お花も百日紅くらいしか咲いていません。あとは睡蓮と蓮、桔梗...。
夏の京都の写真を並べてみました。なにかの役に立ちますでしょうか。

夏の清水寺

氷の文字だけが涼しい清水寺境内。

夏の嵐山渡月橋

緑の濃い渡月橋。THE風光明媚!夏は観光客も少なめです。

夏の伏見稲荷大社

伏見稲荷の夏の夜の本宮祭。千本鳥居は妖しい雰囲気。
伏見稲荷大社の本宮祭

夏の京都御苑

九條池の百日紅とほとりに建つ茶室拾翠亭。

夏の下鴨神社

からっとした青空の下鴨神社境内。

夏のインクライン

蹴上のインクラインは草ぼーぼー。
夏のインクライン

夏の大文字

鴨川のほとりのカフェから見る夏の大文字。8月16日の五山の送り火当日はこの席の争奪戦が行われます。
夏の大文字山

夏の本隆寺

ものすごい密度の百日紅を見せてくれるのは本隆寺。百日紅も当たり年と裏年があるようで、それほど迫力のない年もあります。

祇園祭

宵山。猛烈な湿気と猛烈な人出に耐えながら楽しむお祭り。
山鉾巡行。四条河原町の交差点は真夏のおしくらまんじゅう。体力に自信がないかたは御池通りのほうがゆったりしていて良いと思います。

鴨川

夏の夜の鴨川。三条大橋より

五山送り火

合掌。そして、一年間でたった一時間弱のシャッターチャンス。

夏の鴨川の納涼床

初夏から9月までミソソギ川に沿って高い床がずらっと並びます。2018年7月の豪雨でも流れなかったので、造りはしっかりしているようです。
夏の鴨川の床

広河原の松上げ

迫力のある広河原の松上げ。京都市街からは遠いですが、一度は見てほしい夏の火の祭典です。 追加していきます。

浄土寺真如町の真如堂さんの写真です。真正極楽寺が正式な名前のお寺。

真如堂の写真素材

三重塔を右手に見ながらゆるやかな石段を登ってくると正面に大きな本堂。

真如堂の青もみじ

境内に入るのにたくさんの入り口がありますが、どこから入ってきても美しい景色があります。
これは西雲院のほうから本堂の裏手へ入ってきて見る景色。

真如堂の写真素材


本堂北側の景色。

真如堂の写真素材

真如堂は紅葉の名所ですので、初夏の青もみじもきれいです。

真如堂の青もみじの写真素材


真如堂の青もみじの写真素材

真如堂の青もみじ

真如堂の青もみじの写真素材


紫陽花もたくさん植えられています。

真如堂の写真素材


塔頭の新長谷寺。中には十一面観音像が安置されているそうです。

真如堂の写真素材


門前の吒枳尼天(法伝寺)。こちらも真如堂の塔頭です。

真如堂の写真素材

青もみじと苔の美しい八瀬の瑠璃光院さんの「瑠璃の庭」。

写真、追加しました。
瑠璃光院の春から初夏の特別拝観のときには緑一色のお庭が楽しめます。
瑠璃光院の青もみじ


以前は拝観料500円でしたが、最近は2000円となっています。
瑠璃光院の青もみじ


写経の机に緑がよく映ります。
瑠璃光院の青もみじ


よくみなさんが撮っているのはこんなふうに緑を強調した構図。
瑠璃光院の青もみじ


二階から見るお庭もいいですが、一階から見るお庭もいいです。
瑠璃光院の青もみじ

瑠璃光院の紅葉の写真はこちら

新緑がさわやかな賀茂街道を行く葵祭の行列。路頭の儀。御所から上賀茂神社。とても長い長い距離です。

葵祭の行列

上賀茂神社に入ってきた葵祭の行列。斎王代と童女たち。斎王代も腰輿を降り、みなさん静かに歩きます。もう夕方4時近くになっています。このあとの社頭の儀はここからは見えません。

葵祭の行列

あちこち至るところに葵桂が飾られています。もうだいぶん萎れています。

葵祭の行列

中門には桂の枝がたっぷりと。

葵祭の行列




京都 葵祭におすすめのホテル

上高野の蓮華寺さんの庭園の青もみじ 蓮華寺の青もみじ

蓮華寺は、京都の他の観光地とは離れているので、静かにお庭を鑑賞できることが多いはずです。
紅葉のときは最近はとても混むようですが。
新緑が美しいお庭は石川丈山作といわれています。 蓮華寺の青もみじ
細川家ゆかりのお寺、大徳寺高桐院さん。
竹とカエデの参道も美しく、本堂前の苔とカエデの庭園も素敵です。
大徳寺 高桐院の青もみじ
人工的なものは真ん中の灯籠ひとつ。
大徳寺 高桐院の青もみじ
清水寺の舞台が青もみじに埋もれる様も素敵です。
舞台から青もみじの海を見渡すのもよいですね。
こちらに移動しました。

平家物語ゆかりのお寺、嵯峨野の祇王寺さん。

苔のじゅうたんと青もみじの深い緑の世界は幻想的です。

祇王寺の青もみじ



追加しました。祇王寺の青もみじ写真

祇王寺の青もみじ


祇王寺の入り口。

祇王寺の青もみじ


7月初旬の鹿王院さん。 庭園の奥には沙羅の花も散っていました。 鹿王院の青もみじ
鹿王院の青もみじ
岡崎の無鄰菴の5月の様子。 無鄰菴の青もみじ
無鄰菴の紅葉の写真はこちら

昼間でも薄暗い、でも青もみじや竹林の美しい竹の寺の山門。
このお寺は一休禅師が小さいころを過ごしたところ。

地蔵院(竹の寺)の青もみじ

山門をくぐってまっすぐ歩くと地蔵堂。

地蔵院(竹の寺)の青もみじ

中には延命安産地蔵菩薩が安置されています。

地蔵院(竹の寺)の青もみじ

方丈へ向かう道。方丈前には十六羅漢の庭があります。

地蔵院(竹の寺)の青もみじ


青もみじと竹林。

地蔵院(竹の寺)の青もみじ

京都大原三千院の石楠花のころの写真です。

桜はピーク過ぎですが、まだきれいでした。

追加しました。
たいへん石楠花の花付きの良い年です。眺めるだけでうれしくなります。
三千院の石楠花


花がぎゅうぎゅう詰めです。
三千院の石楠花


新緑に包まれた聚碧園にもたくさんの石楠花。
三千院の石楠花


三千院の石楠花


有清園のわらべ地蔵が人気です。庭を眺めていたら苔の上の地蔵がふと目に入るというアハ感が良いのかもしれません。
三千院


三千院の紅葉写真はこちら
美しい貴船神社の石段の新緑の景色。 貴船神社の初夏
6月末には七夕の飾りや茅の輪くぐりも置かれます。 貴船神社の初夏

西本願寺(にしほんがんじ)

国宝の建物がいくつもある世界遺産西本願寺の写真です。 まずは巨大な阿弥陀堂。国宝です。
西本願寺の写真素材


巨大な御影堂。国宝です。

西本願寺の写真素材


西本願寺の国宝「唐門」。別名「日暮らし門」とも呼ばれる豪華絢爛な門。

西本願寺 唐門の写真素材


いつでも無料で見ることができる国宝美術ですね。

西本願寺 唐門の写真素材


西本願寺境内の巨大なイチョウの樹。

西本願寺のイチョウ 写真素材


この奥には白書院・黒書院・北能舞台など国宝がたくさんあります。

西本願寺の写真素材


本願寺伝道院。

西本願寺の写真素材


東本願寺の写真はこちら

京都の西の磐座で西山の秘境 金蔵寺の紅葉の写真です。

金蔵寺の紅葉写真素材

金蔵寺の紅葉


金蔵寺は今昔物語にも登場する古刹です。
金蔵寺の紅葉の写真素材

参拝者は少ないが、ハイカーはよく通られます。
金蔵寺の紅葉の写真素材


金蔵寺はもちろん青もみじも美しい。

金蔵寺青もみじの写真素材


金蔵寺の青もみじ写真素材

境内にはネコしかいなかった。

金蔵寺のネコの写真素材


金蔵寺は桜も美しい。

金蔵寺 桜の写真素材


金蔵寺から見る眺望。

金蔵寺から見る眺望の写真素材

京都府京都市西京区大原野石作町1639

宇治の興聖寺さんの参道「琴坂」の青もみじ。

興聖寺の青もみじの写真素材

カエデの葉の密度が高く美しいです。雨は本降り。

興聖寺の青もみじの写真素材

変わって、晴天の興聖寺の写真。後ろの朝日山もきれい。

興聖寺の写真素材

端正な竜宮門をくぐり、まっすぐ進めば法堂です。

興聖寺の写真素材

興聖寺の紅葉写真は別ページに

円山公園の奥にある長楽寺さんは、「今昔物語」「山家集」「平家物語」などにも出てくる古刹です。元は円山公園も含む広いお寺だったそうです。

長楽寺の紅葉

本堂と梵鐘のあたりの紅葉。
すでに散り際でしたので、また機会があれば行きたいなと思います。

長楽寺の紅葉


長楽寺の紅葉

門前には紫陽花が植えられています。梅雨のころの写真です。

長楽寺の紅葉


初夏の雨の日の長楽寺の写真です。上の写真とは年も季節も違いますが...、違いがわかりませんね。

長楽寺の青もみじ


山門までもだいぶん坂道を登ってきましたが、さらに石段を登って本堂へ。

長楽寺の青もみじ


ぬかるんで歩けないところもたくさんありましたが、青もみじがきれいです。

長楽寺の青もみじ


書院より見るお庭。相阿弥が銀閣寺の庭を作る前にこのお庭を手がけたのだそうです。
けっこう高い位置にまで緑の壁があり、空は上のほうにあります。
ときどき左側の建礼門院さんと目が合います。

長楽寺の青もみじ

みつばつつじで有名な花の寺、楞厳寺さん。

楞厳寺

楞厳寺のみつばつつじ

お寺の前の池越しの景色はピンク。
楞厳寺のみつばつつじ


お地蔵さんもみつばつつじの中に。

楞厳寺のみつばつつじ



京都の国宝の写真を載せていきます。
もちろん書画や仏像など、オフィシャルでなければ写真を撮影できないものはここにはありません。
掲載するのは建物や門など写真に撮ってもよい建造物だけになります。


西本願寺


阿弥陀堂
西本願寺 阿弥陀堂 国宝


御影堂

西本願寺 御影堂の写真素材

飛雲閣
とても面白い形の建物で、普段は非公開です。
写真は係の方にOKをいただいて撮りました。

飛雲閣 国宝


唐門
別名「日暮らし門」とも呼ばれる豪華絢爛な門。境内の内側からも外側からも見ることができます。外側は道路なので散歩しながら見ることができる国宝です。

西本願寺 国宝唐門の写真素材


書院北能舞台
写真はありません。


東寺


金堂
東寺の本堂。本尊の薬師如来と日光菩薩・月光菩薩が安置されています。
東寺 金堂 国宝

五重塔
ときどき特別公開があり、内部を見ることもできます。

東寺の五重塔 国宝

大師堂
いつでもお参りできる無料エリアに建つ国宝。

大師堂

蓮花門
西側の壬生通りに面した小さめの門ですが、鎌倉幕府のできたころに建った門。
24時間いつでも見られる国宝のひとつ。

東寺 蓮花門の写真素材


東寺 観智院


1605年に再建された客殿が国宝
東寺 観智院

下鴨神社

東本殿 西本殿
写真はありません。
京都 下鴨神社 国宝


北野天満宮

本殿、拝殿、石の間、楽の間
拝殿の向こうには国宝の建築物がつながっています。
北野天満宮

千本釈迦堂

本堂 京都の街なかにあるのに、応仁の乱でも焼けなかった奇蹟の本堂です。
京都 千本釈迦堂桜 国宝

二条城

二の丸御殿

国宝なのにプロジェクションマッピングのスクリーンとして使ったり、けっこうフレキシブル。

二条城 国宝

知恩院

御影堂(本堂) 大修理は2019年ころまで。
知恩院御影堂 国宝

三門 巨大です。

知恩院の三門


清水寺

本堂
「清水の舞台」が有名。秘仏の本尊は十一面千手千眼観音立像。本尊が入っている厨子も国宝です。次のご開帳は2033年ですね。
清水寺の青もみじ  国宝

南禅寺

方丈
南禅寺方丈 国宝


銀閣寺

銀閣
ご存知、有名な銀閣です。小さい建物で近くから見ると相当ボロッちいですが、緑に包まれるその姿はやはり美しいです。
銀閣寺 国宝



東求堂
なんとなく通り過ぎてしまいますが、国宝。特別拝観のときは中を見ることができます。
東求堂

妙法院

庫裏 天井を見るとぶっとい梁が何本も。素敵な梁見せ天井です。
妙法院


三十三間堂

本堂
長い長い長〜い本堂。想像するよりさらに長い!
このなかには途中で飽きるほどたくさんの千手観音が並んでいます。
三十三間堂 国宝

豊国神社

唐門 伏見城の遺構のがっしりした門。普段はくぐれませんが、お正月には開くそうです。
豊国神社 国宝

仁和寺

金堂 山門からまっすぐ進んでくるとこの金堂。
仁和寺の金堂 国宝

広隆寺

桂宮院本堂 珍しい八角円堂。

高山寺

石水院 周山街道の崖の上に建ち、縁からの眺めは見事です。道路から見上げると建物の一部がちらっと見えます。
高山寺 国宝

妙喜庵

茶室待庵 大山崎の駅からすぐのところに建つ国宝。 2018年の大阪北部地震で被害がありました。

東福寺

三門 ときどき特別公開されていて、登れます。通天橋や方丈にはたくさんの人が入っていきますが、三門は少し離れているので、人は少ないです。
東福寺の山門 国宝


東福寺 龍吟庵

方丈
南側にはなんにもない「無の庭」があります。(写真手前が方丈)
東福寺 龍吟庵 国宝

醍醐寺

薬師堂は山の上。 上醍醐の国宝薬師堂 国宝

清滝宮拝殿も、山の上で緑に包まれています。
上醍醐の清滝宮拝殿 国宝

五重塔

醍醐寺 五重塔 国宝

金堂

醍醐寺 金堂 国宝

醍醐寺 三宝院

表書院

唐門
三宝院の中から見る唐門。外から見るほうが近くに見えます。

醍醐寺 三宝院 唐門 国宝

法界寺

阿弥陀堂
法界寺 国宝

平等院

鳳凰堂 中堂 十円玉フォーエバー。 平等院鳳凰堂 国宝


宇治上神社

本殿
この中に入っている小さいお社は1060年頃に建てられたもので、日本で現存する最古の神社建築。
宇治上神社 国宝


拝殿は鎌倉時代の建物。

宇治上神社 国宝

石清水八幡宮

本殿を含む10棟 2018年の大阪北部地震でこの石灯籠がドミノ倒しになって大きなニュースになりました。
石清水八幡宮 国宝

大徳寺

方丈および玄関 普段は方丈の屋根をちらっと見る程度です。特別公開時も撮影はできませんので写真はありません。
大徳寺の写真素材

唐門
この先の右側にありますが、木々に遮られ窺うことはできません。特別公開時も撮影はできませんので写真はありません。

大徳寺の写真素材


大徳寺 大仙院

方丈(本堂)
中では撮影はできませんが、入り口からは玄関と方丈の屋根が見えます。玄関も国宝。
大仙院の写真素材


大徳寺 龍光院

公開されることはほとんどありません。写真は山門。
大徳寺 龍光院の写真素材

上賀茂神社

本殿・権殿 中では撮影はできませんので写真はありません。

浄瑠璃寺

本堂
浄瑠璃寺 本堂 国宝

三重塔

浄瑠璃寺の三重塔 国宝


海住山寺

小さめで素敵な五重塔。
海住山寺の五重塔 国宝


光明寺(綾部)

二王門
大修理が終わったら、撮りにいきたいなと思っています。


金閣寺


金閣は国宝でしたが、1950年に燃えてしまい、再建されたので、国宝ではなくなっています。
同時に国宝だった足利義満木像も焼失しました。




このページの上部へ

サイト内検索


五十音順索引

ご案内

よく使われる写真



カテゴリ

最近のピクチャ