sozai_head.jpg

タグ「世界遺産」の一覧

京都市の紅葉のトリを飾る糺の森の紅葉
糺の森の紅葉

京都の他の場所よりスケールの大きな秋景色。
あまり真っ赤なカエデはありませんが、この森だけ紅葉が遅いのは確かです。
だいたい12月を過ぎないと染まりません。鳥居は河合神社。ここはイチョウの散るのがきれい。
どこから糺の森で、どこからが下鴨神社なのか、わたしは境目を知りません。
下鴨神社・糺の森の紅葉

次は下鴨神社の紅葉
とはいっても境内にカエデは少なく、西側の鳥居わきのこの一本だけが紅葉らしい紅葉かなと思います。
下鴨神社の紅葉

下鴨神社の紅葉も京都市内のほかの場所よりずいぶんと遅く、なかなか染まりません。
下鴨神社の紅葉

11月終わりまで緑でした。
下鴨神社の紅葉
醍醐寺の紅葉写真、追加しました。 まずは仁王門前。世界遺産だから秋も外国人率が高いです。
醍醐寺の仁王門
この季節のメインスポットは池。
醍醐寺の弁天堂の紅葉
派手です!
醍醐寺の弁天堂の紅葉
醍醐寺の弁天堂の紅葉
五重塔のまわりにはカエデの木が少ないので、人はまばら。
醍醐寺の五重塔
でも、無理矢理カエデといっしょに撮ることはできます。
醍醐寺の五重塔と紅葉
追加分ここまで。
醍醐寺さんの紅葉は、弁天堂の建つ林泉のところが鮮やかです。
境内が広い上に標高が違うのでカエデの色づきもまちまちなようです。 醍醐寺の紅葉
醍醐寺の紅葉
こちらは12月に入ってからの散り際。 醍醐寺の紅葉
醍醐寺の桜の写真はこちら
初夏の醍醐寺上醍醐にお詣りをしてきましたので、写真をアップします。
上醍醐も世界遺産登録されていますが、道中の山道はなかなかハードです。

カエデに囲まれてあまり見えない国宝の清滝宮拝殿。
上醍醐の清滝宮拝殿

とんでもなく大昔からここに建つ国宝薬師堂。
上醍醐の国宝薬師堂

大きな五大堂も青もみじに包まれます。
上醍醐の五大堂

上醍醐の一番上まで来ました。如意輪堂と白山権現。
上醍醐の如意輪堂

京都市内は年に2〜3回しかが積もりません。それもお昼には融けてしまうことが多いです。
雪の写真を撮り溜めるのは何年もかかります...。

金閣寺

が積もったとき、たくさんの方の脳裏に「そうだ!雪の金閣寺を見よう!」という思いがわき起こるようで、そんな日の金閣寺は拝観券を買うのに長い行列ができてしまうほど。 ひとことで言えば「激混み」です。帰りのバス停もたいへんなことに...。 金閣寺の雪景色

銀閣寺

金閣寺ほどではありませんが、雪の銀閣寺も混みます。 雪が多いと山手を回遊できる道が通行止めになりますので、いつもより歩ける範囲がだいぶんせまくなります。 雪の日の銀閣

清水寺

元々美しい景色をほこる清水さん。雪の積もった清水の舞台はさらに綺麗です。 舞台は傾斜しているので、すってんころりん事故防止のため舞台の外側は入れなくなります。 清水寺の雪

清水・二年坂

絵になる清水の二年坂や三年坂。転ぶと二年以内・三年以内に死にますのでそろそろと歩いてください。 二年坂の雪

平安神宮

敷地が広いだけに平安神宮は雪が積もるとシンプルで美しい光景を見ることができます。 早朝から開いていますので、写真を撮るなら暗いうちに。 平安神宮の雪

貴船神社

本殿への石段の雪景色がきれいです。駅から雪の中を歩くのは難儀します。 奥宮まで行けば、雪の深さが違います。 貴船神社の雪景色

鞍馬寺

鞍馬山に雪が積もると本殿までのつづら折りの山道を歩くのはなかなかたいへん。 山奥だけに景色は雄大です。 奥の院までも行けますが、わたしはやめておきました。 鞍馬寺の雪景色

妙満寺

岩倉幡枝の妙満寺さんのお庭は有名な「雪の庭」。ぜひ雪の日にごらんください。 妙満寺の雪景色

下鴨神社

世界遺産下鴨神社の雪景色。雪でも初詣客は続々と。 下鴨神社の雪景色

上賀茂神社

世界遺産上賀茂神社の雪景色。広大な芝生の参道が雪で真っ白に。 上賀茂神社の雪景色

鴨川

川の雪景色は広がりがあっていいですね。 京都 鴨川の雪 無料写真

相国寺

同志社のすぐ北側にありますが、雪が積もると山奥のお寺みたいになりました。 相国寺の雪景色

天龍寺

天龍寺さんは世界遺産。池越しの雪景色がきれいです。屋根にたくさん雪を積んでいます。 天龍寺の雪景色

渡月橋

京都の雪景色の定番のひとつ。白い嵐山を背景にした渡月橋は確かにとても美しい。 京都 嵐山 渡月橋の雪

常寂光寺

小倉山の中腹の常寂光寺さんの雪景色。多宝塔が雪に映えます。

愛宕念仏寺

愛宕念仏寺まで歩くとなるとけっこうたいへんです。でも雪積もる羅漢さんは見応えがあります。 愛宕念仏寺の雪景色

祇王寺

雪の積もった苔庭に陽が差すとカエデの影がゆらゆらとできて幻想的。 祇王寺の雪景色

仁和寺

御室桜のころもある意味雪景色のようですが、本当の雪景色もまた格別です。 仁和寺の雪景色

龍安寺

ザロックガーデンインザスノウ。 軽い積もり方で砂紋がうっすら見えるほうが良しとされます。 龍安寺の雪景色

青蓮院

青蓮院門跡の雪景色。建物の中の畳も床も冷え冷えとしていました。 雪の青蓮院門跡

霊鑑寺

寒い季節、霊鑑寺さんはずっと閉まったままです。でも門前の景色はいいです。 雪の霊鑑寺

安楽寺

安楽寺さんも冬は閉まっています。 雪の安楽寺

哲学の道

哲学の道を歩くひとも秋が終われば少ないです。雪の日はあまり人に会いませんでした。 哲学の道・雪

南禅寺

雪の中、参拝者はちらほらとありました。 南禅寺の雪

永観堂

モミジの永観堂も真っ白。ついひと月前は境内は真っ赤だったのに魔法のようです。 永観堂の雪景色

雨の京都の写真はこちらに

世界遺産東寺の紅葉写真です。
東寺の紅葉


池のまわりにたくさんのカエデがあり、どれも鮮やかな赤になっていました。
東寺の紅葉

晴れた日の昼間に行くと、五重塔を背景にした写真は激しく逆光になり、目がくらくらします。
東寺の紅葉


東寺の紅葉

五重塔を入れなければ綺麗に撮れるのですが。
東寺の紅葉


東寺の紅葉

イチョウも鮮やかに色づきます。
東寺の紅葉
東寺の桜の写真はこちら
宇治の世界遺産宇治上神社 宇治上神社

拝殿は鎌倉時代の建物。 宇治上神社

本殿の中は3つに分かれています。
日本で現存する最古の神社建築で、1060年頃に建てられたものだそうです。 宇治上神社

宇治上神社の紅葉

宇治上神社の境内にはカエデはあまりありませんが、参道の紅葉が真っ赤で綺麗です。
宇治上神社の紅葉

宇治上神社の紅葉

銀閣寺 Ginkaku-ji(Jisho-ji),The Silver pavilion

新緑の銀閣寺さんの写真です。
5月の境内は修学旅行の生徒たちと海外からの観光客で満員御礼でした。さすが京都を代表する世界遺産、慈照寺。大人気です。 新緑の銀閣寺
広い境内は緑がいっぱいで、苔もみずみずしく、贅沢な森林浴といったかんじ。 新緑の銀閣寺
新緑の銀閣寺

清水寺の青もみじ

紅葉の名所清水寺青もみじもまた素晴らしいです。 清水寺の青もみじ

清水寺の青もみじ

清水寺の青もみじ

清水寺の青もみじ

清水寺の青もみじ

清水寺の青もみじ

桜や紅葉の名所、京都東山の清水寺は西国三十三ヶ所めぐりの第16番札所。「清水の舞台」として知られる舞台造りの本堂は釘を使わず縦横に組まれた柱が見事。舞台の下方に音羽の滝、谷を隔てて安産祈願の子安の塔があります。世界文化遺産
夕暮れの平等院鳳凰堂です。 平成の大修理以前の写真です。
平等院鳳凰堂

2014年3月に修理がほぼ終わりましたので、新しい写真を追加しました。
5月の連休のころの平等院鳳凰堂
平等院鳳凰堂

ザ・10円玉。
平等院鳳凰堂

こちらは4月下旬の霧島ツツジのころの阿字池と鳳凰堂の写真。
これだけ横幅2048pxでご提供。
平等院鳳凰堂
写真素材として必要としている方がいつでもおられる金閣寺銀閣寺
このページでは金閣寺と銀閣寺の写真をずらずらと羅列しておきます。(写真は他のページと重複しているものが多いです)

正式名は鹿苑寺と慈照寺。
どちらも相国寺の塔頭寺院です。どちらも世界遺産です。
そう聞くと、本山相国寺がすごいお寺だと思えますね。いまでも相国寺のお坊さんが任期制で金閣寺と銀閣寺の運営をしています。

金閣寺を建てたのは足利義満。元は西園寺公経の別荘地で足利義満が譲り受けたもの。そのころはお寺ではありませんでした。
銀閣寺を建てたのは足利義政。山荘東山殿として自らの美意識すべてを投影し作ったもの。そのころはお寺ではありませんでした。

雪の金閣寺・銀閣寺

雪が積もると金閣寺は大混雑。近場に住むひとも「よし!雪の金閣をひと目見よう!」と思い立つので、お客さんが集中します。秋よりも混むかも。
金閣寺の雪景色
雪が積もって高台の散策路が閉鎖されると、銀閣を見るポイントがすごく狭くなります。ほんの数メートルのポイントにカメラマンが折り重なるように・・・・。
雪の日の銀閣

新緑の金閣寺・銀閣寺

カキツバタの咲く鏡湖池は極楽浄土かと思うほどきれい。
金閣寺の杜若

新緑の銀閣寺は素晴らしい。でも新緑のころの境内は修学旅行の生徒でごったがえしています。 新緑の銀閣寺


夏の金閣寺・銀閣寺

池がなにやら濁っていますが、濁ってすら金色になるのは金閣寺だからか!?
金閣寺
(夏の銀閣寺 準備中)

盛秋の金閣寺・銀閣寺

どちらも紅葉の名所としては有名ではないかもしれませんが、やはり素敵な景色だと思います。
金閣を見る鏡湖池の手前にはカエデが数本植えられていて、枝振りも計算されていますので絵になります。
金閣寺の紅葉
カエデの赤がポツポツと混じり、遠くまで見渡せるこの景色が好きです。向こうの山は吉田神社のある吉田山。
銀閣寺の紅葉

わたしは個人的には銀閣寺のほうが好きですが、雪の日の金閣はちょっと別格の美しさですねえ。

折りをみて写真を追加していきます。

天龍寺(てんりゅうじ)

嵯峨野の天龍寺さんの雪景色。雪に囲まれた曹源池は必見です。
天龍寺の雪景色
望京の丘から見おろす境内もきれいです。 天龍寺の雪景色

下鴨神社(しもがもじんじゃ)

2015年のお正月。京都では61年ぶりの大雪ということですが、下鴨神社に初詣に行ってきました。
61年ぶりの積雪は何センチかというと、21センチ!
329cmなどと発表されている青森の方に申し訳ないかんじです...。 下鴨神社の雪景色
青空が出て爽快でした。
下鴨神社の雪景色


こちらは夏の下鴨神社。 下鴨神社の夏 夏の下鴨神社の写真はこちら

仁和寺(にんなじ)

仁和寺の御殿から見るお庭の雪景色。五重塔にも雪。 仁和寺の雪景色
仁和寺の雪景色


仁和寺の紅葉の写真はこちら
仁和寺の桜の写真はこちら
世界遺産上賀茂神社の雪景色。
京都は61年ぶりの大雪ということで、境内には真っ白地帯がたくさん。
でも、お正月なので参拝客はどんどんと詰めかけています。 上賀茂神社の雪景色
上賀茂神社の雪景色
上賀茂神社の雪景色
上賀茂神社の雪景色

西本願寺(にしほんがんじ)

巨大な御影堂。 西本願寺

西本願寺の国宝「唐門」。別名「日暮らし門」とも呼ばれる豪華絢爛な門。 西本願寺

西本願寺

西本願寺境内の巨大なイチョウの樹。
西本願寺のイチョウ

二条城(にじょうじょう)

京都の世界遺産のひとつ二条城。 この東南隅櫓は天明の大火で焼けなかった古いもの。重要文化財。

写真は追加していくつもりです。


二条城の桜


二条城は桜の名所でもあります。



城内には50品種約400本の桜が植えられていて、豪華なお花見ができます。
こちらは里桜。


二条城の雪景色

開城時間前でしたので、中の写真はありません。 二条城の南東角の雪景色です。道路は真っ白け。
雪の二条城


雪の二条城と濠

このあとは神泉苑に行きました。

清水寺(きよみずでら)

いわゆる「清水の舞台」です。寄棟造・桧皮葺きで139本の柱に支えられて崖に立っています。江戸時代の再建ですが、もとは坂上田村麻呂が長岡京の紫宸殿を賜わったものとされ、寝殿造風の豪壮優美な建物。舞台からは市街を一望できます。 清水寺の雪
清水の舞台から子安の塔のほうを眺めて。 清水寺の雪
清水寺の雪
清水寺の雪 清水寺近辺の旅館はこちら

清水の舞台を子安の塔から見たところ。雪。 清水寺の雪

遠くの山に雪。 清水寺の冬

西本願寺(にしほんがんじ)

西本願寺境内の巨大なイチョウの樹が真っ黄色になると壮観です。
西本願寺のイチョウ
その大きさは下の人々や経堂と比べればわかりますね。 西本願寺のイチョウ
西本願寺のつつじの写真はこちら
世界遺産、天龍寺さんの紅葉です。
たいへんな混雑ですが、一度は見ておきたい素晴らしい景色があります。 天龍寺の紅葉
天龍寺の紅葉
天龍寺の紅葉

金閣寺(きんかくじ)

雪の日の金閣寺さん。
雪はもう融けかけですが、それでも綺麗です。 金閣寺の雪景色
(世界遺産鹿苑寺 冬)



銀閣寺・金閣寺の写真はテレビや書籍には使えないようです。 個人的な目的にのみお使いください。

このページの上部へ

サイト内検索


ご案内


よく使われる写真



カテゴリ

最近のピクチャ

  • 平岡八幡宮の紅葉
  • 大徳寺山門  金毛閣
  • 雪の建勲神社
  • 真如堂の雪景色 三重塔
  • 大徳寺瑞峯院の庭
  • 雪の大徳寺高桐院 書院
  • 平野神社の雪景色
  • 雪の北野天満宮本殿拝殿