初見では名前の読めない新日吉神宮(いまひえじんぐう)。後白河法皇が1160年に建てた神社です。
狛犬でなく狛猿が置かれているのは日吉大神のお使いだから。
新日吉神宮

境内はいつもきれいに手入れされていて、気持ちの良いところです。
新日吉神宮