後白河法皇といえば長講堂。法華経を長い期間講習するお堂という意味で「長講堂」。
もとは後白河法皇が六条御所の中に持仏堂を建てたのがその始まり。

長講堂

普段は公開されていませんが、特別拝観が行われることもあります。

長講堂